【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092815.html
話しかけたくなる人の特徴

話しかけたくなる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
話しかけたくなる人の特徴

話しかけたくなる人とそうでない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、話しかけたくなる人の11の特徴をまとめました。

  • 見た目が穏やかそう
  • いつもにこやか
  • 表情が豊か
  • どこか隙がある
  • 威圧感がない
  • 派手過ぎない普通の格好をしている
  • 立ち振る舞いに品がある
  • あまり急いでなさそう
  • きちんと挨拶してくれる
  • フレンドリーな雰囲気がある
  • どことなく自分の知っている人に似ている
  • まとめ

1. 見た目が穏やかそう

見た目が穏やかそう

眉や目がつり上がっていたり、目つきが鋭かったり、口角が下がっていて怒っているような顔立ちの人より、優しそうな顔立ちの人の方が親しみやすい雰囲気があります。

キリっとしたキツネ顔に比べて丸顔でたれ目のタヌキ顔の人は穏やかそうに見えるので、よく話しかけられます。

性格と顔立ちは必ずしもイコールではありませんが、初対面の場合は見た目以外に情報がないので、顔立ちや雰囲気で判断されることが多くなるのです。

2. いつもにこやか

いつもにこやか

恵比寿様のようにいつもニコニコ笑顔の人はとても話しかけやすいタイプと言えます。

絶えず微笑みを浮かべている人は無表情の人より優しそうに見え、自分のことを受け入れてくれそうに感じるから、人は安心感を抱くのです。

一見怖そうな人でも、話しかけたら笑顔になる人も良い意味でギャップを感じさせるので好印象です。

3. 表情が豊か

表情が豊か

どんな話に対してもちゃんとリアクションをしたり、おかしいときはゲラゲラ声を上げて笑ったりと、表情が豊かな人も話しかけやすいタイプです。

周囲の人を楽しい気持ちにさせてくれるし裏表もなさそうだから、安心感があります。

逆に表情が乏しい人は何を考えているのかわからないので、周囲の人は不安に感じてしまい敬遠されてしまいます。

4. どこか隙がある

どこか隙がある

完璧な美人(イケメン)だったり一ミリの乱れも許さないほど真面目だったり、いつも服装がビシッとしていたりするタイプはこちらが気後れしてしまうので話しかけにくいですが、反対に話しかけたくなる人はどこか隙があります。

例えば、美人だけどオタクだったり、強面だけど可愛い物が好きだったり、優等生だけど日常生活では少し抜けたところがあったりと、何だか憎めないところがあります。

また、いつも集団でいる人よりも単独行動している人の方が隙が生まれるので話しかけやすいです。

5. 威圧感がない

威圧感がない

筋骨隆々で強そうな人やスラッと背が高い人よりも、ぽっちゃり体型で丸っこかったり小柄だったりする人の方がマイルドなイメージがあるせいか話しかけられやすいのです。

また、男性よりも女性の方が威圧感が少ない分、気軽に声を掛けやすいと言えます。

6. 派手過ぎない普通の格好をしている

派手過ぎない普通の格好をしている

個性的なファッションを纏っている人や髪色が派手な人、目立つタトゥーをしている人は一癖ありそうに見えるので、あまり派手でないごく普通の服装をしている人の方が話しかけられやすいのです。

爽やかで清潔感があり、ある程度流行を取り入れている格好の人は見る者に安心感を与えます。

ファッション雑誌に載っているようなセンスの高いコーディネートやモデルの格好に憧れる人も多いですが、そのまま取り入れるのは難しい場合もあるので、参考程度に留めておくのが無難です。

お洒落にこだわり過ぎるよりも、シンプルな格好の方が話しかけられやすくなります。

7. 立ち振る舞いに品がある

立ち振る舞いに品がある

背筋がピンと伸びていて姿勢が良く、立ち振る舞いが上品な人は話しかけられやすいタイプと言えます。

品がある人は何となく育ちが良さそうで穏やかに見えるので、周囲の人も安心して話しかけることができるのです。

また、言葉遣いも丁寧だから一緒にいる人も気分良くお喋りできます。

8. あまり急いでなさそう

あまり急いでなさそう

せかせか忙しそうな人や速足で歩いている人は声をかけても無視されてしまいそうなイメージがあり、話しかけにくいですよね。

反対に、歩き方もゆっくりで急いでなさそうな人は話しかけやすいと言えます。

また、イヤホンで音楽を聴いていたり本を読んでいたりする人は外界をシャットアウトしているように見えるので話しかけにくいです。

逆に、特に何もしていない暇そうな人は声をかけやすいですね。

9. きちんと挨拶してくれる

きちんと挨拶してくれる

顔を合わせる度にきちんと挨拶をする人は、それだけで親しみが湧きます。

機械的ではなくこちらの目を見て笑顔で挨拶してくれるので、挨拶された方も気分が良くなります。

「あの人は感じがいいな。

もっと話してみたいな」
と周囲に思われるから、いつの間にか声を掛けられることが多くなり人気者になれるのです。

10. フレンドリーな雰囲気がある

フレンドリーな雰囲気がある

気さくでフレンドリーなオーラを放っている人には話しかけたくなるものです。

誰に対してもあまりかしこまらず、普段から冗談を飛ばしているようなタイプは皆の人気者になっているケースが多いです。

職場でもそんな人が一人いるだけでその場の雰囲気ががらっと変わります。

11. どことなく自分の知っている人に似ている

どことなく自分の知っている人に似ている

人は既視感のあるものに親近感を覚えます。

だから、自分の知り合いや芸能人に似ている人に対しては初対面でも「初めて会った気がしない」と感じるため、話しかけやすくなるのです。

特に自分の好きな人にそっくりだと、その人に似ているというだけで何となく好意を持ってしまいます。

まとめ

このように、人がつい話しかけたくなるタイプの人には共通の特徴があるのです。

もっと人に気軽に話しかけてもらいたいと思っている方は、ぜひご紹介した特徴を参考にしてみてはいかがでしょうか。

話しかけたくなる人とそうでない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、話しかけたくなる人の11の特徴をまとめました。


