【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519135308.html
他人に甘えてしまいがちな人の特徴

他人に甘えてしまいがちな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
他人に甘えてしまいがちな人の特徴

何事も自分の力でやり遂げようと努力する人がいる一方で、すぐに他人に甘えてしまいがちな人には、幾つかの特徴があります。

  • 自己評価が低い
  • 自信過剰
  • 可愛いがられて育った家庭環境
  • 大人になりきれてない
  • 愚痴や不平を言いがち
  • 頼りにされることで男性が喜ぶことを知っている
  • すぐ甘えてしまう自分を可愛いと思っている
  • コミュニケーションを円滑にするため
  • 人に媚びるように甘える
  • ボディタッチが好き
  • まとめ

1. 自己評価が低い

自己評価が低い

すぐに甘えてしまう人は、自分は何事においても能力が低いと考えてしまいがちです。

それゆえ、すぐに他人の助けが必要だと誤った判断してしまい、協力を仰ぐことになります。

自分は能力が低いのだから、自分よりも能力の高い人にサポートの手を差し伸べてもらって当然だと思っているため、躊躇せず他人にお願いすることができる一方、自分が得意なことに関しては、他人のサポートを買って出るのが当たり前とばかりに、率先して手助けをする一面もあります。

しかし大抵の場合、自分が甘える側になりがちなのが実情です。

2. 自信過剰

自信過剰

自分はみんなの人気者で、誰もが自分の役に立ちたいと思っているはずなので、これくらいのお願いは簡単に叶えてくれるはずという自惚れがある人は、遠慮なく他人に甘える傾向があります。

通常はある程度の信頼が築かれた上で、相手に甘えることを許し、また許される関係が育まれるものですが、そのような信頼関係ができていないまま、相手に迷惑だと思われるかもしれないという先入観が頭をよぎることなく、甘えが許される関係だと身勝手に断定しがちです。

3. 可愛いがられて育った家庭環境

可愛いがられて育った家庭環境

両親や兄や姉に甘やかされて育った人は、自分は他人から愛されるべき人間という自我が幼い頃から形成され、何かを要求すればそれをすぐに叶えてもらえるという基本姿勢が身につきます。

そうした経験から、成人してからも他人に気を配ってもらう居心地の良さを忘れられず、自分からそれをしてくれない人にも、催促してしまいます。

家庭内なら父や長男など、強い者に甘えて懐に入ることで、自分の意見が通るようになる成功パターンは、腕力や論理では人の上に立てない末っ子として生まれた者の処世術として根付いています。

4. 大人になりきれてない

大人になりきれてない

大人になりきれてない人ほど、自分の責任は自分で取るという社会人としてのマナーが身についていません。

それゆえ、甘えがちな人の多くは何かをお願いする時、自分のことを子供っぽく感じさせるため、普段よりもチャーミングな雰囲気を作りながら言葉を発したり、上目遣いを作ることが多いです。

大人の目線から見た子供は、自然と上目遣いになるので、子供と接するような印象を相手に与える効果があることを、甘え上手な人は本能的に理解しているわけです。

5. 愚痴や不平を言いがち

愚痴や不平を言いがち

普段から愚痴や不平が多い人は、自分が苦手なことや不安なことを他人に伝えたがる傾向にあります。

相手に頭を下げてお願いすることもなく、自分が困っていることを独り言のように、相手に確実に聞こえる声で話すことで、他人が慰めてくれるのを待ちます。

そうして自分を助けてくれる人を見極め、断られるリスクを減らしてから、甘え始めます。

6. 頼りにされることで男性が喜ぶことを知っている

頼りにされることで男性が喜ぶことを知っている

男性の多くは女性から頼りにされることで自尊心を満たすことができることを理解している女性は、恋愛感情としてお気に入りの男性や、キャリアアップとしてお近づき願いたい男性に対し、簡単なお願い事をし、それを叶えてもらったら大袈裟に喜ぶことで、こんな簡単なことでこんなに喜んでくれるなら、もっと力になってあげたいという欲求を男性に芽生えさせようと画策します。

