【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519105538.html
マルチタクスのできない人の特徴

マルチタクスのできない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
マルチタクスのできない人の特徴

マルチタスク(複数の作業を同時にこなすこと)は人によって向き不向きがあります。

ここではマルチタスクのできない人の原因や特徴を説明します。

  • マルチタスクだと焦る
  • 一つのことにじっくり集中したい
  • 注意力がない
  • 二つのことがあったら一つしか理解できない
  • 効率より結果重視
  • 一つのことを極めるタイプ
  • 同時進行が苦手
  • 没頭すると寝食を忘れる
  • 器用にこなせない
  • 仕事でミスが多い
  • 要領が悪い
  • 一つのことに執着する
  • まとめ

1. マルチタスクだと焦る

マルチタスクだと焦る

あれもこれもと気軽に仕事を引き受けて上手に計画を組んでいくことが得意なのがマルチタスクのできる人です。

一方でマルチタスクができない人というのはそういったことができませんし、ごちゃついてくると感じます。

マルチタスクだと焦るので本来の実力が発揮できないということもあります。

2. 一つのことにじっくり集中したい

一つのことにじっくり集中したい

マルチタスクができない人は仕事ができないと思われることも多いのですが決してそうではありません。

同時進行が苦手なだけで、シングルタスクであれば大丈夫なのです。

また一つのことにじっくりと集中したいという特徴もあります。

時間をかけて一つのことを成し遂げる力には優れています。

3. 注意力がない

注意力がない

マルチタスクというのは複数の作業を同時にこなすこと、つまりコンビニエンスストアのレジなどがそのいい例でしょうか。

商品のレジを売ったり、払い込み用紙の処理をしたり、配送希望のお客さんには伝票を渡したりとレジ業務だけでも色々な種類の仕事があります。

さらに調理したり、発注をかけたりと他の業務もレジの合間にこなしているのです。

品出しをしつつレジにお客さんが並んでいないかと注意もしっかりしていますし、マルチタスクができる人でないとなかなか厳しい業務内容だと感じます。

シングルタスクでないと無理という人は一つのことに集中してしまう癖がありますので、少々注意力にかけるともいえます。

4. 二つのことがあったら一つしか理解できない

二つのことがあったら一つしか理解できない

マルチタスクのできない人はパソコンをしながらテレビのニュースの内容をざっと聞くといったことができません。

パソコンをするならパソコンだけ。

テレビを観るならば観るだけになります。

つまり二つのことがあったらそのうち一つのことしか理解できません。

ですから作業をしながら話を聞いているようで実は何も聞いていないこともあります。

後で「言ったでしょう」と相手に言われても全く記憶にないのです。

相手からしたらしっかり返事をしたのにと怒りがわきます。

5. 効率より結果重視

効率より結果重視

マルチタスクのできない人はシングルタスク派です。

マルチタスク派の人は効率重視で完璧主義というわけではありません。

シングルタスク派の人は効率は良くないことが多いですが、結果重視、完璧主義であることが多いのが特徴です。

つまりマルチタスクのできない人は他の人よりは時間がかかるかもしれないけれど、素晴らしい結果を出すということがあります。

