【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172549.html
アルコールハラスメント【アルハラ】の特徴

アルコールハラスメント【アルハラ】の特徴 | LADYCO

LADYCO
アルコールハラスメント【アルハラ】の特徴

最近ニュースで耳にするアルハラ。

正しく理解していないと、総スカンを食らうこともあります。

アルハラの特徴をご紹介します。

  • 一気飲みを強要する
  • 質より量を重視する
  • 「飲めない」ことをネタにする
  • 酔ってボディタッチする
  • 悪ふざけをする
  • お店のスタッフにからむ
  • つぶれるまで飲ませる
  • 罰ゲームを与える
  • 飲み会に誘う
  • 介抱しない
  • 説教をする
  • 体育会系のノリを強要する
  • 人の話を全く聞かない
  • まとめ

1. 一気飲みを強要する

一気飲みを強要する

アルコールハラスメントの特徴として、一気飲みを無理強いさせることがあります。

お酒があまり強くない人にビールやワインを一度に大量飲ませると、急性アルコール中毒に陥りひどい場合は死にいたるケースもあります。

飲み会のムードを盛り上げたいと、飲めない人にも一気飲みさせるのは厳禁。

取り返しのつかない事態を招くことがあります。

2. 質より量を重視する

質より量を重視する

酒は百薬の長と呼ばれるくらい、適量なら薬にもなるもの。

しかし飲み方を誤ってしまうと、とんでもない方向へ向かうことがあります。

ビールをジョッキで何杯も飲ませる・テキーラをお代わりさせるなど、質より量を重視した飲ませ方はヒンシュクを買います。

場合によってはアルハラで訴えられることもあります。

3. 「飲めない」ことをネタにする

「飲めない」ことをネタにする

何杯飲んでも顔が赤くならない人がいるように、ビールの1滴さえも口にできない下戸の方もいます。

病気と同じように、人それぞれ飲める・飲めないの体質があることを、頭の中でキチンと理解しておくのが大切です。

お酒が全く飲めないことを中傷したり、非難することもアルハラの大きな特徴です。

アルコールに弱いこと自体をネタにして、笑いを誘うことのないよう注意しましょう。

4. 酔ってボディタッチする

酔ってボディタッチする

お酒を飲むとテンションが上がり、いつもとは違う大胆な行動がとれるようになります。

酔った勢いで体を触る・腰に手をまわす・ハグをする・キスをするなどセクハラに値する行動は慎むべきもの。

こちらは酔っていい気分だったとしても、相手はしらふのこともあります。

酔いが冷めて自分のしたことを後悔しないよう、アルハラまがいの行動は慎みましょう。

5. 悪ふざけをする

悪ふざけをする

お酒に酔うと裸になってダンスする方もいます。

ユニークに思える所作も、周囲の方から見れば冷めてしまう恥ずかしい行動です。

酔った勢いに任せて、子どものように悪ふざけするのはアルハラの大きな特徴です。

どんなにアルコールが入ってハイになったとしても、1人の社会人であることを肝に入れておきましょう。

6. お店のスタッフにからむ

お店のスタッフにからむ

普段はとても大人しい人なのに、アルコールが進むにつれて人が変わったように横暴になる人もいます。

酔った勢いで店員さんにクレームをつける・無理難題を突き付ける・お会計をしぶるなど、お酒が絡んだ暴言はアルハラの大きな特徴です。

暴言や暴動がひどい場合は、お店側から訴えられることもあります。

楽しいお酒の時間を悪夢にかえないよう、セルフコントロールが大切です。

7. つぶれるまで飲ませる

つぶれるまで飲ませる

お酒が弱い人にわざと大量のビールを飲ませて、つぶれさせてしまう事もアルハラの定義にあたります。

異性をくどきたいために、わざとお酒を勧めることもゆゆしき行為のひとつです。

故意にお酒を飲ませて意識不明の状態に陥らせてしまうと「傷害罪」などの罪にあたることもあります。

たかがお酒、されどお酒。

マナーとモラルを守った飲み会が基本です。

8. 罰ゲームを与える

罰ゲームを与える

「5分間に何杯ウーロンハイを飲めるか」など、お酒が絡んだゲームをしつこくおこなうことも、アルハラの特徴です。

万が一飲めなかった場合、罰ゲームを用意して飲めない人をとことん追い詰めます。

みんなが笑顔になれる楽しいゲームならまだしも、体調を悪化させながら臨む罰ゲームは、本来あるべき形ではありません。

節度のある飲み会を守ることで、みんなが愉快に飲める席がつくれます。

9. 飲み会に誘う

飲み会に誘う

