【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519133528.html
社会不適合者の特徴

社会不適合者の特徴 | LADYCO

LADYCO
社会不適合者の特徴

私たちは皆、人間社会の中に暮らしていますが、その中で不協和音を奏でる者、いわゆる社会不適合者と呼ばれる人たちがいます。

「社会不適合者」

引用元:「社会不適合者」の意味とは?

  • 協調性がない
  • 自分勝手
  • 独善的
  • 何かに没頭する
  • 常識がない
  • 高学歴か低学歴
  • 損得勘定が働かない、もしくはおかしい
  • 嘘を見抜けない
  • 身なりに無頓着か非常にこだわる
  • 人格形成に影響のある経験を持つ
  • まとめ

1. 協調性がない

協調性がない

みんなで協力し合って何かを成し遂げれば、普通は快いものです。

その途中で苦しいことや辛いことがあっても、それが大きいほど達成したときの喜びはひとしおです。

ところが、社会不適合者の人たちは、他人と協力したり、意見を合わせたりすることができません。

一人で物事に当たろうする傾向が強く、チームワークが必要なときに足を引っ張ります。

2. 自分勝手

自分勝手

人からのアドバイスを受け入れず、自分の思うように行動しないと気がすみません。

欲しいものがあれば必ず手に入れたいと考え、自分の欲しいものを持っている人、物にしろ能力にしろ、それを持っている人に激しく嫉妬します。

何か自分の執着するものがあれば、他人の迷惑も省みず、それに盲目に突き進みます。

家族や知人友人、周囲が不利益を被ることになっても、自分がよければそれでよいと、思慮の浅い行動をします。

3. 独善的

独善的

周りがどう思おうとも、自分が正しいと思うこと、これがベストだと思うことを実行します。

他人が諫めるような明らかに常識に欠けた振る舞いでも、本人がよければ迷わずにやろうとします。

周囲の理解が得られないのは周囲の人間が自分よりも視野が狭く、劣っているのだと考えます。

論理的思考が介在せず、己の直感と正義に基づいた言動で周りの人々を困惑させます。

4. 何かに没頭する

何かに没頭する

社会不適合者は、これだ、と思ったことに対して、他のやるべきことを捨てて没頭します。

異性でもアイドルでも、スポーツでもゲームやアニメでも、ギャンブルでも、宗教でも、自分がハマったものに対して、お金も時間も惜しみなくつぎ込みます。

自分の、ひいては家族の生活が破綻するほどにまでのめり込んでしまうのです。

没頭している物以外は視界に入っていないかのようになります。

5. 常識がない

常識がない

例えば、日常の挨拶、お礼や謝罪の言葉、贈り物のやり取りなど、時と場合に合わせた常識的な行動が取れません。

また、普通の人がその場の空気を察して取るような行動ができません。

大人になるまで親にきちんと躾をされなかったり、周囲に世話をかけてもらえなかったりした影響が大きいようです。

6. 高学歴か低学歴

高学歴か低学歴

頭脳明晰でよい学校を出た人の中には、勉強ができれば他はどうでもよいという人生をおくってきたためか、社会人になってからドロップアウトしてしまう人もいます。

対人関係がうまく行かないということがほとんどですが、多くの場合、社会性が足りないことが原因です。

低学歴でまともな職業に就けない、生活するために悪事に手を染めざるを得ない人たちも、社会の枠からはみ出てしまうことに違和感を感じなくなってしまいます。

7. 損得勘定が働かない、もしくはおかしい

損得勘定が働かない、もしくはおかしい

人は様々な場面で、こうした方が得だ、これをやったら損するな、といった損得勘定がはたらくものです。

ところが社会不適合者の場合ですと、自分のやりたいようにやることが最善だと考えるので、周りがどう思おうが、あとあと大損を被ることになろうが、信じた道を進もうとします。

8. 嘘を見抜けない

嘘を見抜けない

現在の世の中にはたくさんの情報が溢れ、もちろん嘘の情報も多く含まれています。

単なるジョークであることもあれば、人を騙して利益を得ようとする者もいます。

大抵の人は偽の情報には踊らされることはあまりありませんが、社会不適合者はこういった嘘を見抜けず、自分が信じたいものを真剣に信じてしまいます。

詐欺商法にも引っ掛かりやすいです。

9. 身なりに無頓着か非常にこだわる

身なりに無頓着か非常にこだわる

自分の興味のあることにだけ意識を向ける性格であるため、服装や身の回りの物には全然気を使いません。

ただし、自分のこだわりがあるファッションがある場合は別で、気に入った服装があればボロボロになっても着回します。

同じ服ないしは同じ系統のファッションを飽きずに続けていきます。

季節感のない服装であることも多々あります。

10. 人格形成に影響のある経験を持つ

人格形成に影響のある経験を持つ

小さい頃でも、大人になってからでも、本人の人格形成に関わるような経験を持っていることがほとんどです。

親から虐待を受けた、命に関わる大きな事故や病気になった、人間不信に陥るほどのひどいいじめをされた、等々、普通の感情、思考を保てなくなるような経験をし、社会の中で生きていくことが困難になってしまった人たちがいます。

まとめ

あなたの周りの人、もしくはあなた自身に当てはまる項目があったでしょうか。

1つ2つ程度なら普通の人でも思い当たるところがあるかもしれませんが、5つ以上の項目が該当する場合は要注意です。

社会不適合者であることを自覚して他人との関係をほぼ排除していたとしても、しっかりと収入を得て、生活を営んでいけるような状態であれば、それほど問題になることはないかもしれません。

しかし、私たち人間は他者と共に社会的生活を送ることで、効率的に、そしてより幸福に生きていける存在です。

社会の中に自分の居場所があるように、そしてできれば、社会から必要とされ、社会をより良くできる人間になりたいものです。

私たちは皆、人間社会の中に暮らしていますが、その中で不協和音を奏でる者、いわゆる社会不適合者と呼ばれる人たちがいます。

「社会不適合者」

引用元:「社会不適合者」の意味とは?


