【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519103605.html
コミュニケーションが苦手な人の特徴

コミュニケーションが苦手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
コミュニケーションが苦手な人の特徴

コミュニケーションが苦手な人に共通する14の特徴をまとめました。

  • 会話の相手と視線を合わせない
  • 空気を読みすぎる
  • 発言を考えすぎる
  • 相手の話題に興味が持てない、興味を持つ不利が出来ない
  • 話しかけること、話しかけられるのが苦手
  • 基本受け身である
  • 電話がかかってくるのが怖い
  • 家に帰って反省会
  • 初対面は意外と話せる
  • 一人でいることが苦ではない
  • 沈黙に耐えられない
  • 人を頼れない
  • 言葉以外でコミュニケーションをとる
  • 自信がない
  • まとめ

1. 会話の相手と視線を合わせない

会話の相手と視線を合わせない

通常会話をするときは相手の目を見て話すことが常識とされていますが、コミュニケーションが苦手な人は視線を合わせることが苦手です。

そのせいで「目を見て話さないなんて失礼な奴だ」と思われてしまうことが多いです。

しかし、実際は相手に自分の言葉を伝えたい気持ちが強すぎるため、発言に意識を集中しているのです。

なので、決して相手を軽んじているわけではないのです。

2. 空気を読みすぎる

空気を読みすぎる

2~3人だとよく喋るが、人が多い時に無口になってしまうのはコミュニケーションが苦手な人の特徴です。

なぜ無口になってしまうかというと、空気を読みすぎてしまうからです。

通常空気を読めば、スムーズに会話ができると思われますが、コミュニケーションが苦手な人の空気を読むという行為は少々過剰なのです。

空気を読みすぎているせいで、発言するタイミングを逃しているのです。

3. 発言を考えすぎる

発言を考えすぎる

発言を考えすぎる傾向があります。

コミュニケーションをとる場合、あまり深い内容の話をしなくてもよいのですが、コミュニケーションが苦手な人は常に意味のある会話をしようとしてしまいます。

なので、会話がかみ合わあなかったりしてしまい、会話が通じない相手であると思われてしまう時があります。

4. 相手の話題に興味が持てない、興味を持つ不利が出来ない

相手の話題に興味が持てない、興味を持つ不利が出来ない

コミュニケーションが苦手な人の特徴としては、相手の話に興味が持てない、または興味を持つふりが出来ないといったことがあります。

会話でコミュニケーションをとるときは内容ではなく、会話そのものを楽しむのが普通です。

しかし、コミュニケーションが苦手な人は、興味のない話や意味のない話は煩わしく感じてしまい、そっけない反応を返してきます。

どんな会話にも意義を見出せないと興味を持ってくれないので、会話が弾まないことが多いです。

 

