【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519101614.html
結婚願望が強い人の特徴

結婚願望が強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
結婚願望が強い人の特徴

結婚願望が強い人に共通する特徴とはどんなものがあるでしょうか?

お話していきます。

  • 趣味が少ない、趣味がない
  • 友人が少ない
  • 仕事が充実していない
  • 相手の収入で優雅な暮らしをしたい
  • 幼い頃の家庭環境
  • 子供が欲しいから
  • 幸せな家庭の憧れ
  • 周りの人の影響
  • 周りからの目が気になる
  • 早く結婚しないと売れ残る
  • 相手を逃したくない
  • ずっと一人が嫌だから
  • 結婚がゴールだと思っている
  • まとめ

1. 趣味が少ない、趣味がない

趣味が少ない、趣味がない

趣味がある人は、独身の方が趣味を思いっきり楽しめると考えていたり、若いうちに色々なことに挑戦したいと思っているので、そこまで結婚にとらわれていません。

もちろん結婚してからも趣味に打ち込むことは出来ますが、結婚願望が強い人は打ち込める趣味が少なかったり、趣味が全くないの毎日がつまらないと感じています。

結婚することで楽しみが出来ると勘違いしていることが多いです。

結婚してからも打ち込める趣味あった方がうまくいくでしょう。

2. 友人が少ない

友人が少ない

結婚したり、子供が出来たらどうしても友人となかなか会えなくなってしまうことが多いです。

でも結婚願望が強い人は友人が少なかったり心を許している友人がいないので、結婚をして友人のような相手が欲しいと考えています。

また友人と遊ぶ機会がないので、こちらもも毎日が充実していないので、結婚に走ってしまいがちと言えます。

もちろん多くの友人を作る必要はありませんが、一緒に出掛けたり何でも話せる友人がいることは人生において大事なことでしょう。

3. 仕事が充実していない

仕事が充実していない

もちろん自分が本当にやりたい仕事を見つけることはとても難しいですし、やりがいを感じることもなかなか難しいです。

ただもし自分に合っていなかったら他の自分に合う仕事を見つけることが出来ます。

ただそれもしないで、仕事をなんとなくこなしていたり、仕事が充実してない、やりがいを感じられていない人は結婚願望が強くなってしまいます。

とくに女性の場合は結婚して仕事を辞めたい、仕事をしたくないからという理由の人も多いでしょう。

4. 相手の収入で優雅な暮らしをしたい

相手の収入で優雅な暮らしをしたい

これも女性側が多いかもしれませんが、自分の収入で裕福になろうと努力しない、または飽きらめて収入が高い相手と結婚して相手の収入で優雅な暮らしをしたいと考えています。

なのでお付き合いする相手にも収入で選んだり、自分のことを好きになってくれても収入が低かったらお断りしたりしてしまうので、婚期が遅れたりしてしまいます。

5. 幼い頃の家庭環境

幼い頃の家庭環境

幼い頃に父親と母親がそろっていなかった、仲が悪かった、何か問題のある家庭環境で育ってきた場合、自分は幸せな家庭を作りたいという願望が強くなったり、早く幸せな家庭を持ちたいと思っている場合があります。

幼い頃の傷が癒えていればよいですが、理想が高くなってしまったり同じことを繰り返してしまったりするのを防がないといけないでしょう。

6. 子供が欲しいから

子供が欲しいから

結婚願望が強い人の中には、子供が欲しいから結婚願望が強くなっているのでしょう。

子供を生むためには、必ず相手が必要なことです。

育てていくのは一人で出来ますし、今は結婚せずに一人で育てていく人も多いですが、やはり結婚して子供を産むのが一般的な考え方なので、子供が欲しいから結婚願望が強くなっているのでしょう。

