【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092724.html
お金との上手な付き合い方8選

お金との上手な付き合い方8選 | LADYCO

LADYCO
お金との上手な付き合い方8選

私達の生活は、お金を通して効率的に必要なものを入手できる環境下にありますがお金とうまく付き合っていくのは意外と難しいです。

なかなかお金がたまらなかったり、借金ぐせがなくならなかったりと大変なものです。

私自身もそんなものだったので、一度お金について考えてみました。

  • お金で大事なもの
  • 使うときは使うメリハリが大事
  • お金のため方、収入と支出
  • お金のため方、節約するところとしないところ見極める
  • お金のため方、稼ぐ事を身に着けよう
  • 貯めるのより回すことを意識しよう
  • お金のある人のほうが堂々と見える
  • どんな生き方を望むのか

1. お金で大事なもの

お金で大事なもの

お金を出せば必要なものを手にいれる事ができるのですからお金はとても便利です。

でもお金さえあれば何もいらないというわけではありません。

家族との付き合い方、友人との付き合い方、恋人との付き合い方など、人間全ての生活にお金が関連しているとするば、 お金を上手く使わないと人間関係もダメにしてしまう事がありますから気をつけなければなりません。

愛情があればお金なんてなくてもいいと言われる方もいらっしゃいますが、人間関係をスムースにするなら、生活に必要な適度なお金は持っていたほうがいいです。

そしてそこにほんの少しゆとりがあるだけで、人生がとても楽しめると思います。

2. 使うときは使うメリハリが大事

使うときは使うメリハリが大事

お金が大好きな人がいます。

それは現代に限ったことではなく、お金ができた頃からお金に取り憑かれてしまった人がいたそうです。

そのような人の事を守銭奴といいます。

セコイとか、お金に意地汚い方の呼び名です。

一方、潔く必要な時にバッと大金を使う気持ちのいい方がいます。

私のまわりには、普段は質素なのにお祝いの時に高額のプレゼントをくれた友人もいました。

企業などでは震災時に大金を寄付した会社もありましたよね。

人が困っている時やお祝いの時にそのように気持ちのいいお金の使い方をするのはとても好感がもてて、人も寄ってくるものです。

ただばらまくのはありません。

自を分の為でも人の為に必要な時に使う事が気持ちのいい使い方なのでしょうね。

守銭奴と呼ばれるよりも気持ちのいい奴と思われて、友人に囲まれるほうが自分も気持ちのいいものです。

3. お金のため方、収入と支出

お金のため方、収入と支出

お金がなければ、自分の為に使うこともできなければ、友人にお祝いをあげたり、本当に困っている人に手を差し伸べる事もできません。

ではどうやってお金を貯めればいいのでしょうか。

私も日々の生活費で多くのお金を使うのでなかなかお金がたまりません。

しかし、まわりを見渡してみて私よりも収入が低い人でもお金をたくさん持っている人がいることに気づきました。

お金を貯めるには支出よりも収入を多くすればいいのです。

私はサラリーマンですので月々の収入は決まっています。

とするとお金がたまらないのは支出が多いからなのです。

人は家賃、食費、つきあい費、光熱費、通信費など多くのものにお金を使っています。

これらを全て洗い出し、何にいくら使っているのかを把握することがお金をためる第一歩です。

4. お金のため方、節約するところとしないところ見極める

お金のため方、節約するところとしないところ見極める

自分が何使っているのかを把握した後、生活に必要なものはそのままにします。

家賃はしょうがないですよね。

安いところに引っ越しするのもいい選択ですが、生活パターンの改善をしてからのほうがいいと思います。

食費などは、会社への行き来で無駄にコーヒーを買っていたりします。

食費も外食ばかりであれば、自炊ぐせつけることであっと言う間に改善できます。

通信費に多くかける方もいらっしゃいますが、自分がどのような使い方をしていのか、毎月の通信容量を把握すると大概の方が安いプランに移行できるはずです。

洋服などは必要なものだけに絞るといいです。

私の友人で安いものは買わない方がいます。

高くて気に入ったものは長く着られるから、気持ちよく過ごせて経済的だそうです。

