【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519133546.html
愛想がいい人の特徴

愛想がいい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
愛想がいい人の特徴

愛想がいい人には二通りの意味があるといえます。

一つはもともとの性格で自然なものです。

もう一つは作られた意識した愛想の良さです。

では愛想がいい人に共通する特徴をまとめて紹介します。

  • 職業的に身についている
  • 毎日が充実している
  • 欲求が満たされていて全てのことに満足している
  • 相手に不快感を与えたくない
  • 自分から話しかける
  • 本音を見せず表面上明るい
  • 相手の話を聞きながら相槌をうつ
  • 人間味がある
  • 優しげな表情
  • 八方美人
  • 人間関係を上手に作れる
  • 相手の気持ちを読むのが得意
  • 上司に気に入られる
  • まとめ

1. 職業的に身についている

職業的に身についている

愛想のいい人というのは日頃の習慣からそうなったという人も多いです。

例えば営業の仕事をしている人はニコニコ笑顔が基本ですし、お客の立場の人にお世辞を言うのは当たり前、時には理不尽なことで怒られることもあります。

それでも感情をストレートに出すわけにはいきません。

本音を押し殺して愛想良く接しなければならないのです。

ですから愛想がいいからといって必ずしもそれがその人の性格というわけではなくプライベートは愛想が良くない場合もあります。

2. 毎日が充実している

毎日が充実している

いつも愛想がいい人は、自分自身の仕事がやりがいがある、また生活が落ち着いている、満足しているなども特徴です。

上手くいっているからこそ余裕があり、人に対しても愛想良く接することができるのです。

3. 欲求が満たされていて全てのことに満足している

欲求が満たされていて全てのことに満足している

本当の意味で愛想がいい人は私生活が幸せであることが多いです。

恋人、パートナーと愛し合っている、家族と仲がいいなどが特徴です。

また経済的にも恵まれていて今の生活に不安な要素がないということもあります。

欲求が満たされていて、今の生活に満足している人ほど人に対しても優しくなれます。

4. 相手に不快感を与えたくない

相手に不快感を与えたくない

いつも笑顔を絶やさない、人に対してあたりが柔らかいそのような愛想のいい人は思いやりのある人が多いですね。

自分が眠たいから、きついから、機嫌が悪いからと朝からむすーっとしてろくに挨拶もしないような人がいます。

若いとか年配とか関係なくそういった人はある程度いて、大体が自己中で思いやりに欠けるところがあります。

自分の態度が相手にどういう思いをさせるのかといった考え方ができないのです。

愛想のいい人は相手に不快感を与えたくない、マナーがある人といえますね。

5. 自分から話しかける

自分から話しかける

愛想のいい人はフレンドリーで社交的であることが特徴です。

自分から輪の中へ入っていくこともできますし、話しかけることもできます。

かといって過剰に馴れ馴れしくするわけでもなくあくまでも自然に相手に不快感を与えないように距離感は保っています。

6. 本音を見せず表面上明るい

本音を見せず表面上明るい

愛想のいい人は苦労している場合もあります。

自分に悲しいことや辛いことがあっても、周りの人に心配させるのは良くないからと、あえて表面上明るくふるまっていることもあります。

本当は愚痴りたいようなことがあっても本音を見せずに頑張っているのです。

困難に立ち向かって行ける強さを持っている人が多いです。

7. 相手の話を聞きながら相槌をうつ

