【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519113706.html
褒め上手な人の特徴

褒め上手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
褒め上手な人の特徴

褒め上手な人には共通する特徴がいくつか存在します。

ここではそのうちの13個を取り上げています。

  • 機会を探している
  • 非を責めない
  • 言葉を選ぶ
  • 場所を選ぶ
  • 話をよく聞く
  • いつも笑顔
  • 話し方がソフト
  • 様々なツールを用いる
  • 変化に敏感
  • その後の言葉にも力がある
  • 自分の経験を述べる
  • 理解しようと努める
  • ポジティブ
  • まとめ

1. 機会を探している

機会を探している

褒め上手な人は誰かを褒められる機会を探しています。

どんなに小さなことでも見逃さず、それを褒めるようにしているのです。

このような思考が働くからこそ、誰に対しても褒め言葉を述べることができるのです。

一般的に人は褒められるとモチベーションを高めることができます。

そのためやる気や自信が湧いてくるのです。

実のところ褒めるという行為は多くの人に対して効果的に働きかけるために、私たちが思っている以上に大切なことなのです。

2. 非を責めない

非を責めない

人をせっかく褒めても、その人の欠点や非を責めるようであれば意味がありません。

上記でも考えたように誉めるという行為は人をやる気にさせます。

そして褒め上手な人はその点を心得ており、人のやる気を殺ぐような行為は避けます。

そのため褒め言葉をかけておきながらその人の欠点などを強調するようなことはしないのです。

しかし欠点を改善させることが必要なケースも存在します。

そのような状況ではふさわしいときを選び、助言を与えます。

3. 言葉を選ぶ

言葉を選ぶ

褒め上手な人は言葉選びの才能があります。

まず同じような誉め言葉でもその人の心に響く言葉もあれば対して響かないものもあります。

また褒めたつもりがその人をけなしているように聞こえてしまうこともあり、そのような状況が生じると逆効果となります。

しかし褒め上手な人は言葉を巧みに用いるために、褒める相手を上手に築き上げることができます。

4. 場所を選ぶ

場所を選ぶ

褒め上手な人はふさわしい場所選びにもその才能を発揮します。

褒められて嬉しいと感じるのは当然の感情ですが、中には大勢の人の前で褒められるとやる気が出るという人もいますし、逆に個人的に褒め言葉をかけてもらったほうが嬉しいという人もいます。

