【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518174225.html
お見舞いに行くときのマナー8選

お見舞いに行くときのマナー8選 | LADYCO

LADYCO
お見舞いに行くときのマナー8選

友人や会社の上司。

その他、親戚などが入院した際、お見舞いに行く事も少なくないかと思います。

そんな時、何もマナーを知らずに行く事で、後で恥をかいてしまうと言う事も. 。

そんな事にならない為にも、大人として、お見舞いの際のマナーを確認した上で、大切な人へのお見舞いに行く事をお勧めします。

  • お見舞いに行くタイミング
  • お見舞いに行く時間帯
  • お見舞いに行く際の服装
  • お見舞いに行く人数
  • お見舞いを遠慮した方が良い場合
  • 相手が眠っていた場合
  • お見舞いを品物にする場合
  • 一番、良いのは、現金?
  • まとめ

1. お見舞いに行くタイミング

お見舞いに行くタイミング

お見舞いに行く際は、タイミングにおいても注意が必要です。

大切な人が入院したと聞き、すぐにでもお見舞いに行きたいと思う人もいるかも知れません。

しかし、その事が帰って相手に迷惑をかけてしまう事も考えられるのです。

その為、お見舞いに行く際は、タイミングを考慮する事が大切だと言えるのです。

まず、入院直後や手術をした場合は、手術直後のお見舞いは避けた方が無難です。

何かと慌ただしい期間となる為、少し落ち着いた頃を見計らい、お見舞いに行くようにします。

その為、お見舞いに行く前に必ず、家族に連絡を取り、今、どのような状態なのか事前に確認しておくと良いかと思います。

2. お見舞いに行く時間帯

お見舞いに行く時間帯

ほとんどの病院では、お見舞いに行く事ができる時間帯が決められています。

その為、必ず、その時間帯を守り、お見舞いに行く必要があります。

その上で、昼食時などを避けた2時から3時あたりがベストになります。

また、面会時は、静かにするようにし、面会時間としては20分以内で納めるようにする事も大切です。

そうする事で、相手の体にも負担をかけずお見舞いする事ができます。

3. お見舞いに行く際の服装

お見舞いに行く際の服装

お見舞いに行く際の服装選びに困る人も多いかも知れません。

基本的には、どのような服装でもOKですが、華美にならない程度の洋服を選ぶと無難です。

また、アクセサリーなども最小限に抑えると良いかと思います。

しかし、だからと言って、真っ黒な洋服を選ぶ必要はありません。

その方がかえって、相手に悪い印象を与えてしまう為、黒ではなく、落ち着いた色合いの洋服選びを行う事をお勧めします。

その他の注意点としては、香水の使用は避け、スマホや携帯電話の電源は必ずOFFにしておきます。

4. お見舞いに行く人数

お見舞いに行く人数

お見舞いに行く際は、あまり、大勢で行く事がないように注意する事が大切です。

もし、大勢でのお見舞いが必要なら、日にちを変えて分けて、お見舞いに行くと良いかと思います。

基本的にお見舞いは一人がベストだと言われていますが、それが難しい場合は、3人程度に収める事が大切です。

それ以上の場合、お見舞いする患者さんの体の負担が大きくなるほか、他の入院患者への負担も大きくなっています。

また、出来るだけ、子連れでのお見舞いは避けるようにし、他の患者さんに迷惑をかけないよう配慮が必要です。

5. お見舞いを遠慮した方が良い場合

お見舞いを遠慮した方が良い場合

必ずしも、お見舞いに行かなければいけないと言う事はありません。

場合によっては、お見舞いに行く事を遠慮した方が良いと言う場合もあります。

例えば、病気が重い状態の場合や子供の入院などは、様子を見て、お見舞いは控えた方が賢明です。

その他、婦人科などへのお見舞いに男性一人で行くと言った事も避けた方が良いかと思います。

6. 相手が眠っていた場合

相手が眠っていた場合

お見舞いに言った相手が眠っていると言う事も少なくありません。

病院では、昼間眠っている人も多く、時間によっては、お見舞い相手に会う事ができないと言う場合もあります。

そのような場合は、決して、起こすことなく、看護師の方に言付けをお願いすると良いかと思います。

もし、お見舞いの品がある場合は、それも一緒に預けておく事も可能です。

相手が眠っているからと言って、そのまま、帰ってしまうのではなく、看護師や付き添いのご家族がいた場合は、その方に一言、挨拶してから帰宅すると良いかと思います。

7. お見舞いを品物にする場合

お見舞いを品物にする場合

お見舞いに持って行くものを品物にする場合、注意が必要です。

まず、食べ物においては、病気によって食べ物に制限が課せられている場合があります。

その為、必ず、確認した上で選ぶ事をお勧めします。

また、その際は、日持ちにするものを選ぶと良いかと思います。

その他、花を選ぶ場合は、花屋さんにお見舞いのものであると言う事を伝えると安心です。

そうする事で、お見舞いに適した花選びを行ってもらうことができます。

8. 一番、良いのは、現金?

一番、良いのは、現金?