少し前の日本では、上司が部下と仲良くなるために積極的に飲み会に誘っていました。

パワハラへの関心が深まるなか、飲み会に誘うこと自体もアルハラと位置づけされることがあり注意が必要です。

自分はコミュニケーションを取っているつもりでも、部下や後輩から見て「嫌がらせ」「パワハラ」と受け取られることがあります。

精神的に辛い思いをさせ、ひどいケースでは相手をうつ状態に貶めることもあります。

アルコールを交えた付き合いだけがコミュニケーション・ツールでは無いもの。

ときにはアルコール抜きの、正々堂々としたお付き合いも大切です。

10. 介抱しない

介抱しない

相手がお酒に酔って酔いつぶれているのに、自分だけ電車で自宅に帰ってしまうこともアルハラの特徴です。

お酒に弱い人が、昏睡や意識不明の状態になるケースもあります。

あきらかに普段と違う状態の人を、そのままお店や道路に放置して帰るのは1人の人間として問題です。

具合が急変した知人がいたら、すぐに様子をみて最悪のケースでは救急車を呼ぶこと。

大人のモラルが問われます。

11. 説教をする

説教をする

お酒を飲むと気分が大きくなり、あれやこれや説教トークを始める人がいます。

たまに会う関係ならまだしも、毎週のように付き合わされる部下や後輩にとって、この態度は辛いものがあります。

支離滅裂な説教が止まらない・人格を否定されるような文言を言われるなど、過度な誹謗中傷が繰り返されるのはアルハラの大きな特徴です。

こうした人が周りにいると、一緒にお酒を飲むこともストレスになります。

12. 体育会系のノリを強要する

体育会系のノリを強要する

大量のお酒を飲むことを、仕事のひとつだと思っている人がいます。

飲めない体質の人にも、体育会系のノリでアルコールを強要させるのはアルハラの特徴です。

お酒を受け付けない体質の人は、気合いが無いから飲めないわけではありません。

その場の勢いに流されて飲んでしまうと、中毒症状を起こして亡くなるケースもあります。

体育会系のノリをお酒の席まで持ち込むのはマナー違反と心得ましょう。

13. 人の話を全く聞かない

人の話を全く聞かない

お酒が入るとアルコールの作用で、自己中心的になりやすくなります。

大勢で飲んでいても目の前のことしか頭に入らなくなり、自分のことだけで精一杯になります。

周りの人があれこれ言ってもお構いなし。

人の話に全く耳を傾けなくなるのも、アルハラの特徴です。

会話が一方通行になってしまうため、ときには思いもよらないトラブルに巻き込まれることがあります。

まとめ

アルハラの特徴をまとめてみました。

普段窮屈な想いをしている人ほど、仕事やプライベートのストレスを晴らそうと、アルハラの行動を取ってしまうことがあります。

国を挙げて働き方改革が実施されている今「お酒との良い付き合い方」を見直す、よいチャンスが訪れているのかもしれません。

最近ニュースで耳にするアルハラ。

正しく理解していないと、総スカンを食らうこともあります。

アルハラの特徴をご紹介します。


一気飲みを強要する

アルコールハラスメントの特徴として、一気飲みを無理強いさせることがあります。

お酒があまり強くない人にビールやワインを一度に大量飲ませると、急性アルコール中毒に陥りひどい場合は死にいたるケースもあります。

飲み会のムードを盛り上げたいと、飲めない人にも一気飲みさせるのは厳禁。

取り返しのつかない事態を招くことがあります。

質より量を重視する

酒は百薬の長と呼ばれるくらい、適量なら薬にもなるもの。

しかし飲み方を誤ってしまうと、とんでもない方向へ向かうことがあります。

ビールをジョッキで何杯も飲ませる・テキーラをお代わりさせるなど、質より量を重視した飲ませ方はヒンシュクを買います。

場合によってはアルハラで訴えられることもあります。

「飲めない」ことをネタにする

何杯飲んでも顔が赤くならない人がいるように、ビールの1滴さえも口にできない下戸の方もいます。

病気と同じように、人それぞれ飲める・飲めないの体質があることを、頭の中でキチンと理解しておくのが大切です。

お酒が全く飲めないことを中傷したり、非難することもアルハラの大きな特徴です。

アルコールに弱いこと自体をネタにして、笑いを誘うことのないよう注意しましょう。

酔ってボディタッチする

お酒を飲むとテンションが上がり、いつもとは違う大胆な行動がとれるようになります。

酔った勢いで体を触る・腰に手をまわす・ハグをする・キスをするなどセクハラに値する行動は慎むべきもの。

こちらは酔っていい気分だったとしても、相手はしらふのこともあります。

