【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519105529.html
ステレオタイプの人の特徴

ステレオタイプの人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ステレオタイプの人の特徴

ステレオタイプとは多くの人が思っている先入観、思い込み、固定概念、偏見など型にはまった考え方、とらえ方のことです。

このようなステレオタイプの人の特徴を見ていきましょう。

  • 男は外で稼ぐもの
  • 家事、子育ては女の仕事
  • 血液型にこだわる
  • 離婚歴のある人を差別する
  • 占いを信じやすい
  • 男は浮気をする生き物という決めつけ
  • 恋愛においてネガティブ思考
  • 本を読む人をインテリと決めつける
  • まとめ

1. 男は外で稼ぐもの

男は外で稼ぐもの

ステレオタイプの人にありがちな特徴が、男性は外で仕事をしてお金を稼ぐものといった思考です。

確かに一般的に男性の方が女性より高収入な割合が多いかもしれません。

が、なかにはバリバリ稼ぐ女性もいますし、主夫の方が向いている、好きという男性だっているわけです。

昔ならいざ知らず、今は男女平等な時代です。

男が稼いで当然と考える女性はステレオタイプな人と言われても仕方ないですね。

2. 家事、子育ては女の仕事

家事、子育ては女の仕事

男性に続いて女性です。

ステレオタイプな人は男性は外で稼ぐもの、女性よりお金を持っている(=女性に奢るのは当たり前)といった考え方になりがちですが、女性に対しては家事、子育ては女の仕事といったとらえ方をします。

確かに専業主婦で何不自由なく生活できているのであればそれも理解できなくもありません。

ですが実際は女性も働いている場合が多いですし、仕事、家事、育児全てをこなせる人はスーパーウーマンでしょう。

今はイクメンという言葉も定着してきましたし、家事や育児にノータッチな男性なんて時代遅れなのです。

3. 血液型にこだわる

血液型にこだわる

血液型占いにこだわるのは日本人だけなのだそうです。

海外では血液型に関心が薄く病院で輸血でもしない限り親子間でもお互いの血液型を知らないなんてこともあるのだそうです。

確かに民族全員同じ血液型なんて場合もありますし、じゃあみんなが同じ性格なのかといったら違うはずです。

ですから雑談として楽しむ程度ぐらいがちょうどいいのでしょう。

ステレオタイプな人ほど血液型で相手の性格を決めつけたり、嫌ったりとちょっと行き過ぎなところがあります。

4. 離婚歴のある人を差別する

離婚歴のある人を差別する

ステレオタイプの人というのは偏見や差別などでもわかりやすいです。

特に離婚といったことに対する考え方が少々古いのが特徴です。

つまり、離婚することを悪いことと決めつけています。

離婚して軽やかに生きている人を「我慢が足りない」「自分勝手」と罵ります。

どんな理由があったかなんて他人にはわかりません。

仲の悪い夫婦が一緒にいてお互いを傷つけあったり、時にひどい事件に発展することを思えば何が何でも一緒にいることがベストとは思えません。

ですが、ステレオタイプの人ほど不幸せな婚姻生活の継続に耐えていくことが人として成長できるし、安易に離婚する人はダメという考え方に凝り固まっているのです。

5. 占いを信じやすい

占いを信じやすい

ステレオタイプの人は型にはめ込むことが好きです。

ですから血液型占いも好きで信じていますし、人相、手相、星占いといった占い全般を好む傾向にあります。

確かに占いは当たることもありますので興味深いものではあります。

が、外れることもあるのでほどほどに参考にする程度にするぐらいがいいのです。

ステレオタイプの人ほど占いにのめり込み、何か決断するのに必ずお気に入りの占い師さんに見てもらうなんてことがあります。

6. 男は浮気をする生き物という決めつけ

男は浮気をする生き物という決めつけ

ステレオタイプな人は過去のあったこと、例えば恋人に浮気されて傷つけられたなどという経験をしますと、男はみんな浮気をする、私は必ず浮気をされる運命にあるなど決めつけることがあります。

