【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519142751.html
金運がない人の特徴

金運がない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
金運がない人の特徴

誰しもお金は無いよりは有る方がいいですよね。

お金が欲しい、金運が欲しい、という人も多いでしょう。

そもそも金運がない人とはどんな人でしょうか。

金運がない人に共通する特徴をいくつか紹介したいと思います。

  • 自分に甘い
  • 周りを大切にしない
  • 無駄遣いをする
  • 断るのが下手
  • 言い訳が得意
  • 捨てられない
  • 見栄っ張り
  • ケチ
  • 勉強が好きではない
  • お金にだらしない
  • ネガティブ
  • 挑戦しない
  • お金の遣い方を後悔する
  • まとめ

1. 自分に甘い

自分に甘い

自分に対して甘い人はお金が貯まりません。

よって金運が悪くなるといえるでしょう。

誰にも欲というのは存在するものです。

欲しい物や、食べたい物、行きたい所など、全ての欲通りに行動してはお金が貯まりません。

お金が貯まる人は、自分の生活水準に合わせて行動するものです。

よって多少の我慢はしないといけない事もあるでしょう。

自分を甘やかして生活していては、とても金運は良くならないといえます。

2. 周りを大切にしない

周りを大切にしない

金運というのは、徳を積むことで得られるものと言われています。

周りを大切にせず、自分勝手な人にはお金は入ってきません。

例えば、嫌な人がお金に困っていたとして、手を貸してくれる人がどれだけいるでしょうか。

人望が厚い人と比べてはるかに少ないと言えるでしょう。

周りの人に対して優しく接し、人としての徳を積むことで金運も上がると言えます。

きっと神様も見ているのでしょう。

3. 無駄遣いをする

無駄遣いをする

物の価値が分からず、無駄遣いをしていては金運が良いとは言えません。

本当に必要な物だけを考えてお金を遣う事が大事です。

例えば、便利グッズ、まとめてお得になっているもの、ただ安い物など。

思わず買ってしまうこともあるでしょう。

結局のところ、特に必要では無く、無駄になってしまいます。

無駄なお金の遣い方をしていては、お金は貯まりません。

4. 断るのが下手

断るのが下手

付き合いが悪い人よりは、付き合いが良い人の方がもちろん人徳は高いように思います。

ですが、誘われる度に外出していては、お金は出ていくばかりです。

誘われるとついつい行ってしまう、断るのが下手という人は金運は悪いと言えます。

自分の中である程度加減する事も必要でしょう。

また、頼まれると引き受けてしまう人は、保証人になったり、お金を貸して騙されたりする事もありますので要注意です。

しっかりと判断した上で、たまには断る事をしないといけないでしょう。

5. 言い訳が得意

言い訳が得意

言い訳ばかりしている人は金運が悪い人に多い特徴です。

仕事でもプライベートでも、なんでも言い訳して逃げてしまう人です。

そういう人は、言い訳ばかりで成長する事ができません。

お金を遣ってしまう事も、悪い状況にあっても言い訳ばかりでは一向に良くならないのです。

反省して改善する努力をしなければ、状況は変わらず、金運も上げる事はできないでしょう。

6. 捨てられない

捨てられない

物を捨てられない人、家が散らかっている人は金運が悪いでしょう。

まず、物が多い人の特徴として、よく考えずに買ってしまうと言えます。

また、買ってしまっても家自体に物が多いので買った事をそこまで意識しない事も問題です。

風水的にも、不要な物からは負のエネルギーが出てしまいます。

そして、物が多いと気が溜まってしまい、流れが悪く、良い気も入ってこないのです。

しっかりと綺麗にしておく事が、金運を高める方法の一つです。

7. 見栄っ張り

見栄っ張り

見栄っ張りな性格の人は、お金が貯まらないでしょう。

自分をよく見せたいという感情は誰にでもあるものです。

しかし、虚勢を張りお金を遣い過ぎてしまうようだと、採算が合わなくなります。

見栄を張らずに自分の身の丈に合う生活を送る事が大事です。

8. ケチ

ケチ

逆にケチな人も、金運が悪いと言われています。

お金は遣うことで、回ってくるものとも言われます。

遣い過ぎはもちろんいけませんが、あまりにも使わないようだと金運は上がらないでしょう。

必要なことには投資をするべきなのです。

また、他の人へお金を遣うことで、そのお金が戻ってくるものです。

