【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519143730.html
謙遜する人の特徴

謙遜する人の特徴 | LADYCO

LADYCO
謙遜する人の特徴

おとなしい性格、遠慮がちな性格、目立ちたくない、など謙遜する人の特徴についてまとめました。

  • おとなしい性格
  • 遠慮がちで引っ込み思案
  • 自己表現が苦手
  • 恥ずかしがりやで目立ちたくない
  • 聞き上手で多くの人から慕われる
  • 周囲に気配りができる
  • 謙遜できるほどの実力を持っている
  • 空気が読める
  • 冷静で落ち着いている
  • 実は自分に自信を持っている
  • まとめ

1. おとなしい性格

おとなしい性格

謙遜をする人は、どちらかというとおとなしい性格です。

騒いだり、率先して行動するのではなく、大勢の影にまぎれて行動するタイプです。

アウトドアよりインドア派であったり、お祭やイベントの輪の中に入るのが苦手だったりと、騒がしい環境より静かな環境を好みます。

少々地味で暗い印象がありますが、思慮深く落ち着いた性格の人なのです。

2. 遠慮がちで引っ込み思案

遠慮がちで引っ込み思案

謙遜をする人は、遠慮がちで引っ込み思案です。

自分よりも相手を優先することが多く、何かにつけて順番を譲ってしまうでしょう。

ですから、損をすることもありますが、残り物の福をもらう時もあるのです。

また、自分から話しかけるのが苦手で、なかなか友人ができないのがネックです。

入学時や入社時などは緊張し、鬱鬱とした気分になりやすいでしょう。

なかなかこうした性格は直せませんが、趣味を通した友人はできやすいので、さりげなく趣味に関する物を身につけたりと、アピールすることが大切です。

3. 自己表現が苦手

自己表現が苦手

謙遜をする人は、自己表現をすることが苦手な場合も多いです。

恥ずかしくなったり、緊張してしまい、上手く自分を紹介したり、自分の気持ちを伝えたりすることができません。

そして、せっかく能力や才能があっても100パーセント発揮できなくなってしまうのがネックです。

いざという時に緊張しないように、普段から練習やシミュレーションを重ねるようにしましょう。

そして、メンタルトレーニングを欠かさないようにしましょう。

4. 恥ずかしがりやで目立ちたくない

恥ずかしがりやで目立ちたくない

謙遜をする人は、恥ずかしがり屋で目立ちたくない場合が多いです。

みんなの前で発表することや、パフォーマンスをすることが苦手で、緊張のあまり失敗してしまう場合も多いです。

また、そもそも目立ちたくなくて、発表したがらない人も多いです。

できれば気付かれたくない、地味な方がいいと、ネガティブになってしまうことがよくあるので気をつけましょう。

時には、自分の思いや感情を伝えることも大切なのです。

5. 聞き上手で多くの人から慕われる

聞き上手で多くの人から慕われる

謙遜をする人は、話すのは苦手ですが、聞き上手な場合が多いです。

根は真面目で誠実なので、相手の話を親身になって聞き、優しい心で受け入れてくれます。

気の効いたアドバイスをすることは得意ではないですが、不器用なりに良い言葉をかけることもあるでしょう。

誠意と思いやりがあるので、自分が思っている以上に、たくさんの人から慕われているのです。

6. 周囲に気配りができる

周囲に気配りができる

謙遜をする人は、周囲に気配りができる人です。

自分が、自分がと、自己主張が激しくなく、常に周りの人間を優先した行動をすることができます。

さまざまことに気づき、細やかな心配りができるので、好印象を持たれやすいです。

アクションも大げさではなく、押しつけがましくないので、親切をする側もされる側も、快い気持ちになれるのです。

7. 謙遜できるほどの実力を持っている

謙遜できるほどの実力を持っている

謙遜をする人は、実は、謙遜できるほどの実力を持っている場合が多いです。

力のない人ほど、自己顕示欲が前に出で、過剰なアピールをしてしまう場合が多いのです。

謙遜できる人は、「能あるタカは爪隠す」、というように、普段は能力を隠し、使うべき時に能力を発揮できる人なのです。

策士な面もあり、巧妙な戦術によって勝利を掴むことができる、頭脳派なのです。

8. 空気が読める

空気が読める

謙遜をする人は、空気が読める人です。

自分の話ばかりせずに、相手の話を聞いたり、状況を観察して、行動することができる人です。

マナーやルールにも明るく、TPOに応じた行動ができる、常識的な人でもあります。

それゆえに、周囲の不興を買うことなく、器用に立ち回り振る舞うことができる人なのです。

9. 冷静で落ち着いている

冷静で落ち着いている

謙遜をする人は、冷静で落ち着いていることが多いです。

自分の能力や実力に酔いしれることなく、常に平常心で物事に取り組みます。

油断が少なく、知的で、計画性もあるので、確実に成功できる人なのです。

子供のころから、そうした落ち着いた印象が強く、大人びた雰囲気の人もいるでしょう。

少々可愛げはないですが、心穏やかで、真面目な性格なので、周りからの評価も良いのです。

10. 実は自分に自信を持っている

実は自分に自信を持っている

謙遜をする人は、実は、自分に自信を持っていることも多いです。

客観的に、自分の短所と長所を把握しているので、自分の能力を上手く発揮することができる人です。

逆に、自分に自信がない人ほど、卑屈でありながらも自己主張が強く、「弱い犬ほどよく吠える」といった印象が強いです。

自分の力を理解しているからこそ、常に冷静に行動することができ、的確に勝利を掴むことができるのです。