気をつけなければいけないのは、ひもじさを感じるぐらいに無駄を削りすぎることは逆効果です。

多少、自分の趣味や快適さが感じられるゆとりをもたせましょう。

続けられる事が重要なので、ひもじさを感じる生活は続けることができません。

計画を立て、実施し、無理があるようであれば修正する習慣を身につけることが大切です。

5. お金のため方、稼ぐ事を身に着けよう

お金のため方、稼ぐ事を身に着けよう

さて、自分の無駄使いの生活パターンから無駄を削ぎ落とした後に、お金を貯める重要なことがあります。

それは収入を増やすことです。

一つは現在お勤めされている仕事を一生懸命やる事です。

すぐに給料は上がりませんが、一生懸命やればいずれ上がります。

それに社会人として働くことはお金を得るだけでなく、大人としての必要な様々なことを学習できます。

そのことも生きて行く上で重要なことです。

もう一つは、ちょっとしたお小遣い稼ぎをやることです。

休日に副業をやるもよし、ネットでアンケートをやるもよし、投資でコツコツためるもよしです。

投資の場合は、ある程度の余剰金を貯めて、その範囲内で行うのをお勧めします。

そして失敗したとしてもまた貯めてチャレンジするのもいいでしょう。

社会勉強としての株式投資などは、少額であれば2・3回失敗したほうがいいかと思います。

経済活動や世界情勢にも気を配るようになるので本業のほうでも、他業界の方との大人の会話ができるようになります。

そして失敗の中から無理をしない投資方法を身につけてコツコツ稼げるようになると思います。

そういう意味で投資は少額の範囲を決めてチャレンジするのは将来的に役にたつと思います。

6. 貯めるのより回すことを意識しよう

貯めるのより回すことを意識しよう

本業以外に、空き時間でコツコツ働くとやはり少しずつお金がたまってきます。

この時に気をつけなければいけないのが守銭奴の心です。

たまったお金が可愛くなり、手放せなくなります。

自分のお金が惜しくて友人の結婚式に参加するのを断る方を見たこともあります。

これでは友人関係も壊れてしまいます。

せっかく自分の収支バランスを把握して増える方向に向かっているのですから、収支の範囲内で使えるものは使うべきです。

必要なものにお金を使うことはとても重要なことです。

お金を貯めるために生きているわけではないので、稼ぎはじめてお金が入り始めた時は自分の心を見張る必要があります。

7. お金のある人のほうが堂々と見える

お金のある人のほうが堂々と見える

タクシーの運転手によれば、バブル期のほうが、今に比べると態度に気持ちのいい方が多かったそうです。

お金は人にゆとりをもたらし、人間性を良い方にも悪い方にも変える力があるようです。

お金をうまくコントロールできている人は、大概の方が気持ちのいい方が多いようです。

失敗を潔く認め、固執しない。

失ったお金の事も気にしない。

実は気にしない態度をしているだけかもしれません。

失敗に固執すれば臆病になり、仕事でもチャレンジできなくなります。

ですからチャレンジしている人は自然とそういう清々しい態度になるのかもしれません。

そう考えてみるとチャレンジの毎日の中で戦っているプロスポーツ選手が堂々と清々しく見えるのは頷けます。

8. どんな生き方を望むのか

お金はとても便利で、生活にかかせないものです。

しかし使い方次第で友人や家族を失ったり、信用を失ったりするこわいものです。

生き方自体を変えてしまう恐ろしいものだと思います。

自分が人としてどのように生きていきたいのかを考えさせてくれるものでもあります。

どうせ生きているのであれば気持ちよく、心地よくいたいものです。

私達の生活は、お金を通して効率的に必要なものを入手できる環境下にありますがお金とうまく付き合っていくのは意外と難しいです。

なかなかお金がたまらなかったり、借金ぐせがなくならなかったりと大変なものです。

私自身もそんなものだったので、一度お金について考えてみました。


お金で大事なもの

お金を出せば必要なものを手にいれる事ができるのですからお金はとても便利です。

でもお金さえあれば何もいらないというわけではありません。

家族との付き合い方、友人との付き合い方、恋人との付き合い方など、人間全ての生活にお金が関連しているとするば、 お金を上手く使わないと人間関係もダメにしてしまう事がありますから気をつけなければなりません。

