【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519135305.html
生産性が高い人の特徴

生産性が高い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
生産性が高い人の特徴

同じような仕事、同じような仕事時間、同じような職歴…それなのに。

同じような条件の中でもずば抜けて仕事が出来る人、結果を残せる人っていますよね。

今回はそんな「生産性の高い人」の特徴を紹介します。

  • 集中力が高い
  • 気持ちの切り替えができる
  • 優先順位をつけることができる
  • リストアップが得意
  • できることにはすぐに取り掛かる
  • 面倒くさがらない
  • うまく人に頼る事ができる
  • 時間で区切ることができる
  • 休憩時間はしっかり取る
  • 事務処理が速い
  • 無理なことは無理と断ることができる
  • 自分の趣味や自分の時間を大切にしている
  • 機嫌が良く余裕のある人が多い
  • まとめ

1. 集中力が高い

集中力が高い

仕事中は仕事だけに集中してどんどんこなしていく集中力があります。

途中困難なことにぶつかっても、そこで集中力が切れて手が止まったりせずに仕事を進めることができるのです。

周りにいる生産性の高い人を仕事中にちょっと盗み見てみましょう。

ボーっとしたり無駄な事をしている時間が他の人より少ないはずです。

2. 気持ちの切り替えができる

気持ちの切り替えができる

たとえ集中力が切れてしまったとしても、少し気分転換すればすぐに気持ちを切り替えることができます。

気持ちの切り替えが速いのですぐに仕事を再開することができます。

気持ちを切り替えをするための自分なりの気分転換方法やルーティーンを持っている人もいます。

こういう人がいたら参考までにその方法を聞いてみると良いかもしれません。

3. 優先順位をつけることができる

優先順位をつけることができる

複雑な仕事に取り組んでいる時や多数の仕事に同時に取り組んでいる時、仕事の中の優先順位をつけることができます。

締切や重要度をもとに優先順位をつけることで効率的に仕事を進めることができますし、一つ一つの仕事に対して十分な時間を取ることが出来ます。

着実に適切に仕事をこなしていくので周りからの信頼も厚く、頼まれる仕事量も増えます。

4. リストアップが得意

リストアップが得意

仕事を完遂するためにやるべきことのリストアップが得意です。

頭の中で出来てしまう人もいますし、最初に紙などに書き出している人もいます。

闇雲に仕事に取り掛かるではなく、最初に全体の見通しを立てやるべきことをリストアップしてから仕事に挑むので無駄なことをせずに済みますし、うっかりミスも見落としも減ります。