また男性も「浮気は男の甲斐性」とばかりに浮気の言い訳をして悪いとも思わない人もいます。

父親、上司、友人が浮気をしているのを見てきていたからそれが男たるもの普通といった感覚になっているのです。

7. 恋愛においてネガティブ思考

恋愛においてネガティブ思考

ステレオタイプな人は恋愛においても「自分なんてどうせダメなんだ」とネガティブな考え方をします。

男は可愛くて守ってあげたいタイプが好きなのだというのも言ってしまえば一種のステレオタイプ的思考ですし、女は高身長、高学歴、高収入の男を選ぶというのも同じです。

もちろん、そういったタイプが好まれやすい傾向はありますがそれが全てではないのは周りを見れば明らかなことです。

見た目や性格が悪くても恋人が途切れない人だって沢山いるはずです。

嫌な上司だって奥さんがいる人の方がほとんどです。

8. 本を読む人をインテリと決めつける

本を読む人をインテリと決めつける

ステレオタイプな人の考え方は見た目とイメージで決めつけてしまうことです。

電車で本を読んでいる女が大嫌いと言った男性がいました。

理由は「私は頭がいいのよ、あなたたちとは違うのよ」と言わんばかりだからとのことでした。

本というのは別に勉強ではなく娯楽的要素が大きいものも沢山あります。

読書を楽しんでいるだけなのに、インテリぶっていると決めつけるのは思い込みと偏見です。

まとめ

以上、ステレオタイプの人の特徴でした。

人は気が付かないうちにものごとを自分の思い込みで判断したり、偏見の目で見てしまったり、決めつけることがあります。

誰でも少しはそういった部分はあるのですが、それがあまりにも強く出るとステレオタイプと言われる人になってしまうのでしょう。

ステレオタイプとは多くの人が思っている先入観、思い込み、固定概念、偏見など型にはまった考え方、とらえ方のことです。

このようなステレオタイプの人の特徴を見ていきましょう。


男は外で稼ぐもの

ステレオタイプの人にありがちな特徴が、男性は外で仕事をしてお金を稼ぐものといった思考です。

確かに一般的に男性の方が女性より高収入な割合が多いかもしれません。

が、なかにはバリバリ稼ぐ女性もいますし、主夫の方が向いている、好きという男性だっているわけです。

昔ならいざ知らず、今は男女平等な時代です。

男が稼いで当然と考える女性はステレオタイプな人と言われても仕方ないですね。

家事、子育ては女の仕事

男性に続いて女性です。

ステレオタイプな人は男性は外で稼ぐもの、女性よりお金を持っている(=女性に奢るのは当たり前)といった考え方になりがちですが、女性に対しては家事、子育ては女の仕事といったとらえ方をします。

確かに専業主婦で何不自由なく生活できているのであればそれも理解できなくもありません。

ですが実際は女性も働いている場合が多いですし、仕事、家事、育児全てをこなせる人はスーパーウーマンでしょう。

今はイクメンという言葉も定着してきましたし、家事や育児にノータッチな男性なんて時代遅れなのです。

血液型にこだわる

血液型占いにこだわるのは日本人だけなのだそうです。

海外では血液型に関心が薄く病院で輸血でもしない限り親子間でもお互いの血液型を知らないなんてこともあるのだそうです。

確かに民族全員同じ血液型なんて場合もありますし、じゃあみんなが同じ性格なのかといったら違うはずです。

ですから雑談として楽しむ程度ぐらいがちょうどいいのでしょう。

ステレオタイプな人ほど血液型で相手の性格を決めつけたり、嫌ったりとちょっと行き過ぎなところがあります。

離婚歴のある人を差別する

ステレオタイプの人というのは偏見や差別などでもわかりやすいです。

特に離婚といったことに対する考え方が少々古いのが特徴です。

つまり、離婚することを悪いことと決めつけています。

離婚して軽やかに生きている人を「我慢が足りない」「自分勝手」と罵ります。

どんな理由があったかなんて他人にはわかりません。

仲の悪い夫婦が一緒にいてお互いを傷つけあったり、時にひどい事件に発展することを思えば何が何でも一緒にいることがベストとは思えません。

ですが、ステレオタイプの人ほど不幸せな婚姻生活の継続に耐えていくことが人として成長できるし、安易に離婚する人はダメという考え方に凝り固まっているのです。

占いを信じやすい

ステレオタイプの人は型にはめ込むことが好きです。

ですから血液型占いも好きで信じていますし、人相、手相、星占いといった占い全般を好む傾向にあります。

確かに占いは当たることもありますので興味深いものではあります。

が、外れることもあるのでほどほどに参考にする程度にするぐらいがいいのです。

ステレオタイプの人ほど占いにのめり込み、何か決断するのに必ずお気に入りの占い師さんに見てもらうなんてことがあります。

男は浮気をする生き物という決めつけ

ステレオタイプな人は過去のあったこと、例えば恋人に浮気されて傷つけられたなどという経験をしますと、男はみんな浮気をする、私は必ず浮気をされる運命にあるなど決めつけることがあります。

また男性も「浮気は男の甲斐性」とばかりに浮気の言い訳をして悪いとも思わない人もいます。

父親、上司、友人が浮気をしているのを見てきていたからそれが男たるもの普通といった感覚になっているのです。

恋愛においてネガティブ思考

ステレオタイプな人は恋愛においても「自分なんてどうせダメなんだ」とネガティブな考え方をします。

男は可愛くて守ってあげたいタイプが好きなのだというのも言ってしまえば一種のステレオタイプ的思考ですし、女は高身長、高学歴、高収入の男を選ぶというのも同じです。

もちろん、そういったタイプが好まれやすい傾向はありますがそれが全てではないのは周りを見れば明らかなことです。

見た目や性格が悪くても恋人が途切れない人だって沢山いるはずです。

嫌な上司だって奥さんがいる人の方がほとんどです。

本を読む人をインテリと決めつける

ステレオタイプな人の考え方は見た目とイメージで決めつけてしまうことです。

電車で本を読んでいる女が大嫌いと言った男性がいました。

理由は「私は頭がいいのよ、あなたたちとは違うのよ」と言わんばかりだからとのことでした。

本というのは別に勉強ではなく娯楽的要素が大きいものも沢山あります。

読書を楽しんでいるだけなのに、インテリぶっていると決めつけるのは思い込みと偏見です。

以上、ステレオタイプの人の特徴でした。

人は気が付かないうちにものごとを自分の思い込みで判断したり、偏見の目で見てしまったり、決めつけることがあります。

誰でも少しはそういった部分はあるのですが、それがあまりにも強く出るとステレオタイプと言われる人になってしまうのでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-