【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519131037.html
子供をダメにする親の特徴

子供をダメにする親の特徴 | LADYCO

LADYCO
子供をダメにする親の特徴

子供をダメにする親の特徴には様々パターンがあります。

以下の10項目はその典型と言えるでしょう。

  • ダメと言えない親
  • 常に他の子と比較してしまう親
  • 周りの評価を気にしすぎる親
  • 物やお金を交換条件にする親
  • 結果だけで評価する親
  • 失敗を許さない親
  • 子供に素直に謝れない親
  • 子供との時間を大切にしない親
  • 先生や大人を批判する親
  • 子離れできない親
  • まとめ

1. ダメと言えない親

ダメと言えない親

最初に挙げられるのが、子供の言うことにダメと言えず従ってしまう親です。

子供は基本的にしてほしいことをダイレクトに要求してきます。

そしてそ の内容は時として不適切なものもあります。

それを結果的に受け入れてしまうと歯止めがきかなくなってしまいます。

これが子供をダメにする大きな要因に なりなます。

2. 常に他の子と比較してしまう親

常に他の子と比較してしまう親

常に他の子と比較してしまう親は子供をダメにします。

これは子供の個性の否定にもつながります。

子供たちは全て違った個性を持っています。

それはその 子のオリジナリティーであって、とても素晴らしいものです。

他の子が出来ることを何でも押し付けたりするのではなく、あくまでもその子供が持つ特性を 理解してできるだけ寄り添ってあげることです。

比較されることは子供が成長するにつれて拒絶が激しくなり、ダメになっていく要素になりかねません。

3. 周りの評価を気にしすぎる親

周りの評価を気にしすぎる親

まわりの評価とは比較ということではなく、自分の子供がどう見られているか気にしすぎてしまうということです。

うちの子供がいつも迷惑かけてしまうのではないかと思い子供に根掘り葉掘り様子を聞いたり、周りの人の言葉に過剰に反応したりすると、子供は信用されていないと思い、親に対して必要以上に いい子になろうとします。

