【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172558.html
モラハラの旦那や彼氏の特徴

モラハラの旦那や彼氏の特徴 | LADYCO

LADYCO
モラハラの旦那や彼氏の特徴

最近社会問題になっているのが「モラハラ」です。

今回はモラハラ夫の特徴を紹介します。

  • 最初はとにかく優しい
  • 恋愛中は理想の彼氏
  • 結婚後、態度が豹変する
  • 無視する
  • 暴力を振るう
  • 脅し文句を使う
  • すぐに嫉妬する
  • 行動を縛る
  • 被害者顔で言い訳をする
  • 妻の責任にする
  • 自分に優しい
  • ストレス耐性がない
  • まとめ

1. 最初はとにかく優しい

最初はとにかく優しい

出会った時はとても素敵な人に見える、特に優しいと感じるタイプの人が、モラハラをする夫の特徴になっています。

モラハラタイプの人は、モラハラをするターゲットを探しています。

ターゲットを決めたら優しい仮面をかぶって近づきます。

相手に自分がモラハラ男だと気付かれないようにするために、必死で優しい人を演じます。

そのため結婚前にモラハラ男だと気付くことはとても難しいと言われています。

2. 恋愛中は理想の彼氏

恋愛中は理想の彼氏

出会った時は優しく、恋愛中に徐々に素の男性の部分が出るのが恋愛中の「あるある」です。

それが自然で、恋愛中の彼氏の本当の姿を垣間見るのも、彼女の楽しみのひとつと言えるでしょう。

しかしモラハラ男は恋愛中に自分の素を見せないように注意しています。

素を見せても「可愛い」と思われるような、そんな可愛い素の部分をモラハラ男は持っていないためです。

絶対にばれないように気を張って彼氏を演じるため、彼女は相手が理想の彼氏だと勘違いしてしまいます。

3. 結婚後、態度が豹変する

結婚後、態度が豹変する

結婚をして自分の女になったと思った瞬間に、モラハラ夫は態度を豹変します。

結婚式が終わった直後の夜から豹変する人や、新居で生活を始めた日からいきなり態度が豹変します。

そのため、「今日は機嫌が悪いのかな」と相手が本性を出したことになかなか気づけません。

それまでの演技が完璧だったから余計そう感じるのでしょう。

相手が自分のものになり、簡単に逃げ出せない状況になったのを見届けると、モラハラ男が姿を現します。

4. 無視する

無視する

モラハラ男は、妻に対して様々な「暴力」を振るいます。

その中のひとつが「無視をする」という暴力です。

妻の行動に何か気に入らない部分があった時、モラハラ夫は妻を無視します。

どうして無視されたか理由が分からないため、妻は動揺します。

理由を聞いてももちろん答えてくれません。

「察することができない、お前が悪い」という態度を崩しません。

妻は何をすると夫が怒るのか分からないため、いつもびくびくすることになります。

5. 暴力を振るう

暴力を振るう

直接的に暴力を振るうタイプのモラハラ夫もいます。

密室を狙って、顔以外の目立たない場所に暴力を振るう、陰湿で計算高いタイプのモラハラ夫もいます。

6. 脅し文句を使う

脅し文句を使う

「○○したら殺すぞ」というような脅し文句を使い、妻の行動を貶めるようなことをするモラハラ夫もいます。

実際にそれまで無視をされたり、暴力を振るわれた経験がある妻は、その脅し文句を聞き流すことができません。

言葉以上に動揺してしまい、精神的に参ってしまう妻も珍しくありません。

7. すぐに嫉妬する

すぐに嫉妬する

妻の行動にすぐ嫉妬するタイプのモラハラ夫もいます。

例えば買い物をした時に、コンビニの店員が妻に笑顔を見せたからといって嫉妬します。

そして帰宅した後、「コンビニの店員に色目を使ったのか」と言われのない文句をつけてきます。

嫉妬心が強すぎるのは、自分が妻にひどいことをしているという自覚があるせいです。

いつか妻が家を出てしまうかもしれないことを無意識で自覚している部分もあります。

8. 行動を縛る

行動を縛る

嫉妬が強いのと同様に、行動を縛るタイプのモラハラ夫もいます。

妻が社会に出てしまえば、自分よりも素敵な人に出会ってしまうかもしれません。

また自分がモラハラ行為をしていることが、世の中に広まってしまうかもしれません。

自分が妻に捨てられること、自分が妻にしていることを知られたくないため、妻の行動を縛るのです。

9. 被害者顔で言い訳をする

被害者顔で言い訳をする

モラハラ夫のモラハラ行為に切れて、妻が夫を攻撃することがあります。

するとモラハラ夫は反撃をせずに、被害者顔で泣き始めることがあります。

こんな自分になったのは、幼い頃のトラウマが原因だと言ったり、貧しい家庭に生まれたからだと、自分が社会の被害者のような顔をします。

まるで自分には責任がなく、悪い世の中が自分をこうさせるのだという具合です。

10. 妻の責任にする

妻の責任にする

モラハラ夫のモラハラ攻撃のいちばんの悪が、「妻が悪いのだと思わせる」ことです。

モラハラ夫が悪いのではなく、妻の行動が悪いからという図式を作ります。

たまに妻の行動を過剰に褒めるなど、アメを与えてコントロールすることも忘れません。

そのため妻は、良い事をしたら褒められる、悪いことをしたから叱られているだけだと思い込んでしまいます。

一種の洗脳のような行為をモラハラ夫はします。

例えば食事の味付けを失敗したらからといって、一週間無視をされたり、暴力を振るわれたりする事に対する正当性はないのですが、モラハラ夫の洗脳を受けている間は妻はそのことに気付くことができません。

