【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092718.html
人の話をよく聞く人の特徴

人の話をよく聞く人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人の話をよく聞く人の特徴

自分の言いたことばかり言う人や人の話を聞かない人と一緒にいると最初は良くてもだんだん疲れてきますね。

それでは人の話をよく聞く人の特徴を一緒に見ていきましょう。

  • 頼りになる
  • 信用できる人間性である
  • 我慢強い
  • 冷静な分析力を持っている
  • 頭が良い
  • 器が大きい
  • 思いやりがある
  • 空気が読める
  • 人の話をよく聞く人の特徴のまとめ

1. 頼りになる

頼りになる

人の話をよく聞く人というのは途中で話を遮ったり自分の見解を押し付けたりすることがありません。

ですから話す側からしたら自分の言いたいことを全部受け止めてくれるという安心がありまた頼りになると感じます。

誰でも自分の話を聞いてくれる人のことは大好きです。

当たり前ではありますが話をろくに聞いてくれない人はまったく頼りにならない、あてにならないことが多いですね。

2. 信用できる人間性である

信用できる人間性である

人の話をよく聞く人は、信用できる人間性といえます。

人の話を聞かない人、途中でわかったようなふりをして話を切ってしまう人は自分の考えで勝手に判断してしまいますし、偏見で決めつけてしまいます。

結果的に仕事や人間関係で失敗や行き違いが増えてしまいます。

話をよく聞く人はそういったことがないので信用できます。

3. 我慢強い

我慢強い

人の話をよく聞く人は気が長いといいますか、我慢強い性格です。

退屈な話でも何度聞いた話でも相手の言い分は最後まで聞くことができます。

仕事などでクレーム対応なども得意で任せられることも多いでしょう。

クレーム対応というのは難しい仕事です。

対応を間違うとますます相手を怒らせてしまうことにもなりますので我慢強く相手の話を受け止めることができる人でないと向かないのです。

4. 冷静な分析力を持っている

冷静な分析力を持っている

人の話をよく聞く人は冷静な性格です。

人情味あふれたタイプの場合話を聞いているうちに感情移入をしてしまって感情的になってしまいます。

怒ってしまって途中で話を止めたり、相手の話を遮るだけでなく文句を言い出すこともあります。

おかげで仕事や生活で相手と衝突することが多くなります。

人の話をよく聞く人は最後まで聞いた上で冷静に分析しますので一時的な感情に流されることはありません。

5. 頭が良い

頭が良い

人の話を聞かない人はミスが多くなりますし、頑固とか考えなしと周りから思われます。

本人は気にしていないかもしれませんが、往々にして損をすることが多いのです。

一方で人の話をよく聞く人というのは賢いです。

相手の主張を静かに聞くだけで相手から信頼を得ることを知っています。

また人の話というのは何かしら学ぶことがあるものだと心得ているのです。

頭が良い人ほど相手の話をよく聞きますし何を言いたいのかということを理解するのが上手です。

頭が良いといっても勉強ができるといった意味ではありません。

勉強ができても人の話は聞けない人というのはいくらでもいます。

社会に出ると大事なのは学力よりは人との会話やコミュニケーション力です。

人の話をよく聞く人はそれが得意なのです。

6. 器が大きい

器が大きい

人の話を聞かない、自分の言いたいことだけ一方的というのは子供っぽい性格ですし人間の器が小さいといえます。

人の話をよく聞く人は器が大きくどっしりと構えています。

日頃から人に頼られる、相談を受けることが多いのが特徴です。

7. 思いやりがある

思いやりがある

人の話をよく聞く人は相手に対して思いやりの心を持っています。

ここで話を切ったら相手が嫌な気分になるだろう、自分がそんなことをされたら不愉快だからここは最後までしっかり聞いてあげようといった優しさがあるのです。

人の話を聞かない人を観察すればわかりますが、普段から「忙しい、忙しい」とバタバタしているふりをしているものです。

いざ面倒なことを聞かされたら時間がないという言い訳をしてさっと逃げることができるからです。

そのわりに自分が話したいことは延々と得意な顔をして話すことが多いです。

自分が言いたいことだけ言って人の話を聞かないという人は自分を良く見えるのようにふるまっていても思いやりにかける本性を持っています。

話をよく聞く人の逆だと覚えておくとわかりやすいです。

8. 空気が読める

空気が読める

人の話をよく聞く人の特徴に場の空気を読むのが得意ということがあります。

要領のいい人も場の空気を読むのは上手ですがあくまでも自分の利益になるかどうかを見ているだけです。

人の話をよく聞く人は人間関係の調整など相手のために何かしてあげようといった気配りができます。

例えば人間関係の良い、悪いを見抜いたらその二人が同じ場にならないですむように配慮するといったことが自然にできるのです。

人の話をよく聞くということで相手の本心などもさりげなく読みとることができるのです。

人の話を聞かない人ほど鈍感で何も気にしていない、気がつかないということが多いですね。

人の話をよく聞く人の特徴のまとめ

いかがでしたでしょうか。

人の話をよく聞く人の特徴をまとめました。

人の話を聞かない人とはほぼ正反対の人間性、性格であることがおわかりいただけたかと思います。

