【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519112206.html
空気を読むことができる人の特徴

空気を読むことができる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
空気を読むことができる人の特徴

空気を読むことができる人の特徴はどんなものがあるでしょう。

紹介していきます。

  • 一方的に会話をしない
  • 思ったことをすぐ発言しない
  • 相手の目を見て話す
  • 余計なことを言わない
  • 自分のことだけを考えない
  • 平等に接する
  • 決めつけない
  • 自慢話をしない
  • 人の話を最後まで聞く
  • 必要以上に謙遜しない
  • 否定から入らない
  • 相槌をしっかり打つ
  • まわりの人に合わせて行動する
  • 言葉の裏を読む
  • まとめ

1. 一方的に会話をしない

一方的に会話をしない

空気が読めない人はどうしても一方的に会話してしまって、相手の言いたいことを聞いていなかったり、相手の話が耳に入ってこないので、空気が読めない人と思われてしまいます。

逆に空気が読める人は一方的に会話はせず、相手の話をきちんと聞くことができるので、相手の要望や言いたいこと、感情を読み取ることが出来ます。

2. 思ったことをすぐ発言しない

思ったことをすぐ発言しない

どうしても思ったことを口にすぐに出してしまったら、言ってはいけないことを言ってしまったり、言ってはいけない場面で発言してしまって空気を読めない人だと思われてしまいます。

逆に空気を読むことができる人は、自分の思ったことをすぐに発言するのではなく、その発言が今の場にふさわしいか考えてから発言します。

正解などはないですが、一旦自分の中で考えてから発言出来れば、明らかに場違いな発言は防ぐことができるでしょう。

3. 相手の目を見て話す

相手の目を見て話す

話している相手の目を見ていると、相手の表情や仕草から何を考えているか読み取れることができます。

なので空気を読むことが出来る人はきちんと相手の目を見て話しているので、言っていいことか悪いことか、相手が言ってほしいことなどが分かるので、その場に合った発言ができるでしょう。

