【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519113703.html
特別な存在とは?8選

特別な存在とは?8選 | LADYCO

LADYCO
特別な存在とは?8選

人間は誰しも一人で生きていくことはできないでしょう。

必ず何かしら、人と関わっていくことが人生です。

その中で、特別な存在はいませんか?

そんな「特別な存在」とは、そもそも何でしょうか。

特別な存在について、紹介したいと思います。

  • 代わりがいない存在
  • 心の底から信頼している
  • 一番の理解者
  • 弱さを見せることができる人
  • ありのままの素で居れる人
  • 助けてあげたいと思える人
  • 切っても切れない関係
  • 忘れられない存在
  • まとめ

1. 代わりがいない存在

代わりがいない存在

まず、特別な存在というくらいですから、他の人とは違うという事です。

たくさんいる人々の中で、唯一無二の存在なのです。

もちろん世の中には同じ人など存在しません。

誰もが誰かの代わりになる事などあり得ません。

ですが、その人を失いたくない、失ってしまってはその代わりになれる人などいない。

そう思えるほど大切な存在を、特別な存在といえるでしょう。

2. 心の底から信頼している

心の底から信頼している

人と人は信頼関係を持ってこそ、深い関係と言えるでしょう。

表面上は仲良くしていても、心の中でその人のことを信頼しているかは別の話です。

心からその人の事を信頼している、ということは特別な存在といっていいでしょう。

人は善人ばかりではありませんから、関わる人すべてを信頼できる人など、そうそういません。

信頼がおけない人達もいる中で、信頼できるというのは特別な事です。

3. 一番の理解者

一番の理解者

人と人はお互いに共感しあってこそ、より仲良くなれます。

自分のことを理解してほしい、と思うのは生きていれば当然の考えです。

そしてそれを理解されるととても嬉しいものです。

人はみんなそれぞれ考えを持っているもので、違うからこそ良いという部分ももちろんあります。

その中で、理解してくれる人というのはとても貴重な存在と言えるでしょう。

理解されないことは孤独です。

分かってくれる人がいると思うと安心しますよね。

4. 弱さを見せることができる人

弱さを見せることができる人

人間は決して敵ばかりではありません。

ですが、生きていく上で弱さをみせる事は簡単なことではありません。

弱さにつけこんでくる悪い人だっています。

人は人生においてそれを少なからず知っています。

また、弱さを見せる事は決して格好いいことではありません。

プライドだってありますから、強くいたいと思う人の方が多いのが普通です。

ですので、誰かれ構わず弱さをみせられる人はいないでしょう。

その中で、自分の弱さを見せられる相手というのは心を許している相手といえます。

特別だからこそ、弱さを見せることができるのです。

5. ありのままの素で居れる人

ありのままの素で居れる人

相手に良く見られたい、また嫌われないようにしたい、と思うのは当然です。

その心理から人は気を遣いますし、言葉や行動を選んだりします。

人間関係を良好に保つためには当たり前のことでしょう。

ですが、自分の考えというよりは、相手優先の行動ばかりするのも疲れてしまうものです。

その中で、ありのままの自分でいれるというのは大きいでしょう。

素の自分でも許されると思える相手はなかなかいません。

正直人は綺麗なところばかりではないはずです。

そんな自分のだめな所を見せられる相手は、特別な存在といえるでしょう。

6. 助けてあげたいと思える人

助けてあげたいと思える人

嫌いな相手で無ければ、ちょっとした事くらいなら助けてあげることも、もちろんあるでしょう。

ですが、全く自分にプラスが無く、何なら危険さえ伴うことでも、助けてあげたいと思える人は特別です。

人というのは、少なからず打算的です。

無償で奉仕できる人というのはそうそういません。

自分が何かしら相手のために動くのであれば、少しくらい自分にも良い事がないと割に合いません。

そんな気持ちではなく、相手のことを心配して、心から助けたいと思える人は多くはいないでしょう。

そんな人はやはり他の人とは違う特別な特別な存在でしょう。

7. 切っても切れない関係

切っても切れない関係

身近なところでいえば、家族であったり、昔からのの友人です。

もちろん人によっては、気持ち次第で関係を断ち切ることも可能です。

ですが、知り合って間もない浅い関係の人より、はるかに切れない関係でしょう。

浅い関係の人ならば、これから先、関係が続かない可能性も十分に考えられます。

しかし家族などは、これから先の将来も繋がっていると自然と思っている人が多いでしょう。

そして一緒に過ごした時間が長い分、思い出があったり、分かりあえる存在です。

好きという感情よりは、空気のような無くてはならないものではないでしょうか。

そのように、関係が切れることがないと思える相手は、特別な存在です。

8. 忘れられない存在

忘れられない存在

いい意味でも、悪い意味でも、忘れられない人は特別といえるのではないでしょうか。

例えば、昔好きだった人やお付き合いしていた人を忘れられない、という人がいます。

他にいくらでも出会ってきた人がいる中で、忘れてきた人も大勢いるでしょう。

しかし、時間が経っても忘れられないのであれば、他の人とは違う存在といえます。

これは、悪い意味でもいえます。

どうでもいい人のことは、忘れてしまうものですから、嫌いな人を逆に忘れられない事があります。

何なら忘れたいはずなのに、ずっと覚えているのです。

それほど自分の中に印象が残っている、特別といえるでしょう。

まとめ

「特別な存在」とは、他の人とは違うと感じる人の事と言えます。

自分の中で印象が強い存在なのでしょう。

ですが、特別な存在とは規定がある訳ではありません。

自分がそう思える相手は、特別な存在だといえるでしょう。

特別な存在がいること、そう思える気持ちを大切にしたいものですね。

人間は誰しも一人で生きていくことはできないでしょう。

必ず何かしら、人と関わっていくことが人生です。

その中で、特別な存在はいませんか?

