【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519135329.html
自分を過大評価する人の特徴

自分を過大評価する人の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分を過大評価する人の特徴

自分を過大評価する人は周りにイラっとされたり呆れられてしまうことがあります。

その特徴を学んで自分はそうならないように気をつけましょう。

  • お世辞を真に受けてしまう
  • 過去の栄光を引きずっている
  • 物事をスピーディーに進めることができる
  • 口がうまい
  • 親が偉大である
  • 人になめられたくないと思っている
  • ミスをごまかすのがうまい
  • 友達や我が子に夢を持たせたい
  • まとめ

1. お世辞を真に受けてしまう

お世辞を真に受けてしまう

人からのお世辞を真に受けてしまう素直な人や単純な人はそのうち自分がすごい人間だと勘違いするようになり、過大評価するようにもなります。

お世辞がうまい人といつも一緒にいると言われ慣れてしまい、それが当然のことであるかのように脳に刷り込まれていくのです。

最初は謙遜していたのに何回か経つと本当にすごいんじゃないか?

と思い始めてしまうというわけです。

2. 過去の栄光を引きずっている

過去の栄光を引きずっている

過去に大きな功績を残したり褒められたりしたことがあり、それをいつまでも引きずって自慢するような人もいます。

初めてその話を聞く人は当然驚いてくれますし、話す度に自分のすごかった記憶が蘇って気分が良くなり、自分を過大評価して酔って楽しむことでしょう。

現実逃避して今を見つめることができない寂しい人も含まれます。

3. 物事をスピーディーに進めることができる

物事をスピーディーに進めることができる

物事をスピーディーに進めることができる人は手際がいい人と雑な人の2種類のパターンがありますが、どちらにせよやるべきことが人より早く終わるため、つい勘違いをして自分の能力を評価してしまうことがあります。

雑であってもばれなければ手際がいい人と見なされますからね。

ごまかすのもうまい人なのでしょう。

4. 口がうまい

口がうまい

口がうまい人は次々に場を盛り上げる楽しい話ができたりウソや言い訳を並べることができます。

そのうちに頭の回転が早い自分に感心し、自分のペースに飲まれている周りの人を見下すようになります。

話術がうまいと人も寄って来るので人望があると感じてしまうこともあります。

そして人気者だと過大評価してしまうようになります。

5. 親が偉大である

親が偉大である

親が偉大な人は周りにチヤホヤされるでしょう。

年上からも優しくされたり、異性にも人気が出たりします。

また、家にお金があるだけなのに自分がお金持ちのような気分になり、早くから成功者の気分を味わうことになります。

こんなに条件が揃えば自分を過大評価したくなるのも納得です。

しかし厳密に言えば親がすごいだけなので、気づいた時に虚しい気持ちになることでしょう。

6. 人になめられたくないと思っている

人になめられたくないと思っている

人になめられたくないと思う強がりな人は自分を過大評価して周りにも伝えます。

そうやって虚勢を張り、周りを威嚇するのです。

周りの人はこの人には叶わないと感じ、必要以上に挑んでこなくなるでしょう。

自分を守るために強く見せるなんて本当は臆病な弱い人間ですね。

争って勝てると思えないからこそ最初からこのような壁を作るのです。

7. ミスをごまかすのがうまい

ミスをごまかすのがうまい

ミスをごまかすのがうまいようなずる賢い人も自分を過大評価するようになります。

それは、ミスをうまくごまかしているうちに自分の要領の良さと勘の鋭さを感じ、自分にうっとりしてしまうからです。

うまくごまかし続ければ周りにはずっと尊敬されます。

そんな偽物の評価ですら気分がいいため、それでもいいからとごまかし続けます。

8. 友達や我が子に夢を持たせたい

友達や我が子に夢を持たせたい

親しい友達を励ましたり我が子にやる気を起こさせるために自分をあえて過大評価し、「だからやってみなよ」と手本となろうとする人もいますね。

悔しいと思わせたり自分でもできると感じさせることで一歩踏み出せることもあります。

ただ励ましてもなかなか効果がない時は大げさに伝えたり刺激を与えることも効果があります。

まとめ

自分を過大評価する人は見栄っ張りの性格が悪い人ばかりではなく、素直なせいで本当に自分はすごいと信じ込んでしまったり、人のために恥を忍んで大げさに自分を見せて奮い立たせようとしていることもあります。

