【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092727.html
コミュニケーションが苦手な人の特徴

コミュニケーションが苦手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
コミュニケーションが苦手な人の特徴

コミュニケーション苦手な人に共通する11の特徴をまとめました。

  • 目を合わせない
  • すぐに話を切り上げたがる
  • 話があちこちに飛ぶ
  • 相手が自分に抱く印象を気にしすぎる。
  • メールでやらかす
  • 人が集まるところには行きたくない
  • 小心者
  • すごくプライドが高い
  • 人を信用していない
  • 実はサービス精神が旺盛人も多い
  • 本当は人がすごく好きで交流したい場合も
  • まとめ

「コミュニケーションが苦手な人」と聞くと、どんな人を思い浮かべますか?

「オタク」「3次元(人間)に興味がない」「人と関わりたくない」など、そういったイメージがありませんか?

しかし、上に挙げた「オタク」etc. . . の人たちは、同じ趣味の人同士で集まるとそれはそれは話が盛り上がって、意外とリア充な生活を送っているのですよ。

「コミュニケーションが苦手」と悩む人は、実は人に不快な思いをさせないように常に清潔にしていたり、おしゃれには気を使っていたりするのです。

そんな隠れ「コミュニケーションが苦手」な人にスポットを当ててみましたので、読んでみてください。

1. 目を合わせない

目を合わせない

コミュニケーションが苦手な人というのは、基本的に自分がどう見られているかとても気にしているもの。

目を合わせることで、相手が自分に対してマイナス感情を持っていることを知りたくないのです。

相手が本当にそう思っていなくてもマイナス感情を持たれていると負の感情を持ってしまう、それがこのタイプの特徴です。

つまりは、とてもネガティブなのです。

2. すぐに話を切り上げたがる

すぐに話を切り上げたがる

天気の話やニュースの話ではすぐに話題が尽きてしまうことを恐れています。

そして多くの時間を過ごすことで自分の性格を知られてしまうことを何より恐れています。

なので、唐突に、用事があるので失礼しますというようなことを言って帰ろうとします。

(用事はないのに。

しかも唐突に。

3. 話があちこちに飛ぶ

話があちこちに飛ぶ

コミュニケーションが苦手ということを悟られたくないあまり、頭に思いついた話題を次々に脈絡もなく披露してしまう癖があります。

なので、結局あの人いったい何だったんだろうと思われてしまうのです。

ここから、負の連鎖が始まります。

4. 相手が自分に抱く印象を気にしすぎる。

相手が自分に抱く印象を気にしすぎる。

たいていの大人は、話題が乏しいだとか、暗そうといったことで他人のことを判断しません。

それを、過度に自信がなさすぎるせいで「話題が豊富な人」「明るい人」を演じ、あとからどっと疲れてしまうのです。

そして、自分はコミュ力がないと落ち込んで. . . あとは分かるな。

5. メールでやらかす

メールでやらかす

コミュニケーションが苦手な人は、それをコンプレックスに思っていて、そうではないと他人にアピールしたがる部分があります。

そのため、さきほどうまく話せなかったことをとても気にして、本当の自分はとても楽しい人間だとアピールしたくて、後で「あの時のこれはこうだった」とメールを送りたくなってしまうのです。