また子供自身も人の評価ばかり気にするようになり、自分を開放することができなくなってしまいます。

4. 物やお金を交換条件にする親

物やお金を交換条件にする親

これができたら買ってあげるとか、ご褒美にお金をあげるということが常習化すると、子供は常に対価を求めるようになります。

そうすると表面上だけで行 動するようになり、心が育ちません。

このような親の姿勢は子供も真似をします。

物やお金で言うことを聞かせることは子供をダメにする典型です。

5. 結果だけで評価する親

結果だけで評価する親

子供は失敗で成長します。

チャレンジする姿勢や、それまでの過程を楽しめることで成長する喜びを味わいます。

結果だけに注目され、それまでの頑張りを 認めれられない状態が続くと、やる前から諦めたり、言い訳ばかりしたりして行動しない子供に育ちます。

結果だけで評価する親の姿勢は子供をダメにします。

6. 失敗を許さない親

失敗を許さない親

子供がの間違えを時として、笑って許してあげたり、見逃してあげたりするような度量の広さがない親は子供をダメにします。

子供は親に認められたいと思っていますし、最後は守ってくれる存在だと思っています。

しかし失敗を許されず追求ばかりされ続けると子供は間違いなくダメになります。

時として逃げ道を作ってあげないと子供はパンクします。

7. 子供に素直に謝れない親

子供に素直に謝れない親

親は子供の鏡です。

親が間違いをおかした時、素直に謝る姿勢は子供にとって非常に重要なお手本になります。

逆に明らかに間違っているのに子供に謝れな い親の子供は、素直に他人に謝ることができなくなります。

これは子供の人間関係において大きなマイナスになります。

常日頃から謝ることに価値を見出さ ない親は子供をダメにします。

8. 子供との時間を大切にしない親

子供との時間を大切にしない親

子供が親と遊びたがっている時に、めんどくさがってしまうことは子供をダメにします。

親も忙しい時がありますから毎回という訳にはいきませんが、時間が許す限り子供との触れ合いを大切にすべきです。

そこで子供との貴重な触れ合いを重ねることで強固な信頼関係ができます。

これが無いと子供が大きくなった時に親の言うことが沁みていきません。

その結果、子供が親になつかなくなり、ダメになっていくケースが多くあります。

9. 先生や大人を批判する親

先生や大人を批判する親

先生や大人を子供のまで批判する親は子供をダメにする大きな要因と言えるでしょう。

子供は親の言うことを真に受けるもの、そこで出る批判や不満はその まま子供へダイレクトに響きます。

このような行為は子供自身の大人不信にもつながり子供をダメにしていきます。

他人への批判は少なくとも子供の前では できるだけ避けるべきです。

10. 子離れできない親

子離れできない親

子離れできない親は、現代においてはかなり多くいると思います。

子供が成長するにつれて親は子供に社会性を養わせるために、そっとしておいたりわざと 突き放すことも必要になってきます。

これは愛情の裏返しなのです。

また成人したら一人の大人として独立を認め、必要以上に干渉しない姿勢が大切です。

そのバランスや距離感がうまく保てない親子関係を続けていくと子供はダメになっていきます。

まとめ

以上の10項目が子供をダメにする親の特徴です。

これらの項目に共通する考え方として心の教育と親子の信頼関係の乏しさということが言えます。

この二つは子供が成長し、ダメにならないための重要なポイントです。

逆にこのような心を育て、温かい信頼関係を構築することを面倒だと思ってしまうと子供をダメにしてしまう危険が大きいです。

焦らず、子供の成長を信じてブレずに愛情を注ぎ続ける姿勢こそが子供をダメにしない要素と言えるでしょう。

子供をダメにする親の特徴には様々パターンがあります。

以下の10項目はその典型と言えるでしょう。


ダメと言えない親

最初に挙げられるのが、子供の言うことにダメと言えず従ってしまう親です。

子供は基本的にしてほしいことをダイレクトに要求してきます。

そしてそ の内容は時として不適切なものもあります。

それを結果的に受け入れてしまうと歯止めがきかなくなってしまいます。

これが子供をダメにする大きな要因に なりなます。

常に他の子と比較してしまう親

常に他の子と比較してしまう親は子供をダメにします。

これは子供の個性の否定にもつながります。

子供たちは全て違った個性を持っています。

それはその 子のオリジナリティーであって、とても素晴らしいものです。

他の子が出来ることを何でも押し付けたりするのではなく、あくまでもその子供が持つ特性を 理解してできるだけ寄り添ってあげることです。

比較されることは子供が成長するにつれて拒絶が激しくなり、ダメになっていく要素になりかねません。

周りの評価を気にしすぎる親

まわりの評価とは比較ということではなく、自分の子供がどう見られているか気にしすぎてしまうということです。

うちの子供がいつも迷惑かけてしまうのではないかと思い子供に根掘り葉掘り様子を聞いたり、周りの人の言葉に過剰に反応したりすると、子供は信用されていないと思い、親に対して必要以上に いい子になろうとします。

また子供自身も人の評価ばかり気にするようになり、自分を開放することができなくなってしまいます。

物やお金を交換条件にする親

これができたら買ってあげるとか、ご褒美にお金をあげるということが常習化すると、子供は常に対価を求めるようになります。

そうすると表面上だけで行 動するようになり、心が育ちません。

このような親の姿勢は子供も真似をします。

物やお金で言うことを聞かせることは子供をダメにする典型です。

結果だけで評価する親

子供は失敗で成長します。

チャレンジする姿勢や、それまでの過程を楽しめることで成長する喜びを味わいます。

結果だけに注目され、それまでの頑張りを 認めれられない状態が続くと、やる前から諦めたり、言い訳ばかりしたりして行動しない子供に育ちます。

結果だけで評価する親の姿勢は子供をダメにします。

失敗を許さない親

子供がの間違えを時として、笑って許してあげたり、見逃してあげたりするような度量の広さがない親は子供をダメにします。

子供は親に認められたいと思っていますし、最後は守ってくれる存在だと思っています。

しかし失敗を許されず追求ばかりされ続けると子供は間違いなくダメになります。

時として逃げ道を作ってあげないと子供はパンクします。

子供に素直に謝れない親

親は子供の鏡です。

親が間違いをおかした時、素直に謝る姿勢は子供にとって非常に重要なお手本になります。

逆に明らかに間違っているのに子供に謝れな い親の子供は、素直に他人に謝ることができなくなります。

これは子供の人間関係において大きなマイナスになります。

常日頃から謝ることに価値を見出さ ない親は子供をダメにします。

子供との時間を大切にしない親

子供が親と遊びたがっている時に、めんどくさがってしまうことは子供をダメにします。

親も忙しい時がありますから毎回という訳にはいきませんが、時間が許す限り子供との触れ合いを大切にすべきです。

そこで子供との貴重な触れ合いを重ねることで強固な信頼関係ができます。

これが無いと子供が大きくなった時に親の言うことが沁みていきません。

その結果、子供が親になつかなくなり、ダメになっていくケースが多くあります。

先生や大人を批判する親

先生や大人を子供のまで批判する親は子供をダメにする大きな要因と言えるでしょう。

子供は親の言うことを真に受けるもの、そこで出る批判や不満はその まま子供へダイレクトに響きます。

このような行為は子供自身の大人不信にもつながり子供をダメにしていきます。

他人への批判は少なくとも子供の前では できるだけ避けるべきです。

子離れできない親

子離れできない親は、現代においてはかなり多くいると思います。

子供が成長するにつれて親は子供に社会性を養わせるために、そっとしておいたりわざと 突き放すことも必要になってきます。

これは愛情の裏返しなのです。

また成人したら一人の大人として独立を認め、必要以上に干渉しない姿勢が大切です。

そのバランスや距離感がうまく保てない親子関係を続けていくと子供はダメになっていきます。

以上の10項目が子供をダメにする親の特徴です。

これらの項目に共通する考え方として心の教育と親子の信頼関係の乏しさということが言えます。

この二つは子供が成長し、ダメにならないための重要なポイントです。

逆にこのような心を育て、温かい信頼関係を構築することを面倒だと思ってしまうと子供をダメにしてしまう危険が大きいです。

焦らず、子供の成長を信じてブレずに愛情を注ぎ続ける姿勢こそが子供をダメにしない要素と言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-