相手の話を聞きながら相槌をうつ

愛想のいい人は人の話をよく聞いてあげることができます。

人というのは自分の事を話したいものです、聞き上手な人はそれだけで好かれます。

愛想のいい人は笑顔で話を聞いて時折ちゃんと相槌も入れてあげるので真面目に聞いていると相手は感じることができます。

悩み事相談を受けることもよくあります。

8. 人間味がある

人間味がある

愛想のいい人は、人づきあいが好き、得意です。

どこかクールで何を考えているかわからないといった愛想のない人とは真逆です。

愛想がいい人は何でも首を突っ込んでしまう、巻き込まれてしまうといった傾向はありますが、人間味があって頼りにされるキャラクターでもあります。

9. 優しげな表情

優しげな表情

愛想のある人の共通点、それは顔が自然と柔らかく優しげな表情になっていることです。

注意点は愛想がいい人がみんな優しいと言っているわけではありません。

実は利己主義で愛想よくすることで得をしようと考えている人もなかには存在しています。

ただ見た目に受ける印象としては優しげな表情であるということです。

10. 八方美人

八方美人

愛想があるというといい意味もありますが、少々マイナス的な要素もあります。

一番良く言われるのが、愛想がいい人に限って八方美人であるということでしょう。

わかりやすく言えば、あちらこちらでいい顔をするといったようなことです。

愛想良くすればそれだけでいい印象を与えることができますので自分の身を守るためにそうするということもあるでしょう。

初対面から愛想が良すぎる人は裏がある、注意せよといったことを言う人もいますが確かにそれは一理あると言えます。

11. 人間関係を上手に作れる

人間関係を上手に作れる

愛想がいい人ははっきり言えば得をすることが多いです。

笑顔で話しかけてくる人には好印象を持ちやすいですし、自分に悪意はないのだろうと考えますので、自分に愛想がいい人のことは好きになりやすいですね。

嫌いな人には愛嬌をふりまけない、正直な人、不器用な人はそういう傾向にあります。

愛想がいい人は嫌いな人でもその場では仲良くふるまうことができますし、取り入ることもできるのです。

12. 相手の気持ちを読むのが得意

相手の気持ちを読むのが得意

愛想のいい人は、人と接する機会が多いです。

嫌いなタイプでも表面上は気軽に話せます。

色々なタイプと接するので相手の気持ちを読むことが得意です。

要領良くどんな相手にも合わせることができるのが特徴です。

13. 上司に気に入られる

上司に気に入られる

愛想のいい人は仕事面でも有利です。

まず職場での人間関係はお手の物。

相手の性格、性質に合わせて対応できます。

また上司の前では緊張して無言、無表情になってしまうタイプもいますので、愛想良く上司と話せることで気に入られる、高評価をもらえることが多くなります。

愛想のいい人ほど出世しやすいのはそういう理由からです。

不愛想で不器用なタイプは実力があっても上司から目をかけてもらえるチャンスが少ないので損をします。

愛想がいいだけで実力以上のポジションにつけることも狙えますし、実際そういうタイプはどこの職場にもいるものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

愛想がいい人に共通する特徴を紹介しました。

八方美人とか信用できないといったネガティブな見方も確かにあります。

意識的にキャラクターを作っている場合がほとんどですね。

でも本当に天然で愛想のいい人は場を和ませますし、つきあいやすいです。

愛想がいい人の特徴でいい面は真似して取り入れると人間関係が良くなって生きやすくなると感じますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

