【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519131034.html
好きすぎて不安になる人の特徴

好きすぎて不安になる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
好きすぎて不安になる人の特徴

好きすぎてしまうとなにもなくても不安になってしまうという人は少なくはありません。

楽しいはずなのになぜ好きすぎてしまうと不安になってしまうのでしょうか。

好きすぎて不安になる人の特徴をご紹介します。

  • 心配症
  • ネガティブ
  • 暗い未来しか見えない
  • 創造力が豊か
  • 自分に自信がない
  • 嫌われたくない
  • 恋人の優先順位が一番
  • 相手を束縛してしまう
  • 毎日でも会いたい
  • 疑い深い
  • まとめ

1. 心配症

心配症

好きすぎてしまうと不安になってしまう人の特徴として、心配症であることが挙げられます。

好きになってしまうと、相手が浮気をするのではないだろうか等と様々な心配ごとが脳裏に浮かぶものです。

普段から些細なことにも心配してしまうといった方は、好きすぎると不安になる傾向にあるのです。

2. ネガティブ

ネガティブ

基本、どんなことも悪い方向性にしか考えることが出来ないようなネガティブな人というのは、楽しい時間もネガティブな考えが支配してしまいます。

好きすぎてしまうというのはとても楽しい時期なはずなのに苦しんでいる人というのは、物事を悪い方向にしか考えることが出来ないようなタイプとされています。

3. 暗い未来しか見えない

暗い未来しか見えない

好きな人ができると、未来のことを想像してしまう人も多いと言えますが、好きすぎて不安になるようなタイプの人は、好きな人との未来に希望が持てず、明るい未来が想像できないといった方が多いと言えます。

明るい未来が見えないからこそ、不安になると言えます。

4. 創造力が豊か

創造力が豊か

好きすぎて不安になる人によく見られる特徴は創造力が豊かなタイプです。

もしかして今頃違う人と会っているのではないだろうか、連絡がないのは他の人と一緒にいるからに違いないなどと、勝手にあることないこと創造力を働かせて不安に陥っている可能性が高いと言えます。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない

好きすぎて不安になる人の特徴としては、自分に自信がないというのが大きいとされています。

自分に自信があったら、嫌われるわけがないと思いますし、楽しい時期にまず不安なことを思い浮かべたりしません。

付き合っていることすら奇跡のように感じている人が多く、自信が持てない人ほど好きすぎて不安になってしまう傾向にあります。

6. 嫌われたくない

嫌われたくない

好きすぎて不安になるひとはとにかく嫌われたくない、愛されていたいという人が多いと言えます。

好きなどの言葉を相手から聞いたとしても、不安になってしまう人はその言葉を信じない傾向にあり、何をしても安心感を得ることが出来ないという人が多いとされています。

7. 恋人の優先順位が一番

恋人の優先順位が一番

好きな人の優先順位が常にトップで、友達や家族よりも大切な存在としている人は、その恋人がいなくなったとき何もかもがなくなってしまうような気がして、いなくなったらどうしようといった不安を抱いている人が多いと言えます。

自分の世界が恋人中心であるため、好きすぎてしまうと不安になってしまうのです。

8. 相手を束縛してしまう

相手を束縛してしまう

相手が何をしているのか、不安になってしまうと常に気になってしまうため、ついつい相手を束縛してしまう傾向にあります。

何かある度に電話をしたり、相手と繋がっていないと不安で堪らないという思いが強く、知らず識らずに相手を束縛してしまっている人が、好きすぎてしまうと不安になってしまう人にはよくあります。

