【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519133552.html
実行力がない人の特徴

実行力がない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
実行力がない人の特徴

実行力がない人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの13個について取り上げています。

  • いい加減
  • 嫌なことは後回しにする
  • スローな性格
  • 理想が高すぎる
  • よく考えない
  • 人任せ
  • 諦めが速い
  • 気分屋
  • 体力がない
  • イエスマン
  • 忘れっぽい
  • 忙しい
  • 口だけ人間
  • まとめ

1. いい加減

いい加減

計画は立てるものの、それを行うかどうかは気分次第という人がいます。

このような人は実行することもありますが、それがいつになるあは定かではありません。

こうしたことが自分に対してのみ生じるならまだしも、周りの人を巻き込むこともあるためにトラブルメーカーとなる可能性が高く、信用できない人というレッテルを貼られてしまうこともあります。

2. 嫌なことは後回しにする

嫌なことは後回しにする

嫌なことは後回しにする性格の人がいます。

このような人も実行力がありません。

ときには行うべき事柄がその人にとっては苦手な分野であることがありますが、こうした状況に直面すると「いつか行わなければならないけれども、まだ先でも構わない」という思いが生じ、なかなか実行することができないのです。

このタイプの人は嫌なことが待ち構えているという現実により、ストレスを抱えることも多々あります。

3. スローな性格

スローな性格

何事にもゆっくりと取り組む人がいます。

このような人は実行する気があるものの人よりも作業が遅いために、ふさわしいときに実行できない人という印象を与えてしまうことがあります。

しかし性格がマイペースであるために、そのようなうわさが立っても気にしない人もいます。

また周りにせかされて何かを行うわけではないので、失敗することがあまりありません。

4. 理想が高すぎる

理想が高すぎる

当然のことながら実行不可能な計画を立てるのであれば、それを実際に行うことは不可能です。

しかし中には理想ばかりを追い求めてそのような計画を立てる人がいます。

このような人は当然のことながら計画したことをコンプリートすることはできません。

そのためこの事実に気づいたときには実行する気力が薄れてしまい、半分諦めてしまうのです。

5. よく考えない

よく考えない

上記でも考えたように実行不可能な計画を立てるならば、それは計画倒れとなります。

そのため計画を立てる時点で慎重にならなければならないのです。

しかし中にはよく考えずに計画を立て、その後それが実行不可能であることに気づくことがあります。

このような場合も実行に移すことが難しく、そのため計画した時間が無駄になってしまうのです。

6. 人任せ

人任せ

自分で経過ックしたことを実行するのではなく、誰かに行ってもらおうとする人がいます。

このような人は常に人に頼る傾向にあります。

そのため最初から自分で実行するという選択肢はこのような人の頭の中にはないのです。

このような人の計画に同意し、その後「じゃ、後はお願いね」などと言われてしまうと逃げられなくなってしまうことがあります。

そのためこのタイプの人とはあまり関わらないほうが無難です。

7. 諦めが速い

諦めが速い

これは自分にはできないと感じた時点で物事を諦めてしまう人がいます。

このような人も実行に移すことが難しくなることがあります。

たとえば計画を立てた時点で「これは自分にはできない」と感じてしまった場合、それを行動に移すことはありません。

このタイプの人は自分の能力についてよく理解している人です。

しかし努力して頑張ろうという意欲はなく、潔く諦めてしまうのです。

8. 気分屋

気分屋

自分の気分に応じて行動する人がいます。

このような人は計画を立てる時点では気持ちが高揚しているかもしれません。

しかしいざそれを実行うするべき時に気分が乗らないと、何もアクションを起こしません。

このような性格の人は扱いが難しく、信用できない人という印象を与えてしまいます。

しかしある種の能力に長けていることもあり、この能力を期待している人たちからは大きな期待を寄せられることもあります。

9. 体力がない

体力がない

物事を行うためには体力が必要です。

しかし体力がないとそれを行う気力も湧いてきません。

行いたくても体が疲れていてそれができないと感じてしまうのです。

そのため体力がない人も実行できない人となってしまうことがあります。

しかし中には精神力が体力を上回るタイプの人もおり、そのような人は実行に移す人として知られています。

10. イエスマン

イエスマン

どんな要求に対しても思わず「はい」と答えてしまう人がいます。

このタイプの人は要求の意味を考えずに適当に「はい」と言っている場合もあれば、上司などのプレッシャーに負けてしまい「はい」と言ってしまうケースもあります。

いずれにせよできもしないことを受け入れてしまう傾向にあるために、当然のことながら実行することはできません。

このようにいわゆる「イエスマン」と呼ばれている人には要注意です。

11. 忘れっぽい

忘れっぽい

言われたことをすぐに忘れてしまう人がいます。

このような人も実行に移すことが遅れてしまいます。

中にはお願いされたことを思い出すこともできず、そのまま何もせずに終わってしまうこともあるのです。

このタイプの人は悪気はないもののついつい忘れてしまうというだけですので、決して人間的にできていない人というわけではありません。

12. 忙しい

忙しい

「これは自分が行います」と言ったものの、非常に忙しい生活を送っているために請け負った仕事がついつい後回しになってしまう人がいます。

このタイプの人は常に忙しくしている傾向にあり、そのため何を請け負ったのかをよく覚えていないという状況に陥ることがあります。

そのため自分のキャパシティーをしっかりと理解し、できないことはできないとはっきり述べる必要がります。

13. 口だけ人間

口だけ人間

常にうまいことばかりを述べ、その場をしのごうとする人がいます。

このタイプの人も頼まれたことに対しては「はい」と述べるものの、その場しのぎの返事であるために実行することはありません。

そのため何となくその場を逃れようとする傾向にある人には、重要なお願いをするべきではありません。

まとめ

「自分が行います」と述べたことは実行しなければなりません。

もちろん様々な状況の変化により、そうできないこともあるでしょう。

しかし返事をする前にはそれを行えるかどうかを真剣に考え、できないことに対してははっきりと「できません」と述べるべきです。

そうしなければ「実行できない人」というレッテルを貼られてしまうことになります。

実行力がない人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの13個について取り上げています。


いい加減

計画は立てるものの、それを行うかどうかは気分次第という人がいます。

このような人は実行することもありますが、それがいつになるあは定かではありません。

こうしたことが自分に対してのみ生じるならまだしも、周りの人を巻き込むこともあるためにトラブルメーカーとなる可能性が高く、信用できない人というレッテルを貼られてしまうこともあります。

