【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092800.html
口臭が気になってキスできない時の対策9選

口臭が気になってキスできない時の対策9選 | LADYCO

LADYCO
口臭が気になってキスできない時の対策9選

恋人同士愛し合っていても口臭が気になってキスを躊躇ってしまう時があります。

どんな対策をすればいいでしょうか。

  • トイレに行って歯を磨く
  • 二人で食後に歯を磨く時間を作る
  • 最初から臭いの強い食事を摂らないようにする
  • 食後に臭いを消すためのガムなどを持ち歩く
  • 歯周病、歯肉炎も予防しておく
  • どうしても無理ならほっぺのキスやハグで我慢
  • キスの瞬間だけ口呼吸をする
  • 唇が触れ合うだけのフレンチキスにする
  • デートの際はコーヒーやたばこを控える
  • まとめ

1. トイレに行って歯を磨く

トイレに行って歯を磨く

外出先で食後の自分の口臭が気になるのであればトイレに行って歯を磨けばOKです。

口臭を気にしているということもばれずに臭いを消すことができるため、とてもスマートな対策方法ですね。

携帯用の歯磨きセットを持ち歩くようにしましょう。

歯磨きセットがない時は口をゆすぐだけでも何もしないよりはマシです。

家デートの際も同じように歯を磨くようにします。

2. 二人で食後に歯を磨く時間を作る

二人で食後に歯を磨く時間を作る

自分の口臭だけではなく相手の口臭も気になってしまうのであれば、二人で食後に歯を磨く時間を作るようにしてください。

「キスしにくいから歯を磨いてきて」なんてなかなか言い出せないはずです。

しかし、当然のエチケットとして歯磨きを習慣としてしまえばそれがキスのための準備という意識もなくなります。

面倒がる相手ならゆすぐタイプの洗浄剤を用意すると手軽です。

3. 最初から臭いの強い食事を摂らないようにする

最初から臭いの強い食事を摂らないようにする

口臭を消すのではなく最初から臭いの強い食事を摂らないようにすることも大切です。

にんにく、納豆、肉、魚などは控えるようにしたり、調理方法や使用している量にも気をつけてデートの際のメニューを選びましょう。

歯に挟まりやすい食材も口の中に臭いが残る原因となります。

メニュー選びの際は食べたいものよりもそんなところに気をつけるのが相手への配慮です。

相手にもそんなメニューをおすすめしてみましょうね。

4. 食後に臭いを消すためのガムなどを持ち歩く

食後に臭いを消すためのガムなどを持ち歩く

食後に口臭を消すためのガムなどがあれば安心ですから持ち歩くようにしてください。

噛むタイプのケア商品ならガムのように吐き捨てる必要もなくて手軽です。

相手にもさっと渡せると口臭ケアだけではなく気の利く人と思ってもらえます。

口臭が気になるままデートを続けてもキスどころか思いっきり笑うことや近づくことも躊躇してしまいます。

楽しいデートにするには持ち物も意識しなければいけません。

5. 歯周病、歯肉炎も予防しておく

歯周病、歯肉炎も予防しておく

口臭は食べ物だけが原因ではなく、歯周病や歯肉炎からくることもあります。

日頃から歯茎の状態もチェックしておくようにしたいですね。

歯茎が腫れていたりすぐ血が出るような不健康な状態であれば、口臭を感じる前から相手もキスをする気が起きません。

歯を綺麗に磨く習慣と歯茎マッサージを心がけましょう。

6. どうしても無理ならほっぺのキスやハグで我慢

どうしても無理ならほっぺのキスやハグで我慢

まだ付き合いたてのカップルや相手のペースで進むデートの場合はなかなか歯磨きや臭いを消すアイテムを口に入れるのもタイミングがつかめないこともあるかもしれません。

どうしても無理なようならほっぺのキスやハグで我慢するという手段もあります。

相手に唇にキスをされそうになったら恥ずかしがってハグしてみたり、ほっぺにキスを仕返してごまかします。

でもこればかりやっていると拒んでいると思われるのでたまににしましょう。

7. キスの瞬間だけ口呼吸をする

キスの瞬間だけ口呼吸をする

口臭は鼻呼吸をしなければ気にならない程度の時も多いですから、顔を近づける時だけ口呼吸をすると相手の臭いはとりあえず気にならなくなります。

しかし、口呼吸をするせいで相手に自分の口臭がバレてしまう恐れもあります。

自分の臭いが気になるなら逆に鼻呼吸を意識して臭いが広がらないようにしましょう。

8. 唇が触れ合うだけのフレンチキスにする

唇が触れ合うだけのフレンチキスにする

口臭が気になるまま我慢してキスをしてもちっとも幸せな気分にはなれません。

そんな時は口をちゃんと閉じて口先だけを触れ合う軽いキスがいいですね。

とりあえずフレンチキスでその場を乗り切り、後から隙を見計らって口をゆすぐなり口臭ケアアイテムを噛むようにします。

キスの雰囲気は大切にしながら臭いに気づかれないためにはなるべく口を閉じることです。

9. デートの際はコーヒーやたばこを控える

デートの際はコーヒーやたばこを控える

口臭がきつくなるのは食べ物や歯の状態が悪いだけではなく、コーヒーやたばこなども当てはまります。

デートの際は飲み物にも配慮し、少しでも爽やかな香りが口に残るようにフルーティなジュースを飲んだり、食事を合間に水を飲む習慣をつけるといいですね。

たばこも臭いが強く残るので控えるようにします。

吸うなら歯磨きのタイミングを考えてその前に吸うようにしましょう。

まとめ

口臭が気になるのは自分だけではなく相手だって同じです。