5. 話しかけること、話しかけられるのが苦手

話しかけること、話しかけられるのが苦手

コミュニケーションが苦手な人は、話しかけたり、話しかけられることが苦手です。

基本的に物事を自分の中で考えてから行動することが多いので、知り合いを見つけても話しかけるか迷ってしまい、その間にタイミングを逃してしまいます。

反対に話しかけられると、過度に気を張り詰めてしまい、エネルギーを大量に使ってしまいます。

6. 基本受け身である

基本受け身である

基本受け身な傾向があります。

外出も誘われなければほとんどしませんし、会話も自分からはあまり入ってきません。

しかし、人が嫌いなわけではないのです。

基本的に口下手であったり、慎重な性格なため、きっかけがあったり、引っ張ってくれる人間がいると意外と行動的になる人が多いです。

7. 電話がかかってくるのが怖い

電話がかかってくるのが怖い

電話がかかってくるとコミュニケーションが苦手な人は恐怖を感じます。

通常の会話でさえ、空気を深く読んで対応しているのに、電話の場合、相手の声色だけで対応しなければいけないからです。

相手の言い分を聞いている時は良いですが、反応するのには著しく神経を消費します。

コミュニケーションが苦手な人は神経質なのです。

8. 家に帰って反省会

家に帰って反省会

コミュニケーションが苦手な人は、会話をしてからしばらく時間がたつと、会話の内容を思い出し、自分の中で反省会を開きます。

根は真面目なので、あの時の発言は良くなかったと後悔し、次の会話に生かそうと考えます。

しかし、いざ会話になると、空気を読むことであったり、発言を考えることに意識を集中させてしまうため…生かされることは少ない傾向にあります。

9. 初対面は意外と話せる

初対面は意外と話せる

初対面の人との会話というのは、通常であれば、少し会話しづらいと思います。

しかし、コミュニケーションが苦手な人は意外とうまく話してしまいます。

なぜかというと、基本的にその場限りの関係だと思っているからです。

深く考えて良い発言をしようという意識薄れており、意外とスムーズにコミュニケ—ションを取ります。

なので、初めはお喋りだったのに、交流を重ねるにつれて、口数が少なくなる傾向があります。

10. 一人でいることが苦ではない

一人でいることが苦ではない

コミュニケーションが苦手な人は一人で過ごすことが全く苦になりません。

基本的に自分の中で考えを巡らせて過ごすことが多いので、気付いたら時間がかなり経過していた、という場合がかなりあります。

基本的に人とコミュニケーションをとる場合、エネルギーを使うので、一人が楽と感じる傾向にあります。

11. 沈黙に耐えられない

沈黙に耐えられない

コミュニケーションが苦手な人は沈黙に耐えられません。

沈黙している場であると、場を盛り上げようと話し始めますが、会話が盛り上がると話すのをやめてしまいます。

基本的に空気を読むこと、発言を考えることに集中したいので、場を盛り上げたら、意識をそっちに集中してしまいます。

12. 人を頼れない

人を頼れない

コミュニケーションが苦手な人は基本的に人に頼みごとをするのが苦手です。

元々の考えすぎる性格が影響しています。

自分なんかが頼みごとをしてもよいのか、相手に迷惑がかかるのではないか、断られたらどうしようということを考えています。

そのせいで、辛いことを人に相談せず、一人で抱え込む傾向があり、周りが気付かないうちに心が疲弊している場合があります。

13. 言葉以外でコミュニケーションをとる

言葉以外でコミュニケーションをとる

コミュニケーションが苦手な人は言葉以外でコミュニケーションを取ろうとします。

基本的に口下手な人が多いので、自分の思いを言葉にするのが苦手なので行動で示そうとします。

なので、知り合ったばかりの時としばらく親交を深めた後の印象が大きく変わることが多いです。

14. 自信がない

自信がない

口下手でコミュニケーションが苦手な裏には自分に自信がないという現れです。

基本的に根が真面目なので、約束できないような発言はしないように注意しています。

それが口数が少ないことにつながってしまうため、その人の良さがわかられないことが多いです。

最初に持たれた印象で損をしているタイプです。

まとめ

コミュニケーションが苦手な人というのは、繊細で根が真面目だけど口下手という、出会ったばかりでは良い部分をすぐには伝えることが出来ない人です。

しかし、基本的には相手のことを考えているので心優しい人が多いです。

この記事を読んで、少しでもコミュニケーションが苦手な人のことを理解して頂いたら幸いです。

コミュニケーションが苦手な人に共通する14の特徴をまとめました。


会話の相手と視線を合わせない

通常会話をするときは相手の目を見て話すことが常識とされていますが、コミュニケーションが苦手な人は視線を合わせることが苦手です。

そのせいで「目を見て話さないなんて失礼な奴だ」と思われてしまうことが多いです。

しかし、実際は相手に自分の言葉を伝えたい気持ちが強すぎるため、発言に意識を集中しているのです。

なので、決して相手を軽んじているわけではないのです。

空気を読みすぎる

2~3人だとよく喋るが、人が多い時に無口になってしまうのはコミュニケーションが苦手な人の特徴です。

なぜ無口になってしまうかというと、空気を読みすぎてしまうからです。

