【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092703.html
感情の起伏が激しい人の特徴

感情の起伏が激しい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
感情の起伏が激しい人の特徴

感情の起伏が激しい人にはいくつかの特徴が存在します。

ここではそのうちの8個について取り上げています。

  • 自分の評判を気にする
  • 本能のままに生きる
  • 情熱的
  • 我慢できない
  • すぐに喧嘩する
  • 自分を主張する
  • 注目されたい
  • 神経質
  • まとめ

1. 自分の評判を気にする

自分の評判を気にする

自分の評判を必要以上に気にする人の多くは感情の起伏が激しい状態にあります。

自分の評判が良いときには明るく笑ったり陽気になりますが、自分の悪い評判が立つと急に怒り出すことがあるのです。

このような感情は改善が難しいこともありますが、周りの人から発せられる自分の評判について意識的に耳を塞ぐようにしていれば改善されることがあります。

そのためある程度自分の感覚を鈍感にさせるように心がけるべきです。

2. 本能のままに生きる

本能のままに生きる

自分の感情をあえて抑えることはせず、ありのままの自分を表現しようとする人がいます。

確かにこのような性格ですとストレスを抱えずに済みます。

そのためこうした決意を固めてる人は意外とたくさんいます。

しかしこのような性格は感情の起伏を表現することにもつながります。

人には理性が存在するために、感情を抑えてその場の雰囲気を壊さずにしようという意識が働くものです。

しかしその理性を取り払う人は人前でもお構いなしに感情を露わにするのです。

3. 情熱的

情熱的

何事にも熱心になれる人も感情の起伏が激しい傾向にあります。

一つのことに思いを集中するとそれを成し遂げるために感情が高まります。

そしてその高まりが最高潮に達すると思っていることが体によって表現されるのです。

このような状況が数多く作り出される人が情熱的な人であり、それゆえに感情の起伏も激しくなるのです。

このような人は芸術家などに多く見られます。

4. 我慢できない

我慢できない

我慢できない人も感情の起伏が激し傾向にあります。

このタイプの人は何かに熱くなるというよりも、容易に怒りの感情が湧き起ってくる傾向にあります。

少し前まで楽しく話をしていたのにちょっとしたことが我慢できずに腹を立て、それに対して怒り出すという状況がたびたび見られるのです。

たとえばバス停でバスを待っている間に楽しそうに友人と話していた人が、バスが予定通りに来ないことに腹を立てて少し前とは全く異なる表情を見せているといった状況を目にしたことのある人は少なくないはずです。