母性本能や父性本能が強い人が子供が欲しいと感じやすいでしょう。

7. 幸せな家庭の憧れ

幸せな家庭の憧れ

結婚願望が強い人は幸せな家庭への憧れが強いでしょう。

自分自身がとても仲がよい家庭に育ったり、父親と母親が仲が良かったり幸せな家庭に育っていた場合自分もそんな家庭を築きたいという思いが大きくなっています。

8. 周りの人の影響

周りの人の影響

自分の周りの人が結婚して幸せになっている話を聞いたり、幸せそうな2人を見ていると羨ましくなって自分も結婚したいという気持ちが強くなるでしょう。

実際に結婚して幸せになっているのを身近に感じていると、結婚に対して良いイメージを持つことができるので、結婚願望が強くなるでしょう。

逆に周りの人が結婚して苦労していたり、愚痴ばかり言っていると結婚したいという気持ちがうすくなったりもします。

9. 周りからの目が気になる

周りからの目が気になる

これもどちらかというと女性が多いかもしれません。

男性よりも女性の方がだれだれが結婚したとか、結婚する前に別れたなどの話が大好きです。

周りの女性がどんどん結婚していくなかで、自分だけ結婚していないのは周りから何か噂されたりしないか不安になって、早く結婚したいという気持ちが強くなっていきます。

また周りからまだ結婚しないの?と聞かれることが多くなってくると焦って結婚してしまうこともあるでしょう。

10. 早く結婚しないと売れ残る

早く結婚しないと売れ残る

良い男性、良い女性はすぐ相手を見つけて結婚するというイメージがあって、結婚できなくて売れ残るのが嫌なので結婚願望も強くなっていくでしょう。

どれだけ年齢が上になっても結婚する人はたくさんいるのに、年齢が上がったら結婚できなくなるというイメージを持っています。

年齢のことを考えて結婚願望が強くなってしまってます。

11. 相手を逃したくない

相手を逃したくない

お付き合いをしている相手がいる場合、その人を逃したら次にこんなに良い人が現れないかもしれない、この人と絶対に結婚したいという気持ちが強い場合、結構願望が強くなるでしょう。

結婚してしまったら、離婚するのはなかなか大変なことですし、ずっと一緒にいることが出来ます。

お付き合いをしている相手がいて結婚願望が強い人はこういう考え方をしているでしょう。

12. ずっと一人が嫌だから

ずっと一人が嫌だから

もし結婚をしないまま、生涯を過ごしていると両親も自分より先に亡くなってしまって、頼る人がいなくなり、一人ぼっちで生きていかないといけない、また孤独死することに恐怖を感じているので、結婚願望が強くなっていきます。

人間孤独は辛いものです。

結婚してそばにいてくれる人を欲しいと思っています。

13. 結婚がゴールだと思っている

結婚がゴールだと思っている

結婚出来たらそれがゴールだと思っている、イメージがあるので、とりあえず結婚出来たら良いと思っています。

もちろん結婚がゴールではなく結婚してからも大変なこと、辛いことが待っています。

ただ結婚が人生のゴールだと思っているので、とりあえず結婚したいという気持ちが強いのでしょう。

まとめ

いかかでしたか?

結婚願望が強い人は結婚に良いイメージだけを持っていたり、周りの目を気にしたり、仕事をしたくないと思っている人が多いでしょう。

もちろん結婚は幸せな毎日が待っていますが、それだけではないことを頭の片隅にも置いてほしいものです。

結婚願望が強い人に共通する特徴とはどんなものがあるでしょうか?

お話していきます。


趣味が少ない、趣味がない

趣味がある人は、独身の方が趣味を思いっきり楽しめると考えていたり、若いうちに色々なことに挑戦したいと思っているので、そこまで結婚にとらわれていません。

もちろん結婚してからも趣味に打ち込むことは出来ますが、結婚願望が強い人は打ち込める趣味が少なかったり、趣味が全くないの毎日がつまらないと感じています。

結婚することで楽しみが出来ると勘違いしていることが多いです。

結婚してからも打ち込める趣味あった方がうまくいくでしょう。

友人が少ない

結婚したり、子供が出来たらどうしても友人となかなか会えなくなってしまうことが多いです。

でも結婚願望が強い人は友人が少なかったり心を許している友人がいないので、結婚をして友人のような相手が欲しいと考えています。

また友人と遊ぶ機会がないので、こちらもも毎日が充実していないので、結婚に走ってしまいがちと言えます。

もちろん多くの友人を作る必要はありませんが、一緒に出掛けたり何でも話せる友人がいることは人生において大事なことでしょう。

仕事が充実していない

もちろん自分が本当にやりたい仕事を見つけることはとても難しいですし、やりがいを感じることもなかなか難しいです。

ただもし自分に合っていなかったら他の自分に合う仕事を見つけることが出来ます。

ただそれもしないで、仕事をなんとなくこなしていたり、仕事が充実してない、やりがいを感じられていない人は結婚願望が強くなってしまいます。

とくに女性の場合は結婚して仕事を辞めたい、仕事をしたくないからという理由の人も多いでしょう。

相手の収入で優雅な暮らしをしたい

これも女性側が多いかもしれませんが、自分の収入で裕福になろうと努力しない、または飽きらめて収入が高い相手と結婚して相手の収入で優雅な暮らしをしたいと考えています。

