【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519114534.html
成果の出るチームの特徴

成果の出るチームの特徴 | LADYCO

LADYCO
成果の出るチームの特徴

チームとして成果を得るには役割分担が重要です。

その特徴はどういったものでしょうか。

チームワークを高めるために役立ててみてください。

  • 自分の得意なことを活かして貢献する
  • 自分だけが手柄を得ようとしない
  • 周りを励ましモチベーションを高めてあげる
  • 全体を見て上手く回せるリーダーがいること
  • 偉そうに見ているだけのリーダーではダメ
  • 早く自分の分を終わらせて周りをフォローする側に回る
  • 途中で確認しながら進める
  • 休憩も上手く活用する
  • 日頃から言い合える関係性を築いておく
  • 自分の頑張る姿を見せて周りを感化させる
  • まとめ

1. 自分の得意なことを活かして貢献する

自分の得意なことを活かして貢献する

チームで何かを成し遂げようとする時に大切なことは、それぞれが自分の得意なことを活かしながらチームに貢献する気持ちを持つということです。

苦手なことをがむしゃらにやっても時間がかかりミスが増えます。

それなら最初からそれが得意な人がやった方が効率が上がり、チームの雰囲気も良くなります。

どんな人にだって得意なことはあるはずです。

それを自ら言えたり気づいてあげることが大切です。

2. 自分だけが手柄を得ようとしない

自分だけが手柄を得ようとしない

自分だけが手柄を得ようとすると欲張って余計なことをして失敗をしてしまったり、出しゃばったと批判されることにもなります。

チームとして成功すればいいのだと考えましょう。

もちろん自分がしたことを褒めてほしいという気持ちは当然ですが、見てくれている人は必ずいます。

もし何も言ってもらえなかったとしても自分で自分を褒めて満足できれば十分です。

3. 周りを励ましモチベーションを高めてあげる

周りを励ましモチベーションを高めてあげる

チームで取り組む時は自分だけやる気十分ではいけません。

周りも同じモチベーションでいてくれないと足並みが揃わず、やる気のある人が自分達ばかりやっているような被害妄想を抱いてしまいます。

手こずっている人がいてもせかさずに励ましながら支えてあげてください。

挫折しそうになった時、こうやって声をかけてくれる人がいるというのがチームでの強みです。

4. 全体を見て上手く回せるリーダーがいること

全体を見て上手く回せるリーダーがいること

チームで何かをやるにはリーダーの存在が重要になってきます。

全体を見て冷静に回せる人が適任であり、相談をしやすいような頼りになる人を選ぶようにしてください。

リーダーはいやいややるような人ではなくリーダーとしての責任を理解できる人でなくてはいけません。

そして、ちょっと離れたところから客観的に全体を見てもらい、指摘してもらいながら進めていきます。

5. 偉そうに見ているだけのリーダーではダメ

偉そうに見ているだけのリーダーではダメ

偉そうに見ているだけのリーダーの存在はかえってチームワークを悪くさせます。

成果の出るチームのリーダーというのは誰よりも動き、働くのです。

そんなリーダーのためにやってやろうと思わせてくれます。

そしてリーダーもそんなみんなのためにさらに手を抜きません。

そうやってチームとして一致団結します。

6. 早く自分の分を終わらせて周りをフォローする側に回る

早く自分の分を終わらせて周りをフォローする側に回る

自分の役割だけを終わらせればいいという考えでは仕事の進み方にも差が生まれてしまい、遅い人をただ待つだけの時間が生じます。

それではチームとして良くありません。

成果を早く出すには自分の分をさっさと終わらせ、周りをフォローしようとする気持ちが大切です。

手が空いたら手伝うということですが、それはチームとして当然のことです。

手伝ってあげるなどという考えもやめましょう。

7. 途中で確認しながら進める

途中で確認しながら進める

途中でミスをしたまま進めると修正に時間がかかってしまうことがあるため、途中で確認しながら確実に進めるという工夫もできなくてはいけません。

そのためにはリーダーの存在が重要ですし、慎重な仲間がいることも役に立ちます。

みんながノリだけでやってしまうチームでは後から責任の押し付け合いになるでしょう。

8. 休憩も上手く活用する

休憩も上手く活用する

成果を出すにはがむしゃらに頑張ることばかりではなく適度な休憩も必要でしょう。

上手く活用してリフレッシュしながらオンオフを切り替えられるチームは効率が上がり、やっていることが嫌にならず楽しめます。

休憩を取りすぎてはかえってやる気がなくなってしまうので「適度に」というところがポイントです。

みんながストレスを発散できる方法を模索して飽きないようにしてみてください。

9. 日頃から言い合える関係性を築いておく

日頃から言い合える関係性を築いておく

成果の出る素晴らしいチームになるには日頃から言い合える関係性も重要です。

即席チームでは遠慮しすぎてしまい、上手くチームが機能しないこともあります。

しかし、日頃から言い合える分かり合ったチームならお互いの得意不得意もわかり、指摘し合うことでミスを未然に防ぐことも可能です。

プライベートでの付き合いも大切にしていきましょう。

10. 自分の頑張る姿を見せて周りを感化させる

自分の頑張る姿を見せて周りを感化させる

口だけでは信頼されません。

