【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092706.html
気分のむらが激しい人の特徴

気分のむらが激しい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
気分のむらが激しい人の特徴

気分にむらがある、気分のむらが激しい人は、時には人を振り回してしまいます。

特に女性に多いと思いますので、その特徴を詳しく挙げてみましょう。

  • ドタキャンが多い
  • 前日になって予約を変更する
  • 機嫌がわかりやすい
  • 向上心がある
  • 自尊心が強い
  • 楽観的で悲観的
  • 我慢することができない
  • 言った・言わないでよくもめる
  • 彼氏がよく変わる
  • 他人を振り回す
  • ホルモンバランスが崩れがち
  • まとめ

1. ドタキャンが多い

ドタキャンが多い

前々から遊ぶことを約束していたとして、風邪を引いたわけでもないし、身内になにかあったわけでもなくでも、ごめん、なんか行く気になれなくって、やっぱ明日無理!や、今日私抜きで楽しんで!という連絡が来ます。

普通の人でも1度や2度はあるとしても、気分のむらが激しい人においてはそういうことが頻繁にあります。

2. 前日になって予約を変更する

前日になって予約を変更する

何かを事前に予約していたとしても、映画行こうって言ってたけど、温泉行きたくない!?など、こちらの意向を無視した話になります。

レストランなどを予約していた場合は、キャンセル料などがかかってしまうこともあるので、とても迷惑がかかってしまいます。

いや、私映画見たいな!というとたちまち不機嫌になってしまい、帰る!と言い出しかねません。

3. 機嫌がわかりやすい

機嫌がわかりやすい

気分にむらがあることを他人に察される人は、それだけすぐに顔や態度に出ているという事です。

感情を読み取りやすいというところは、気分のむらが激しい人の良いところでもあり、悪いところでもあります。

4. 向上心がある

向上心がある

例えば仕事などで、その時は良いと思っていても、やっぱりもっといい方法があるのではないかという気持ちが働き、考え出すとどんどんと深みにはまってしまいます。

気分にむらがある人は、それだけ様々な観点で物事を見て、判断し、より良い方向へ行きたいという向上心があるといえます。

5. 自尊心が強い

自尊心が強い

自分への愛情が強いあまりに、他人にもそれを同感してほしい、自分のことをわかって欲しいという気持ちが強いがゆえに気分のムラが出てきます。

6. 楽観的で悲観的

楽観的で悲観的

気分のムラが激しい人は、二面性とはいえないが、二つの極端な感性を持っていて、それをうまくセーブできない不器用な人です。

例えば、今日楽しいことがあったけど、楽しいことの後には辛いことがあるかも知れないという悲観的な感性。

また、その反対で、今日は嫌なことがあったけど、明日は良いことがあるかもしれないという楽観的な感性。

この二つの感情が激しく入り乱れることで、気分はムラとして出てきてしまいます。

7. 我慢することができない

我慢することができない

自分のやりたいこと、言いたいことなど、我慢しようとしていても機嫌に出てしまうので、少し幼い部分と大人の部分が入り混じっている傾向があります。

親しい人には我慢が出来ずに、我儘放題いってしまうのも、気分のむらが激しい人の特徴です。

8. 言った・言わないでよくもめる

言った・言わないでよくもめる

感情が変わりやすく、言うことがその時の気分で変わってしまうので、他人と言った言っていないの水掛け論になってしまうことがよくあります。

人からの信頼を失ってしまう恐れがあります。

9. 彼氏がよく変わる

彼氏がよく変わる

情熱的に始まった恋愛だったとしても、もしかしたらもっと自分に合う人がいるのではないかと思って別れてしまったり、もしくは気分の浮き沈み性格にうんざりして振られてしまうなど、コロコロとお付き合いの相手が変わってしまう傾向があります。

10. 他人を振り回す

他人を振り回す

気分のむらが激しい人は、コロコロと気分が変わり、怒ったりと笑ったりと完成豊かで、それを表にだす自由奔放な所に魅力があるといえますが、その分他人を振り回してしまうので敵を作ってしまいがちです。

いつ考えが変わるか、どんなときに機嫌が悪くなるかなど、人は内心ひやひやしながら気分のむらが激しい人と付き合います。

そうすると、おのずと機嫌を伺い、気を使わなくてはいけなくなります。

それが煩わしくなったり、腹がたったりして、いつのまにか距離を置かれてしまうこともあるでしょう。

11. ホルモンバランスが崩れがち

ホルモンバランスが崩れがち

これは本当に女性特有のことだと思いますが、女性は1ヶ月のサイクルで気分の浮き沈みが激しくなります。

明るいキラキラ期もあれば、調子のわるいどんより期もあり、それに振り回されることも多いでしょう。

心身の健康管理が出来ていないと、女性ホルモンのバランスが乱れ、その症状が特に酷くなります。

女性同士の場合は、ごめん女の子の日だから. などでごまかせるとしても、男性も関わってくるとそう簡単にはいかず、気分のむらがあると思われてしまうでしょうね。

まとめ

これらの特徴を見てみると、自分は気分のムラガ激しいと思われてないか. 気になってきませんか?

