【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519103626.html
承認欲求の強い人の特徴

承認欲求の強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
承認欲求の強い人の特徴

誰かに否定されるよりは自分のことを認められたいと願うのは当然のことです。

しかし、その認められたいという思いが強すぎると、承認欲求が強いと思われてしまいます。

認められたい、承認欲求の強い人の特徴をご紹介します。

  • 自己評価が高い
  • 構って欲しい
  • 自分の話が好き
  • 自慢話が多い
  • 負けず嫌い
  • 自分に甘い
  • 人のことをよく誉める
  • 嫉妬心が強い
  • さみしがり
  • 怒りっぽい
  • まとめ

1. 自己評価が高い

自己評価が高い

承認欲求が強い人というのは自己評価が高い傾向にあります。

自分はこれくらいのことをしたのだから認めてもらわないのはおかしいと感じたり、認めてもらうのは当然であるかのように感じているかもしれません。

しかし、それはあくまでも自分が下した評価であり、当然のことながら周りはどれだけ頑張ったかという過程よりも結果を求める傾向にあります。

そのため、結果を出すことが出来ずに誰からも認めてもらえないことに対して、自分はあんなに頑張っていたのにと思われる傾向にあるのです。

しかし、実は周りからすると大した努力ではないことが多いのです。

自己評価が高い人というのは、自分は人の何倍も頑張ったと思い込む傾向にあります。

そして、それを認めて欲しいという思いが承認欲求として全面的に出てしまうタイプであるとされています。

2. 構って欲しい

構って欲しい

認められたいという思いが強い人というのは、実は構ってほしくてたまらない人が多いとされています。

認めて欲しいということは、自分のことを見て欲しいということにも繋がります。

承認欲求が強い人は真実の自分の姿を見て、構って欲しいと願っている傾向にあり、いわゆる構ってちゃんタイプというのは承認欲求が強いとされています。

3. 自分の話が好き

自分の話が好き

承認欲求が強い人の特徴としてよく見られるのが、とにかく自分の話をするのが大好きな人です。

自分の話をすることで、自分のことを相手に理解してもらいたいという願いを表しており、そうすることで承認欲求を満たしている傾向にあります。

承認欲求が強い人というのは、自分のことを認めてもらいたいという思いが最優先なので、自分の話を時として構成していく傾向にもあるのです。

構成してでも自分の話に共感してもらったり、同情してもらうことで認めてもらえたと満足する人も少なくはありません。

4. 自慢話が多い

自慢話が多い

承認欲求が強い人は自慢話が多い傾向にあります。

普通の話をしていても、自分のすごさなど分かってもらえません。

そのため、自分の武勇伝的な自慢話を相手が飽きても話続けてしまう人も意外と多いのです。

気がついたら自慢話ばかりをしているという人は認められたいという思いが強い、承認欲求が強い人です。

5. 負けず嫌い

負けず嫌い

認められたいといった承認欲求が強い人というのは負けず嫌いの傾向にあります。

認められないということは、その人のなかでは負けを意味します。

勝つためには自分のことを認めてもらうしかないのです。

自分のことを分かって欲しいというよりも、負けたくないから認めて欲しいという考えが強い傾向にあるのです。

6. 自分に甘い

自分に甘い

承認欲求が強い人というのは、自分に対して甘い傾向にあります。

自分はこれだけ頑張ったのだからみんなが認めるのは当然のことだと、それ以上を求めない傾向にあり、自分に対する評価というものが甘いのです。

もっと頑張らなくては認めてもらえないということを薄々感じてはいるものの、これくらいの頑張りで認めてくれてもいいのではないかという甘えが生じているケースも少なくはありません。

7. 人のことをよく誉める

人のことをよく誉める

人に認めてもらいたい人というのは、他人のことをよく誉めて自分はあなたのことを認めているというスタンスを見せる傾向にあります。

人のことをしっかりと褒めるのは良いことなのですが、承認欲求が強い人の場合は思ってもいないことで褒めたり、共感したりし、自分のことも認めて欲しいと願っている傾向にあります。

