【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519103609.html
意思が弱い人がダイエットを続けるコツ

意思が弱い人がダイエットを続けるコツ | LADYCO

LADYCO
意思が弱い人がダイエットを続けるコツ

今回は「意思が弱い人がダイエットを続けるコツ」をご紹介します。

ダイエットは続けなければ意味がありません。

続けるコツにはどのようなものがあるでしょうか。

  • 目標を数値で決める
  • 目標を紙に書いて張り出す
  • 目標を人に宣言する
  • 中間目標を設ける
  • 息抜きしてよい日を設ける
  • 最初から続けられなさそうな方法は採用しない
  • 家族に協力してもらう
  • SNSをうまく活用する
  • 毎日体重計に乗る
  • 毎日のダイエット結果を手帳などに書き込む
  • なりたい体形の写真を部屋に貼っておく
  • 「やせたい」ではなく、「やせる」と口にする
  • まとめ

1. 目標を数値で決める

目標を数値で決める

意思が弱い人がダイエットを続けるには、最初に目標をはっきりと決めることが重要です。

この「はっきり」と決めるコツは、数値で決めることです。

「3か月後までに5キロやせる」などがそうです。

ただ「やせたい」だけでは達成意欲が湧いてきませんし、知らず識らずのうちにサボってしまうことにもつながります。

数値で決めることをとにかく意識するのです。

2. 目標を紙に書いて張り出す

目標を紙に書いて張り出す

意思が弱い人がダイエットを続けるには、決めた目標を紙に書いて見えるところに張り出しておくことです。

部屋やトイレ、リビングでもよいでしょう。

毎日目に触れる場所に貼っておき、無意識レベルにまで目標を刷り込ませることが大切なのです。

筆文字で書くのも、気合が伝わってよいかもしれません。

3. 目標を人に宣言する

目標を人に宣言する

意思が弱い人がダイエットを続けるには、決めた目標を他人に宣言する方法があります。

言ったからにはやらないといけないと自分で思いますし、それを聞いた人から応援をもらえることでしょう。

たまに会った時に「ダイエットはどう?」などと話題にもしてもらえるので、自然とダイエットに対する意識が高まっていきます。

4. 中間目標を設ける

中間目標を設ける

意思が弱い人がダイエットを続けるには、大きな目標だけでなく中間的な目標も定めましょう。

誰でも大きな目標だけでは、そこに至るプロセスがイメージできず、途中で挫折してしまいがちになります。

3カ月後までに5キロやせるのならば、1カ月後には何キロやせていたいかを逆算して考えてみてください。

意思が弱い人ならば、1週間ずつの目標でもよいかもしれません。

達成不可能な目標はこの時点で頓挫することでしょう。

大きな目標が本当に達成可能なのかを見極める良い方法でもあります。

5. 息抜きしてよい日を設ける

息抜きしてよい日を設ける

意思が弱い人がダイエットを続けるには、たまには息抜きしてよい日を設けることにしましょう。

ずっとダイエットのことばかりが頭にある状態で張りつめていては、いつか破綻することになります。

緊張状態が続くと逆に過食や拒食の状態にもなりかねません。

精神的にも気が抜ける日をつくってください。

ただし何でも食べてよいとしてしまうとタガがはずれてしまう可能性があるので、よく自分の理性と相談して決めるようにした方がよいでしょう。

6. 最初から続けられなさそうな方法は採用しない

最初から続けられなさそうな方法は採用しない

意思が弱い人がダイエットを続けるには、最初から続けられなさそうなダイエット方法は採用しないことです。

仕事も忙しいのに、朝晩10キロずつ走って、なおかつ食事制限をするなどは、最初の1日で挫折してしまう可能性が高い方法です。