人に対してケチにならない事が、結果人望を集め、徳が積まれることになり、金運は上がると言えます。

9. 勉強が好きではない

勉強が好きではない

そもそも勉強が好きではない人は金運が上がらないでしょう。

金運を高めるという事は、自分の価値を高めるということでもあります。

自分がどれだけお金を稼げる人になるかで、金運も変わってくるといえます。

学校で習う勉強に限らず、世の中の知識や経験を積む事でも自分の価値は高まるでしょう。

勉強しない人はなかなか成長しません。

よって、自分の価値を上げる事ができず、金運を上げる事も出来ないでしょう。

10. お金にだらしない

お金にだらしない

お金にだらしない性格の人は、金運がよくありません。

例えば、人にお金を借りても返さない人や、遣い方が雑な人、管理ができていない人です。

お金を大切にしない事には、お金は寄ってきません。

よく借金をする人は、借金をすることに慣れてしまい、繰り返してしまう人も多いでしょう。

それではいつまで経ってもお金が貯まらず、人からの信用も失い、お金が巡ってくる機会は減ってしまいます。

11. ネガティブ

ネガティブ

ネガティブな性格で暗い人は金運がよくない人が多いでしょう。

思い込みというのは、実際に人生に影響を与えてしまいます。

「自分は貧乏だ」「お金がない」「金運が悪い」 ネガティブに考えてしまうと、結果的にその通りになってしまうものなのです。

脳もそう思い込んでしまい、お金が貯まらない思考や行動に無意識になってしまいます。

ネガティブな感情はマイナスな状況を呼び込んでしまうため、金運は良くならないでしょう。

12. 挑戦しない

挑戦しない

新しいことに挑戦しない、安定ばかり望む人は金運が上がらないでしょう。

仕事やプライベートにしても、挑戦することは大切です。

今以上の金運を望むのであれば、今以上の何かをしない事には難しいと言えます。

また、挑戦する事が人生経験ともなり、自分にとっての財産となります。

それにより自分の価値も上がり、結果的にお金を生み出す力を上げる事ができるのです。

13. お金の遣い方を後悔する

お金の遣い方を後悔する

無駄遣いを後悔する事は悪い事ではありません。

しかし、何かとお金の遣い方を後悔していては、金運は上がりません。

遣った後で後悔ばかりだと、お金に嫌われてしまいます。

そうなるとお金は寄ってこなくなります。

遣う前に後悔しないかどうか、しっかりと考えましょう。

遣った後なら、必要な出費だと前向きに捉えましょう。

まとめ

金運がないと思う人は、自分の生活を見直す事で気づく事もあるでしょう。

お金も人も物も、大切にする心を持つことが一番です。

周りから好かれる人、そしてお金からも好かれる人になれれば、きっと金運も上がるのではないでしょうか。

誰しもお金は無いよりは有る方がいいですよね。

お金が欲しい、金運が欲しい、という人も多いでしょう。

そもそも金運がない人とはどんな人でしょうか。

金運がない人に共通する特徴をいくつか紹介したいと思います。


自分に甘い

自分に対して甘い人はお金が貯まりません。

よって金運が悪くなるといえるでしょう。

誰にも欲というのは存在するものです。

欲しい物や、食べたい物、行きたい所など、全ての欲通りに行動してはお金が貯まりません。

お金が貯まる人は、自分の生活水準に合わせて行動するものです。

よって多少の我慢はしないといけない事もあるでしょう。

自分を甘やかして生活していては、とても金運は良くならないといえます。

周りを大切にしない

金運というのは、徳を積むことで得られるものと言われています。

周りを大切にせず、自分勝手な人にはお金は入ってきません。

例えば、嫌な人がお金に困っていたとして、手を貸してくれる人がどれだけいるでしょうか。

人望が厚い人と比べてはるかに少ないと言えるでしょう。

周りの人に対して優しく接し、人としての徳を積むことで金運も上がると言えます。

きっと神様も見ているのでしょう。

無駄遣いをする

物の価値が分からず、無駄遣いをしていては金運が良いとは言えません。

本当に必要な物だけを考えてお金を遣う事が大事です。

例えば、便利グッズ、まとめてお得になっているもの、ただ安い物など。

思わず買ってしまうこともあるでしょう。

結局のところ、特に必要では無く、無駄になってしまいます。

無駄なお金の遣い方をしていては、お金は貯まりません。

断るのが下手

付き合いが悪い人よりは、付き合いが良い人の方がもちろん人徳は高いように思います。

ですが、誘われる度に外出していては、お金は出ていくばかりです。