自分の頑張る姿を周りに見せて感化させましょう。

「あの人くらいやってやる!」とか「自分ならもっとできる!」と思わせるほどまずは自分ができることを精一杯やります。

それを誰もが意識すれば頑張る集団になれますし、お互いを尊重できるはずです。

人のフリみて我がフリ直せということですね。

まとめ

役割分担を意識すれば効率とみんなのモチベーションが上がります。

やるべき量ややる難易度だけではなく、気持ちの面においてもチーム内での役割を理解して行動に移しましょう。

成果の出るチームになるにはその気持ちをみんなが持つことが大切です。

チームとして成果を得るには役割分担が重要です。

その特徴はどういったものでしょうか。

チームワークを高めるために役立ててみてください。


自分の得意なことを活かして貢献する

チームで何かを成し遂げようとする時に大切なことは、それぞれが自分の得意なことを活かしながらチームに貢献する気持ちを持つということです。

苦手なことをがむしゃらにやっても時間がかかりミスが増えます。

それなら最初からそれが得意な人がやった方が効率が上がり、チームの雰囲気も良くなります。

どんな人にだって得意なことはあるはずです。

それを自ら言えたり気づいてあげることが大切です。

自分だけが手柄を得ようとしない

自分だけが手柄を得ようとすると欲張って余計なことをして失敗をしてしまったり、出しゃばったと批判されることにもなります。

チームとして成功すればいいのだと考えましょう。

もちろん自分がしたことを褒めてほしいという気持ちは当然ですが、見てくれている人は必ずいます。

もし何も言ってもらえなかったとしても自分で自分を褒めて満足できれば十分です。

周りを励ましモチベーションを高めてあげる

チームで取り組む時は自分だけやる気十分ではいけません。

周りも同じモチベーションでいてくれないと足並みが揃わず、やる気のある人が自分達ばかりやっているような被害妄想を抱いてしまいます。

手こずっている人がいてもせかさずに励ましながら支えてあげてください。

挫折しそうになった時、こうやって声をかけてくれる人がいるというのがチームでの強みです。

全体を見て上手く回せるリーダーがいること

チームで何かをやるにはリーダーの存在が重要になってきます。

全体を見て冷静に回せる人が適任であり、相談をしやすいような頼りになる人を選ぶようにしてください。

リーダーはいやいややるような人ではなくリーダーとしての責任を理解できる人でなくてはいけません。

そして、ちょっと離れたところから客観的に全体を見てもらい、指摘してもらいながら進めていきます。

偉そうに見ているだけのリーダーではダメ

偉そうに見ているだけのリーダーの存在はかえってチームワークを悪くさせます。

成果の出るチームのリーダーというのは誰よりも動き、働くのです。

そんなリーダーのためにやってやろうと思わせてくれます。

そしてリーダーもそんなみんなのためにさらに手を抜きません。

そうやってチームとして一致団結します。

早く自分の分を終わらせて周りをフォローする側に回る

自分の役割だけを終わらせればいいという考えでは仕事の進み方にも差が生まれてしまい、遅い人をただ待つだけの時間が生じます。

それではチームとして良くありません。

成果を早く出すには自分の分をさっさと終わらせ、周りをフォローしようとする気持ちが大切です。

手が空いたら手伝うということですが、それはチームとして当然のことです。

手伝ってあげるなどという考えもやめましょう。

途中で確認しながら進める

途中でミスをしたまま進めると修正に時間がかかってしまうことがあるため、途中で確認しながら確実に進めるという工夫もできなくてはいけません。

そのためにはリーダーの存在が重要ですし、慎重な仲間がいることも役に立ちます。

みんながノリだけでやってしまうチームでは後から責任の押し付け合いになるでしょう。

休憩も上手く活用する

成果を出すにはがむしゃらに頑張ることばかりではなく適度な休憩も必要でしょう。

上手く活用してリフレッシュしながらオンオフを切り替えられるチームは効率が上がり、やっていることが嫌にならず楽しめます。

休憩を取りすぎてはかえってやる気がなくなってしまうので「適度に」というところがポイントです。

みんながストレスを発散できる方法を模索して飽きないようにしてみてください。

日頃から言い合える関係性を築いておく

成果の出る素晴らしいチームになるには日頃から言い合える関係性も重要です。

即席チームでは遠慮しすぎてしまい、上手くチームが機能しないこともあります。

しかし、日頃から言い合える分かり合ったチームならお互いの得意不得意もわかり、指摘し合うことでミスを未然に防ぐことも可能です。

プライベートでの付き合いも大切にしていきましょう。

自分の頑張る姿を見せて周りを感化させる

口だけでは信頼されません。

自分の頑張る姿を周りに見せて感化させましょう。

「あの人くらいやってやる!」とか「自分ならもっとできる!」と思わせるほどまずは自分ができることを精一杯やります。

それを誰もが意識すれば頑張る集団になれますし、お互いを尊重できるはずです。

人のフリみて我がフリ直せということですね。

役割分担を意識すれば効率とみんなのモチベーションが上がります。

やるべき量ややる難易度だけではなく、気持ちの面においてもチーム内での役割を理解して行動に移しましょう。

成果の出るチームになるにはその気持ちをみんなが持つことが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-