【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519105535.html
できない新卒の特徴

できない新卒の特徴 | LADYCO

LADYCO
できない新卒の特徴

できない新卒に共通する12の特徴をまとめました。

  • 他人の話を聞いていない
  • メモを取らない
  • 向上心がない
  • 声が小さい
  • 情報収集力がない
  • 対話能力がない
  • 社交性がない
  • 行動力がない
  • 効率が悪い
  • 伝達能力に欠けている
  • 自分のことをできると思っている
  • 頑固なところがある
  • まとめ

1. 他人の話を聞いていない

他人の話を聞いていない

ある仕事内容について上司、先輩または同僚含む全ての人からにおいての注意事項や説明を1対1で話していたとしてもなかなか理解できない面が見られます。

それによって2度も3度も同じことを注意され続け、ある時「またか」と思われてしまっています。

これは単純に自分にとって必要のない情報と脳が解釈してしまっているのです。

2. メモを取らない

メモを取らない

人間の記憶力というものは完璧ではなく、どんな経験豊富な人であっても物事を忘れてしまうことがあります。

それをわかっている人ほど情報の大きい小さいを問わずメモを取っています。

できないと思われている人は脳に情報が入って来てもそれにより紙とペンを手に取りそれを書き留めておくという行為に体が反応できません。

3. 向上心がない

向上心がない

現状維持、時と場合によっては必要な思考かもしれませんが、社会に出てからの現状維持というものは往々によくない時、または他に発展思考が思いつかない時に使われます。

こうなりたい、こうしていきたいと目標すら立っていない人はすなわち向上心がなく、常に現状維持を保とうとします。

そんな人に要求した時の応えは大概的外れか不明瞭なものです。

4. 声が小さい

声が小さい

日頃からやらなければいけないことや頼まれごとに対しできる限りの労力を使っていないがために、やったことに対しての評価が気になってしまい自信を持てず、結局発言する際に声が小さくなってしまっています。