そして褒め上手な人はどこで褒め言葉をかけるべきかを心得ており、その人のあったふさわしい状況でそうするのです。

5. 話をよく聞く

話をよく聞く

1つ目の項目でも触れましたが、褒め上手な人は相手の褒められるところを探すように努めています。

そしてその手段の一つが話をよく聞くというものです。

相手の話に耳を傾ければその人が何に対してどのような努力を払っているのかを知ることができます。

またこれまで行ってきた様々な善行についても知ることができるかもしれません。

このような情報は褒め言葉につながるもので、褒め上手な人はこうした会話から褒められるべき点を見つけるように努めるのです。

6. いつも笑顔

いつも笑顔

褒めるときに相手を緊張させてしまうと、その意図が上手に伝わらないことがあります。

このような状況は非常にもったいないことです。

しかし褒め上手な人はこの点をしっかりと理解しています。

そのため相手を緊張させないようにいつも笑顔を絶やしません。

このような努力は相手が褒め言葉を理解するのに一層役立ちます。

このような事実は褒め上手な人が近づきやすい人として知られていることを裏付けています。

7. 話し方がソフト

話し方がソフト

どんなに良い褒め言葉であっても、ぶっきらぼうに語られるのであればその良さは半減してしまうことでしょう。

しかし褒め上手な人はこの点をしっかりと心得ています。

そのため話し方をソフトにし、相手が聞き入れやすいものとしているのです。

もちろん熱くなることもありますが、それは状況によります。

スポーツなどを行っているときに素晴らしいプレーをした人に対しては熱く語りかけることでしょう。

しかし普段の会話の中での褒め言葉は非常にソフトです。

8. 様々なツールを用いる

様々なツールを用いる

褒め上手な人は相手に面と向かって褒め言葉を述べるだけではありません。

様々なものを用いてそれを行うのです。

たとえば簡単に行えるのは携帯電話やパソコンなどを用いて行うメールです。

気軽に送信できるメールであっても心のこもった文章はそれを読んだ人に励みを与えます。

その他にも手紙を送ったり、電話で褒め言葉を述べるなどの方法を用います。

9. 変化に敏感

変化に敏感

人が払う努力は突然成果をもたらすのではなく、じわじわと現れることがあります。

そのためある人はどのような努力を今現在払っているのかがよくわからないという状況がしばしば生じます。

しかし払っている努力に対して褒め言葉を述べられると、その人は非常に嬉しくなるものです。

そして褒め上手な人はこのような状況を心得ています。

そのため人の変化に敏感であり、努力がはらわれていることが分かった時点で的確な誉め言葉を与えるのです。

10. その後の言葉にも力がある

その後の言葉にも力がある

2つ目の項目でも少し触れましたが、中には自分の行動に対して変更を加える必要のある人もいます。

しかしその点をダイレクトに伝えてしまうとその人を傷つけてしまったり、反発心を招くことがあります。

こうした状況を避けるために、褒め上手な人はまずはその人の良い点を褒めてから改善点を指摘します。

もちろんこのときには「あなたはこれができていない」とか「こんなことをしていてはだめだ」というような言葉をかけることはありません。

改善点を述べた後「あなたならできる」といったような励ましの言葉を述べてモチベーションを高めるのです。

11. 自分の経験を述べる

自分の経験を述べる

褒め言葉をより力のあるものとするために、自分の経験を述べる人がいます。

褒めている相手が努力していることを以前に自分も行っており、それがいかに大変であるかを理解できるということを述べるなら、褒め言葉は一層ちからのあるものとなります。

褒め上手な人は自分の経験についても思いめぐらし、必要なときにそれを語るのです。

12. 理解しようと努める

理解しようと努める

相手のことを理解しなければ褒めることはできません。

人の能力はそれぞれ異なります。

そのため自分が容易に行えることであってもある人にとってはそれが容易ではないこともあるのです。

その点を理解していないと「こんなことを頑張っているのか」といった気持ちが湧いてくるようになり、褒めることが難しくなってしまいます。

しかし褒め上手な人は人の気持ちを理解しているためにこうした考え方が浮かんでくることはありません。

13. ポジティブ

ポジティブ

褒め上手な人はポジティブな思考を与えてくれます。

そしてその人自身もポジティブ思考であり、常に前向きです。

このような姿勢を貫いているからこそふさわしいときにふさわしい褒め言葉をかけることができ、多くの人にやる気を起こさせています。

このような存在は非常に貴重です。

まとめ

褒め上手な人は多くの人にやる気を与えてくれます。

そのためこのような人を見習い、自分も褒め上手になりたいと願うべきなのです。

褒め上手な人には共通する特徴がいくつか存在します。

ここではそのうちの13個を取り上げています。


機会を探している

褒め上手な人は誰かを褒められる機会を探しています。

どんなに小さなことでも見逃さず、それを褒めるようにしているのです。

このような思考が働くからこそ、誰に対しても褒め言葉を述べることができるのです。

一般的に人は褒められるとモチベーションを高めることができます。

そのためやる気や自信が湧いてくるのです。

実のところ褒めるという行為は多くの人に対して効果的に働きかけるために、私たちが思っている以上に大切なことなのです。

非を責めない

人をせっかく褒めても、その人の欠点や非を責めるようであれば意味がありません。

上記でも考えたように誉めるという行為は人をやる気にさせます。

そして褒め上手な人はその点を心得ており、人のやる気を殺ぐような行為は避けます。

そのため褒め言葉をかけておきながらその人の欠点などを強調するようなことはしないのです。

しかし欠点を改善させることが必要なケースも存在します。

そのような状況ではふさわしいときを選び、助言を与えます。

言葉を選ぶ

褒め上手な人は言葉選びの才能があります。

まず同じような誉め言葉でもその人の心に響く言葉もあれば対して響かないものもあります。

また褒めたつもりがその人をけなしているように聞こえてしまうこともあり、そのような状況が生じると逆効果となります。

しかし褒め上手な人は言葉を巧みに用いるために、褒める相手を上手に築き上げることができます。

場所を選ぶ

褒め上手な人はふさわしい場所選びにもその才能を発揮します。

褒められて嬉しいと感じるのは当然の感情ですが、中には大勢の人の前で褒められるとやる気が出るという人もいますし、逆に個人的に褒め言葉をかけてもらったほうが嬉しいという人もいます。