6. 一つのことを極めるタイプ

一つのことを極めるタイプ

通常、仕事というのはマルチタスクを求められるものです。

そういう意味においてはマルチタスクのできない人は仕事を選ばないと嫌な思いをすることがあるといえます。

一つのことに集中して極めるタイプですので周りと協力が必要な仕事よりも職人的な仕事の方が向いていますし、本人も伸び伸びと働くことができます。

一旦向いている仕事やものに出会うととことん集中しますので実力がついていきます。

一つのことを極めるタイプが多いですね。

7. 同時進行が苦手

同時進行が苦手

マルチタスクのできない人は普段からものごとの同時進行が苦手な傾向があります。

器用な人は友達とのつきあいと恋人とのつきあいをバランスよくとることができます。

また仕事のペース配分なども上手くできます。

マルチタスクのできない人はついあれもこれも引き受け過ぎて仕事も私生活もパンク状態になることがあります。

同時進行はできないと諦めて誘いの半分は断るなど自分なりの処理能力の限界をこえないように注意が必要です。

8. 没頭すると寝食を忘れる

没頭すると寝食を忘れる

マルチタスクのできない人はさらっと表面だけで済ませることが苦手です。

自分のしていることに没頭する癖があるのです。

夢中になってしまうと他のことが頭に入らなくなります。

寝食を忘れてしまうこともありますし、人から話しかけられても耳に入らないのです。

9. 器用にこなせない

器用にこなせない

マルチタスクができない人は、器用さがありません。

仕事、人間関係とどれも真剣に真面目に関わってしまうので一つのことに何でも時間がかかってしまいます。

何でも7~8割程度で満足する、深く考えない、ということができません。

つまり不器用な性格といえるでしょう。

10. 仕事でミスが多い

仕事でミスが多い

マルチタスクのできない人が困るのは主に仕事面ではないでしょうか。

仕事というのは往々にしてマルチタスクが基本です。

もちろん行動はシングルタスクでしかできません。

人は一度に一つの動きしかとれませんから。

そのシングルタスクを数種類、一日のうちに何度か繰り返す、それが仕事というものですから、やはりマルチタスク能力にかけますと、「仕事ができない」「ミスが多い」といった不名誉な評価がついてしまいます。

決して不真面目ではないのですがミスが多いというのが特徴です。

11. 要領が悪い

要領が悪い

マルチタスクのできない人は真面目で一生懸命です。

社会というのはマルチタスクが得意な要領のいい人の方が得をするようにできているのは否めません。

何でも効率よくこなせる人の方が仕事ができると判断されますし、出世もしやすいです。

こだわりがある、自分のやり方で通そうとする、マルチタスクができないとなりますと、要領が悪い、頑固といったイメージがついてしまいますし損をしてしまうのです。

12. 一つのことに執着する

一つのことに執着する

マルチタスクができない人は見ていますと、時折フリーズ状態になっていることがあります。

何か行き詰った、わからなくなった時にそうなります。

ここでマルチタスクが得意な人はこれがダメなら先にあちら・・・といった具合にさっさと考えを切り替えていけるのです。

マルチタスクのできない人はいつまでも一つのことに執着してしまい、結局全体の仕事量が少ないということもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マルチタクスのできない人の原因や特徴をまとめて紹介しました。