4. 余計なことを言わない

余計なことを言わない

空気を読まない人の特徴として余計なことを言ってしまう人が多いです。

言わなくていいことを言ってしまうと、相手を不快な気分にさせてしまったり、場の空気を悪くしてしまいます。

空気が読める人はそういった余計なことや言わなくていいことを極力言わないようにしているので、場の空気を壊すことが減ります。

5. 自分のことだけを考えない

自分のことだけを考えない

どうしても空気が読めない人は自分のことばかり考えてしまって、相手の気持ちを考えることが出来ません。

空気を読むことが出来る人は気持ちだけでなく相手の行動などもよく見ています。

言葉や態度に出していなくても誰も見てないところで落ち込んでいたり、行動からわかることもあります。

自分のことに必死になるだけではなく、周りの人を見る余裕はある人は空気を読むことが出来ると言えます。

6. 平等に接する

平等に接する

空気を読めない人は自分の好き嫌いで態度を変えてしまっています。

それが無意識であっても、好きな人に対しての態度がいくらよくても、嫌いな人の前での態度が悪かったら場の空気が壊れてしまいます。

それに比べて空気を読むことが出来る人は、誰に対しても平等に接することが出来ます。

もちろん目上の人と自分より下の人と接するときとは変わるかもしれませんが、好き嫌いで決めたりしません。

7. 決めつけない

決めつけない

どうしても空気が読めない人は、相手の気持ちや考え方を自分のものさしで決めつけてしまいます。

自分がこう思うから相手も同じ考え方と決めつけるのはよくないです。

相手にその考えを強要してしまうと、空気が読めない人だと思われてしまいます。

人それぞれ考え方が全く違います。

空気が読める人は相手の考え方を尊重し受け入れることが出来るので、場の空気を読むことが出来るでしょう。

8. 自慢話をしない

自慢話をしない

人の自慢話を聞いていて、楽しいと思う人はほとんどいません。

空気を読めない人は自慢話ばかりになっていて相手がつまらなさそうにしていても、気付かないで続けてしまうでしょう。

そうすると空気を読めないというレッテルをはられてしまいます。

空気を読むことが出来る人は自慢話が相手にとってつまらないと感じることを理解してなるべく控えています。

9. 人の話を最後まで聞く

人の話を最後まで聞く

つい相手が話している途中や、まだ話し終わっていないのに口を挟んでしまったり、自分の話に変えてしまったりするのは空気が読めない行為と言えます。

話している方からしても気分が良いものではありません。

空気を読むことが出来る人は相手の話をどんな時まで相手が話し終わるまで聞くことが出来ます。

10. 必要以上に謙遜しない

必要以上に謙遜しない

自慢話はもちろんいけませんが、謙遜しすぎるのもよくありません。

相手がせっかく褒めてくれたのに、全く喜んでくれないというのは褒めてくれて相手にも失礼にあります。

自分が頑張ったことに対して評価してもらっていたり、自分が本当に誇れることに対して褒められたなら素直に喜んだ方が良いです。

空気を読むことが出来る人は素直に喜んで相手を喜ばせることができるでしょう。

11. 否定から入らない

否定から入らない

空気を読めない人はつい相手が言ったことに対して否定から入ってしまいます。

否定されてよい気分になる人はいません。

空気を読むことが出来る人は、どれだけ相手が間違ったことを言っていても、きちんと相手の意見を受け入れてから、自分の意見を言うことが出来ます。

何を言っても否定する人は空気を読めないと思われてしまいます。

12. 相槌をしっかり打つ

相槌をしっかり打つ

いくら相手の話を聞いていても、相槌を打っていなかったら話を聞いていないと相手に思われてしまいます。

空気を読むことが出来る人はきちんと相手の言ったことに合った相槌を打つことが出来ますし、相槌を打つことで相手の言いたいことも自然と理解が出来ますのでその場に合った反応をとることが出来るでしょう。

13. まわりの人に合わせて行動する

まわりの人に合わせて行動する

協調性というのは、集団生活ではとても大事なことです。

空気を読むことが出来る人はまわりの人に合わせる力があります。

いくら自分がやりたいことがあっても、まわりの人が違うことがしたいというなら一人だけ自分勝手に行動するのではなく、まわりの人に合わせることが出来ます。

まわりの人に合わせずに自分の意思だけで行動していては、空気を読むことが出来ない人だと思われてしまうでしょう。

14. 言葉の裏を読む

言葉の裏を読む

人は思っていることをすべて話すわけではありません。

ただ思っていることは言葉のどこかに表れたりします。

空気を読むことが出来る人は相手が言ったことだけを鵜のみにするだけではなく、相手がその言葉を言った意図や、裏を読んで相手の気持ちを読み取ろうとします。

裏を読みすぎるのはよくないですが、鵜?みにしていては間違って解釈してしまい空気を乱す発言をしてしまうかもしれません。

まとめ

いかかでしたか?

空気を読めないと言われてるのは辛いですよね。

是非空気を読める人の特徴を覚えて空気が読める人になりましょう。

空気を読むことができる人の特徴はどんなものがあるでしょう。

紹介していきます。


一方的に会話をしない

空気が読めない人はどうしても一方的に会話してしまって、相手の言いたいことを聞いていなかったり、相手の話が耳に入ってこないので、空気が読めない人と思われてしまいます。

逆に空気が読める人は一方的に会話はせず、相手の話をきちんと聞くことができるので、相手の要望や言いたいこと、感情を読み取ることが出来ます。

思ったことをすぐ発言しない

どうしても思ったことを口にすぐに出してしまったら、言ってはいけないことを言ってしまったり、言ってはいけない場面で発言してしまって空気を読めない人だと思われてしまいます。

逆に空気を読むことができる人は、自分の思ったことをすぐに発言するのではなく、その発言が今の場にふさわしいか考えてから発言します。

正解などはないですが、一旦自分の中で考えてから発言出来れば、明らかに場違いな発言は防ぐことができるでしょう。

相手の目を見て話す

話している相手の目を見ていると、相手の表情や仕草から何を考えているか読み取れることができます。

なので空気を読むことが出来る人はきちんと相手の目を見て話しているので、言っていいことか悪いことか、相手が言ってほしいことなどが分かるので、その場に合った発言ができるでしょう。