恥ずかしがり屋とは少し違います。

後者は声を発することに対して周りが気になっているだけですが、前者はやってことに対して自身が持てないからです。

これは大きな違いとなります。

5. 情報収集力がない

情報収集力がない

目に映ったもの、聞こえて来たもの、これらの情報の記憶力が著しく欠けている。

ということであるとも言えますが、ここでは自ら情報を得ようとする努力をしないという意味です。

その努力が欠けてしまっているがために1度間違えたことを2度3度繰り返したりします。

そういった人に助言をしてもその時はやるけどまたすぐ辞めてします傾向があります。

6. 対話能力がない

対話能力がない

談話している時でさえもいわゆる「返し」がなく、一言鸚鵡返しするか頷いているかの反応しかありません。

無論、自ら発言することは皆無に等しいです。

不思議なことに人間的に嫌われていなければ意外とその場にいることはできます。

確かに会話の面白さは欠けているのですが、いい意味で空気としてそこにい続けることができます。

7. 社交性がない

社交性がない

身内とではまだいいのですが、クライアントなど外部の対話となると著しく会話量が減ってしまいます。

その場が食事しているところであればひたすら食べたり飲んだりしています。

そして休日の特徴といえば家にいることです。

もちろん外出が全くのゼロではありません。

ただし、外出する時は自分の趣味など好きなことをしに行く時のみです。

8. 行動力がない

行動力がない

何かを自らアクション起こすことはまずありません。

誰かに誘われたり指示されて時初めて動きます。

ただしその初速は遅いです。

理由は興味がないからです。

昔から慣れ親しんでいることに関してはアクションを起こしますが初めてのことや情報がなさ過ぎることに関してはほぼ動きません。

仕事においてはやっておかなくてはならない業務を期日ギリギリにやります。

9. 効率が悪い

効率が悪い

とにかく時間がかかります。

初めてのことや何らかの情報を集めてからでないと取り掛かれなかったりと様々な要因はあるかもしれませんが、それに対してもできない人の特徴があります。

初めてのことができないのは不器用であり、後者の場合はそれに対するネットワークがない、知らない、知ろうとしないということになります。

上記内容以外の場合、次に何をすべきかということを行動しながら考えることができないということになります。

10. 伝達能力に欠けている

伝達能力に欠けている

一度入って来た情報を理解しそれを発するまでに思考回路が遮断されてしまいます。

それにより間違った情報や欠落した情報を発してしまうこととなり信頼感を得にくくなってしまっています。

むしろそんな時こそ鸚鵡返しでもいいから伝えてくれればいいのにと思ってしまうのですが、何故だかそこで自分の言葉に変換しようとしてしまっています。

11. 自分のことをできると思っている

自分のことをできると思っている

論外と思いたいところですが意外とそういう傾向にあります。

これは周りからすると厄介極まりないことなのですが、本人の自覚症状がないがために治しようがありません。

まだそう思っているだけであればいいのですが、時に間違いやミスを認めず他人に責任転換する傾向があります。

ひどい時には資料を入力しているパソコンのせいにしたりします。

ここまでいってしまった人は収拾つきません。

12. 頑固なところがある

頑固なところがある

責任を問われることとなった時や、納得のいかないことに直面した際には真っ向から否定します。

尚且つその時の主張は強く発言し、呆れるほどに頑固です。

ただしある限界が来るとそれが脆く崩れ去り、全てを認めてしまいます。

認めた後もしばらくは裏で否定し続けます。

そこまで言うのであれば最初の時に認めずに戦い続ければいいですが、頑固は頑固でも意思の弱い頑固者なのです。

まとめ

できない人とは何をするにしても機動力がない人のことです。

五感の使い方が下手で、その反応速度も鈍い傾向にあります。

にもかかわらず向上心がないので成長が著しく遅いと人間になってしまいます。

反面、短所が長所に変わる可能性を最も多く持っていると言うことも事実です。

運良くその機動力に油をさしてくれる人と出会うことができたとき、できない人の人生は大きく変わっていきます。

できない新卒に共通する12の特徴をまとめました。


他人の話を聞いていない

ある仕事内容について上司、先輩または同僚含む全ての人からにおいての注意事項や説明を1対1で話していたとしてもなかなか理解できない面が見られます。

それによって2度も3度も同じことを注意され続け、ある時「またか」と思われてしまっています。

これは単純に自分にとって必要のない情報と脳が解釈してしまっているのです。

メモを取らない

人間の記憶力というものは完璧ではなく、どんな経験豊富な人であっても物事を忘れてしまうことがあります。

それをわかっている人ほど情報の大きい小さいを問わずメモを取っています。

できないと思われている人は脳に情報が入って来てもそれにより紙とペンを手に取りそれを書き留めておくという行為に体が反応できません。

向上心がない

現状維持、時と場合によっては必要な思考かもしれませんが、社会に出てからの現状維持というものは往々によくない時、または他に発展思考が思いつかない時に使われます。

こうなりたい、こうしていきたいと目標すら立っていない人はすなわち向上心がなく、常に現状維持を保とうとします。

そんな人に要求した時の応えは大概的外れか不明瞭なものです。

声が小さい

日頃からやらなければいけないことや頼まれごとに対しできる限りの労力を使っていないがために、やったことに対しての評価が気になってしまい自信を持てず、結局発言する際に声が小さくなってしまっています。

恥ずかしがり屋とは少し違います。

後者は声を発することに対して周りが気になっているだけですが、前者はやってことに対して自身が持てないからです。

これは大きな違いとなります。

情報収集力がない

目に映ったもの、聞こえて来たもの、これらの情報の記憶力が著しく欠けている。

ということであるとも言えますが、ここでは自ら情報を得ようとする努力をしないという意味です。

その努力が欠けてしまっているがために1度間違えたことを2度3度繰り返したりします。

そういった人に助言をしてもその時はやるけどまたすぐ辞めてします傾向があります。

対話能力がない

談話している時でさえもいわゆる「返し」がなく、一言鸚鵡返しするか頷いているかの反応しかありません。

無論、自ら発言することは皆無に等しいです。

不思議なことに人間的に嫌われていなければ意外とその場にいることはできます。

確かに会話の面白さは欠けているのですが、いい意味で空気としてそこにい続けることができます。

社交性がない

身内とではまだいいのですが、クライアントなど外部の対話となると著しく会話量が減ってしまいます。

その場が食事しているところであればひたすら食べたり飲んだりしています。

そして休日の特徴といえば家にいることです。

もちろん外出が全くのゼロではありません。

ただし、外出する時は自分の趣味など好きなことをしに行く時のみです。

行動力がない

何かを自らアクション起こすことはまずありません。

誰かに誘われたり指示されて時初めて動きます。

ただしその初速は遅いです。

理由は興味がないからです。

昔から慣れ親しんでいることに関してはアクションを起こしますが初めてのことや情報がなさ過ぎることに関してはほぼ動きません。

仕事においてはやっておかなくてはならない業務を期日ギリギリにやります。

効率が悪い

とにかく時間がかかります。

初めてのことや何らかの情報を集めてからでないと取り掛かれなかったりと様々な要因はあるかもしれませんが、それに対してもできない人の特徴があります。

初めてのことができないのは不器用であり、後者の場合はそれに対するネットワークがない、知らない、知ろうとしないということになります。

上記内容以外の場合、次に何をすべきかということを行動しながら考えることができないということになります。

伝達能力に欠けている

一度入って来た情報を理解しそれを発するまでに思考回路が遮断されてしまいます。

それにより間違った情報や欠落した情報を発してしまうこととなり信頼感を得にくくなってしまっています。

むしろそんな時こそ鸚鵡返しでもいいから伝えてくれればいいのにと思ってしまうのですが、何故だかそこで自分の言葉に変換しようとしてしまっています。

自分のことをできると思っている

論外と思いたいところですが意外とそういう傾向にあります。

これは周りからすると厄介極まりないことなのですが、本人の自覚症状がないがために治しようがありません。

まだそう思っているだけであればいいのですが、時に間違いやミスを認めず他人に責任転換する傾向があります。

ひどい時には資料を入力しているパソコンのせいにしたりします。

ここまでいってしまった人は収拾つきません。

頑固なところがある

責任を問われることとなった時や、納得のいかないことに直面した際には真っ向から否定します。

尚且つその時の主張は強く発言し、呆れるほどに頑固です。

ただしある限界が来るとそれが脆く崩れ去り、全てを認めてしまいます。

認めた後もしばらくは裏で否定し続けます。

そこまで言うのであれば最初の時に認めずに戦い続ければいいですが、頑固は頑固でも意思の弱い頑固者なのです。

できない人とは何をするにしても機動力がない人のことです。

五感の使い方が下手で、その反応速度も鈍い傾向にあります。

にもかかわらず向上心がないので成長が著しく遅いと人間になってしまいます。

反面、短所が長所に変わる可能性を最も多く持っていると言うことも事実です。

運良くその機動力に油をさしてくれる人と出会うことができたとき、できない人の人生は大きく変わっていきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-