愛情があればお金なんてなくてもいいと言われる方もいらっしゃいますが、人間関係をスムースにするなら、生活に必要な適度なお金は持っていたほうがいいです。

そしてそこにほんの少しゆとりがあるだけで、人生がとても楽しめると思います。

使うときは使うメリハリが大事

お金が大好きな人がいます。

それは現代に限ったことではなく、お金ができた頃からお金に取り憑かれてしまった人がいたそうです。

そのような人の事を守銭奴といいます。

セコイとか、お金に意地汚い方の呼び名です。

一方、潔く必要な時にバッと大金を使う気持ちのいい方がいます。

私のまわりには、普段は質素なのにお祝いの時に高額のプレゼントをくれた友人もいました。

企業などでは震災時に大金を寄付した会社もありましたよね。

人が困っている時やお祝いの時にそのように気持ちのいいお金の使い方をするのはとても好感がもてて、人も寄ってくるものです。

ただばらまくのはありません。

自を分の為でも人の為に必要な時に使う事が気持ちのいい使い方なのでしょうね。

守銭奴と呼ばれるよりも気持ちのいい奴と思われて、友人に囲まれるほうが自分も気持ちのいいものです。

お金のため方、収入と支出

お金がなければ、自分の為に使うこともできなければ、友人にお祝いをあげたり、本当に困っている人に手を差し伸べる事もできません。

ではどうやってお金を貯めればいいのでしょうか。

私も日々の生活費で多くのお金を使うのでなかなかお金がたまりません。

しかし、まわりを見渡してみて私よりも収入が低い人でもお金をたくさん持っている人がいることに気づきました。

お金を貯めるには支出よりも収入を多くすればいいのです。

私はサラリーマンですので月々の収入は決まっています。

とするとお金がたまらないのは支出が多いからなのです。

人は家賃、食費、つきあい費、光熱費、通信費など多くのものにお金を使っています。

これらを全て洗い出し、何にいくら使っているのかを把握することがお金をためる第一歩です。

お金のため方、節約するところとしないところ見極める

自分が何使っているのかを把握した後、生活に必要なものはそのままにします。

家賃はしょうがないですよね。

安いところに引っ越しするのもいい選択ですが、生活パターンの改善をしてからのほうがいいと思います。

食費などは、会社への行き来で無駄にコーヒーを買っていたりします。

食費も外食ばかりであれば、自炊ぐせつけることであっと言う間に改善できます。

通信費に多くかける方もいらっしゃいますが、自分がどのような使い方をしていのか、毎月の通信容量を把握すると大概の方が安いプランに移行できるはずです。

洋服などは必要なものだけに絞るといいです。

私の友人で安いものは買わない方がいます。

高くて気に入ったものは長く着られるから、気持ちよく過ごせて経済的だそうです。

気をつけなければいけないのは、ひもじさを感じるぐらいに無駄を削りすぎることは逆効果です。

多少、自分の趣味や快適さが感じられるゆとりをもたせましょう。

続けられる事が重要なので、ひもじさを感じる生活は続けることができません。

計画を立て、実施し、無理があるようであれば修正する習慣を身につけることが大切です。

お金のため方、稼ぐ事を身に着けよう

さて、自分の無駄使いの生活パターンから無駄を削ぎ落とした後に、お金を貯める重要なことがあります。

それは収入を増やすことです。

一つは現在お勤めされている仕事を一生懸命やる事です。

すぐに給料は上がりませんが、一生懸命やればいずれ上がります。

それに社会人として働くことはお金を得るだけでなく、大人としての必要な様々なことを学習できます。

そのことも生きて行く上で重要なことです。

もう一つは、ちょっとしたお小遣い稼ぎをやることです。

休日に副業をやるもよし、ネットでアンケートをやるもよし、投資でコツコツためるもよしです。

投資の場合は、ある程度の余剰金を貯めて、その範囲内で行うのをお勧めします。

そして失敗したとしてもまた貯めてチャレンジするのもいいでしょう。

社会勉強としての株式投資などは、少額であれば2・3回失敗したほうがいいかと思います。

経済活動や世界情勢にも気を配るようになるので本業のほうでも、他業界の方との大人の会話ができるようになります。

そして失敗の中から無理をしない投資方法を身につけてコツコツ稼げるようになると思います。

そういう意味で投資は少額の範囲を決めてチャレンジするのは将来的に役にたつと思います。

貯めるのより回すことを意識しよう

本業以外に、空き時間でコツコツ働くとやはり少しずつお金がたまってきます。

この時に気をつけなければいけないのが守銭奴の心です。

たまったお金が可愛くなり、手放せなくなります。

自分のお金が惜しくて友人の結婚式に参加するのを断る方を見たこともあります。

これでは友人関係も壊れてしまいます。

せっかく自分の収支バランスを把握して増える方向に向かっているのですから、収支の範囲内で使えるものは使うべきです。

必要なものにお金を使うことはとても重要なことです。

お金を貯めるために生きているわけではないので、稼ぎはじめてお金が入り始めた時は自分の心を見張る必要があります。

お金のある人のほうが堂々と見える

タクシーの運転手によれば、バブル期のほうが、今に比べると態度に気持ちのいい方が多かったそうです。

お金は人にゆとりをもたらし、人間性を良い方にも悪い方にも変える力があるようです。

お金をうまくコントロールできている人は、大概の方が気持ちのいい方が多いようです。

失敗を潔く認め、固執しない。

失ったお金の事も気にしない。

実は気にしない態度をしているだけかもしれません。

失敗に固執すれば臆病になり、仕事でもチャレンジできなくなります。

ですからチャレンジしている人は自然とそういう清々しい態度になるのかもしれません。

そう考えてみるとチャレンジの毎日の中で戦っているプロスポーツ選手が堂々と清々しく見えるのは頷けます。

お金はとても便利で、生活にかかせないものです。

しかし使い方次第で友人や家族を失ったり、信用を失ったりするこわいものです。

生き方自体を変えてしまう恐ろしいものだと思います。

自分が人としてどのように生きていきたいのかを考えさせてくれるものでもあります。

どうせ生きているのであれば気持ちよく、心地よくいたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-