モラハラ夫の存在や、モラハラの被害に遭っている妻のことがあまり社会に公にならないのは、この夫の洗脳によるところが大きいです。

妻の友人や家族がモラハラに気付き、夫と距離を置かせると、自分がいかにひどいことをされていたのかが分かるようになります。

11. 自分に優しい

自分に優しい

モラハラ夫は、自分に優しい傾向があります。

妻が失敗をすると怒るのに、自分が失敗をすると「男だから仕方がない」「仕事で疲れているから仕方がない」と理由付けをして自分を許してしまいます。

むしろ失敗を非難するような目をしたと、妻に逆切れをして暴力を振るうようなモラハラ夫がいます。

とても矛盾した行動ですが、モラハラ夫にも、被害を受けている途中の妻にも気づくことができません。

12. ストレス耐性がない

ストレス耐性がない

そもそも妻に暴力を振るってしまうのは、ストレス耐性が弱く自分の中にしまっておくことができないからです。

ストレスのはけ口は弱い立場の妻になります。

決して結婚すべき相手ではなく、友達や知り合いにもなりたくないタイプの人です。

まとめ

モラハラ夫は自分の欲望やストレスのはけ口になる女性を探し、結婚をして逃げられなくなるまで計算高く振る舞う様子が見てとれました。

モラハラ夫の特徴は、恋愛中は仮面の下に隠れています。

しかし注意深く彼氏を見れば、いくつかの特徴がうっすら見えてくるはずです。

早い段階でモラハラ夫だと気付き、距離を置き、逃げるようにしましょう。

最近社会問題になっているのが「モラハラ」です。

今回はモラハラ夫の特徴を紹介します。


最初はとにかく優しい

出会った時はとても素敵な人に見える、特に優しいと感じるタイプの人が、モラハラをする夫の特徴になっています。

モラハラタイプの人は、モラハラをするターゲットを探しています。

ターゲットを決めたら優しい仮面をかぶって近づきます。

相手に自分がモラハラ男だと気付かれないようにするために、必死で優しい人を演じます。

そのため結婚前にモラハラ男だと気付くことはとても難しいと言われています。

恋愛中は理想の彼氏

出会った時は優しく、恋愛中に徐々に素の男性の部分が出るのが恋愛中の「あるある」です。

それが自然で、恋愛中の彼氏の本当の姿を垣間見るのも、彼女の楽しみのひとつと言えるでしょう。

しかしモラハラ男は恋愛中に自分の素を見せないように注意しています。

素を見せても「可愛い」と思われるような、そんな可愛い素の部分をモラハラ男は持っていないためです。

絶対にばれないように気を張って彼氏を演じるため、彼女は相手が理想の彼氏だと勘違いしてしまいます。

結婚後、態度が豹変する

結婚をして自分の女になったと思った瞬間に、モラハラ夫は態度を豹変します。

結婚式が終わった直後の夜から豹変する人や、新居で生活を始めた日からいきなり態度が豹変します。

そのため、「今日は機嫌が悪いのかな」と相手が本性を出したことになかなか気づけません。

それまでの演技が完璧だったから余計そう感じるのでしょう。

相手が自分のものになり、簡単に逃げ出せない状況になったのを見届けると、モラハラ男が姿を現します。

無視する

モラハラ男は、妻に対して様々な「暴力」を振るいます。

その中のひとつが「無視をする」という暴力です。

妻の行動に何か気に入らない部分があった時、モラハラ夫は妻を無視します。

どうして無視されたか理由が分からないため、妻は動揺します。

理由を聞いてももちろん答えてくれません。

「察することができない、お前が悪い」という態度を崩しません。

妻は何をすると夫が怒るのか分からないため、いつもびくびくすることになります。

暴力を振るう

直接的に暴力を振るうタイプのモラハラ夫もいます。

密室を狙って、顔以外の目立たない場所に暴力を振るう、陰湿で計算高いタイプのモラハラ夫もいます。