自分の生活の中で取り入れられる方法をまずはひとつでよいので選ぶことから始めます。

余裕があればダイエットメニューを追加しても構いませんので、まずは続けられる方法ひとつを選ぶことです。

7. 家族に協力してもらう

家族に協力してもらう

意思が弱い人がダイエットを続けるには、家族の協力も大きな力となります。

家族は一番近くにいるあなたのサポーターです。

監視役としても機能しますが、食事などでうまく応援してもらうことができれば、ダイエットへの近道となることでしょう。

自分の目標やなぜやせたいのかを話しておくことで、自分のことを応援してもらえる環境をつくりましょう。

8. SNSをうまく活用する

SNSをうまく活用する

意思が弱い人がダイエットを続けるにはSNSをうまく使うことです。

自分の姿を写真にとって体重と共にアップするのもよいですし、SNS上でダイエットしていることを宣言してもよいです。

いずれも他人に直接宣言するのと同じような効果が得られます。

直接話すよりも多くの人に同時に見られているはずなので、達成しなければという義務感は増します。

写真をアップすることで自分でも体形を確認でき、このままではいけないという危機感を自分に煽るような効果も期待できます。

9. 毎日体重計に乗る

毎日体重計に乗る

意思が弱い人がダイエットを続けるには、毎日体重計に乗ることです。

毎日自分の体重を数値で把握していきます。

1日しか経っていないのでそんなに変わっていないだろうと、体重計に乗ることをサボってしまうと、おそらく次の日もサボることにつながります。

さらには、ダイエットメニューさえもサボることにつながってしまうのです。

毎日確認することが重要なことなのです。

10. 毎日のダイエット結果を手帳などに書き込む

毎日のダイエット結果を手帳などに書き込む

意思が弱い人がダイエットを続けるには、毎日、ダイエットとしてこなしたメニューや食べたもの、体重などを事細かに手帳などに記録することです。

記録することで、特にダイエットを意識してはいないのにやせたという人もいるほど、この記録するという行為は効果があります。

1日のまとめとして行う習慣をつけることで、ダイエットを続けられるようになっていきます。

11. なりたい体形の写真を部屋に貼っておく

なりたい体形の写真を部屋に貼っておく

意思が弱い人がダイエットを続けるには、なりたい体形の人の写真を部屋に貼っておくことをおすすめします。

ダイエットはただ体重を減らすだけが目的ではない場合が多いはずです。

体重を減らした先にある「なりたい自分」があることでしょう。

モデルさんでもいいですし、芸能人でもいいです。

大きなポスターサイズの写真を部屋に貼っておくだけで、なりたい自分へ向かう原動力を日々充電していくのです。

くびれ部分だけなどの「部分」だけの写真でも有効です。

12. 「やせたい」ではなく、「やせる」と口にする

「やせたい」ではなく、「やせる」と口にする

意思が弱い人がダイエットを続けるには、「やせたい」という願望を口癖にするのではなく、「やせる」と口にすることです。

「やせたい」はこれまでも話の中でさんざん言ってきたワードですが、これを言って実際やせられた試しはないはずです。

「やせる」という、近い将来の予定のような話し方で話すと、自分でも当然実現しなければならないものとして意識に上ってくることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意思が弱い人がダイエットを続けるには、ちょっとしたコツを日々続けていくことが重要だと分かりました。

あとは最初が肝心です。

いかに続けられるかは最初の目標立てやダイエット方法選びにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