8. 嫉妬心が強い

嫉妬心が強い

自分のことを認めて欲しいのに、他の人が認められたりすると途端に嫉妬心を表すのが承認欲求が強い人の性格の特徴と言えます。

自分の方が頑張っていたのになぜあのひとばかり認められるのだろうか、何かずるでもしたのだろうかと、自分も認められるように頑張ろうという思いよりも、先に認められた相手に対しての嫉妬の方が先に現れてしまうタイプが多いとされています。

9. さみしがり

さみしがり

承認欲求が強い人というのは、実はさみしがり屋の傾向があります。

認められるということは、自分のことを受け入れてくれることにも繋がり、認められたことだけで安心感を覚えます。

しかし、認められないということは、自分を拒絶されたことと受け取ってしまい、孤独心が高まる傾向にあるのです。

さみしがり屋の人というのは、自分のことを出来るだけ多くの人に認めてもらいたいと考えている傾向にあります。

10. 怒りっぽい

怒りっぽい

承認欲求が強い人というのは、怒りっぽい性格の人が多いとされています。

認めて欲しいという感情はなぜ認めてくれないのだろうかという、怒りが混じりあった疑問として残ります。

承認欲求が強い人というのは、自分を認めてくれない人に対して激しい感情でぶつかってしまう傾向にあり、気に入らないことに対して我慢することが出来ない、怒りっぽい体質であると言えます。

まとめ

自分の努力に対しては認めて欲しいと思うのは当然のことです。

しかし、認めてくれないのはおかしいと考えるのは、承認欲求が強い現れでもあります。

通常は認めてもらえないのであれば、自分がもっと頑張るしかないと考えるのですが、承認欲求が強い人というのは、これだけ自分は頑張ったのにと思われる傾向にあり、自己評価が高い傾向にあります。

また、承認欲求が強い人というのは、さみしがり屋であることが多く、自分のことを知って欲しいという感情が承認欲求として現れるのです。

自分のことをよく話したり、自慢話が多い人というのは、自分のことを知って欲しいという現れであり、承認欲求が強い人によく見られる傾向です。

また、他の人のことを異様によく褒める人も、あなたもすごいねと認めてもらえるようにしている傾向にあります。

気を付けなくてはならないのが、承認欲求が強い人というのは自分が他人を褒めてもいいが、他の人が褒めると嫉妬心を表して不機嫌になったりしますので、聞き流す程度にしておくことが大切です。

