【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519135311.html
台風でコロッケが売れる理由

台風でコロッケが売れる理由 | LADYCO

LADYCO
台風でコロッケが売れる理由

夏から秋にかけたこの時期必ず誰もに降りかかる災難である台風。

台風が通過することでコロッケが売れる。

風が吹けば桶屋が儲かるかの如くのこの現象から台風について読み解いていきましょう。

  • そもそも台風とはなんなのか
  • 熱い海だからこそ生まれる
  • 台風の進路はなかなか読めない
  • 台風には生まれる時期と寿命がある
  • ライフラインの断絶前に
  • 事前にできる限り具体的な対策を
  • まとめ

1. そもそも台風とはなんなのか

そもそも台風とはなんなのか

かみ砕いていうと南の海で生まれたものすごく強い低気圧。

それが台風です。

ちょうど夏の空にいくつも現れる入道雲と同じものがいくつも合わさってどんどん力強くなり、風に乗って日本へとやってきます。

気象庁の説明によると台風というのはこのようです。

気象庁の説明

「熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、 なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを台風と呼びます。

2. 熱い海だからこそ生まれる

熱い海だからこそ生まれる

温かく湿った空気が台風が発達するためのエネルギー源。

赤道付近で生まれるからこそ、 台風が近づいてくるととたんに「何かが来たな」と誰もがわかる程度には空気の温度が変わります。

台風は発生期、発達期、最盛期、衰弱期の4段階を経ていきます。

ちょうど海面水温が熱帯よりも低い日本付近に来たあたりで海からの水蒸気が少なくなって、 熱帯低気圧や温帯低気圧に変わります。

3. 台風の進路はなかなか読めない

台風の進路はなかなか読めない

台風は自力で動いているわけではありません。

太平洋高気圧に沿う形でまず出だしの進路を決定され、その上で上空の風に流されて動いていきます。

また地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っており、日本は発生する場所からその進路にちょうど沿った形で列島があるため、毎年幾度もその影響を受けることになります。

ちょうど日本の上空には強い西風である偏西風が吹いており、台風はその流れに乗り、日本付近に来てからは速い速度で北東へと抜けていきます。

気圧と風次第であるのが先行きを読みにくい原因です。

4. 台風には生まれる時期と寿命がある

台風には生まれる時期と寿命がある

テレビの気圧配置図が季節ごとに変化するのは台風のためです。

夏の配置図は日本は中心に置かれておらず、赤道付近から日本の北端までと広く画面上にとらえられています。

これは台風の発生地帯から日本までの経路を効率よく伝えるため。

秋を過ぎたあたりで日本そのもののみの図案に変更されます。

また台風の寿命というものもあります。

発生してから熱帯低気圧または温帯低気圧に変わるまでの期間は過去は30年間(1981~2010年)の平均で5.3日。

しかし中には昭和61(1986)年台風第14号の19.25日というものも。

長寿台風は夏に多く、それらは不規則な経路をとる傾向があります。

5. ライフラインの断絶前に

ライフラインの断絶前に

台風の来襲を受けることがある意味内定している場所にある日本列島。

日本でつつがなく生活するためのスキルとして「台風対策が自然に取れること」は必須科目といえます。

具体的にはまず発生の近いシーズンになれば天候の変化を必ずニュース等で確認を怠らないこと。

それと同時に台風によってストップする可能性のある事柄を念頭に生活をすることの二つです。

台風に伴う被害は強風によるものから落雷によるもの、雨によるものといくつかに分けられますが、ゲリラ豪雨などと異なり、災害としては複合型でありながら、同時に事前にその動向を確認しながら支度ができるタイプのものでもあります。

6. 事前にできる限り具体的な対策を

事前にできる限り具体的な対策を

強い風に飛ばされそうなものは早めにしまうなどし、避難場所を確認し、台風次第で停止しかねない交通情報を事前に収集し、場合によっては予定を変更する柔軟性も必要で、どうしても遠出をしなくてはならない場合にも、交通機関の停止に備えて複数の交通手段を考えておくことや宿泊先を事前にいくつか候補を挙げておくなど。