9. 毎日でも会いたい

毎日でも会いたい

好きすぎて不安になってしまうと、毎日数分でもいいから会っていないとおかしくなりそうだと考える人もいます。

しかし実際は毎日会っても不安が解消されることはありません。

毎日会っては別れ際には別の異性のところに今から行くのではないかという思いにさせられてしまい、不安から逃れることが出来ないと言えます。

10. 疑い深い

疑い深い

元々疑い深い性分の人は恋人ができて好きすぎてしまうと、不安になってしまいます。

不安というのは疑いから来るものも多く、相手のことを信頼できていないことへの現れでもあります。

自分は絶対に浮気をされても気がつく自信があるといった方などは、疑い深い傾向にあり、少しの変化にも敏感になっています。

好きな人に対してだけではなく、何に対しても疑いの目で見て、絶対に騙されないという思いが強い人ほど、好きすぎてしまうと不安になります。

まとめ

誰かを好きすぎてしまうと、好きになってしまった感情を楽しむという余裕が生まれないのが、心配症であったり、人を信用していないタイプです。

好きすぎてしまうと不安になる人は常に相手の同行などを気にしています。

相手が不審な行動をしていないかなどを常に気にしています。

不安になってしまう人というのは、相手が何もしていなくても、離れている時間が少しでもあると、その時間に何かしているのではないかと考える傾向にあります。

幸せな未来を想像することが出来ず、悪いことばかりが頭に浮かんでしまう、ネガティブ思考の人ほど、好きすぎて不安になってしまう人は多いと言えます。

また、好きな人が優先順位のトップにいると、その人を失ったら立ち直れるだろうかと考えてしまい、失うことが恐怖に感じてしまうものです。

好きすぎて不安になってしまう人は相手とのほどよい距離感というものが大切となります。

好きすぎてしまうとなにもなくても不安になってしまうという人は少なくはありません。

楽しいはずなのになぜ好きすぎてしまうと不安になってしまうのでしょうか。

好きすぎて不安になる人の特徴をご紹介します。


心配症

好きすぎてしまうと不安になってしまう人の特徴として、心配症であることが挙げられます。

好きになってしまうと、相手が浮気をするのではないだろうか等と様々な心配ごとが脳裏に浮かぶものです。

普段から些細なことにも心配してしまうといった方は、好きすぎると不安になる傾向にあるのです。

ネガティブ

基本、どんなことも悪い方向性にしか考えることが出来ないようなネガティブな人というのは、楽しい時間もネガティブな考えが支配してしまいます。

好きすぎてしまうというのはとても楽しい時期なはずなのに苦しんでいる人というのは、物事を悪い方向にしか考えることが出来ないようなタイプとされています。

暗い未来しか見えない

好きな人ができると、未来のことを想像してしまう人も多いと言えますが、好きすぎて不安になるようなタイプの人は、好きな人との未来に希望が持てず、明るい未来が想像できないといった方が多いと言えます。

明るい未来が見えないからこそ、不安になると言えます。

創造力が豊か

好きすぎて不安になる人によく見られる特徴は創造力が豊かなタイプです。

もしかして今頃違う人と会っているのではないだろうか、連絡がないのは他の人と一緒にいるからに違いないなどと、勝手にあることないこと創造力を働かせて不安に陥っている可能性が高いと言えます。

自分に自信がない

好きすぎて不安になる人の特徴としては、自分に自信がないというのが大きいとされています。

自分に自信があったら、嫌われるわけがないと思いますし、楽しい時期にまず不安なことを思い浮かべたりしません。

付き合っていることすら奇跡のように感じている人が多く、自信が持てない人ほど好きすぎて不安になってしまう傾向にあります。

嫌われたくない

好きすぎて不安になるひとはとにかく嫌われたくない、愛されていたいという人が多いと言えます。

好きなどの言葉を相手から聞いたとしても、不安になってしまう人はその言葉を信じない傾向にあり、何をしても安心感を得ることが出来ないという人が多いとされています。

恋人の優先順位が一番

好きな人の優先順位が常にトップで、友達や家族よりも大切な存在としている人は、その恋人がいなくなったとき何もかもがなくなってしまうような気がして、いなくなったらどうしようといった不安を抱いている人が多いと言えます。

自分の世界が恋人中心であるため、好きすぎてしまうと不安になってしまうのです。

相手を束縛してしまう

相手が何をしているのか、不安になってしまうと常に気になってしまうため、ついつい相手を束縛してしまう傾向にあります。

何かある度に電話をしたり、相手と繋がっていないと不安で堪らないという思いが強く、知らず識らずに相手を束縛してしまっている人が、好きすぎてしまうと不安になってしまう人にはよくあります。

毎日でも会いたい

好きすぎて不安になってしまうと、毎日数分でもいいから会っていないとおかしくなりそうだと考える人もいます。

しかし実際は毎日会っても不安が解消されることはありません。

毎日会っては別れ際には別の異性のところに今から行くのではないかという思いにさせられてしまい、不安から逃れることが出来ないと言えます。

疑い深い

元々疑い深い性分の人は恋人ができて好きすぎてしまうと、不安になってしまいます。

不安というのは疑いから来るものも多く、相手のことを信頼できていないことへの現れでもあります。

自分は絶対に浮気をされても気がつく自信があるといった方などは、疑い深い傾向にあり、少しの変化にも敏感になっています。

好きな人に対してだけではなく、何に対しても疑いの目で見て、絶対に騙されないという思いが強い人ほど、好きすぎてしまうと不安になります。

誰かを好きすぎてしまうと、好きになってしまった感情を楽しむという余裕が生まれないのが、心配症であったり、人を信用していないタイプです。

好きすぎてしまうと不安になる人は常に相手の同行などを気にしています。

相手が不審な行動をしていないかなどを常に気にしています。

不安になってしまう人というのは、相手が何もしていなくても、離れている時間が少しでもあると、その時間に何かしているのではないかと考える傾向にあります。

幸せな未来を想像することが出来ず、悪いことばかりが頭に浮かんでしまう、ネガティブ思考の人ほど、好きすぎて不安になってしまう人は多いと言えます。

また、好きな人が優先順位のトップにいると、その人を失ったら立ち直れるだろうかと考えてしまい、失うことが恐怖に感じてしまうものです。

好きすぎて不安になってしまう人は相手とのほどよい距離感というものが大切となります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-