このタイプの人はいつ起こり出すかわからないために、周りから恐れられてしまうことがあります。

5. すぐに喧嘩する

すぐに喧嘩する

感情の起伏が激しい人の特徴は、怒りの感情を爆発させることが多いというものです。

そのためこのような性格の持ち主は何かと激しく喧嘩する傾向にあります。

もちろん暴力を振るうこともあれば言葉で相手を罵ることもあります。

相手がそのような性格の持ち主ではない場合、喧嘩は比較的早く収まるのが一般的です。

しかしお互いが感情の起伏が激しい人である場合、喧嘩がエスカレートすることがあります。

6. 自分を主張する

自分を主張する

感情の起伏が激しい人は自分の思うように物事が運ばないとイライラしてしまい、それが行動によって現れてしまいます。

そしてそのような人の多くは自分の中での基準を設けており、それに逸脱することがあると感情を爆発させて自己主張を行う傾向にあります。

もちろんしっかりとした自分を持っていることは悪いことではありません。

しかし場合によっては周りに自分を合わせなければならない状況も生じます。

この点をしっかりと心得ておくことが必要なのです。

7. 注目されたい

注目されたい

これまで考えてきたように、感情の起伏が激しい人の多くは物事が自分の思い通りにいかないときにイライラが募り、それが爆発する傾向にあります。

また我慢することができないためにイライラを感じてからそれを爆発させるまでの時間が短いために、感情が激しく揺れ動くのです。

そして多くの場合、自分に注目が集まらないときにイライラを感じ、感情を爆発させます。

このような状況は周りの人から気づかれることが少ないために、「この人は何で怒っているのだろう」という疑問を生じさせることがあります。

8. 神経質

神経質

神経質の人も感情の起伏が激しくなることがあります。

このような人は必要以上に心配する傾向にあります。

そのためさっきまでは楽しそうに話しをしていたものの、急にあることが心配になって気持ちが沈んでしまうことがあるのです。

また心配が頂点に達すると周りの人からのアドバイスにイライラするようになり、親切を示してくれる友人に対して辛らつな言葉を浴びせるようになることもあります。

このような傾向は一見おとなしいと思われている人に見られることが多く、周りの人を驚かせることがあります。

まとめ

これまで考えてきたように感情の起伏が激しくなる原因は様々です。

しかしどのような理由にせよ、そのような人は「扱いにくい人」とみなされてしまいます。

そのためこのような性格は改善するように努めるべきです。

しかし何かに熱中しているゆえに感情を爆発させることは、その人の才能を伸ばすことにつながることがあります。

そのためある特定のシーンでのみ感情を爆発できるようにコントロールできるようになるなら、人としての向上につながることがあるのです。

感情の起伏が激しい人にはいくつかの特徴が存在します。

ここではそのうちの8個について取り上げています。


自分の評判を気にする

自分の評判を必要以上に気にする人の多くは感情の起伏が激しい状態にあります。

自分の評判が良いときには明るく笑ったり陽気になりますが、自分の悪い評判が立つと急に怒り出すことがあるのです。

このような感情は改善が難しいこともありますが、周りの人から発せられる自分の評判について意識的に耳を塞ぐようにしていれば改善されることがあります。

そのためある程度自分の感覚を鈍感にさせるように心がけるべきです。

本能のままに生きる

自分の感情をあえて抑えることはせず、ありのままの自分を表現しようとする人がいます。

確かにこのような性格ですとストレスを抱えずに済みます。

そのためこうした決意を固めてる人は意外とたくさんいます。

しかしこのような性格は感情の起伏を表現することにもつながります。

人には理性が存在するために、感情を抑えてその場の雰囲気を壊さずにしようという意識が働くものです。

しかしその理性を取り払う人は人前でもお構いなしに感情を露わにするのです。

情熱的

何事にも熱心になれる人も感情の起伏が激しい傾向にあります。

一つのことに思いを集中するとそれを成し遂げるために感情が高まります。

そしてその高まりが最高潮に達すると思っていることが体によって表現されるのです。

このような状況が数多く作り出される人が情熱的な人であり、それゆえに感情の起伏も激しくなるのです。

このような人は芸術家などに多く見られます。

我慢できない

我慢できない人も感情の起伏が激し傾向にあります。

このタイプの人は何かに熱くなるというよりも、容易に怒りの感情が湧き起ってくる傾向にあります。

少し前まで楽しく話をしていたのにちょっとしたことが我慢できずに腹を立て、それに対して怒り出すという状況がたびたび見られるのです。

たとえばバス停でバスを待っている間に楽しそうに友人と話していた人が、バスが予定通りに来ないことに腹を立てて少し前とは全く異なる表情を見せているといった状況を目にしたことのある人は少なくないはずです。

このタイプの人はいつ起こり出すかわからないために、周りから恐れられてしまうことがあります。

すぐに喧嘩する

感情の起伏が激しい人の特徴は、怒りの感情を爆発させることが多いというものです。

そのためこのような性格の持ち主は何かと激しく喧嘩する傾向にあります。

もちろん暴力を振るうこともあれば言葉で相手を罵ることもあります。

相手がそのような性格の持ち主ではない場合、喧嘩は比較的早く収まるのが一般的です。

しかしお互いが感情の起伏が激しい人である場合、喧嘩がエスカレートすることがあります。

自分を主張する

感情の起伏が激しい人は自分の思うように物事が運ばないとイライラしてしまい、それが行動によって現れてしまいます。

そしてそのような人の多くは自分の中での基準を設けており、それに逸脱することがあると感情を爆発させて自己主張を行う傾向にあります。

もちろんしっかりとした自分を持っていることは悪いことではありません。

しかし場合によっては周りに自分を合わせなければならない状況も生じます。

この点をしっかりと心得ておくことが必要なのです。

注目されたい

これまで考えてきたように、感情の起伏が激しい人の多くは物事が自分の思い通りにいかないときにイライラが募り、それが爆発する傾向にあります。

また我慢することができないためにイライラを感じてからそれを爆発させるまでの時間が短いために、感情が激しく揺れ動くのです。

そして多くの場合、自分に注目が集まらないときにイライラを感じ、感情を爆発させます。

このような状況は周りの人から気づかれることが少ないために、「この人は何で怒っているのだろう」という疑問を生じさせることがあります。

神経質

神経質の人も感情の起伏が激しくなることがあります。

このような人は必要以上に心配する傾向にあります。

そのためさっきまでは楽しそうに話しをしていたものの、急にあることが心配になって気持ちが沈んでしまうことがあるのです。

また心配が頂点に達すると周りの人からのアドバイスにイライラするようになり、親切を示してくれる友人に対して辛らつな言葉を浴びせるようになることもあります。

このような傾向は一見おとなしいと思われている人に見られることが多く、周りの人を驚かせることがあります。

これまで考えてきたように感情の起伏が激しくなる原因は様々です。

しかしどのような理由にせよ、そのような人は「扱いにくい人」とみなされてしまいます。

そのためこのような性格は改善するように努めるべきです。

しかし何かに熱中しているゆえに感情を爆発させることは、その人の才能を伸ばすことにつながることがあります。

そのためある特定のシーンでのみ感情を爆発できるようにコントロールできるようになるなら、人としての向上につながることがあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-