【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172552.html
スメルハラスメント(スメハラ)とは?10選

スメルハラスメント(スメハラ)とは?10選 | LADYCO

LADYCO
スメルハラスメント(スメハラ)とは?10選

世の中には、さまざまはハラスメントが溢れかえっていますが、スメルハラスメントをご存知でしょうか。

スメルのハラスメント、つまり、臭いが原因で周囲を不快にさせる嫌がらせのことです。

そんなスメルハラスメントの具体的な例を挙げていきます。

  • 脇のにおいが臭い
  • 口臭
  • 足の臭い
  • 頭皮の臭い
  • 衣類からの臭い
  • 加齢臭や体臭
  • アロマやミストが広範囲に広がる
  • タバコの臭い
  • 香水がきつい
  • 酒臭い
  • まとめ

1. 脇のにおいが臭い

脇のにおいが臭い

スメルハラスメントと聞いて、真っ先に思い浮かべられるのが、ワキガではないでしょうか。

夏になると増えてくる制汗剤のCMでも脇にスポットを当てられることもあり、脇の臭いのケアは一般的にメジャーなものとなっているこの世の中で、きちんとケアができている人と、何も予防や対策をせずに周囲に臭いをまき散らしてしまう人との差が出てきやすいのです。

もともとの体質で脇から臭いが出てしまいやすいタイプの人もいますが、食事の内容やストレスによっても臭いがきつくなってしまうこともあります。

ワキガ対策用の制汗剤はたくさん売られていて、手軽にケアができますので、ぜひ取り入れてみてください。

2. 口臭

口臭

毎日歯磨きをしていても、毎食後に歯磨きをしていても、口の渇きになども原因として発生してしまう口臭。

自分ではなかなか気が付きにくい臭いであるにもかかわらず、対面で人と話す場面においては、ダイレクトに相手に臭いが伝わりやすいのが、この厄介な口臭。

口臭予防のガムなど、手軽にケアができますので、普段から口臭予防に気を付けましょう。

3. 足の臭い

足の臭い

悪臭を放つ靴下など、足はクサイというイメージがありますが、足の裏はよく汗を掻く場所であり、またその汗がこもりやすい環境であることが原因です。

靴を脱いだ時に足の嫌な臭いが広がったりと、靴を脱ぐ場面では気になってしまいますよね。

同じ靴を履き続けずに、きちんと乾燥させておく期間をおいたり、足の爪の間まで洗って清潔にしておくことが大切です。

また、最近では足専用のデオドラント商品も出てきていますので、そういったデオドラント商品の力を借りるのも良いでしょう。

4. 頭皮の臭い

頭皮の臭い

意外と盲点になりがちなのが、頭皮の臭いによるスメルハラスメント。

混み合っているエレベーターで、自分よりも身長の低い人の頭部が、自分の顔の前にきて、頭皮の臭いに顔を背けたくなったような経験はありませんか。

自分の頭は鼻よりも上の位置にあることから、自分の頭の臭いなんてわからないですよね。

でも、頭皮は汗やベタつきによって、臭いが発生しやすい場所なのです。

毎日お風呂に入って、髪を洗って清潔にすることはもちろんなのですが、その際に気を付けなければならない点があります。

シャンプーやトリートメントを十分に洗い流せておらず頭皮に付着したまま残ってしまっていたり、お風呂からあがった後に乾いていない状態であることも、臭いのもとを作ってしまう原因になりますので注意が必要です。

5. 衣類からの臭い

衣類からの臭い

雨で洗濯物を外干しできなかったり、気温の低い冬に厚手のニット類を干していてもなかなか乾きづらかったりと、洗濯物が生乾きであると発生しやすいカビっぽい臭い。

梅雨の時期は洗濯物を部屋干しにすることが多くなるということもあり、雨で濡れた洋服などから、生乾きの臭いがしてくることもあります。

汗を掻いた人から、汗臭さとはまた違った、シメっぽい嫌な臭いがしてくるなんてこともありますよね。

これは、衣類にもともとの臭いの原因があるということです。

湿った環境では、臭いの原因になる菌が発生しやすいので、洗ったあとに、きちんと乾かすことが重要です。

6. 加齢臭や体臭

加齢臭や体臭

加齢臭や体臭は、ピンポイントで臭いの源があるというわけではなく、自分が発している臭いが故になかなか気が付くこともできないので、対策や予防をするということが難しいものであります。