脅し文句を使う

「○○したら殺すぞ」というような脅し文句を使い、妻の行動を貶めるようなことをするモラハラ夫もいます。

実際にそれまで無視をされたり、暴力を振るわれた経験がある妻は、その脅し文句を聞き流すことができません。

言葉以上に動揺してしまい、精神的に参ってしまう妻も珍しくありません。

すぐに嫉妬する

妻の行動にすぐ嫉妬するタイプのモラハラ夫もいます。

例えば買い物をした時に、コンビニの店員が妻に笑顔を見せたからといって嫉妬します。

そして帰宅した後、「コンビニの店員に色目を使ったのか」と言われのない文句をつけてきます。

嫉妬心が強すぎるのは、自分が妻にひどいことをしているという自覚があるせいです。

いつか妻が家を出てしまうかもしれないことを無意識で自覚している部分もあります。

行動を縛る

嫉妬が強いのと同様に、行動を縛るタイプのモラハラ夫もいます。

妻が社会に出てしまえば、自分よりも素敵な人に出会ってしまうかもしれません。

また自分がモラハラ行為をしていることが、世の中に広まってしまうかもしれません。

自分が妻に捨てられること、自分が妻にしていることを知られたくないため、妻の行動を縛るのです。

被害者顔で言い訳をする

モラハラ夫のモラハラ行為に切れて、妻が夫を攻撃することがあります。

するとモラハラ夫は反撃をせずに、被害者顔で泣き始めることがあります。

こんな自分になったのは、幼い頃のトラウマが原因だと言ったり、貧しい家庭に生まれたからだと、自分が社会の被害者のような顔をします。

まるで自分には責任がなく、悪い世の中が自分をこうさせるのだという具合です。

妻の責任にする

モラハラ夫のモラハラ攻撃のいちばんの悪が、「妻が悪いのだと思わせる」ことです。

モラハラ夫が悪いのではなく、妻の行動が悪いからという図式を作ります。

たまに妻の行動を過剰に褒めるなど、アメを与えてコントロールすることも忘れません。

そのため妻は、良い事をしたら褒められる、悪いことをしたから叱られているだけだと思い込んでしまいます。

一種の洗脳のような行為をモラハラ夫はします。

例えば食事の味付けを失敗したらからといって、一週間無視をされたり、暴力を振るわれたりする事に対する正当性はないのですが、モラハラ夫の洗脳を受けている間は妻はそのことに気付くことができません。

モラハラ夫の存在や、モラハラの被害に遭っている妻のことがあまり社会に公にならないのは、この夫の洗脳によるところが大きいです。

妻の友人や家族がモラハラに気付き、夫と距離を置かせると、自分がいかにひどいことをされていたのかが分かるようになります。

自分に優しい

モラハラ夫は、自分に優しい傾向があります。

妻が失敗をすると怒るのに、自分が失敗をすると「男だから仕方がない」「仕事で疲れているから仕方がない」と理由付けをして自分を許してしまいます。

むしろ失敗を非難するような目をしたと、妻に逆切れをして暴力を振るうようなモラハラ夫がいます。

とても矛盾した行動ですが、モラハラ夫にも、被害を受けている途中の妻にも気づくことができません。

ストレス耐性がない

そもそも妻に暴力を振るってしまうのは、ストレス耐性が弱く自分の中にしまっておくことができないからです。

ストレスのはけ口は弱い立場の妻になります。

決して結婚すべき相手ではなく、友達や知り合いにもなりたくないタイプの人です。

モラハラ夫は自分の欲望やストレスのはけ口になる女性を探し、結婚をして逃げられなくなるまで計算高く振る舞う様子が見てとれました。

モラハラ夫の特徴は、恋愛中は仮面の下に隠れています。

しかし注意深く彼氏を見れば、いくつかの特徴がうっすら見えてくるはずです。

早い段階でモラハラ夫だと気付き、距離を置き、逃げるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-