シングルタスク、マルチタスクどちらが良くて悪いと決めつけるようなことではありません。

どちらもそれぞれにいい面、悪い面があります。

ただ仕事においてはマルチタスクを求められる機会が多いですので、マルチタスクのできる人の方が有利に感じるかもしれません。

とはいえ、職人などはシングルタスクを極めた人ですよね。

大事なのは自分に合った職業を選ぶことだといえますね。

マルチタスク(複数の作業を同時にこなすこと)は人によって向き不向きがあります。

ここではマルチタスクのできない人の原因や特徴を説明します。


マルチタスクだと焦る

あれもこれもと気軽に仕事を引き受けて上手に計画を組んでいくことが得意なのがマルチタスクのできる人です。

一方でマルチタスクができない人というのはそういったことができませんし、ごちゃついてくると感じます。

マルチタスクだと焦るので本来の実力が発揮できないということもあります。

一つのことにじっくり集中したい

マルチタスクができない人は仕事ができないと思われることも多いのですが決してそうではありません。

同時進行が苦手なだけで、シングルタスクであれば大丈夫なのです。

また一つのことにじっくりと集中したいという特徴もあります。

時間をかけて一つのことを成し遂げる力には優れています。

注意力がない

マルチタスクというのは複数の作業を同時にこなすこと、つまりコンビニエンスストアのレジなどがそのいい例でしょうか。

商品のレジを売ったり、払い込み用紙の処理をしたり、配送希望のお客さんには伝票を渡したりとレジ業務だけでも色々な種類の仕事があります。

さらに調理したり、発注をかけたりと他の業務もレジの合間にこなしているのです。

品出しをしつつレジにお客さんが並んでいないかと注意もしっかりしていますし、マルチタスクができる人でないとなかなか厳しい業務内容だと感じます。

シングルタスクでないと無理という人は一つのことに集中してしまう癖がありますので、少々注意力にかけるともいえます。

二つのことがあったら一つしか理解できない

マルチタスクのできない人はパソコンをしながらテレビのニュースの内容をざっと聞くといったことができません。

パソコンをするならパソコンだけ。

テレビを観るならば観るだけになります。

つまり二つのことがあったらそのうち一つのことしか理解できません。

ですから作業をしながら話を聞いているようで実は何も聞いていないこともあります。

後で「言ったでしょう」と相手に言われても全く記憶にないのです。

相手からしたらしっかり返事をしたのにと怒りがわきます。

効率より結果重視

マルチタスクのできない人はシングルタスク派です。

マルチタスク派の人は効率重視で完璧主義というわけではありません。

シングルタスク派の人は効率は良くないことが多いですが、結果重視、完璧主義であることが多いのが特徴です。

つまりマルチタスクのできない人は他の人よりは時間がかかるかもしれないけれど、素晴らしい結果を出すということがあります。

一つのことを極めるタイプ

通常、仕事というのはマルチタスクを求められるものです。

そういう意味においてはマルチタスクのできない人は仕事を選ばないと嫌な思いをすることがあるといえます。

一つのことに集中して極めるタイプですので周りと協力が必要な仕事よりも職人的な仕事の方が向いていますし、本人も伸び伸びと働くことができます。

一旦向いている仕事やものに出会うととことん集中しますので実力がついていきます。

一つのことを極めるタイプが多いですね。

同時進行が苦手

マルチタスクのできない人は普段からものごとの同時進行が苦手な傾向があります。

器用な人は友達とのつきあいと恋人とのつきあいをバランスよくとることができます。

また仕事のペース配分なども上手くできます。

マルチタスクのできない人はついあれもこれも引き受け過ぎて仕事も私生活もパンク状態になることがあります。

同時進行はできないと諦めて誘いの半分は断るなど自分なりの処理能力の限界をこえないように注意が必要です。

没頭すると寝食を忘れる

マルチタスクのできない人はさらっと表面だけで済ませることが苦手です。

自分のしていることに没頭する癖があるのです。

夢中になってしまうと他のことが頭に入らなくなります。

寝食を忘れてしまうこともありますし、人から話しかけられても耳に入らないのです。

器用にこなせない

マルチタスクができない人は、器用さがありません。

仕事、人間関係とどれも真剣に真面目に関わってしまうので一つのことに何でも時間がかかってしまいます。

何でも7~8割程度で満足する、深く考えない、ということができません。

つまり不器用な性格といえるでしょう。

仕事でミスが多い

マルチタスクのできない人が困るのは主に仕事面ではないでしょうか。

仕事というのは往々にしてマルチタスクが基本です。

もちろん行動はシングルタスクでしかできません。

人は一度に一つの動きしかとれませんから。

そのシングルタスクを数種類、一日のうちに何度か繰り返す、それが仕事というものですから、やはりマルチタスク能力にかけますと、「仕事ができない」「ミスが多い」といった不名誉な評価がついてしまいます。

決して不真面目ではないのですがミスが多いというのが特徴です。

要領が悪い

マルチタスクのできない人は真面目で一生懸命です。

社会というのはマルチタスクが得意な要領のいい人の方が得をするようにできているのは否めません。

何でも効率よくこなせる人の方が仕事ができると判断されますし、出世もしやすいです。

こだわりがある、自分のやり方で通そうとする、マルチタスクができないとなりますと、要領が悪い、頑固といったイメージがついてしまいますし損をしてしまうのです。

一つのことに執着する

マルチタスクができない人は見ていますと、時折フリーズ状態になっていることがあります。

何か行き詰った、わからなくなった時にそうなります。

ここでマルチタスクが得意な人はこれがダメなら先にあちら・・・といった具合にさっさと考えを切り替えていけるのです。

マルチタスクのできない人はいつまでも一つのことに執着してしまい、結局全体の仕事量が少ないということもあります。

いかがでしたでしょうか。

マルチタクスのできない人の原因や特徴をまとめて紹介しました。

シングルタスク、マルチタスクどちらが良くて悪いと決めつけるようなことではありません。

どちらもそれぞれにいい面、悪い面があります。

ただ仕事においてはマルチタスクを求められる機会が多いですので、マルチタスクのできる人の方が有利に感じるかもしれません。

とはいえ、職人などはシングルタスクを極めた人ですよね。

大事なのは自分に合った職業を選ぶことだといえますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-