お見舞いの品で、最も喜ばれるものは、現金と言うアンケート結果があります。

入院には、多くのお金が必要になります。

そう言った点においても、現金が一番、喜ばれるものとなっているのではないでしょうか。

まとめ

以上がお見舞いに行く際のマナーとなります。

さほど、難しい事はないかと思いますが、それだけに、うっかりマナー違反をしてしまいがちな内容となって居ます。

その為、マナー違反で恥をかかないよう、必ず、確認した上でお見舞いに行く事をお勧めします。

もちろん、これらは、親密な家族以外にお見舞いのマナーとなります。

家族の場合、以上のような事など気にせず、積極的に顔を見せてあげる事も大切かと思います。

友人や会社の上司。

その他、親戚などが入院した際、お見舞いに行く事も少なくないかと思います。

そんな時、何もマナーを知らずに行く事で、後で恥をかいてしまうと言う事も. 。

そんな事にならない為にも、大人として、お見舞いの際のマナーを確認した上で、大切な人へのお見舞いに行く事をお勧めします。


お見舞いに行くタイミング

お見舞いに行く際は、タイミングにおいても注意が必要です。

大切な人が入院したと聞き、すぐにでもお見舞いに行きたいと思う人もいるかも知れません。

しかし、その事が帰って相手に迷惑をかけてしまう事も考えられるのです。

その為、お見舞いに行く際は、タイミングを考慮する事が大切だと言えるのです。

まず、入院直後や手術をした場合は、手術直後のお見舞いは避けた方が無難です。

何かと慌ただしい期間となる為、少し落ち着いた頃を見計らい、お見舞いに行くようにします。

その為、お見舞いに行く前に必ず、家族に連絡を取り、今、どのような状態なのか事前に確認しておくと良いかと思います。

お見舞いに行く時間帯

ほとんどの病院では、お見舞いに行く事ができる時間帯が決められています。

その為、必ず、その時間帯を守り、お見舞いに行く必要があります。

その上で、昼食時などを避けた2時から3時あたりがベストになります。

また、面会時は、静かにするようにし、面会時間としては20分以内で納めるようにする事も大切です。

そうする事で、相手の体にも負担をかけずお見舞いする事ができます。

お見舞いに行く際の服装

お見舞いに行く際の服装選びに困る人も多いかも知れません。

基本的には、どのような服装でもOKですが、華美にならない程度の洋服を選ぶと無難です。

また、アクセサリーなども最小限に抑えると良いかと思います。

しかし、だからと言って、真っ黒な洋服を選ぶ必要はありません。

その方がかえって、相手に悪い印象を与えてしまう為、黒ではなく、落ち着いた色合いの洋服選びを行う事をお勧めします。

その他の注意点としては、香水の使用は避け、スマホや携帯電話の電源は必ずOFFにしておきます。

お見舞いに行く人数

お見舞いに行く際は、あまり、大勢で行く事がないように注意する事が大切です。

もし、大勢でのお見舞いが必要なら、日にちを変えて分けて、お見舞いに行くと良いかと思います。

基本的にお見舞いは一人がベストだと言われていますが、それが難しい場合は、3人程度に収める事が大切です。

それ以上の場合、お見舞いする患者さんの体の負担が大きくなるほか、他の入院患者への負担も大きくなっています。

また、出来るだけ、子連れでのお見舞いは避けるようにし、他の患者さんに迷惑をかけないよう配慮が必要です。

お見舞いを遠慮した方が良い場合

必ずしも、お見舞いに行かなければいけないと言う事はありません。

場合によっては、お見舞いに行く事を遠慮した方が良いと言う場合もあります。

例えば、病気が重い状態の場合や子供の入院などは、様子を見て、お見舞いは控えた方が賢明です。

その他、婦人科などへのお見舞いに男性一人で行くと言った事も避けた方が良いかと思います。

相手が眠っていた場合

お見舞いに言った相手が眠っていると言う事も少なくありません。

病院では、昼間眠っている人も多く、時間によっては、お見舞い相手に会う事ができないと言う場合もあります。

そのような場合は、決して、起こすことなく、看護師の方に言付けをお願いすると良いかと思います。

もし、お見舞いの品がある場合は、それも一緒に預けておく事も可能です。

相手が眠っているからと言って、そのまま、帰ってしまうのではなく、看護師や付き添いのご家族がいた場合は、その方に一言、挨拶してから帰宅すると良いかと思います。

お見舞いを品物にする場合

お見舞いに持って行くものを品物にする場合、注意が必要です。

まず、食べ物においては、病気によって食べ物に制限が課せられている場合があります。

その為、必ず、確認した上で選ぶ事をお勧めします。

また、その際は、日持ちにするものを選ぶと良いかと思います。

その他、花を選ぶ場合は、花屋さんにお見舞いのものであると言う事を伝えると安心です。

そうする事で、お見舞いに適した花選びを行ってもらうことができます。

一番、良いのは、現金?

お見舞いの品で、最も喜ばれるものは、現金と言うアンケート結果があります。

入院には、多くのお金が必要になります。

そう言った点においても、現金が一番、喜ばれるものとなっているのではないでしょうか。

以上がお見舞いに行く際のマナーとなります。

さほど、難しい事はないかと思いますが、それだけに、うっかりマナー違反をしてしまいがちな内容となって居ます。

その為、マナー違反で恥をかかないよう、必ず、確認した上でお見舞いに行く事をお勧めします。

もちろん、これらは、親密な家族以外にお見舞いのマナーとなります。

家族の場合、以上のような事など気にせず、積極的に顔を見せてあげる事も大切かと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-