愛想がいい人には二通りの意味があるといえます。

一つはもともとの性格で自然なものです。

もう一つは作られた意識した愛想の良さです。

では愛想がいい人に共通する特徴をまとめて紹介します。


職業的に身についている

愛想のいい人というのは日頃の習慣からそうなったという人も多いです。

例えば営業の仕事をしている人はニコニコ笑顔が基本ですし、お客の立場の人にお世辞を言うのは当たり前、時には理不尽なことで怒られることもあります。

それでも感情をストレートに出すわけにはいきません。

本音を押し殺して愛想良く接しなければならないのです。

ですから愛想がいいからといって必ずしもそれがその人の性格というわけではなくプライベートは愛想が良くない場合もあります。

毎日が充実している

いつも愛想がいい人は、自分自身の仕事がやりがいがある、また生活が落ち着いている、満足しているなども特徴です。

上手くいっているからこそ余裕があり、人に対しても愛想良く接することができるのです。

欲求が満たされていて全てのことに満足している

本当の意味で愛想がいい人は私生活が幸せであることが多いです。

恋人、パートナーと愛し合っている、家族と仲がいいなどが特徴です。

また経済的にも恵まれていて今の生活に不安な要素がないということもあります。

欲求が満たされていて、今の生活に満足している人ほど人に対しても優しくなれます。

相手に不快感を与えたくない

いつも笑顔を絶やさない、人に対してあたりが柔らかいそのような愛想のいい人は思いやりのある人が多いですね。

自分が眠たいから、きついから、機嫌が悪いからと朝からむすーっとしてろくに挨拶もしないような人がいます。

若いとか年配とか関係なくそういった人はある程度いて、大体が自己中で思いやりに欠けるところがあります。

自分の態度が相手にどういう思いをさせるのかといった考え方ができないのです。

愛想のいい人は相手に不快感を与えたくない、マナーがある人といえますね。

自分から話しかける

愛想のいい人はフレンドリーで社交的であることが特徴です。

自分から輪の中へ入っていくこともできますし、話しかけることもできます。

かといって過剰に馴れ馴れしくするわけでもなくあくまでも自然に相手に不快感を与えないように距離感は保っています。

本音を見せず表面上明るい

愛想のいい人は苦労している場合もあります。

自分に悲しいことや辛いことがあっても、周りの人に心配させるのは良くないからと、あえて表面上明るくふるまっていることもあります。

本当は愚痴りたいようなことがあっても本音を見せずに頑張っているのです。

困難に立ち向かって行ける強さを持っている人が多いです。

相手の話を聞きながら相槌をうつ

愛想のいい人は人の話をよく聞いてあげることができます。

人というのは自分の事を話したいものです、聞き上手な人はそれだけで好かれます。

愛想のいい人は笑顔で話を聞いて時折ちゃんと相槌も入れてあげるので真面目に聞いていると相手は感じることができます。

悩み事相談を受けることもよくあります。

人間味がある

愛想のいい人は、人づきあいが好き、得意です。

どこかクールで何を考えているかわからないといった愛想のない人とは真逆です。

愛想がいい人は何でも首を突っ込んでしまう、巻き込まれてしまうといった傾向はありますが、人間味があって頼りにされるキャラクターでもあります。

優しげな表情

愛想のある人の共通点、それは顔が自然と柔らかく優しげな表情になっていることです。

注意点は愛想がいい人がみんな優しいと言っているわけではありません。

実は利己主義で愛想よくすることで得をしようと考えている人もなかには存在しています。

ただ見た目に受ける印象としては優しげな表情であるということです。

八方美人

愛想があるというといい意味もありますが、少々マイナス的な要素もあります。

一番良く言われるのが、愛想がいい人に限って八方美人であるということでしょう。

わかりやすく言えば、あちらこちらでいい顔をするといったようなことです。

愛想良くすればそれだけでいい印象を与えることができますので自分の身を守るためにそうするということもあるでしょう。

初対面から愛想が良すぎる人は裏がある、注意せよといったことを言う人もいますが確かにそれは一理あると言えます。

人間関係を上手に作れる

愛想がいい人ははっきり言えば得をすることが多いです。

笑顔で話しかけてくる人には好印象を持ちやすいですし、自分に悪意はないのだろうと考えますので、自分に愛想がいい人のことは好きになりやすいですね。

嫌いな人には愛嬌をふりまけない、正直な人、不器用な人はそういう傾向にあります。

愛想がいい人は嫌いな人でもその場では仲良くふるまうことができますし、取り入ることもできるのです。

相手の気持ちを読むのが得意

愛想のいい人は、人と接する機会が多いです。

嫌いなタイプでも表面上は気軽に話せます。

色々なタイプと接するので相手の気持ちを読むことが得意です。

要領良くどんな相手にも合わせることができるのが特徴です。

上司に気に入られる

愛想のいい人は仕事面でも有利です。

まず職場での人間関係はお手の物。

相手の性格、性質に合わせて対応できます。

また上司の前では緊張して無言、無表情になってしまうタイプもいますので、愛想良く上司と話せることで気に入られる、高評価をもらえることが多くなります。

愛想のいい人ほど出世しやすいのはそういう理由からです。

不愛想で不器用なタイプは実力があっても上司から目をかけてもらえるチャンスが少ないので損をします。

愛想がいいだけで実力以上のポジションにつけることも狙えますし、実際そういうタイプはどこの職場にもいるものです。

いかがでしたでしょうか。

愛想がいい人に共通する特徴を紹介しました。

八方美人とか信用できないといったネガティブな見方も確かにあります。

意識的にキャラクターを作っている場合がほとんどですね。

でも本当に天然で愛想のいい人は場を和ませますし、つきあいやすいです。

愛想がいい人の特徴でいい面は真似して取り入れると人間関係が良くなって生きやすくなると感じますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-