気分のむらが激しい人は、人を振り回してしまう傾向があり、一歩間違えれば嫌われてしまいますよね。

人との信頼関係にも関わってくるので、早めに自分の言動を見直し、対処しみてはいかがでしょうか。

しかし、気分のムラが激しいという事は、頭の中で様々なことが巡っているという、色々考えてしまう人の特徴なので、その良い部分は残しながら、しっかりと頭の中を整理し、感情をセーブ出来るようにしていくのが一番良いことでしょう。

気分にむらがある、気分のむらが激しい人は、時には人を振り回してしまいます。

特に女性に多いと思いますので、その特徴を詳しく挙げてみましょう。


ドタキャンが多い

前々から遊ぶことを約束していたとして、風邪を引いたわけでもないし、身内になにかあったわけでもなくでも、ごめん、なんか行く気になれなくって、やっぱ明日無理!や、今日私抜きで楽しんで!という連絡が来ます。

普通の人でも1度や2度はあるとしても、気分のむらが激しい人においてはそういうことが頻繁にあります。

前日になって予約を変更する

何かを事前に予約していたとしても、映画行こうって言ってたけど、温泉行きたくない!?など、こちらの意向を無視した話になります。

レストランなどを予約していた場合は、キャンセル料などがかかってしまうこともあるので、とても迷惑がかかってしまいます。

いや、私映画見たいな!というとたちまち不機嫌になってしまい、帰る!と言い出しかねません。

機嫌がわかりやすい

気分にむらがあることを他人に察される人は、それだけすぐに顔や態度に出ているという事です。

感情を読み取りやすいというところは、気分のむらが激しい人の良いところでもあり、悪いところでもあります。

向上心がある

例えば仕事などで、その時は良いと思っていても、やっぱりもっといい方法があるのではないかという気持ちが働き、考え出すとどんどんと深みにはまってしまいます。

気分にむらがある人は、それだけ様々な観点で物事を見て、判断し、より良い方向へ行きたいという向上心があるといえます。

自尊心が強い

自分への愛情が強いあまりに、他人にもそれを同感してほしい、自分のことをわかって欲しいという気持ちが強いがゆえに気分のムラが出てきます。

楽観的で悲観的

気分のムラが激しい人は、二面性とはいえないが、二つの極端な感性を持っていて、それをうまくセーブできない不器用な人です。

例えば、今日楽しいことがあったけど、楽しいことの後には辛いことがあるかも知れないという悲観的な感性。

また、その反対で、今日は嫌なことがあったけど、明日は良いことがあるかもしれないという楽観的な感性。

この二つの感情が激しく入り乱れることで、気分はムラとして出てきてしまいます。

我慢することができない

自分のやりたいこと、言いたいことなど、我慢しようとしていても機嫌に出てしまうので、少し幼い部分と大人の部分が入り混じっている傾向があります。

親しい人には我慢が出来ずに、我儘放題いってしまうのも、気分のむらが激しい人の特徴です。

言った・言わないでよくもめる

感情が変わりやすく、言うことがその時の気分で変わってしまうので、他人と言った言っていないの水掛け論になってしまうことがよくあります。

人からの信頼を失ってしまう恐れがあります。

彼氏がよく変わる

情熱的に始まった恋愛だったとしても、もしかしたらもっと自分に合う人がいるのではないかと思って別れてしまったり、もしくは気分の浮き沈み性格にうんざりして振られてしまうなど、コロコロとお付き合いの相手が変わってしまう傾向があります。

他人を振り回す

気分のむらが激しい人は、コロコロと気分が変わり、怒ったりと笑ったりと完成豊かで、それを表にだす自由奔放な所に魅力があるといえますが、その分他人を振り回してしまうので敵を作ってしまいがちです。

いつ考えが変わるか、どんなときに機嫌が悪くなるかなど、人は内心ひやひやしながら気分のむらが激しい人と付き合います。

そうすると、おのずと機嫌を伺い、気を使わなくてはいけなくなります。

それが煩わしくなったり、腹がたったりして、いつのまにか距離を置かれてしまうこともあるでしょう。

ホルモンバランスが崩れがち

これは本当に女性特有のことだと思いますが、女性は1ヶ月のサイクルで気分の浮き沈みが激しくなります。

明るいキラキラ期もあれば、調子のわるいどんより期もあり、それに振り回されることも多いでしょう。

心身の健康管理が出来ていないと、女性ホルモンのバランスが乱れ、その症状が特に酷くなります。

女性同士の場合は、ごめん女の子の日だから. などでごまかせるとしても、男性も関わってくるとそう簡単にはいかず、気分のむらがあると思われてしまうでしょうね。

これらの特徴を見てみると、自分は気分のムラガ激しいと思われてないか. 気になってきませんか?

気分のむらが激しい人は、人を振り回してしまう傾向があり、一歩間違えれば嫌われてしまいますよね。

人との信頼関係にも関わってくるので、早めに自分の言動を見直し、対処しみてはいかがでしょうか。

しかし、気分のムラが激しいという事は、頭の中で様々なことが巡っているという、色々考えてしまう人の特徴なので、その良い部分は残しながら、しっかりと頭の中を整理し、感情をセーブ出来るようにしていくのが一番良いことでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-