余計なことを言わない

空気を読まない人の特徴として余計なことを言ってしまう人が多いです。

言わなくていいことを言ってしまうと、相手を不快な気分にさせてしまったり、場の空気を悪くしてしまいます。

空気が読める人はそういった余計なことや言わなくていいことを極力言わないようにしているので、場の空気を壊すことが減ります。

自分のことだけを考えない

どうしても空気が読めない人は自分のことばかり考えてしまって、相手の気持ちを考えることが出来ません。

空気を読むことが出来る人は気持ちだけでなく相手の行動などもよく見ています。

言葉や態度に出していなくても誰も見てないところで落ち込んでいたり、行動からわかることもあります。

自分のことに必死になるだけではなく、周りの人を見る余裕はある人は空気を読むことが出来ると言えます。

平等に接する

空気を読めない人は自分の好き嫌いで態度を変えてしまっています。

それが無意識であっても、好きな人に対しての態度がいくらよくても、嫌いな人の前での態度が悪かったら場の空気が壊れてしまいます。

それに比べて空気を読むことが出来る人は、誰に対しても平等に接することが出来ます。

もちろん目上の人と自分より下の人と接するときとは変わるかもしれませんが、好き嫌いで決めたりしません。

決めつけない

どうしても空気が読めない人は、相手の気持ちや考え方を自分のものさしで決めつけてしまいます。

自分がこう思うから相手も同じ考え方と決めつけるのはよくないです。

相手にその考えを強要してしまうと、空気が読めない人だと思われてしまいます。

人それぞれ考え方が全く違います。

空気が読める人は相手の考え方を尊重し受け入れることが出来るので、場の空気を読むことが出来るでしょう。

自慢話をしない

人の自慢話を聞いていて、楽しいと思う人はほとんどいません。

空気を読めない人は自慢話ばかりになっていて相手がつまらなさそうにしていても、気付かないで続けてしまうでしょう。

そうすると空気を読めないというレッテルをはられてしまいます。

空気を読むことが出来る人は自慢話が相手にとってつまらないと感じることを理解してなるべく控えています。

人の話を最後まで聞く

つい相手が話している途中や、まだ話し終わっていないのに口を挟んでしまったり、自分の話に変えてしまったりするのは空気が読めない行為と言えます。

話している方からしても気分が良いものではありません。

空気を読むことが出来る人は相手の話をどんな時まで相手が話し終わるまで聞くことが出来ます。

必要以上に謙遜しない

自慢話はもちろんいけませんが、謙遜しすぎるのもよくありません。

相手がせっかく褒めてくれたのに、全く喜んでくれないというのは褒めてくれて相手にも失礼にあります。

自分が頑張ったことに対して評価してもらっていたり、自分が本当に誇れることに対して褒められたなら素直に喜んだ方が良いです。

空気を読むことが出来る人は素直に喜んで相手を喜ばせることができるでしょう。

否定から入らない

空気を読めない人はつい相手が言ったことに対して否定から入ってしまいます。

否定されてよい気分になる人はいません。

空気を読むことが出来る人は、どれだけ相手が間違ったことを言っていても、きちんと相手の意見を受け入れてから、自分の意見を言うことが出来ます。

何を言っても否定する人は空気を読めないと思われてしまいます。

相槌をしっかり打つ

いくら相手の話を聞いていても、相槌を打っていなかったら話を聞いていないと相手に思われてしまいます。

空気を読むことが出来る人はきちんと相手の言ったことに合った相槌を打つことが出来ますし、相槌を打つことで相手の言いたいことも自然と理解が出来ますのでその場に合った反応をとることが出来るでしょう。

まわりの人に合わせて行動する

協調性というのは、集団生活ではとても大事なことです。

空気を読むことが出来る人はまわりの人に合わせる力があります。

いくら自分がやりたいことがあっても、まわりの人が違うことがしたいというなら一人だけ自分勝手に行動するのではなく、まわりの人に合わせることが出来ます。

まわりの人に合わせずに自分の意思だけで行動していては、空気を読むことが出来ない人だと思われてしまうでしょう。

言葉の裏を読む

人は思っていることをすべて話すわけではありません。

ただ思っていることは言葉のどこかに表れたりします。

空気を読むことが出来る人は相手が言ったことだけを鵜のみにするだけではなく、相手がその言葉を言った意図や、裏を読んで相手の気持ちを読み取ろうとします。

裏を読みすぎるのはよくないですが、鵜?みにしていては間違って解釈してしまい空気を乱す発言をしてしまうかもしれません。

いかかでしたか?

空気を読めないと言われてるのは辛いですよね。

是非空気を読める人の特徴を覚えて空気が読める人になりましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-