誰かに否定されるよりは自分のことを認められたいと願うのは当然のことです。

しかし、その認められたいという思いが強すぎると、承認欲求が強いと思われてしまいます。

認められたい、承認欲求の強い人の特徴をご紹介します。


自己評価が高い

承認欲求が強い人というのは自己評価が高い傾向にあります。

自分はこれくらいのことをしたのだから認めてもらわないのはおかしいと感じたり、認めてもらうのは当然であるかのように感じているかもしれません。

しかし、それはあくまでも自分が下した評価であり、当然のことながら周りはどれだけ頑張ったかという過程よりも結果を求める傾向にあります。

そのため、結果を出すことが出来ずに誰からも認めてもらえないことに対して、自分はあんなに頑張っていたのにと思われる傾向にあるのです。

しかし、実は周りからすると大した努力ではないことが多いのです。

自己評価が高い人というのは、自分は人の何倍も頑張ったと思い込む傾向にあります。

そして、それを認めて欲しいという思いが承認欲求として全面的に出てしまうタイプであるとされています。

構って欲しい

認められたいという思いが強い人というのは、実は構ってほしくてたまらない人が多いとされています。

認めて欲しいということは、自分のことを見て欲しいということにも繋がります。

承認欲求が強い人は真実の自分の姿を見て、構って欲しいと願っている傾向にあり、いわゆる構ってちゃんタイプというのは承認欲求が強いとされています。

自分の話が好き

承認欲求が強い人の特徴としてよく見られるのが、とにかく自分の話をするのが大好きな人です。

自分の話をすることで、自分のことを相手に理解してもらいたいという願いを表しており、そうすることで承認欲求を満たしている傾向にあります。

承認欲求が強い人というのは、自分のことを認めてもらいたいという思いが最優先なので、自分の話を時として構成していく傾向にもあるのです。

構成してでも自分の話に共感してもらったり、同情してもらうことで認めてもらえたと満足する人も少なくはありません。

自慢話が多い

承認欲求が強い人は自慢話が多い傾向にあります。

普通の話をしていても、自分のすごさなど分かってもらえません。

そのため、自分の武勇伝的な自慢話を相手が飽きても話続けてしまう人も意外と多いのです。

気がついたら自慢話ばかりをしているという人は認められたいという思いが強い、承認欲求が強い人です。

負けず嫌い

認められたいといった承認欲求が強い人というのは負けず嫌いの傾向にあります。

認められないということは、その人のなかでは負けを意味します。

勝つためには自分のことを認めてもらうしかないのです。

自分のことを分かって欲しいというよりも、負けたくないから認めて欲しいという考えが強い傾向にあるのです。

自分に甘い

承認欲求が強い人というのは、自分に対して甘い傾向にあります。

自分はこれだけ頑張ったのだからみんなが認めるのは当然のことだと、それ以上を求めない傾向にあり、自分に対する評価というものが甘いのです。

もっと頑張らなくては認めてもらえないということを薄々感じてはいるものの、これくらいの頑張りで認めてくれてもいいのではないかという甘えが生じているケースも少なくはありません。

人のことをよく誉める

人に認めてもらいたい人というのは、他人のことをよく誉めて自分はあなたのことを認めているというスタンスを見せる傾向にあります。

人のことをしっかりと褒めるのは良いことなのですが、承認欲求が強い人の場合は思ってもいないことで褒めたり、共感したりし、自分のことも認めて欲しいと願っている傾向にあります。

嫉妬心が強い

自分のことを認めて欲しいのに、他の人が認められたりすると途端に嫉妬心を表すのが承認欲求が強い人の性格の特徴と言えます。

自分の方が頑張っていたのになぜあのひとばかり認められるのだろうか、何かずるでもしたのだろうかと、自分も認められるように頑張ろうという思いよりも、先に認められた相手に対しての嫉妬の方が先に現れてしまうタイプが多いとされています。

さみしがり

承認欲求が強い人というのは、実はさみしがり屋の傾向があります。

認められるということは、自分のことを受け入れてくれることにも繋がり、認められたことだけで安心感を覚えます。

しかし、認められないということは、自分を拒絶されたことと受け取ってしまい、孤独心が高まる傾向にあるのです。

さみしがり屋の人というのは、自分のことを出来るだけ多くの人に認めてもらいたいと考えている傾向にあります。

怒りっぽい

承認欲求が強い人というのは、怒りっぽい性格の人が多いとされています。

認めて欲しいという感情はなぜ認めてくれないのだろうかという、怒りが混じりあった疑問として残ります。

承認欲求が強い人というのは、自分を認めてくれない人に対して激しい感情でぶつかってしまう傾向にあり、気に入らないことに対して我慢することが出来ない、怒りっぽい体質であると言えます。

自分の努力に対しては認めて欲しいと思うのは当然のことです。

しかし、認めてくれないのはおかしいと考えるのは、承認欲求が強い現れでもあります。

通常は認めてもらえないのであれば、自分がもっと頑張るしかないと考えるのですが、承認欲求が強い人というのは、これだけ自分は頑張ったのにと思われる傾向にあり、自己評価が高い傾向にあります。

また、承認欲求が強い人というのは、さみしがり屋であることが多く、自分のことを知って欲しいという感情が承認欲求として現れるのです。

自分のことをよく話したり、自慢話が多い人というのは、自分のことを知って欲しいという現れであり、承認欲求が強い人によく見られる傾向です。

また、他の人のことを異様によく褒める人も、あなたもすごいねと認めてもらえるようにしている傾向にあります。

気を付けなくてはならないのが、承認欲求が強い人というのは自分が他人を褒めてもいいが、他の人が褒めると嫉妬心を表して不機嫌になったりしますので、聞き流す程度にしておくことが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-