まとめ

謙遜をする人は、ネガティブな一面もありますが、基本的には落ち着いた性格の人です。

自分の能力を的確に理解していることも多く、いざという時に力を発揮できる場合も多いでしょう。

また、緊張しやすい人は、心身を共に鍛えることで、メンタルコントロールをし、冷静さを保てるように心がけましょう。

そうすることで、自分の実力に恥じない行動をすることができるのです。

おとなしい性格、遠慮がちな性格、目立ちたくない、など謙遜する人の特徴についてまとめました。


おとなしい性格

謙遜をする人は、どちらかというとおとなしい性格です。

騒いだり、率先して行動するのではなく、大勢の影にまぎれて行動するタイプです。

アウトドアよりインドア派であったり、お祭やイベントの輪の中に入るのが苦手だったりと、騒がしい環境より静かな環境を好みます。

少々地味で暗い印象がありますが、思慮深く落ち着いた性格の人なのです。

遠慮がちで引っ込み思案

謙遜をする人は、遠慮がちで引っ込み思案です。

自分よりも相手を優先することが多く、何かにつけて順番を譲ってしまうでしょう。

ですから、損をすることもありますが、残り物の福をもらう時もあるのです。

また、自分から話しかけるのが苦手で、なかなか友人ができないのがネックです。

入学時や入社時などは緊張し、鬱鬱とした気分になりやすいでしょう。

なかなかこうした性格は直せませんが、趣味を通した友人はできやすいので、さりげなく趣味に関する物を身につけたりと、アピールすることが大切です。

自己表現が苦手

謙遜をする人は、自己表現をすることが苦手な場合も多いです。

恥ずかしくなったり、緊張してしまい、上手く自分を紹介したり、自分の気持ちを伝えたりすることができません。

そして、せっかく能力や才能があっても100パーセント発揮できなくなってしまうのがネックです。

いざという時に緊張しないように、普段から練習やシミュレーションを重ねるようにしましょう。

そして、メンタルトレーニングを欠かさないようにしましょう。

恥ずかしがりやで目立ちたくない

謙遜をする人は、恥ずかしがり屋で目立ちたくない場合が多いです。

みんなの前で発表することや、パフォーマンスをすることが苦手で、緊張のあまり失敗してしまう場合も多いです。

また、そもそも目立ちたくなくて、発表したがらない人も多いです。

できれば気付かれたくない、地味な方がいいと、ネガティブになってしまうことがよくあるので気をつけましょう。

時には、自分の思いや感情を伝えることも大切なのです。

聞き上手で多くの人から慕われる

謙遜をする人は、話すのは苦手ですが、聞き上手な場合が多いです。

根は真面目で誠実なので、相手の話を親身になって聞き、優しい心で受け入れてくれます。

気の効いたアドバイスをすることは得意ではないですが、不器用なりに良い言葉をかけることもあるでしょう。

誠意と思いやりがあるので、自分が思っている以上に、たくさんの人から慕われているのです。

周囲に気配りができる

謙遜をする人は、周囲に気配りができる人です。

自分が、自分がと、自己主張が激しくなく、常に周りの人間を優先した行動をすることができます。

さまざまことに気づき、細やかな心配りができるので、好印象を持たれやすいです。

アクションも大げさではなく、押しつけがましくないので、親切をする側もされる側も、快い気持ちになれるのです。

謙遜できるほどの実力を持っている

謙遜をする人は、実は、謙遜できるほどの実力を持っている場合が多いです。

力のない人ほど、自己顕示欲が前に出で、過剰なアピールをしてしまう場合が多いのです。

謙遜できる人は、「能あるタカは爪隠す」、というように、普段は能力を隠し、使うべき時に能力を発揮できる人なのです。

策士な面もあり、巧妙な戦術によって勝利を掴むことができる、頭脳派なのです。

空気が読める

謙遜をする人は、空気が読める人です。

自分の話ばかりせずに、相手の話を聞いたり、状況を観察して、行動することができる人です。

マナーやルールにも明るく、TPOに応じた行動ができる、常識的な人でもあります。

それゆえに、周囲の不興を買うことなく、器用に立ち回り振る舞うことができる人なのです。

冷静で落ち着いている

謙遜をする人は、冷静で落ち着いていることが多いです。

自分の能力や実力に酔いしれることなく、常に平常心で物事に取り組みます。

油断が少なく、知的で、計画性もあるので、確実に成功できる人なのです。

子供のころから、そうした落ち着いた印象が強く、大人びた雰囲気の人もいるでしょう。

少々可愛げはないですが、心穏やかで、真面目な性格なので、周りからの評価も良いのです。

実は自分に自信を持っている

謙遜をする人は、実は、自分に自信を持っていることも多いです。

客観的に、自分の短所と長所を把握しているので、自分の能力を上手く発揮することができる人です。

逆に、自分に自信がない人ほど、卑屈でありながらも自己主張が強く、「弱い犬ほどよく吠える」といった印象が強いです。

自分の力を理解しているからこそ、常に冷静に行動することができ、的確に勝利を掴むことができるのです。

謙遜をする人は、ネガティブな一面もありますが、基本的には落ち着いた性格の人です。

自分の能力を的確に理解していることも多く、いざという時に力を発揮できる場合も多いでしょう。

また、緊張しやすい人は、心身を共に鍛えることで、メンタルコントロールをし、冷静さを保てるように心がけましょう。

そうすることで、自分の実力に恥じない行動をすることができるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-