そんな「特別な存在」とは、そもそも何でしょうか。

特別な存在について、紹介したいと思います。


代わりがいない存在

まず、特別な存在というくらいですから、他の人とは違うという事です。

たくさんいる人々の中で、唯一無二の存在なのです。

もちろん世の中には同じ人など存在しません。

誰もが誰かの代わりになる事などあり得ません。

ですが、その人を失いたくない、失ってしまってはその代わりになれる人などいない。

そう思えるほど大切な存在を、特別な存在といえるでしょう。

心の底から信頼している

人と人は信頼関係を持ってこそ、深い関係と言えるでしょう。

表面上は仲良くしていても、心の中でその人のことを信頼しているかは別の話です。

心からその人の事を信頼している、ということは特別な存在といっていいでしょう。

人は善人ばかりではありませんから、関わる人すべてを信頼できる人など、そうそういません。

信頼がおけない人達もいる中で、信頼できるというのは特別な事です。

一番の理解者

人と人はお互いに共感しあってこそ、より仲良くなれます。

自分のことを理解してほしい、と思うのは生きていれば当然の考えです。

そしてそれを理解されるととても嬉しいものです。

人はみんなそれぞれ考えを持っているもので、違うからこそ良いという部分ももちろんあります。

その中で、理解してくれる人というのはとても貴重な存在と言えるでしょう。

理解されないことは孤独です。

分かってくれる人がいると思うと安心しますよね。

弱さを見せることができる人

人間は決して敵ばかりではありません。

ですが、生きていく上で弱さをみせる事は簡単なことではありません。

弱さにつけこんでくる悪い人だっています。

人は人生においてそれを少なからず知っています。

また、弱さを見せる事は決して格好いいことではありません。

プライドだってありますから、強くいたいと思う人の方が多いのが普通です。

ですので、誰かれ構わず弱さをみせられる人はいないでしょう。

その中で、自分の弱さを見せられる相手というのは心を許している相手といえます。

特別だからこそ、弱さを見せることができるのです。

ありのままの素で居れる人

相手に良く見られたい、また嫌われないようにしたい、と思うのは当然です。

その心理から人は気を遣いますし、言葉や行動を選んだりします。

人間関係を良好に保つためには当たり前のことでしょう。

ですが、自分の考えというよりは、相手優先の行動ばかりするのも疲れてしまうものです。

その中で、ありのままの自分でいれるというのは大きいでしょう。

素の自分でも許されると思える相手はなかなかいません。

正直人は綺麗なところばかりではないはずです。

そんな自分のだめな所を見せられる相手は、特別な存在といえるでしょう。

助けてあげたいと思える人

嫌いな相手で無ければ、ちょっとした事くらいなら助けてあげることも、もちろんあるでしょう。

ですが、全く自分にプラスが無く、何なら危険さえ伴うことでも、助けてあげたいと思える人は特別です。

人というのは、少なからず打算的です。

無償で奉仕できる人というのはそうそういません。

自分が何かしら相手のために動くのであれば、少しくらい自分にも良い事がないと割に合いません。

そんな気持ちではなく、相手のことを心配して、心から助けたいと思える人は多くはいないでしょう。

そんな人はやはり他の人とは違う特別な特別な存在でしょう。

切っても切れない関係

身近なところでいえば、家族であったり、昔からのの友人です。

もちろん人によっては、気持ち次第で関係を断ち切ることも可能です。

ですが、知り合って間もない浅い関係の人より、はるかに切れない関係でしょう。

浅い関係の人ならば、これから先、関係が続かない可能性も十分に考えられます。

しかし家族などは、これから先の将来も繋がっていると自然と思っている人が多いでしょう。

そして一緒に過ごした時間が長い分、思い出があったり、分かりあえる存在です。

好きという感情よりは、空気のような無くてはならないものではないでしょうか。

そのように、関係が切れることがないと思える相手は、特別な存在です。

忘れられない存在

いい意味でも、悪い意味でも、忘れられない人は特別といえるのではないでしょうか。

例えば、昔好きだった人やお付き合いしていた人を忘れられない、という人がいます。

他にいくらでも出会ってきた人がいる中で、忘れてきた人も大勢いるでしょう。

しかし、時間が経っても忘れられないのであれば、他の人とは違う存在といえます。

これは、悪い意味でもいえます。

どうでもいい人のことは、忘れてしまうものですから、嫌いな人を逆に忘れられない事があります。

何なら忘れたいはずなのに、ずっと覚えているのです。

それほど自分の中に印象が残っている、特別といえるでしょう。

「特別な存在」とは、他の人とは違うと感じる人の事と言えます。

自分の中で印象が強い存在なのでしょう。

ですが、特別な存在とは規定がある訳ではありません。

自分がそう思える相手は、特別な存在だといえるでしょう。

特別な存在がいること、そう思える気持ちを大切にしたいものですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-