7. すぐ甘えてしまう自分を可愛いと思っている

すぐ甘えてしまう自分を可愛いと思っている

ダメな自分も許してしまおうという開き直りができる人は、ドジで間抜けでか弱いがゆえに、みんなに甘えてばかりいる自分のキャラクターを可愛いとすら思っていて、みんなの前では自虐するものの、実際は全く問題視していません。

それゆえに同じ過ちを繰り返しても、首をかしげた合掌ポーズなど、自分を可愛く見せようとするアクションでその場を切り抜けようとします。

8. コミュニケーションを円滑にするため

コミュニケーションを円滑にするため

常に冷静沈着で非の打ち所のない完璧な人より、少し抜けたところがある人の方が人気者になれる傾向があるため、本当は自分でできることでも、相手の関心を引くために計算で甘えてみる人もいます。

例えば、仕事のできる上司に頼ってもらうことで、部下として認められていると思うことができますし、逆に部下に甘えられることで、上司として慕われている実感を持つことができ、甘えることで交流を深めています。

9. 人に媚びるように甘える

人に媚びるように甘える

常に人の輪の中にいないと仲間外れにされるんじゃないかと心配になってしまう性格の人は、自分が一人にならないように、何かと理由をつけて他人に甘えがちです。

幼少期に親の離婚などでいるはずの人が突然いなくなる不安を経験したり、学生時代に派閥が生まれやすい環境で育ち、トイレへ行くのも友達に付き合ってもらうのが当たり前だった女性などが、自己防衛の手段として甘えることを覚えます。

10. ボディタッチが好き

ボディタッチが好き

無自覚にやってしまう人も多いですが、人に好意を示したり、気を許している証としてボディタッチが増える人は、それによって人との距離感を図るため、同時に甘えやすい傾向があります。

つまり、ボディタッチをしても嫌がられないことで、相手に受け入れられていることを実感し、それを甘えても良いサインと受け取り、甘え始めるわけです。

まとめ

甘えやすい人の特徴をこうして並べてみると、微笑ましいものから嫌悪感を与えるものまで、その中身は実にバラエティに富んでいます。

真似してみたい甘えと、絶対に真似してはいけない甘えを理解したら、それぞれ人生の教訓として活かしてみましょう。

何事も自分の力でやり遂げようと努力する人がいる一方で、すぐに他人に甘えてしまいがちな人には、幾つかの特徴があります。


自己評価が低い

すぐに甘えてしまう人は、自分は何事においても能力が低いと考えてしまいがちです。

それゆえ、すぐに他人の助けが必要だと誤った判断してしまい、協力を仰ぐことになります。

自分は能力が低いのだから、自分よりも能力の高い人にサポートの手を差し伸べてもらって当然だと思っているため、躊躇せず他人にお願いすることができる一方、自分が得意なことに関しては、他人のサポートを買って出るのが当たり前とばかりに、率先して手助けをする一面もあります。

しかし大抵の場合、自分が甘える側になりがちなのが実情です。

自信過剰

自分はみんなの人気者で、誰もが自分の役に立ちたいと思っているはずなので、これくらいのお願いは簡単に叶えてくれるはずという自惚れがある人は、遠慮なく他人に甘える傾向があります。

通常はある程度の信頼が築かれた上で、相手に甘えることを許し、また許される関係が育まれるものですが、そのような信頼関係ができていないまま、相手に迷惑だと思われるかもしれないという先入観が頭をよぎることなく、甘えが許される関係だと身勝手に断定しがちです。

可愛いがられて育った家庭環境

両親や兄や姉に甘やかされて育った人は、自分は他人から愛されるべき人間という自我が幼い頃から形成され、何かを要求すればそれをすぐに叶えてもらえるという基本姿勢が身につきます。