酔いが冷めて自分のしたことを後悔しないよう、アルハラまがいの行動は慎みましょう。

悪ふざけをする

お酒に酔うと裸になってダンスする方もいます。

ユニークに思える所作も、周囲の方から見れば冷めてしまう恥ずかしい行動です。

酔った勢いに任せて、子どものように悪ふざけするのはアルハラの大きな特徴です。

どんなにアルコールが入ってハイになったとしても、1人の社会人であることを肝に入れておきましょう。

お店のスタッフにからむ

普段はとても大人しい人なのに、アルコールが進むにつれて人が変わったように横暴になる人もいます。

酔った勢いで店員さんにクレームをつける・無理難題を突き付ける・お会計をしぶるなど、お酒が絡んだ暴言はアルハラの大きな特徴です。

暴言や暴動がひどい場合は、お店側から訴えられることもあります。

楽しいお酒の時間を悪夢にかえないよう、セルフコントロールが大切です。

つぶれるまで飲ませる

お酒が弱い人にわざと大量のビールを飲ませて、つぶれさせてしまう事もアルハラの定義にあたります。

異性をくどきたいために、わざとお酒を勧めることもゆゆしき行為のひとつです。

故意にお酒を飲ませて意識不明の状態に陥らせてしまうと「傷害罪」などの罪にあたることもあります。

たかがお酒、されどお酒。

マナーとモラルを守った飲み会が基本です。

罰ゲームを与える

「5分間に何杯ウーロンハイを飲めるか」など、お酒が絡んだゲームをしつこくおこなうことも、アルハラの特徴です。

万が一飲めなかった場合、罰ゲームを用意して飲めない人をとことん追い詰めます。

みんなが笑顔になれる楽しいゲームならまだしも、体調を悪化させながら臨む罰ゲームは、本来あるべき形ではありません。

節度のある飲み会を守ることで、みんなが愉快に飲める席がつくれます。

飲み会に誘う

少し前の日本では、上司が部下と仲良くなるために積極的に飲み会に誘っていました。

パワハラへの関心が深まるなか、飲み会に誘うこと自体もアルハラと位置づけされることがあり注意が必要です。

自分はコミュニケーションを取っているつもりでも、部下や後輩から見て「嫌がらせ」「パワハラ」と受け取られることがあります。

精神的に辛い思いをさせ、ひどいケースでは相手をうつ状態に貶めることもあります。

アルコールを交えた付き合いだけがコミュニケーション・ツールでは無いもの。

ときにはアルコール抜きの、正々堂々としたお付き合いも大切です。

介抱しない

相手がお酒に酔って酔いつぶれているのに、自分だけ電車で自宅に帰ってしまうこともアルハラの特徴です。

お酒に弱い人が、昏睡や意識不明の状態になるケースもあります。

あきらかに普段と違う状態の人を、そのままお店や道路に放置して帰るのは1人の人間として問題です。

具合が急変した知人がいたら、すぐに様子をみて最悪のケースでは救急車を呼ぶこと。

大人のモラルが問われます。

説教をする

お酒を飲むと気分が大きくなり、あれやこれや説教トークを始める人がいます。

たまに会う関係ならまだしも、毎週のように付き合わされる部下や後輩にとって、この態度は辛いものがあります。

支離滅裂な説教が止まらない・人格を否定されるような文言を言われるなど、過度な誹謗中傷が繰り返されるのはアルハラの大きな特徴です。

こうした人が周りにいると、一緒にお酒を飲むこともストレスになります。

体育会系のノリを強要する

大量のお酒を飲むことを、仕事のひとつだと思っている人がいます。

飲めない体質の人にも、体育会系のノリでアルコールを強要させるのはアルハラの特徴です。

お酒を受け付けない体質の人は、気合いが無いから飲めないわけではありません。

その場の勢いに流されて飲んでしまうと、中毒症状を起こして亡くなるケースもあります。

体育会系のノリをお酒の席まで持ち込むのはマナー違反と心得ましょう。

人の話を全く聞かない

お酒が入るとアルコールの作用で、自己中心的になりやすくなります。

大勢で飲んでいても目の前のことしか頭に入らなくなり、自分のことだけで精一杯になります。

周りの人があれこれ言ってもお構いなし。

人の話に全く耳を傾けなくなるのも、アルハラの特徴です。

会話が一方通行になってしまうため、ときには思いもよらないトラブルに巻き込まれることがあります。

アルハラの特徴をまとめてみました。

普段窮屈な想いをしている人ほど、仕事やプライベートのストレスを晴らそうと、アルハラの行動を取ってしまうことがあります。

国を挙げて働き方改革が実施されている今「お酒との良い付き合い方」を見直す、よいチャンスが訪れているのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-