人の話を聞くなんて時間の無駄と考えている人もいますがそれは違います。

自分以外の人を大事にできる人は人からも大事にされますし、また人の話というのはつまらないと感じるようなことであっても後で何かしら役に立つ時がくるものです。

ですから自分の為と思って相手の話を聞いてみるのもいいですね。

自分の言いたことばかり言う人や人の話を聞かない人と一緒にいると最初は良くてもだんだん疲れてきますね。

それでは人の話をよく聞く人の特徴を一緒に見ていきましょう。


頼りになる

人の話をよく聞く人というのは途中で話を遮ったり自分の見解を押し付けたりすることがありません。

ですから話す側からしたら自分の言いたいことを全部受け止めてくれるという安心がありまた頼りになると感じます。

誰でも自分の話を聞いてくれる人のことは大好きです。

当たり前ではありますが話をろくに聞いてくれない人はまったく頼りにならない、あてにならないことが多いですね。

信用できる人間性である

人の話をよく聞く人は、信用できる人間性といえます。

人の話を聞かない人、途中でわかったようなふりをして話を切ってしまう人は自分の考えで勝手に判断してしまいますし、偏見で決めつけてしまいます。

結果的に仕事や人間関係で失敗や行き違いが増えてしまいます。

話をよく聞く人はそういったことがないので信用できます。

我慢強い

人の話をよく聞く人は気が長いといいますか、我慢強い性格です。

退屈な話でも何度聞いた話でも相手の言い分は最後まで聞くことができます。

仕事などでクレーム対応なども得意で任せられることも多いでしょう。

クレーム対応というのは難しい仕事です。

対応を間違うとますます相手を怒らせてしまうことにもなりますので我慢強く相手の話を受け止めることができる人でないと向かないのです。

冷静な分析力を持っている

人の話をよく聞く人は冷静な性格です。

人情味あふれたタイプの場合話を聞いているうちに感情移入をしてしまって感情的になってしまいます。

怒ってしまって途中で話を止めたり、相手の話を遮るだけでなく文句を言い出すこともあります。

おかげで仕事や生活で相手と衝突することが多くなります。

人の話をよく聞く人は最後まで聞いた上で冷静に分析しますので一時的な感情に流されることはありません。

頭が良い

人の話を聞かない人はミスが多くなりますし、頑固とか考えなしと周りから思われます。

本人は気にしていないかもしれませんが、往々にして損をすることが多いのです。

一方で人の話をよく聞く人というのは賢いです。

相手の主張を静かに聞くだけで相手から信頼を得ることを知っています。

また人の話というのは何かしら学ぶことがあるものだと心得ているのです。

頭が良い人ほど相手の話をよく聞きますし何を言いたいのかということを理解するのが上手です。

頭が良いといっても勉強ができるといった意味ではありません。

勉強ができても人の話は聞けない人というのはいくらでもいます。

社会に出ると大事なのは学力よりは人との会話やコミュニケーション力です。

人の話をよく聞く人はそれが得意なのです。

器が大きい

人の話を聞かない、自分の言いたいことだけ一方的というのは子供っぽい性格ですし人間の器が小さいといえます。

人の話をよく聞く人は器が大きくどっしりと構えています。

日頃から人に頼られる、相談を受けることが多いのが特徴です。

思いやりがある

人の話をよく聞く人は相手に対して思いやりの心を持っています。

ここで話を切ったら相手が嫌な気分になるだろう、自分がそんなことをされたら不愉快だからここは最後までしっかり聞いてあげようといった優しさがあるのです。

人の話を聞かない人を観察すればわかりますが、普段から「忙しい、忙しい」とバタバタしているふりをしているものです。

いざ面倒なことを聞かされたら時間がないという言い訳をしてさっと逃げることができるからです。

そのわりに自分が話したいことは延々と得意な顔をして話すことが多いです。

自分が言いたいことだけ言って人の話を聞かないという人は自分を良く見えるのようにふるまっていても思いやりにかける本性を持っています。

話をよく聞く人の逆だと覚えておくとわかりやすいです。

空気が読める

人の話をよく聞く人の特徴に場の空気を読むのが得意ということがあります。

要領のいい人も場の空気を読むのは上手ですがあくまでも自分の利益になるかどうかを見ているだけです。

人の話をよく聞く人は人間関係の調整など相手のために何かしてあげようといった気配りができます。

例えば人間関係の良い、悪いを見抜いたらその二人が同じ場にならないですむように配慮するといったことが自然にできるのです。

人の話をよく聞くということで相手の本心などもさりげなく読みとることができるのです。

人の話を聞かない人ほど鈍感で何も気にしていない、気がつかないということが多いですね。

いかがでしたでしょうか。

人の話をよく聞く人の特徴をまとめました。

人の話を聞かない人とはほぼ正反対の人間性、性格であることがおわかりいただけたかと思います。

人の話を聞くなんて時間の無駄と考えている人もいますがそれは違います。

自分以外の人を大事にできる人は人からも大事にされますし、また人の話というのはつまらないと感じるようなことであっても後で何かしら役に立つ時がくるものです。

ですから自分の為と思って相手の話を聞いてみるのもいいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-