しかし全く気にしない相手もいるでしょう。

お互いに気遣えるようになるのが理想的ですから、メニューを選んだり歯磨きをする際に相手も一緒に気にしてくれるように自分から促してみてください。

口臭への意識を高めることで相手の前で歯磨きをすることも恥ずかしくなくなります。

もし「臭いが…」と言いにくいならまずは歯の白さや歯医者に行く手間などの話題から始めてみると自然と口臭の話に持っていきやすいでしょう。

そして何よりもまずは自分がしっかりケアをするようにしましょうね。

恋人同士愛し合っていても口臭が気になってキスを躊躇ってしまう時があります。

どんな対策をすればいいでしょうか。


トイレに行って歯を磨く

外出先で食後の自分の口臭が気になるのであればトイレに行って歯を磨けばOKです。

口臭を気にしているということもばれずに臭いを消すことができるため、とてもスマートな対策方法ですね。

携帯用の歯磨きセットを持ち歩くようにしましょう。

歯磨きセットがない時は口をゆすぐだけでも何もしないよりはマシです。

家デートの際も同じように歯を磨くようにします。

二人で食後に歯を磨く時間を作る

自分の口臭だけではなく相手の口臭も気になってしまうのであれば、二人で食後に歯を磨く時間を作るようにしてください。

「キスしにくいから歯を磨いてきて」なんてなかなか言い出せないはずです。

しかし、当然のエチケットとして歯磨きを習慣としてしまえばそれがキスのための準備という意識もなくなります。

面倒がる相手ならゆすぐタイプの洗浄剤を用意すると手軽です。

最初から臭いの強い食事を摂らないようにする

口臭を消すのではなく最初から臭いの強い食事を摂らないようにすることも大切です。

にんにく、納豆、肉、魚などは控えるようにしたり、調理方法や使用している量にも気をつけてデートの際のメニューを選びましょう。

歯に挟まりやすい食材も口の中に臭いが残る原因となります。

メニュー選びの際は食べたいものよりもそんなところに気をつけるのが相手への配慮です。

相手にもそんなメニューをおすすめしてみましょうね。

食後に臭いを消すためのガムなどを持ち歩く

食後に口臭を消すためのガムなどがあれば安心ですから持ち歩くようにしてください。

噛むタイプのケア商品ならガムのように吐き捨てる必要もなくて手軽です。

相手にもさっと渡せると口臭ケアだけではなく気の利く人と思ってもらえます。

口臭が気になるままデートを続けてもキスどころか思いっきり笑うことや近づくことも躊躇してしまいます。

楽しいデートにするには持ち物も意識しなければいけません。

歯周病、歯肉炎も予防しておく

口臭は食べ物だけが原因ではなく、歯周病や歯肉炎からくることもあります。

日頃から歯茎の状態もチェックしておくようにしたいですね。

歯茎が腫れていたりすぐ血が出るような不健康な状態であれば、口臭を感じる前から相手もキスをする気が起きません。

歯を綺麗に磨く習慣と歯茎マッサージを心がけましょう。

どうしても無理ならほっぺのキスやハグで我慢

まだ付き合いたてのカップルや相手のペースで進むデートの場合はなかなか歯磨きや臭いを消すアイテムを口に入れるのもタイミングがつかめないこともあるかもしれません。

どうしても無理なようならほっぺのキスやハグで我慢するという手段もあります。

相手に唇にキスをされそうになったら恥ずかしがってハグしてみたり、ほっぺにキスを仕返してごまかします。

でもこればかりやっていると拒んでいると思われるのでたまににしましょう。

キスの瞬間だけ口呼吸をする

口臭は鼻呼吸をしなければ気にならない程度の時も多いですから、顔を近づける時だけ口呼吸をすると相手の臭いはとりあえず気にならなくなります。

しかし、口呼吸をするせいで相手に自分の口臭がバレてしまう恐れもあります。

自分の臭いが気になるなら逆に鼻呼吸を意識して臭いが広がらないようにしましょう。

唇が触れ合うだけのフレンチキスにする

口臭が気になるまま我慢してキスをしてもちっとも幸せな気分にはなれません。

そんな時は口をちゃんと閉じて口先だけを触れ合う軽いキスがいいですね。

とりあえずフレンチキスでその場を乗り切り、後から隙を見計らって口をゆすぐなり口臭ケアアイテムを噛むようにします。

キスの雰囲気は大切にしながら臭いに気づかれないためにはなるべく口を閉じることです。

デートの際はコーヒーやたばこを控える

口臭がきつくなるのは食べ物や歯の状態が悪いだけではなく、コーヒーやたばこなども当てはまります。

デートの際は飲み物にも配慮し、少しでも爽やかな香りが口に残るようにフルーティなジュースを飲んだり、食事を合間に水を飲む習慣をつけるといいですね。

たばこも臭いが強く残るので控えるようにします。

吸うなら歯磨きのタイミングを考えてその前に吸うようにしましょう。

口臭が気になるのは自分だけではなく相手だって同じです。

しかし全く気にしない相手もいるでしょう。

お互いに気遣えるようになるのが理想的ですから、メニューを選んだり歯磨きをする際に相手も一緒に気にしてくれるように自分から促してみてください。

口臭への意識を高めることで相手の前で歯磨きをすることも恥ずかしくなくなります。

もし「臭いが…」と言いにくいならまずは歯の白さや歯医者に行く手間などの話題から始めてみると自然と口臭の話に持っていきやすいでしょう。

そして何よりもまずは自分がしっかりケアをするようにしましょうね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-