それは逆効果なのでやめた方がいいです。

上でも書きましたが、他人はそんなに自分のやらかしてしまったことを気にはしていないものです。

「失敗した」と思っても黙って自分の中で忘れ去ってしまいましょう。

6. 人が集まるところには行きたくない

人が集まるところには行きたくない

一対一で話すのはとても容易なことです。

面と向かっていますからね。

しかし、多人数だと自分の話を聞いてもらえないのを恐れているのです。

話の中心になる人というのは、とってもコミュニケーション能力が高い人です。

そこをうらやんではいけません。

それを理解して、話の中心という役割はその人に任せましょう。

7. 小心者

小心者

コミュニケーションが苦手というのは、裏返すと「自分の発言のせいで、自分がこんな扱いを受けたらどうしよう」と不安になるということです。

コミュニケーション力が高い人は、「自分がこんな扱いを受けたらどうしよう」などと考えずにふるまっていますよね。

そういうことです。

8. すごくプライドが高い

すごくプライドが高い

「自分の発言で、自分がこんな扱いを受けたらどうしよう」と不安になるということは「自分はこんな扱いを受けたくない」ということです。

どんな人も、100%必ず居心地の良いコミュニティーなどそうそうないのに、こういったタイプの人はどこへ行っても自分を一番に扱ってほしくて、そうしてもらえない現実に苦しむのです。

9. 人を信用していない

人を信用していない

たいていのコミュニティーでは、「所属している」「いつも近くにいる」

それだけで仲間としてやっていけるものです。

すでにリーダー格や話の中心になるタイプがいるのに、自分が話の中心でないと所属している意味を感じられず不安に思ってしまうのはナンセンスです。

大丈夫。

無理に発言したりしなくても、ニコニコしてウンウンとあいずちを打っていればうまくいくものです。

10. 実はサービス精神が旺盛人も多い

実はサービス精神が旺盛人も多い

コミュニティーの中で、みんなが同じ意見を言っていると、何か面白いことを言って一石を投じてみたくなっていませんか?

そこはぐっと我慢して、前の人と同じことを繰り返して言ってみましょう。

言いたいことを飲み込むのは、並大抵の努力ではできませんが、頑張って飲み込んで大勢の中の一部になってみませんか。

11. 本当は人がすごく好きで交流したい場合も

本当は人がすごく好きで交流したい場合も

コミュニケーションが苦手というと、いかにも最初に挙げたような「オタク」っぽい人が頭に浮かびますが、実際はそうではありません。

実は、「オタク」のように人と一線置いて自分の趣味に没頭できる人はごく一部で、しかもとても精神力が強い人だったりします。

自信があるから、人に頼らなくても大丈夫なのです。

「コミュニケーションが苦手」と悩んでいるうちは人好きで人と交流したい証拠なのです。

まとめ

どうでしたでしょうか?

思春期に悩まない子がいないように、大人でも大多数の人が「自分はコミュ力がないのかな」と不安に思い過ごしているものです。

上で当てはまるもので、自制して何とかなることなら良くないですか?

ちょっと気にするのをやめるだけでちょっとだけ幸せになれるかもしれませんよ。

コミュニケーション苦手な人に共通する11の特徴をまとめました。


「コミュニケーションが苦手な人」と聞くと、どんな人を思い浮かべますか?

「オタク」「3次元(人間)に興味がない」「人と関わりたくない」など、そういったイメージがありませんか?