このリストアップを習慣にして、的確かつ迅速に行える人が多いです。

5. できることにはすぐに取り掛かる

できることにはすぐに取り掛かる

できることにはすぐに取り掛かるので無駄に時間を費やすことがありません。

悩んでいる時間や迷っている時間があるなら現状判っているやるべき事を進めるという考えなのです。

できることを行動に移しているうちに悩んでいた、迷っていたことに対しても見えてくるものがあります。

とにかく行動することで現状を変えていくことができるのです。

6. 面倒くさがらない

面倒くさがらない

仕事の中には面倒くさいもの、やっかいなもの、やりたくないものもありますよね。

そういう仕事に対しても面倒くさがらずすぐに取り組みます。

面倒くさいことから取り組むという人もいます。

どうせ後で取り組まなければいけないんだからさっさと済ませてしまうという考えなのでしょう。

自分のすべき事を明確に把握しているので嫌な事を後回しにすることがありません。

7. うまく人に頼る事ができる

うまく人に頼る事ができる

一人で仕事をこなすのは大変です。

適度に周りに協力を求めます。

特にチームワークを要する仕事の場合は周りとの協力は必要不可欠です。

一人で仕事を抱え込まないのも大切なポイントの一つです。

生産性の高い人は人に仕事を頼むときも的確かつ具体的に指示を出すので嫌がられません。

またその人の仕事量に見合った仕事を振るようにしっかり考えてから振ることができます。

8. 時間で区切ることができる

時間で区切ることができる

どうしても先に進まない仕事、困難が解決しない仕事もあります。

そういう壁にぶつかった時に生産性の高い人は時間を区切って仕事をすることができます。

長時間考えすぎるということをしないのです。

「○時までやっても先に進みそうになかったら一度置いて別の仕事を進める」ということができます。

仕事全体の見通しがついているためこういう事をする余裕もあるのです。

9. 休憩時間はしっかり取る

休憩時間はしっかり取る

仕事が終わっていないからといって休憩時間もダラダラ仕事をすることはありません。

休憩時間はしっかり取ります。

また、休憩中は頭を切り替え仕事のことは考えないという人も多いです。

休憩時間に頭と体をしっかり休めてから仕事を再開するので、眠くなりがちな休憩後の仕事も手際よく進めることができるのです。

休憩時間でメリハリをつけているといってもいいでしょう。

10. 事務処理が速い

事務処理が速い

事務処理はとにかく手を止めないこと、思考を止めないことで速く終わらせることができます。

生産性の高い人は事務処理に必要以上の時間を割きません。

これをとっとと終わらせてしまい産まれた時間を他の仕事のために使います。

時間短縮できるところでなるべく時間短縮をして仕事に取り組む時間を自分で作っているのです。

11. 無理なことは無理と断ることができる

無理なことは無理と断ることができる

時間や自分の抱えている仕事量を考えて自分が受けられる仕事を判断することができます。

決して無理はしません。

引き受けるとしても締切や協力体制について受ける時に自分の現状を踏まえてしっかり相談します。

こういった取捨選択も生産性を上げるためには大切なことなのです。

12. 自分の趣味や自分の時間を大切にしている

自分の趣味や自分の時間を大切にしている

生産性の高い人は仕事以外にモチベーションがある人が多いです。

趣味に使う時間や家族や恋人と過ごす時間を取るために仕事を速く終わらせるという目的があるため仕事に対してもモチベーションが上がるのです。

生活が充実しているため仕事にも前向きに取り組めるという、まさに好循環なのです。

生産性の高い人程休日や帰宅後も充実している人が多いです。

13. 機嫌が良く余裕のある人が多い

機嫌が良く余裕のある人が多い

仕事もプライベートも上手くいっているので、仕事が忙しくても機嫌が良く気持ちに余裕のある人が多いです。

仕事中に話しかけたり相談をしても気さくに対応してくれる人が多いでしょう。

いつも気持ちよく対応してくれるので、周りに仕事を頼んだり相談する時も嫌な顔をされにくいのです。

こういった普段の人当たりの良さも仕事の好循環に繋がっているのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

生産性の高い人は常に頭を使って仕事の効率を上げています。

能力的なこともありましたが、今すぐ参考にできることもあったと思います。

能力の差があっても自分の現状より生産性を上げることはきっと出来るはずです。

仕事の生産性を上げたい人はできることから真似してみてはいかがでしょうか。

同じような仕事、同じような仕事時間、同じような職歴…それなのに。

同じような条件の中でもずば抜けて仕事が出来る人、結果を残せる人っていますよね。

今回はそんな「生産性の高い人」の特徴を紹介します。


集中力が高い

仕事中は仕事だけに集中してどんどんこなしていく集中力があります。

途中困難なことにぶつかっても、そこで集中力が切れて手が止まったりせずに仕事を進めることができるのです。

周りにいる生産性の高い人を仕事中にちょっと盗み見てみましょう。

ボーっとしたり無駄な事をしている時間が他の人より少ないはずです。

気持ちの切り替えができる

たとえ集中力が切れてしまったとしても、少し気分転換すればすぐに気持ちを切り替えることができます。

気持ちの切り替えが速いのですぐに仕事を再開することができます。

気持ちを切り替えをするための自分なりの気分転換方法やルーティーンを持っている人もいます。

こういう人がいたら参考までにその方法を聞いてみると良いかもしれません。

優先順位をつけることができる

複雑な仕事に取り組んでいる時や多数の仕事に同時に取り組んでいる時、仕事の中の優先順位をつけることができます。

締切や重要度をもとに優先順位をつけることで効率的に仕事を進めることができますし、一つ一つの仕事に対して十分な時間を取ることが出来ます。

着実に適切に仕事をこなしていくので周りからの信頼も厚く、頼まれる仕事量も増えます。

リストアップが得意

仕事を完遂するためにやるべきことのリストアップが得意です。

頭の中で出来てしまう人もいますし、最初に紙などに書き出している人もいます。

闇雲に仕事に取り掛かるではなく、最初に全体の見通しを立てやるべきことをリストアップしてから仕事に挑むので無駄なことをせずに済みますし、うっかりミスも見落としも減ります。