過大評価している人も考えてそうしているのだと思えば一概に愚かに見てはいけませんね。

自分を過大評価する人は周りにイラっとされたり呆れられてしまうことがあります。

その特徴を学んで自分はそうならないように気をつけましょう。


お世辞を真に受けてしまう

人からのお世辞を真に受けてしまう素直な人や単純な人はそのうち自分がすごい人間だと勘違いするようになり、過大評価するようにもなります。

お世辞がうまい人といつも一緒にいると言われ慣れてしまい、それが当然のことであるかのように脳に刷り込まれていくのです。

最初は謙遜していたのに何回か経つと本当にすごいんじゃないか?

と思い始めてしまうというわけです。

過去の栄光を引きずっている

過去に大きな功績を残したり褒められたりしたことがあり、それをいつまでも引きずって自慢するような人もいます。

初めてその話を聞く人は当然驚いてくれますし、話す度に自分のすごかった記憶が蘇って気分が良くなり、自分を過大評価して酔って楽しむことでしょう。

現実逃避して今を見つめることができない寂しい人も含まれます。

物事をスピーディーに進めることができる

物事をスピーディーに進めることができる人は手際がいい人と雑な人の2種類のパターンがありますが、どちらにせよやるべきことが人より早く終わるため、つい勘違いをして自分の能力を評価してしまうことがあります。

雑であってもばれなければ手際がいい人と見なされますからね。

ごまかすのもうまい人なのでしょう。

口がうまい

口がうまい人は次々に場を盛り上げる楽しい話ができたりウソや言い訳を並べることができます。

そのうちに頭の回転が早い自分に感心し、自分のペースに飲まれている周りの人を見下すようになります。

話術がうまいと人も寄って来るので人望があると感じてしまうこともあります。

そして人気者だと過大評価してしまうようになります。

親が偉大である

親が偉大な人は周りにチヤホヤされるでしょう。

年上からも優しくされたり、異性にも人気が出たりします。

また、家にお金があるだけなのに自分がお金持ちのような気分になり、早くから成功者の気分を味わうことになります。

こんなに条件が揃えば自分を過大評価したくなるのも納得です。

しかし厳密に言えば親がすごいだけなので、気づいた時に虚しい気持ちになることでしょう。

人になめられたくないと思っている

人になめられたくないと思う強がりな人は自分を過大評価して周りにも伝えます。

そうやって虚勢を張り、周りを威嚇するのです。

周りの人はこの人には叶わないと感じ、必要以上に挑んでこなくなるでしょう。

自分を守るために強く見せるなんて本当は臆病な弱い人間ですね。

争って勝てると思えないからこそ最初からこのような壁を作るのです。

ミスをごまかすのがうまい

ミスをごまかすのがうまいようなずる賢い人も自分を過大評価するようになります。

それは、ミスをうまくごまかしているうちに自分の要領の良さと勘の鋭さを感じ、自分にうっとりしてしまうからです。

うまくごまかし続ければ周りにはずっと尊敬されます。

そんな偽物の評価ですら気分がいいため、それでもいいからとごまかし続けます。

友達や我が子に夢を持たせたい

親しい友達を励ましたり我が子にやる気を起こさせるために自分をあえて過大評価し、「だからやってみなよ」と手本となろうとする人もいますね。

悔しいと思わせたり自分でもできると感じさせることで一歩踏み出せることもあります。

ただ励ましてもなかなか効果がない時は大げさに伝えたり刺激を与えることも効果があります。

自分を過大評価する人は見栄っ張りの性格が悪い人ばかりではなく、素直なせいで本当に自分はすごいと信じ込んでしまったり、人のために恥を忍んで大げさに自分を見せて奮い立たせようとしていることもあります。

過大評価している人も考えてそうしているのだと思えば一概に愚かに見てはいけませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-