誘われるとついつい行ってしまう、断るのが下手という人は金運は悪いと言えます。

自分の中である程度加減する事も必要でしょう。

また、頼まれると引き受けてしまう人は、保証人になったり、お金を貸して騙されたりする事もありますので要注意です。

しっかりと判断した上で、たまには断る事をしないといけないでしょう。

言い訳が得意

言い訳ばかりしている人は金運が悪い人に多い特徴です。

仕事でもプライベートでも、なんでも言い訳して逃げてしまう人です。

そういう人は、言い訳ばかりで成長する事ができません。

お金を遣ってしまう事も、悪い状況にあっても言い訳ばかりでは一向に良くならないのです。

反省して改善する努力をしなければ、状況は変わらず、金運も上げる事はできないでしょう。

捨てられない

物を捨てられない人、家が散らかっている人は金運が悪いでしょう。

まず、物が多い人の特徴として、よく考えずに買ってしまうと言えます。

また、買ってしまっても家自体に物が多いので買った事をそこまで意識しない事も問題です。

風水的にも、不要な物からは負のエネルギーが出てしまいます。

そして、物が多いと気が溜まってしまい、流れが悪く、良い気も入ってこないのです。

しっかりと綺麗にしておく事が、金運を高める方法の一つです。

見栄っ張り

見栄っ張りな性格の人は、お金が貯まらないでしょう。

自分をよく見せたいという感情は誰にでもあるものです。

しかし、虚勢を張りお金を遣い過ぎてしまうようだと、採算が合わなくなります。

見栄を張らずに自分の身の丈に合う生活を送る事が大事です。

ケチ

逆にケチな人も、金運が悪いと言われています。

お金は遣うことで、回ってくるものとも言われます。

遣い過ぎはもちろんいけませんが、あまりにも使わないようだと金運は上がらないでしょう。

必要なことには投資をするべきなのです。

また、他の人へお金を遣うことで、そのお金が戻ってくるものです。

人に対してケチにならない事が、結果人望を集め、徳が積まれることになり、金運は上がると言えます。

勉強が好きではない

そもそも勉強が好きではない人は金運が上がらないでしょう。

金運を高めるという事は、自分の価値を高めるということでもあります。

自分がどれだけお金を稼げる人になるかで、金運も変わってくるといえます。

学校で習う勉強に限らず、世の中の知識や経験を積む事でも自分の価値は高まるでしょう。

勉強しない人はなかなか成長しません。

よって、自分の価値を上げる事ができず、金運を上げる事も出来ないでしょう。

お金にだらしない

お金にだらしない性格の人は、金運がよくありません。

例えば、人にお金を借りても返さない人や、遣い方が雑な人、管理ができていない人です。

お金を大切にしない事には、お金は寄ってきません。

よく借金をする人は、借金をすることに慣れてしまい、繰り返してしまう人も多いでしょう。

それではいつまで経ってもお金が貯まらず、人からの信用も失い、お金が巡ってくる機会は減ってしまいます。

ネガティブ

ネガティブな性格で暗い人は金運がよくない人が多いでしょう。

思い込みというのは、実際に人生に影響を与えてしまいます。

「自分は貧乏だ」「お金がない」「金運が悪い」 ネガティブに考えてしまうと、結果的にその通りになってしまうものなのです。

脳もそう思い込んでしまい、お金が貯まらない思考や行動に無意識になってしまいます。

ネガティブな感情はマイナスな状況を呼び込んでしまうため、金運は良くならないでしょう。

挑戦しない

新しいことに挑戦しない、安定ばかり望む人は金運が上がらないでしょう。

仕事やプライベートにしても、挑戦することは大切です。

今以上の金運を望むのであれば、今以上の何かをしない事には難しいと言えます。

また、挑戦する事が人生経験ともなり、自分にとっての財産となります。

それにより自分の価値も上がり、結果的にお金を生み出す力を上げる事ができるのです。

お金の遣い方を後悔する

無駄遣いを後悔する事は悪い事ではありません。

しかし、何かとお金の遣い方を後悔していては、金運は上がりません。

遣った後で後悔ばかりだと、お金に嫌われてしまいます。

そうなるとお金は寄ってこなくなります。

遣う前に後悔しないかどうか、しっかりと考えましょう。

遣った後なら、必要な出費だと前向きに捉えましょう。

金運がないと思う人は、自分の生活を見直す事で気づく事もあるでしょう。

お金も人も物も、大切にする心を持つことが一番です。

周りから好かれる人、そしてお金からも好かれる人になれれば、きっと金運も上がるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-