事前にできることはそれぞれの人にたくさんあります。

まとめ

自然に勝てる人間はいませんが、過去あったことから未来を予測し準備できるのが賢さだともいいます。

いままであった台風の報道から学んで自分に必要な対策を事前にとる癖をつけること。

これはどんな人にも必要なことであると言えます。

どんな場合にも何とかしなくてはならないのは自分自身と肝に銘じましょう。

さて、肝心のコロッケですが、これは2001年8月21日に台風11号の上陸した時の2ちゃんねるで立てられたスレッドが発祥です。

このスレッド、『【台風11号パブーク】上陸秒読み実況スレッド 14号』でスレの111番、ID:V2iqkNlAさんが「念のため、コロッケを16個買ってきました。

もう3個食べてしまいました」
と発言し、その発言を見たスレ住人が「コロッケ食べたくなった」という流れです。

これの流れがまとめサイトを経由し、台風にはコロッケを食べるという習慣が広がりました。

夏から秋にかけたこの時期必ず誰もに降りかかる災難である台風。

台風が通過することでコロッケが売れる。

風が吹けば桶屋が儲かるかの如くのこの現象から台風について読み解いていきましょう。


そもそも台風とはなんなのか

かみ砕いていうと南の海で生まれたものすごく強い低気圧。

それが台風です。

ちょうど夏の空にいくつも現れる入道雲と同じものがいくつも合わさってどんどん力強くなり、風に乗って日本へとやってきます。

気象庁の説明によると台風というのはこのようです。

気象庁の説明

「熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、 なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを台風と呼びます。

熱い海だからこそ生まれる

温かく湿った空気が台風が発達するためのエネルギー源。

赤道付近で生まれるからこそ、 台風が近づいてくるととたんに「何かが来たな」と誰もがわかる程度には空気の温度が変わります。

台風は発生期、発達期、最盛期、衰弱期の4段階を経ていきます。

ちょうど海面水温が熱帯よりも低い日本付近に来たあたりで海からの水蒸気が少なくなって、 熱帯低気圧や温帯低気圧に変わります。

台風の進路はなかなか読めない

台風は自力で動いているわけではありません。

太平洋高気圧に沿う形でまず出だしの進路を決定され、その上で上空の風に流されて動いていきます。

また地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っており、日本は発生する場所からその進路にちょうど沿った形で列島があるため、毎年幾度もその影響を受けることになります。

ちょうど日本の上空には強い西風である偏西風が吹いており、台風はその流れに乗り、日本付近に来てからは速い速度で北東へと抜けていきます。

気圧と風次第であるのが先行きを読みにくい原因です。

台風には生まれる時期と寿命がある

テレビの気圧配置図が季節ごとに変化するのは台風のためです。

夏の配置図は日本は中心に置かれておらず、赤道付近から日本の北端までと広く画面上にとらえられています。

これは台風の発生地帯から日本までの経路を効率よく伝えるため。

秋を過ぎたあたりで日本そのもののみの図案に変更されます。

また台風の寿命というものもあります。

発生してから熱帯低気圧または温帯低気圧に変わるまでの期間は過去は30年間(1981~2010年)の平均で5.3日。

しかし中には昭和61(1986)年台風第14号の19.25日というものも。

長寿台風は夏に多く、それらは不規則な経路をとる傾向があります。

ライフラインの断絶前に

台風の来襲を受けることがある意味内定している場所にある日本列島。

日本でつつがなく生活するためのスキルとして「台風対策が自然に取れること」は必須科目といえます。

具体的にはまず発生の近いシーズンになれば天候の変化を必ずニュース等で確認を怠らないこと。

それと同時に台風によってストップする可能性のある事柄を念頭に生活をすることの二つです。

台風に伴う被害は強風によるものから落雷によるもの、雨によるものといくつかに分けられますが、ゲリラ豪雨などと異なり、災害としては複合型でありながら、同時に事前にその動向を確認しながら支度ができるタイプのものでもあります。

事前にできる限り具体的な対策を

強い風に飛ばされそうなものは早めにしまうなどし、避難場所を確認し、台風次第で停止しかねない交通情報を事前に収集し、場合によっては予定を変更する柔軟性も必要で、どうしても遠出をしなくてはならない場合にも、交通機関の停止に備えて複数の交通手段を考えておくことや宿泊先を事前にいくつか候補を挙げておくなど。

事前にできることはそれぞれの人にたくさんあります。

自然に勝てる人間はいませんが、過去あったことから未来を予測し準備できるのが賢さだともいいます。

いままであった台風の報道から学んで自分に必要な対策を事前にとる癖をつけること。

これはどんな人にも必要なことであると言えます。

どんな場合にも何とかしなくてはならないのは自分自身と肝に銘じましょう。

さて、肝心のコロッケですが、これは2001年8月21日に台風11号の上陸した時の2ちゃんねるで立てられたスレッドが発祥です。

このスレッド、『【台風11号パブーク】上陸秒読み実況スレッド 14号』でスレの111番、ID:V2iqkNlAさんが「念のため、コロッケを16個買ってきました。

もう3個食べてしまいました」
と発言し、その発言を見たスレ住人が「コロッケ食べたくなった」という流れです。

これの流れがまとめサイトを経由し、台風にはコロッケを食べるという習慣が広がりました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-