通常空気を読めば、スムーズに会話ができると思われますが、コミュニケーションが苦手な人の空気を読むという行為は少々過剰なのです。

空気を読みすぎているせいで、発言するタイミングを逃しているのです。

発言を考えすぎる

発言を考えすぎる傾向があります。

コミュニケーションをとる場合、あまり深い内容の話をしなくてもよいのですが、コミュニケーションが苦手な人は常に意味のある会話をしようとしてしまいます。

なので、会話がかみ合わあなかったりしてしまい、会話が通じない相手であると思われてしまう時があります。

相手の話題に興味が持てない、興味を持つ不利が出来ない

コミュニケーションが苦手な人の特徴としては、相手の話に興味が持てない、または興味を持つふりが出来ないといったことがあります。

会話でコミュニケーションをとるときは内容ではなく、会話そのものを楽しむのが普通です。

しかし、コミュニケーションが苦手な人は、興味のない話や意味のない話は煩わしく感じてしまい、そっけない反応を返してきます。

どんな会話にも意義を見出せないと興味を持ってくれないので、会話が弾まないことが多いです。

 
話しかけること、話しかけられるのが苦手

コミュニケーションが苦手な人は、話しかけたり、話しかけられることが苦手です。

基本的に物事を自分の中で考えてから行動することが多いので、知り合いを見つけても話しかけるか迷ってしまい、その間にタイミングを逃してしまいます。

反対に話しかけられると、過度に気を張り詰めてしまい、エネルギーを大量に使ってしまいます。

基本受け身である

基本受け身な傾向があります。

外出も誘われなければほとんどしませんし、会話も自分からはあまり入ってきません。

しかし、人が嫌いなわけではないのです。

基本的に口下手であったり、慎重な性格なため、きっかけがあったり、引っ張ってくれる人間がいると意外と行動的になる人が多いです。

電話がかかってくるのが怖い

電話がかかってくるとコミュニケーションが苦手な人は恐怖を感じます。

通常の会話でさえ、空気を深く読んで対応しているのに、電話の場合、相手の声色だけで対応しなければいけないからです。

相手の言い分を聞いている時は良いですが、反応するのには著しく神経を消費します。

コミュニケーションが苦手な人は神経質なのです。

家に帰って反省会

コミュニケーションが苦手な人は、会話をしてからしばらく時間がたつと、会話の内容を思い出し、自分の中で反省会を開きます。

根は真面目なので、あの時の発言は良くなかったと後悔し、次の会話に生かそうと考えます。

しかし、いざ会話になると、空気を読むことであったり、発言を考えることに意識を集中させてしまうため…生かされることは少ない傾向にあります。

初対面は意外と話せる

初対面の人との会話というのは、通常であれば、少し会話しづらいと思います。

しかし、コミュニケーションが苦手な人は意外とうまく話してしまいます。

なぜかというと、基本的にその場限りの関係だと思っているからです。

深く考えて良い発言をしようという意識薄れており、意外とスムーズにコミュニケ—ションを取ります。

なので、初めはお喋りだったのに、交流を重ねるにつれて、口数が少なくなる傾向があります。

一人でいることが苦ではない

コミュニケーションが苦手な人は一人で過ごすことが全く苦になりません。

基本的に自分の中で考えを巡らせて過ごすことが多いので、気付いたら時間がかなり経過していた、という場合がかなりあります。

基本的に人とコミュニケーションをとる場合、エネルギーを使うので、一人が楽と感じる傾向にあります。

沈黙に耐えられない

コミュニケーションが苦手な人は沈黙に耐えられません。

沈黙している場であると、場を盛り上げようと話し始めますが、会話が盛り上がると話すのをやめてしまいます。

基本的に空気を読むこと、発言を考えることに集中したいので、場を盛り上げたら、意識をそっちに集中してしまいます。

人を頼れない

コミュニケーションが苦手な人は基本的に人に頼みごとをするのが苦手です。

元々の考えすぎる性格が影響しています。

自分なんかが頼みごとをしてもよいのか、相手に迷惑がかかるのではないか、断られたらどうしようということを考えています。

そのせいで、辛いことを人に相談せず、一人で抱え込む傾向があり、周りが気付かないうちに心が疲弊している場合があります。

言葉以外でコミュニケーションをとる

コミュニケーションが苦手な人は言葉以外でコミュニケーションを取ろうとします。

基本的に口下手な人が多いので、自分の思いを言葉にするのが苦手なので行動で示そうとします。

なので、知り合ったばかりの時としばらく親交を深めた後の印象が大きく変わることが多いです。

自信がない

口下手でコミュニケーションが苦手な裏には自分に自信がないという現れです。

基本的に根が真面目なので、約束できないような発言はしないように注意しています。

それが口数が少ないことにつながってしまうため、その人の良さがわかられないことが多いです。

最初に持たれた印象で損をしているタイプです。

コミュニケーションが苦手な人というのは、繊細で根が真面目だけど口下手という、出会ったばかりでは良い部分をすぐには伝えることが出来ない人です。

しかし、基本的には相手のことを考えているので心優しい人が多いです。

この記事を読んで、少しでもコミュニケーションが苦手な人のことを理解して頂いたら幸いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-