嫌なことは後回しにする

嫌なことは後回しにする性格の人がいます。

このような人も実行力がありません。

ときには行うべき事柄がその人にとっては苦手な分野であることがありますが、こうした状況に直面すると「いつか行わなければならないけれども、まだ先でも構わない」という思いが生じ、なかなか実行することができないのです。

このタイプの人は嫌なことが待ち構えているという現実により、ストレスを抱えることも多々あります。

スローな性格

何事にもゆっくりと取り組む人がいます。

このような人は実行する気があるものの人よりも作業が遅いために、ふさわしいときに実行できない人という印象を与えてしまうことがあります。

しかし性格がマイペースであるために、そのようなうわさが立っても気にしない人もいます。

また周りにせかされて何かを行うわけではないので、失敗することがあまりありません。

理想が高すぎる

当然のことながら実行不可能な計画を立てるのであれば、それを実際に行うことは不可能です。

しかし中には理想ばかりを追い求めてそのような計画を立てる人がいます。

このような人は当然のことながら計画したことをコンプリートすることはできません。

そのためこの事実に気づいたときには実行する気力が薄れてしまい、半分諦めてしまうのです。

よく考えない

上記でも考えたように実行不可能な計画を立てるならば、それは計画倒れとなります。

そのため計画を立てる時点で慎重にならなければならないのです。

しかし中にはよく考えずに計画を立て、その後それが実行不可能であることに気づくことがあります。

このような場合も実行に移すことが難しく、そのため計画した時間が無駄になってしまうのです。

人任せ

自分で経過ックしたことを実行するのではなく、誰かに行ってもらおうとする人がいます。

このような人は常に人に頼る傾向にあります。

そのため最初から自分で実行するという選択肢はこのような人の頭の中にはないのです。

このような人の計画に同意し、その後「じゃ、後はお願いね」などと言われてしまうと逃げられなくなってしまうことがあります。

そのためこのタイプの人とはあまり関わらないほうが無難です。

諦めが速い

これは自分にはできないと感じた時点で物事を諦めてしまう人がいます。

このような人も実行に移すことが難しくなることがあります。

たとえば計画を立てた時点で「これは自分にはできない」と感じてしまった場合、それを行動に移すことはありません。

このタイプの人は自分の能力についてよく理解している人です。

しかし努力して頑張ろうという意欲はなく、潔く諦めてしまうのです。

気分屋

自分の気分に応じて行動する人がいます。

このような人は計画を立てる時点では気持ちが高揚しているかもしれません。

しかしいざそれを実行うするべき時に気分が乗らないと、何もアクションを起こしません。

このような性格の人は扱いが難しく、信用できない人という印象を与えてしまいます。

しかしある種の能力に長けていることもあり、この能力を期待している人たちからは大きな期待を寄せられることもあります。

体力がない

物事を行うためには体力が必要です。

しかし体力がないとそれを行う気力も湧いてきません。

行いたくても体が疲れていてそれができないと感じてしまうのです。

そのため体力がない人も実行できない人となってしまうことがあります。

しかし中には精神力が体力を上回るタイプの人もおり、そのような人は実行に移す人として知られています。

イエスマン

どんな要求に対しても思わず「はい」と答えてしまう人がいます。

このタイプの人は要求の意味を考えずに適当に「はい」と言っている場合もあれば、上司などのプレッシャーに負けてしまい「はい」と言ってしまうケースもあります。

いずれにせよできもしないことを受け入れてしまう傾向にあるために、当然のことながら実行することはできません。

このようにいわゆる「イエスマン」と呼ばれている人には要注意です。

忘れっぽい

言われたことをすぐに忘れてしまう人がいます。

このような人も実行に移すことが遅れてしまいます。

中にはお願いされたことを思い出すこともできず、そのまま何もせずに終わってしまうこともあるのです。

このタイプの人は悪気はないもののついつい忘れてしまうというだけですので、決して人間的にできていない人というわけではありません。

忙しい

「これは自分が行います」と言ったものの、非常に忙しい生活を送っているために請け負った仕事がついつい後回しになってしまう人がいます。

このタイプの人は常に忙しくしている傾向にあり、そのため何を請け負ったのかをよく覚えていないという状況に陥ることがあります。

そのため自分のキャパシティーをしっかりと理解し、できないことはできないとはっきり述べる必要がります。

口だけ人間

常にうまいことばかりを述べ、その場をしのごうとする人がいます。

このタイプの人も頼まれたことに対しては「はい」と述べるものの、その場しのぎの返事であるために実行することはありません。

そのため何となくその場を逃れようとする傾向にある人には、重要なお願いをするべきではありません。

「自分が行います」と述べたことは実行しなければなりません。

もちろん様々な状況の変化により、そうできないこともあるでしょう。

しかし返事をする前にはそれを行えるかどうかを真剣に考え、できないことに対してははっきりと「できません」と述べるべきです。

そうしなければ「実行できない人」というレッテルを貼られてしまうことになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-