なのでお付き合いする相手にも収入で選んだり、自分のことを好きになってくれても収入が低かったらお断りしたりしてしまうので、婚期が遅れたりしてしまいます。

幼い頃の家庭環境

幼い頃に父親と母親がそろっていなかった、仲が悪かった、何か問題のある家庭環境で育ってきた場合、自分は幸せな家庭を作りたいという願望が強くなったり、早く幸せな家庭を持ちたいと思っている場合があります。

幼い頃の傷が癒えていればよいですが、理想が高くなってしまったり同じことを繰り返してしまったりするのを防がないといけないでしょう。

子供が欲しいから

結婚願望が強い人の中には、子供が欲しいから結婚願望が強くなっているのでしょう。

子供を生むためには、必ず相手が必要なことです。

育てていくのは一人で出来ますし、今は結婚せずに一人で育てていく人も多いですが、やはり結婚して子供を産むのが一般的な考え方なので、子供が欲しいから結婚願望が強くなっているのでしょう。

母性本能や父性本能が強い人が子供が欲しいと感じやすいでしょう。

幸せな家庭の憧れ

結婚願望が強い人は幸せな家庭への憧れが強いでしょう。

自分自身がとても仲がよい家庭に育ったり、父親と母親が仲が良かったり幸せな家庭に育っていた場合自分もそんな家庭を築きたいという思いが大きくなっています。

周りの人の影響

自分の周りの人が結婚して幸せになっている話を聞いたり、幸せそうな2人を見ていると羨ましくなって自分も結婚したいという気持ちが強くなるでしょう。

実際に結婚して幸せになっているのを身近に感じていると、結婚に対して良いイメージを持つことができるので、結婚願望が強くなるでしょう。

逆に周りの人が結婚して苦労していたり、愚痴ばかり言っていると結婚したいという気持ちがうすくなったりもします。

周りからの目が気になる

これもどちらかというと女性が多いかもしれません。

男性よりも女性の方がだれだれが結婚したとか、結婚する前に別れたなどの話が大好きです。

周りの女性がどんどん結婚していくなかで、自分だけ結婚していないのは周りから何か噂されたりしないか不安になって、早く結婚したいという気持ちが強くなっていきます。

また周りからまだ結婚しないの?と聞かれることが多くなってくると焦って結婚してしまうこともあるでしょう。

早く結婚しないと売れ残る

良い男性、良い女性はすぐ相手を見つけて結婚するというイメージがあって、結婚できなくて売れ残るのが嫌なので結婚願望も強くなっていくでしょう。

どれだけ年齢が上になっても結婚する人はたくさんいるのに、年齢が上がったら結婚できなくなるというイメージを持っています。

年齢のことを考えて結婚願望が強くなってしまってます。

相手を逃したくない

お付き合いをしている相手がいる場合、その人を逃したら次にこんなに良い人が現れないかもしれない、この人と絶対に結婚したいという気持ちが強い場合、結構願望が強くなるでしょう。

結婚してしまったら、離婚するのはなかなか大変なことですし、ずっと一緒にいることが出来ます。

お付き合いをしている相手がいて結婚願望が強い人はこういう考え方をしているでしょう。

ずっと一人が嫌だから

もし結婚をしないまま、生涯を過ごしていると両親も自分より先に亡くなってしまって、頼る人がいなくなり、一人ぼっちで生きていかないといけない、また孤独死することに恐怖を感じているので、結婚願望が強くなっていきます。

人間孤独は辛いものです。

結婚してそばにいてくれる人を欲しいと思っています。

結婚がゴールだと思っている

結婚出来たらそれがゴールだと思っている、イメージがあるので、とりあえず結婚出来たら良いと思っています。

もちろん結婚がゴールではなく結婚してからも大変なこと、辛いことが待っています。

ただ結婚が人生のゴールだと思っているので、とりあえず結婚したいという気持ちが強いのでしょう。

いかかでしたか?

結婚願望が強い人は結婚に良いイメージだけを持っていたり、周りの目を気にしたり、仕事をしたくないと思っている人が多いでしょう。

もちろん結婚は幸せな毎日が待っていますが、それだけではないことを頭の片隅にも置いてほしいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-