そうした経験から、成人してからも他人に気を配ってもらう居心地の良さを忘れられず、自分からそれをしてくれない人にも、催促してしまいます。

家庭内なら父や長男など、強い者に甘えて懐に入ることで、自分の意見が通るようになる成功パターンは、腕力や論理では人の上に立てない末っ子として生まれた者の処世術として根付いています。

大人になりきれてない

大人になりきれてない人ほど、自分の責任は自分で取るという社会人としてのマナーが身についていません。

それゆえ、甘えがちな人の多くは何かをお願いする時、自分のことを子供っぽく感じさせるため、普段よりもチャーミングな雰囲気を作りながら言葉を発したり、上目遣いを作ることが多いです。

大人の目線から見た子供は、自然と上目遣いになるので、子供と接するような印象を相手に与える効果があることを、甘え上手な人は本能的に理解しているわけです。

愚痴や不平を言いがち

普段から愚痴や不平が多い人は、自分が苦手なことや不安なことを他人に伝えたがる傾向にあります。

相手に頭を下げてお願いすることもなく、自分が困っていることを独り言のように、相手に確実に聞こえる声で話すことで、他人が慰めてくれるのを待ちます。

そうして自分を助けてくれる人を見極め、断られるリスクを減らしてから、甘え始めます。

頼りにされることで男性が喜ぶことを知っている

男性の多くは女性から頼りにされることで自尊心を満たすことができることを理解している女性は、恋愛感情としてお気に入りの男性や、キャリアアップとしてお近づき願いたい男性に対し、簡単なお願い事をし、それを叶えてもらったら大袈裟に喜ぶことで、こんな簡単なことでこんなに喜んでくれるなら、もっと力になってあげたいという欲求を男性に芽生えさせようと画策します。

すぐ甘えてしまう自分を可愛いと思っている

ダメな自分も許してしまおうという開き直りができる人は、ドジで間抜けでか弱いがゆえに、みんなに甘えてばかりいる自分のキャラクターを可愛いとすら思っていて、みんなの前では自虐するものの、実際は全く問題視していません。

それゆえに同じ過ちを繰り返しても、首をかしげた合掌ポーズなど、自分を可愛く見せようとするアクションでその場を切り抜けようとします。

コミュニケーションを円滑にするため

常に冷静沈着で非の打ち所のない完璧な人より、少し抜けたところがある人の方が人気者になれる傾向があるため、本当は自分でできることでも、相手の関心を引くために計算で甘えてみる人もいます。

例えば、仕事のできる上司に頼ってもらうことで、部下として認められていると思うことができますし、逆に部下に甘えられることで、上司として慕われている実感を持つことができ、甘えることで交流を深めています。

人に媚びるように甘える

常に人の輪の中にいないと仲間外れにされるんじゃないかと心配になってしまう性格の人は、自分が一人にならないように、何かと理由をつけて他人に甘えがちです。

幼少期に親の離婚などでいるはずの人が突然いなくなる不安を経験したり、学生時代に派閥が生まれやすい環境で育ち、トイレへ行くのも友達に付き合ってもらうのが当たり前だった女性などが、自己防衛の手段として甘えることを覚えます。

ボディタッチが好き

無自覚にやってしまう人も多いですが、人に好意を示したり、気を許している証としてボディタッチが増える人は、それによって人との距離感を図るため、同時に甘えやすい傾向があります。

つまり、ボディタッチをしても嫌がられないことで、相手に受け入れられていることを実感し、それを甘えても良いサインと受け取り、甘え始めるわけです。

甘えやすい人の特徴をこうして並べてみると、微笑ましいものから嫌悪感を与えるものまで、その中身は実にバラエティに富んでいます。

真似してみたい甘えと、絶対に真似してはいけない甘えを理解したら、それぞれ人生の教訓として活かしてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-