そして褒め上手な人はどこで褒め言葉をかけるべきかを心得ており、その人のあったふさわしい状況でそうするのです。

話をよく聞く

1つ目の項目でも触れましたが、褒め上手な人は相手の褒められるところを探すように努めています。

そしてその手段の一つが話をよく聞くというものです。

相手の話に耳を傾ければその人が何に対してどのような努力を払っているのかを知ることができます。

またこれまで行ってきた様々な善行についても知ることができるかもしれません。

このような情報は褒め言葉につながるもので、褒め上手な人はこうした会話から褒められるべき点を見つけるように努めるのです。

いつも笑顔

褒めるときに相手を緊張させてしまうと、その意図が上手に伝わらないことがあります。

このような状況は非常にもったいないことです。

しかし褒め上手な人はこの点をしっかりと理解しています。

そのため相手を緊張させないようにいつも笑顔を絶やしません。

このような努力は相手が褒め言葉を理解するのに一層役立ちます。

このような事実は褒め上手な人が近づきやすい人として知られていることを裏付けています。

話し方がソフト

どんなに良い褒め言葉であっても、ぶっきらぼうに語られるのであればその良さは半減してしまうことでしょう。

しかし褒め上手な人はこの点をしっかりと心得ています。

そのため話し方をソフトにし、相手が聞き入れやすいものとしているのです。

もちろん熱くなることもありますが、それは状況によります。

スポーツなどを行っているときに素晴らしいプレーをした人に対しては熱く語りかけることでしょう。

しかし普段の会話の中での褒め言葉は非常にソフトです。

様々なツールを用いる

褒め上手な人は相手に面と向かって褒め言葉を述べるだけではありません。

様々なものを用いてそれを行うのです。

たとえば簡単に行えるのは携帯電話やパソコンなどを用いて行うメールです。

気軽に送信できるメールであっても心のこもった文章はそれを読んだ人に励みを与えます。

その他にも手紙を送ったり、電話で褒め言葉を述べるなどの方法を用います。

変化に敏感

人が払う努力は突然成果をもたらすのではなく、じわじわと現れることがあります。

そのためある人はどのような努力を今現在払っているのかがよくわからないという状況がしばしば生じます。

しかし払っている努力に対して褒め言葉を述べられると、その人は非常に嬉しくなるものです。

そして褒め上手な人はこのような状況を心得ています。

そのため人の変化に敏感であり、努力がはらわれていることが分かった時点で的確な誉め言葉を与えるのです。

その後の言葉にも力がある

2つ目の項目でも少し触れましたが、中には自分の行動に対して変更を加える必要のある人もいます。

しかしその点をダイレクトに伝えてしまうとその人を傷つけてしまったり、反発心を招くことがあります。

こうした状況を避けるために、褒め上手な人はまずはその人の良い点を褒めてから改善点を指摘します。

もちろんこのときには「あなたはこれができていない」とか「こんなことをしていてはだめだ」というような言葉をかけることはありません。

改善点を述べた後「あなたならできる」といったような励ましの言葉を述べてモチベーションを高めるのです。

自分の経験を述べる

褒め言葉をより力のあるものとするために、自分の経験を述べる人がいます。

褒めている相手が努力していることを以前に自分も行っており、それがいかに大変であるかを理解できるということを述べるなら、褒め言葉は一層ちからのあるものとなります。

褒め上手な人は自分の経験についても思いめぐらし、必要なときにそれを語るのです。

理解しようと努める

相手のことを理解しなければ褒めることはできません。

人の能力はそれぞれ異なります。

そのため自分が容易に行えることであってもある人にとってはそれが容易ではないこともあるのです。

その点を理解していないと「こんなことを頑張っているのか」といった気持ちが湧いてくるようになり、褒めることが難しくなってしまいます。

しかし褒め上手な人は人の気持ちを理解しているためにこうした考え方が浮かんでくることはありません。

ポジティブ

褒め上手な人はポジティブな思考を与えてくれます。

そしてその人自身もポジティブ思考であり、常に前向きです。

このような姿勢を貫いているからこそふさわしいときにふさわしい褒め言葉をかけることができ、多くの人にやる気を起こさせています。

このような存在は非常に貴重です。

褒め上手な人は多くの人にやる気を与えてくれます。

そのためこのような人を見習い、自分も褒め上手になりたいと願うべきなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-