見た目が穏やかそう

眉や目がつり上がっていたり、目つきが鋭かったり、口角が下がっていて怒っているような顔立ちの人より、優しそうな顔立ちの人の方が親しみやすい雰囲気があります。

キリっとしたキツネ顔に比べて丸顔でたれ目のタヌキ顔の人は穏やかそうに見えるので、よく話しかけられます。

性格と顔立ちは必ずしもイコールではありませんが、初対面の場合は見た目以外に情報がないので、顔立ちや雰囲気で判断されることが多くなるのです。

いつもにこやか

恵比寿様のようにいつもニコニコ笑顔の人はとても話しかけやすいタイプと言えます。

絶えず微笑みを浮かべている人は無表情の人より優しそうに見え、自分のことを受け入れてくれそうに感じるから、人は安心感を抱くのです。

一見怖そうな人でも、話しかけたら笑顔になる人も良い意味でギャップを感じさせるので好印象です。

表情が豊か

どんな話に対してもちゃんとリアクションをしたり、おかしいときはゲラゲラ声を上げて笑ったりと、表情が豊かな人も話しかけやすいタイプです。

周囲の人を楽しい気持ちにさせてくれるし裏表もなさそうだから、安心感があります。

逆に表情が乏しい人は何を考えているのかわからないので、周囲の人は不安に感じてしまい敬遠されてしまいます。

どこか隙がある

完璧な美人(イケメン)だったり一ミリの乱れも許さないほど真面目だったり、いつも服装がビシッとしていたりするタイプはこちらが気後れしてしまうので話しかけにくいですが、反対に話しかけたくなる人はどこか隙があります。

例えば、美人だけどオタクだったり、強面だけど可愛い物が好きだったり、優等生だけど日常生活では少し抜けたところがあったりと、何だか憎めないところがあります。

また、いつも集団でいる人よりも単独行動している人の方が隙が生まれるので話しかけやすいです。

威圧感がない

筋骨隆々で強そうな人やスラッと背が高い人よりも、ぽっちゃり体型で丸っこかったり小柄だったりする人の方がマイルドなイメージがあるせいか話しかけられやすいのです。

また、男性よりも女性の方が威圧感が少ない分、気軽に声を掛けやすいと言えます。

派手過ぎない普通の格好をしている

個性的なファッションを纏っている人や髪色が派手な人、目立つタトゥーをしている人は一癖ありそうに見えるので、あまり派手でないごく普通の服装をしている人の方が話しかけられやすいのです。

爽やかで清潔感があり、ある程度流行を取り入れている格好の人は見る者に安心感を与えます。

ファッション雑誌に載っているようなセンスの高いコーディネートやモデルの格好に憧れる人も多いですが、そのまま取り入れるのは難しい場合もあるので、参考程度に留めておくのが無難です。

お洒落にこだわり過ぎるよりも、シンプルな格好の方が話しかけられやすくなります。

立ち振る舞いに品がある

背筋がピンと伸びていて姿勢が良く、立ち振る舞いが上品な人は話しかけられやすいタイプと言えます。

品がある人は何となく育ちが良さそうで穏やかに見えるので、周囲の人も安心して話しかけることができるのです。

また、言葉遣いも丁寧だから一緒にいる人も気分良くお喋りできます。

あまり急いでなさそう

せかせか忙しそうな人や速足で歩いている人は声をかけても無視されてしまいそうなイメージがあり、話しかけにくいですよね。

反対に、歩き方もゆっくりで急いでなさそうな人は話しかけやすいと言えます。

また、イヤホンで音楽を聴いていたり本を読んでいたりする人は外界をシャットアウトしているように見えるので話しかけにくいです。

逆に、特に何もしていない暇そうな人は声をかけやすいですね。

きちんと挨拶してくれる

顔を合わせる度にきちんと挨拶をする人は、それだけで親しみが湧きます。

機械的ではなくこちらの目を見て笑顔で挨拶してくれるので、挨拶された方も気分が良くなります。

「あの人は感じがいいな。

もっと話してみたいな」
と周囲に思われるから、いつの間にか声を掛けられることが多くなり人気者になれるのです。

フレンドリーな雰囲気がある

気さくでフレンドリーなオーラを放っている人には話しかけたくなるものです。

誰に対してもあまりかしこまらず、普段から冗談を飛ばしているようなタイプは皆の人気者になっているケースが多いです。

職場でもそんな人が一人いるだけでその場の雰囲気ががらっと変わります。

どことなく自分の知っている人に似ている

人は既視感のあるものに親近感を覚えます。

だから、自分の知り合いや芸能人に似ている人に対しては初対面でも「初めて会った気がしない」と感じるため、話しかけやすくなるのです。

特に自分の好きな人にそっくりだと、その人に似ているというだけで何となく好意を持ってしまいます。

このように、人がつい話しかけたくなるタイプの人には共通の特徴があるのです。

もっと人に気軽に話しかけてもらいたいと思っている方は、ぜひご紹介した特徴を参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-