このリストアップを習慣にして、的確かつ迅速に行える人が多いです。

できることにはすぐに取り掛かる

できることにはすぐに取り掛かるので無駄に時間を費やすことがありません。

悩んでいる時間や迷っている時間があるなら現状判っているやるべき事を進めるという考えなのです。

できることを行動に移しているうちに悩んでいた、迷っていたことに対しても見えてくるものがあります。

とにかく行動することで現状を変えていくことができるのです。

面倒くさがらない

仕事の中には面倒くさいもの、やっかいなもの、やりたくないものもありますよね。

そういう仕事に対しても面倒くさがらずすぐに取り組みます。

面倒くさいことから取り組むという人もいます。

どうせ後で取り組まなければいけないんだからさっさと済ませてしまうという考えなのでしょう。

自分のすべき事を明確に把握しているので嫌な事を後回しにすることがありません。

うまく人に頼る事ができる

一人で仕事をこなすのは大変です。

適度に周りに協力を求めます。

特にチームワークを要する仕事の場合は周りとの協力は必要不可欠です。

一人で仕事を抱え込まないのも大切なポイントの一つです。

生産性の高い人は人に仕事を頼むときも的確かつ具体的に指示を出すので嫌がられません。

またその人の仕事量に見合った仕事を振るようにしっかり考えてから振ることができます。

時間で区切ることができる

どうしても先に進まない仕事、困難が解決しない仕事もあります。

そういう壁にぶつかった時に生産性の高い人は時間を区切って仕事をすることができます。

長時間考えすぎるということをしないのです。

「○時までやっても先に進みそうになかったら一度置いて別の仕事を進める」ということができます。

仕事全体の見通しがついているためこういう事をする余裕もあるのです。

休憩時間はしっかり取る

仕事が終わっていないからといって休憩時間もダラダラ仕事をすることはありません。

休憩時間はしっかり取ります。

また、休憩中は頭を切り替え仕事のことは考えないという人も多いです。

休憩時間に頭と体をしっかり休めてから仕事を再開するので、眠くなりがちな休憩後の仕事も手際よく進めることができるのです。

休憩時間でメリハリをつけているといってもいいでしょう。

事務処理が速い

事務処理はとにかく手を止めないこと、思考を止めないことで速く終わらせることができます。

生産性の高い人は事務処理に必要以上の時間を割きません。

これをとっとと終わらせてしまい産まれた時間を他の仕事のために使います。

時間短縮できるところでなるべく時間短縮をして仕事に取り組む時間を自分で作っているのです。

無理なことは無理と断ることができる

時間や自分の抱えている仕事量を考えて自分が受けられる仕事を判断することができます。

決して無理はしません。

引き受けるとしても締切や協力体制について受ける時に自分の現状を踏まえてしっかり相談します。

こういった取捨選択も生産性を上げるためには大切なことなのです。

自分の趣味や自分の時間を大切にしている

生産性の高い人は仕事以外にモチベーションがある人が多いです。

趣味に使う時間や家族や恋人と過ごす時間を取るために仕事を速く終わらせるという目的があるため仕事に対してもモチベーションが上がるのです。

生活が充実しているため仕事にも前向きに取り組めるという、まさに好循環なのです。

生産性の高い人程休日や帰宅後も充実している人が多いです。

機嫌が良く余裕のある人が多い

仕事もプライベートも上手くいっているので、仕事が忙しくても機嫌が良く気持ちに余裕のある人が多いです。

仕事中に話しかけたり相談をしても気さくに対応してくれる人が多いでしょう。

いつも気持ちよく対応してくれるので、周りに仕事を頼んだり相談する時も嫌な顔をされにくいのです。

こういった普段の人当たりの良さも仕事の好循環に繋がっているのでしょう。

いかがでしたでしょうか。

生産性の高い人は常に頭を使って仕事の効率を上げています。

能力的なこともありましたが、今すぐ参考にできることもあったと思います。

能力の差があっても自分の現状より生産性を上げることはきっと出来るはずです。

仕事の生産性を上げたい人はできることから真似してみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-