自分が意思が弱いと自覚したら、上記のような方法を試してみてください。

今回は「意思が弱い人がダイエットを続けるコツ」をご紹介します。

ダイエットは続けなければ意味がありません。

続けるコツにはどのようなものがあるでしょうか。


目標を数値で決める

意思が弱い人がダイエットを続けるには、最初に目標をはっきりと決めることが重要です。

この「はっきり」と決めるコツは、数値で決めることです。

「3か月後までに5キロやせる」などがそうです。

ただ「やせたい」だけでは達成意欲が湧いてきませんし、知らず識らずのうちにサボってしまうことにもつながります。

数値で決めることをとにかく意識するのです。

目標を紙に書いて張り出す

意思が弱い人がダイエットを続けるには、決めた目標を紙に書いて見えるところに張り出しておくことです。

部屋やトイレ、リビングでもよいでしょう。

毎日目に触れる場所に貼っておき、無意識レベルにまで目標を刷り込ませることが大切なのです。

筆文字で書くのも、気合が伝わってよいかもしれません。

目標を人に宣言する

意思が弱い人がダイエットを続けるには、決めた目標を他人に宣言する方法があります。

言ったからにはやらないといけないと自分で思いますし、それを聞いた人から応援をもらえることでしょう。

たまに会った時に「ダイエットはどう?」などと話題にもしてもらえるので、自然とダイエットに対する意識が高まっていきます。

中間目標を設ける

意思が弱い人がダイエットを続けるには、大きな目標だけでなく中間的な目標も定めましょう。

誰でも大きな目標だけでは、そこに至るプロセスがイメージできず、途中で挫折してしまいがちになります。

3カ月後までに5キロやせるのならば、1カ月後には何キロやせていたいかを逆算して考えてみてください。

意思が弱い人ならば、1週間ずつの目標でもよいかもしれません。

達成不可能な目標はこの時点で頓挫することでしょう。

大きな目標が本当に達成可能なのかを見極める良い方法でもあります。

息抜きしてよい日を設ける

意思が弱い人がダイエットを続けるには、たまには息抜きしてよい日を設けることにしましょう。

ずっとダイエットのことばかりが頭にある状態で張りつめていては、いつか破綻することになります。

緊張状態が続くと逆に過食や拒食の状態にもなりかねません。

精神的にも気が抜ける日をつくってください。

ただし何でも食べてよいとしてしまうとタガがはずれてしまう可能性があるので、よく自分の理性と相談して決めるようにした方がよいでしょう。

最初から続けられなさそうな方法は採用しない

意思が弱い人がダイエットを続けるには、最初から続けられなさそうなダイエット方法は採用しないことです。

仕事も忙しいのに、朝晩10キロずつ走って、なおかつ食事制限をするなどは、最初の1日で挫折してしまう可能性が高い方法です。

自分の生活の中で取り入れられる方法をまずはひとつでよいので選ぶことから始めます。

余裕があればダイエットメニューを追加しても構いませんので、まずは続けられる方法ひとつを選ぶことです。

家族に協力してもらう

意思が弱い人がダイエットを続けるには、家族の協力も大きな力となります。

家族は一番近くにいるあなたのサポーターです。

監視役としても機能しますが、食事などでうまく応援してもらうことができれば、ダイエットへの近道となることでしょう。

自分の目標やなぜやせたいのかを話しておくことで、自分のことを応援してもらえる環境をつくりましょう。

SNSをうまく活用する

意思が弱い人がダイエットを続けるにはSNSをうまく使うことです。

自分の姿を写真にとって体重と共にアップするのもよいですし、SNS上でダイエットしていることを宣言してもよいです。

いずれも他人に直接宣言するのと同じような効果が得られます。

直接話すよりも多くの人に同時に見られているはずなので、達成しなければという義務感は増します。

写真をアップすることで自分でも体形を確認でき、このままではいけないという危機感を自分に煽るような効果も期待できます。

毎日体重計に乗る

意思が弱い人がダイエットを続けるには、毎日体重計に乗ることです。

毎日自分の体重を数値で把握していきます。

1日しか経っていないのでそんなに変わっていないだろうと、体重計に乗ることをサボってしまうと、おそらく次の日もサボることにつながります。

さらには、ダイエットメニューさえもサボることにつながってしまうのです。

毎日確認することが重要なことなのです。

毎日のダイエット結果を手帳などに書き込む

意思が弱い人がダイエットを続けるには、毎日、ダイエットとしてこなしたメニューや食べたもの、体重などを事細かに手帳などに記録することです。

記録することで、特にダイエットを意識してはいないのにやせたという人もいるほど、この記録するという行為は効果があります。

1日のまとめとして行う習慣をつけることで、ダイエットを続けられるようになっていきます。

なりたい体形の写真を部屋に貼っておく

意思が弱い人がダイエットを続けるには、なりたい体形の人の写真を部屋に貼っておくことをおすすめします。

ダイエットはただ体重を減らすだけが目的ではない場合が多いはずです。

体重を減らした先にある「なりたい自分」があることでしょう。

モデルさんでもいいですし、芸能人でもいいです。

大きなポスターサイズの写真を部屋に貼っておくだけで、なりたい自分へ向かう原動力を日々充電していくのです。

くびれ部分だけなどの「部分」だけの写真でも有効です。

「やせたい」ではなく、「やせる」と口にする

意思が弱い人がダイエットを続けるには、「やせたい」という願望を口癖にするのではなく、「やせる」と口にすることです。

「やせたい」はこれまでも話の中でさんざん言ってきたワードですが、これを言って実際やせられた試しはないはずです。

「やせる」という、近い将来の予定のような話し方で話すと、自分でも当然実現しなければならないものとして意識に上ってくることでしょう。

いかがでしたでしょうか。

意思が弱い人がダイエットを続けるには、ちょっとしたコツを日々続けていくことが重要だと分かりました。

あとは最初が肝心です。

いかに続けられるかは最初の目標立てやダイエット方法選びにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

自分が意思が弱いと自覚したら、上記のような方法を試してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-