協調性がない

みんなで協力し合って何かを成し遂げれば、普通は快いものです。

その途中で苦しいことや辛いことがあっても、それが大きいほど達成したときの喜びはひとしおです。

ところが、社会不適合者の人たちは、他人と協力したり、意見を合わせたりすることができません。

一人で物事に当たろうする傾向が強く、チームワークが必要なときに足を引っ張ります。

自分勝手

人からのアドバイスを受け入れず、自分の思うように行動しないと気がすみません。

欲しいものがあれば必ず手に入れたいと考え、自分の欲しいものを持っている人、物にしろ能力にしろ、それを持っている人に激しく嫉妬します。

何か自分の執着するものがあれば、他人の迷惑も省みず、それに盲目に突き進みます。

家族や知人友人、周囲が不利益を被ることになっても、自分がよければそれでよいと、思慮の浅い行動をします。

独善的

周りがどう思おうとも、自分が正しいと思うこと、これがベストだと思うことを実行します。

他人が諫めるような明らかに常識に欠けた振る舞いでも、本人がよければ迷わずにやろうとします。

周囲の理解が得られないのは周囲の人間が自分よりも視野が狭く、劣っているのだと考えます。

論理的思考が介在せず、己の直感と正義に基づいた言動で周りの人々を困惑させます。

何かに没頭する

社会不適合者は、これだ、と思ったことに対して、他のやるべきことを捨てて没頭します。

異性でもアイドルでも、スポーツでもゲームやアニメでも、ギャンブルでも、宗教でも、自分がハマったものに対して、お金も時間も惜しみなくつぎ込みます。

自分の、ひいては家族の生活が破綻するほどにまでのめり込んでしまうのです。

没頭している物以外は視界に入っていないかのようになります。

常識がない

例えば、日常の挨拶、お礼や謝罪の言葉、贈り物のやり取りなど、時と場合に合わせた常識的な行動が取れません。

また、普通の人がその場の空気を察して取るような行動ができません。

大人になるまで親にきちんと躾をされなかったり、周囲に世話をかけてもらえなかったりした影響が大きいようです。

高学歴か低学歴

頭脳明晰でよい学校を出た人の中には、勉強ができれば他はどうでもよいという人生をおくってきたためか、社会人になってからドロップアウトしてしまう人もいます。

対人関係がうまく行かないということがほとんどですが、多くの場合、社会性が足りないことが原因です。

低学歴でまともな職業に就けない、生活するために悪事に手を染めざるを得ない人たちも、社会の枠からはみ出てしまうことに違和感を感じなくなってしまいます。

損得勘定が働かない、もしくはおかしい

人は様々な場面で、こうした方が得だ、これをやったら損するな、といった損得勘定がはたらくものです。

ところが社会不適合者の場合ですと、自分のやりたいようにやることが最善だと考えるので、周りがどう思おうが、あとあと大損を被ることになろうが、信じた道を進もうとします。

嘘を見抜けない

現在の世の中にはたくさんの情報が溢れ、もちろん嘘の情報も多く含まれています。

単なるジョークであることもあれば、人を騙して利益を得ようとする者もいます。

大抵の人は偽の情報には踊らされることはあまりありませんが、社会不適合者はこういった嘘を見抜けず、自分が信じたいものを真剣に信じてしまいます。

詐欺商法にも引っ掛かりやすいです。

身なりに無頓着か非常にこだわる

自分の興味のあることにだけ意識を向ける性格であるため、服装や身の回りの物には全然気を使いません。

ただし、自分のこだわりがあるファッションがある場合は別で、気に入った服装があればボロボロになっても着回します。

同じ服ないしは同じ系統のファッションを飽きずに続けていきます。

季節感のない服装であることも多々あります。

人格形成に影響のある経験を持つ

小さい頃でも、大人になってからでも、本人の人格形成に関わるような経験を持っていることがほとんどです。

親から虐待を受けた、命に関わる大きな事故や病気になった、人間不信に陥るほどのひどいいじめをされた、等々、普通の感情、思考を保てなくなるような経験をし、社会の中で生きていくことが困難になってしまった人たちがいます。

あなたの周りの人、もしくはあなた自身に当てはまる項目があったでしょうか。

1つ2つ程度なら普通の人でも思い当たるところがあるかもしれませんが、5つ以上の項目が該当する場合は要注意です。

社会不適合者であることを自覚して他人との関係をほぼ排除していたとしても、しっかりと収入を得て、生活を営んでいけるような状態であれば、それほど問題になることはないかもしれません。

しかし、私たち人間は他者と共に社会的生活を送ることで、効率的に、そしてより幸福に生きていける存在です。

社会の中に自分の居場所があるように、そしてできれば、社会から必要とされ、社会をより良くできる人間になりたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-