しかし、上に挙げた「オタク」etc. . . の人たちは、同じ趣味の人同士で集まるとそれはそれは話が盛り上がって、意外とリア充な生活を送っているのですよ。

「コミュニケーションが苦手」と悩む人は、実は人に不快な思いをさせないように常に清潔にしていたり、おしゃれには気を使っていたりするのです。

そんな隠れ「コミュニケーションが苦手」な人にスポットを当ててみましたので、読んでみてください。

目を合わせない

コミュニケーションが苦手な人というのは、基本的に自分がどう見られているかとても気にしているもの。

目を合わせることで、相手が自分に対してマイナス感情を持っていることを知りたくないのです。

相手が本当にそう思っていなくてもマイナス感情を持たれていると負の感情を持ってしまう、それがこのタイプの特徴です。

つまりは、とてもネガティブなのです。

すぐに話を切り上げたがる

天気の話やニュースの話ではすぐに話題が尽きてしまうことを恐れています。

そして多くの時間を過ごすことで自分の性格を知られてしまうことを何より恐れています。

なので、唐突に、用事があるので失礼しますというようなことを言って帰ろうとします。

(用事はないのに。

しかも唐突に。

話があちこちに飛ぶ

コミュニケーションが苦手ということを悟られたくないあまり、頭に思いついた話題を次々に脈絡もなく披露してしまう癖があります。

なので、結局あの人いったい何だったんだろうと思われてしまうのです。

ここから、負の連鎖が始まります。

相手が自分に抱く印象を気にしすぎる。

たいていの大人は、話題が乏しいだとか、暗そうといったことで他人のことを判断しません。

それを、過度に自信がなさすぎるせいで「話題が豊富な人」「明るい人」を演じ、あとからどっと疲れてしまうのです。

そして、自分はコミュ力がないと落ち込んで. . . あとは分かるな。

メールでやらかす

コミュニケーションが苦手な人は、それをコンプレックスに思っていて、そうではないと他人にアピールしたがる部分があります。

そのため、さきほどうまく話せなかったことをとても気にして、本当の自分はとても楽しい人間だとアピールしたくて、後で「あの時のこれはこうだった」とメールを送りたくなってしまうのです。

それは逆効果なのでやめた方がいいです。

上でも書きましたが、他人はそんなに自分のやらかしてしまったことを気にはしていないものです。

「失敗した」と思っても黙って自分の中で忘れ去ってしまいましょう。

人が集まるところには行きたくない

一対一で話すのはとても容易なことです。

面と向かっていますからね。

しかし、多人数だと自分の話を聞いてもらえないのを恐れているのです。

話の中心になる人というのは、とってもコミュニケーション能力が高い人です。

そこをうらやんではいけません。

それを理解して、話の中心という役割はその人に任せましょう。

小心者

コミュニケーションが苦手というのは、裏返すと「自分の発言のせいで、自分がこんな扱いを受けたらどうしよう」と不安になるということです。

コミュニケーション力が高い人は、「自分がこんな扱いを受けたらどうしよう」などと考えずにふるまっていますよね。

そういうことです。

すごくプライドが高い

「自分の発言で、自分がこんな扱いを受けたらどうしよう」と不安になるということは「自分はこんな扱いを受けたくない」ということです。

どんな人も、100%必ず居心地の良いコミュニティーなどそうそうないのに、こういったタイプの人はどこへ行っても自分を一番に扱ってほしくて、そうしてもらえない現実に苦しむのです。

人を信用していない

たいていのコミュニティーでは、「所属している」「いつも近くにいる」

それだけで仲間としてやっていけるものです。

すでにリーダー格や話の中心になるタイプがいるのに、自分が話の中心でないと所属している意味を感じられず不安に思ってしまうのはナンセンスです。

大丈夫。

無理に発言したりしなくても、ニコニコしてウンウンとあいずちを打っていればうまくいくものです。

実はサービス精神が旺盛人も多い

コミュニティーの中で、みんなが同じ意見を言っていると、何か面白いことを言って一石を投じてみたくなっていませんか?

そこはぐっと我慢して、前の人と同じことを繰り返して言ってみましょう。

言いたいことを飲み込むのは、並大抵の努力ではできませんが、頑張って飲み込んで大勢の中の一部になってみませんか。

本当は人がすごく好きで交流したい場合も

コミュニケーションが苦手というと、いかにも最初に挙げたような「オタク」っぽい人が頭に浮かびますが、実際はそうではありません。

実は、「オタク」のように人と一線置いて自分の趣味に没頭できる人はごく一部で、しかもとても精神力が強い人だったりします。

自信があるから、人に頼らなくても大丈夫なのです。

「コミュニケーションが苦手」と悩んでいるうちは人好きで人と交流したい証拠なのです。

どうでしたでしょうか?

思春期に悩まない子がいないように、大人でも大多数の人が「自分はコミュ力がないのかな」と不安に思い過ごしているものです。

上で当てはまるもので、自制して何とかなることなら良くないですか?

ちょっと気にするのをやめるだけでちょっとだけ幸せになれるかもしれませんよ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-