家族など、身近な存在の人が気づいてくれると、自分でも気が付く機会になるかもしれませんが、人によって個人差もあるデリケートな問題なので、周囲のサポートが大事です。

7. アロマやミストが広範囲に広がる

アロマやミストが広範囲に広がる

最近は、アロマ系の商品も多数出てきており、手軽で身近に良い香りのものを、普段の生活の中で取り入れやすくなりました。

それに反して、臭いや香りというものに関しての規制などはまだきちんと整備が追い付いていない状況です。

例えば、「黒髪はOK、茶髪はNG」であったり、「ピアスは外しましょう」といったように、頭髪や化粧やアクセサリーなど、目に見てわかりやすいものは規制がしやすいですが、「柔軟剤がほのかに香る程度ならOK」とか、「自分のデスクから半径1メートルを越えるところまで香りが充満するようなアロマは使用禁止」など、目に見えない臭いや香りに対して具体的にどこからが規制の対象になるかというのは、かなり難しい問題です。

8. タバコの臭い

タバコの臭い

タバコの受動喫煙による健康被害などが問題視されて、禁煙や分煙を促すような世の中となっておりますが、タバコによる周囲への悪影響のうちに1つには、臭いもありますよね。

禁煙や分煙をきちんと守っていても、タバコの臭いには注意を払う必要があります。

例えば、喫煙室でタバコを吸い終わって、喫煙室から出てきた人の髪や服装に臭いがついていて、その臭いが原因で周囲に不快な思いをさせてしまうということだってありえます。

9. 香水がきつい

香水がきつい

良い香りをさせようと思って香水をつけていても、それがかえって、周囲に不快感を与える臭いになってしまうこともあります。

香水をつけている本人は、その臭いに慣れてしまって、感覚がマヒしてしまい、どんどん臭いがきつくなってしまうというケースが多いです。

10. 酒臭い

酒臭い

飲み過ぎた翌日、二日酔いになっているとともに、身体からお酒の嫌な臭いがしてくることもありますよね。

その酒臭さは、周囲にも伝わっています。

二日酔いによる気持ち悪さや頭痛を治すために薬を飲んだりと、酔いを覚ますことには気がまわっても、きちんと臭いを消すこともお忘れなく。

まとめ

スメルハラスメントと一口に言っても、様々な種類のスメルハラスメントがあり、臭う場所や原因によって、予防や対策の手段も異なってきます。

どのスメルハラスメントにも共通するのが、本人がスメルハラスメントへの認識があるかどうかがキーポイントとなりますので、自分の放つ臭いについて、気にかけるようにしましょう。

世の中には、さまざまはハラスメントが溢れかえっていますが、スメルハラスメントをご存知でしょうか。

スメルのハラスメント、つまり、臭いが原因で周囲を不快にさせる嫌がらせのことです。

そんなスメルハラスメントの具体的な例を挙げていきます。


脇のにおいが臭い

スメルハラスメントと聞いて、真っ先に思い浮かべられるのが、ワキガではないでしょうか。

夏になると増えてくる制汗剤のCMでも脇にスポットを当てられることもあり、脇の臭いのケアは一般的にメジャーなものとなっているこの世の中で、きちんとケアができている人と、何も予防や対策をせずに周囲に臭いをまき散らしてしまう人との差が出てきやすいのです。

もともとの体質で脇から臭いが出てしまいやすいタイプの人もいますが、食事の内容やストレスによっても臭いがきつくなってしまうこともあります。

ワキガ対策用の制汗剤はたくさん売られていて、手軽にケアができますので、ぜひ取り入れてみてください。

口臭

毎日歯磨きをしていても、毎食後に歯磨きをしていても、口の渇きになども原因として発生してしまう口臭。

自分ではなかなか気が付きにくい臭いであるにもかかわらず、対面で人と話す場面においては、ダイレクトに相手に臭いが伝わりやすいのが、この厄介な口臭。

口臭予防のガムなど、手軽にケアができますので、普段から口臭予防に気を付けましょう。

足の臭い

悪臭を放つ靴下など、足はクサイというイメージがありますが、足の裏はよく汗を掻く場所であり、またその汗がこもりやすい環境であることが原因です。

靴を脱いだ時に足の嫌な臭いが広がったりと、靴を脱ぐ場面では気になってしまいますよね。

同じ靴を履き続けずに、きちんと乾燥させておく期間をおいたり、足の爪の間まで洗って清潔にしておくことが大切です。

また、最近では足専用のデオドラント商品も出てきていますので、そういったデオドラント商品の力を借りるのも良いでしょう。

頭皮の臭い

意外と盲点になりがちなのが、頭皮の臭いによるスメルハラスメント。

混み合っているエレベーターで、自分よりも身長の低い人の頭部が、自分の顔の前にきて、頭皮の臭いに顔を背けたくなったような経験はありませんか。

自分の頭は鼻よりも上の位置にあることから、自分の頭の臭いなんてわからないですよね。

でも、頭皮は汗やベタつきによって、臭いが発生しやすい場所なのです。

毎日お風呂に入って、髪を洗って清潔にすることはもちろんなのですが、その際に気を付けなければならない点があります。

シャンプーやトリートメントを十分に洗い流せておらず頭皮に付着したまま残ってしまっていたり、お風呂からあがった後に乾いていない状態であることも、臭いのもとを作ってしまう原因になりますので注意が必要です。

衣類からの臭い

雨で洗濯物を外干しできなかったり、気温の低い冬に厚手のニット類を干していてもなかなか乾きづらかったりと、洗濯物が生乾きであると発生しやすいカビっぽい臭い。

梅雨の時期は洗濯物を部屋干しにすることが多くなるということもあり、雨で濡れた洋服などから、生乾きの臭いがしてくることもあります。

汗を掻いた人から、汗臭さとはまた違った、シメっぽい嫌な臭いがしてくるなんてこともありますよね。

これは、衣類にもともとの臭いの原因があるということです。

湿った環境では、臭いの原因になる菌が発生しやすいので、洗ったあとに、きちんと乾かすことが重要です。

加齢臭や体臭

加齢臭や体臭は、ピンポイントで臭いの源があるというわけではなく、自分が発している臭いが故になかなか気が付くこともできないので、対策や予防をするということが難しいものであります。

家族など、身近な存在の人が気づいてくれると、自分でも気が付く機会になるかもしれませんが、人によって個人差もあるデリケートな問題なので、周囲のサポートが大事です。

アロマやミストが広範囲に広がる

最近は、アロマ系の商品も多数出てきており、手軽で身近に良い香りのものを、普段の生活の中で取り入れやすくなりました。

それに反して、臭いや香りというものに関しての規制などはまだきちんと整備が追い付いていない状況です。

例えば、「黒髪はOK、茶髪はNG」であったり、「ピアスは外しましょう」といったように、頭髪や化粧やアクセサリーなど、目に見てわかりやすいものは規制がしやすいですが、「柔軟剤がほのかに香る程度ならOK」とか、「自分のデスクから半径1メートルを越えるところまで香りが充満するようなアロマは使用禁止」など、目に見えない臭いや香りに対して具体的にどこからが規制の対象になるかというのは、かなり難しい問題です。

タバコの臭い

タバコの受動喫煙による健康被害などが問題視されて、禁煙や分煙を促すような世の中となっておりますが、タバコによる周囲への悪影響のうちに1つには、臭いもありますよね。

禁煙や分煙をきちんと守っていても、タバコの臭いには注意を払う必要があります。

例えば、喫煙室でタバコを吸い終わって、喫煙室から出てきた人の髪や服装に臭いがついていて、その臭いが原因で周囲に不快な思いをさせてしまうということだってありえます。

香水がきつい

良い香りをさせようと思って香水をつけていても、それがかえって、周囲に不快感を与える臭いになってしまうこともあります。

香水をつけている本人は、その臭いに慣れてしまって、感覚がマヒしてしまい、どんどん臭いがきつくなってしまうというケースが多いです。

酒臭い

飲み過ぎた翌日、二日酔いになっているとともに、身体からお酒の嫌な臭いがしてくることもありますよね。

その酒臭さは、周囲にも伝わっています。

二日酔いによる気持ち悪さや頭痛を治すために薬を飲んだりと、酔いを覚ますことには気がまわっても、きちんと臭いを消すこともお忘れなく。

スメルハラスメントと一口に言っても、様々な種類のスメルハラスメントがあり、臭う場所や原因によって、予防や対策の手段も異なってきます。

どのスメルハラスメントにも共通するのが、本人がスメルハラスメントへの認識があるかどうかがキーポイントとなりますので、自分の放つ臭いについて、気にかけるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-