【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172540.html
外向的な人の特徴

外向的な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
外向的な人の特徴

どこに行っても楽しめる、誰とでも仲良くできる、そんな人、クラスや会社に1人や2人はいますよね。

そういった人たちには共通点があるのです。

そんな外向的な人の特徴をまとめてみました。

  • とにかく明るい
  • 人見知りしない
  • 何にでも積極的
  • 話が上手く聞き上手
  • 情報が多い
  • 明るい色を好む
  • くよくよ悩まない
  • 常にポジティブシンキング
  • 海外志向が強い
  • 新しい物が好き
  • オンとオフがしっかりしている
  • 一人を怖がらない
  • 休日はほぼ家にいない
  • まとめ

1. とにかく明るい

とにかく明るい

外向的な人の象徴といえば底抜けに明るい性格。

いつもニコニコ、どんな時でも誰にでも笑顔です。

何も喋っていないときでも雰囲気から明るさが滲みでています。

マンガでいうと周りにお花が描かれているようなイメージです。

自然とそういった人には人が集まります。

友達が多いのも共通点ですね。

2. 人見知りしない

人見知りしない

とにかく誰とでもすぐ仲良くなれます。

初めて行く場でも自ら積極的に話しかけ、すぐ友達を作ります。

性格のタイプが違う相手とも壁を作ることなく輪を広げることができます。

内気なタイプの方からするとやや抵抗のある部分かもしれません。

また、話しかけられることも多いです。

道端で道を聞かれる回数が多かったり、ショップ定員さんに必ず捕まったり、話しかけやすいオーラが出ているのでしょう。

3. 何にでも積極的

何にでも積極的

学生時代であれば体育祭や文化祭、社会人であれば社内イベントやプライベートでフェスやパーティなど、大勢が集まるイベント事には必ず参加します。

そしてだいたいが輪の中心になっています。

遊びだけでなく、ボランティア等に参加している人も外向的な性格の人が多く感じます。

積極的に参加することで人脈が広がっていくんですね。

4. 話が上手く聞き上手

話が上手く聞き上手

色々なところで人との関わりを持つことが多いので自然と話も上手くなります。

その場を盛り上げるようなトーク力はもちろん、相手の話を聞くことにも長けています。

ただ聞くのではなく、相手が気持ちよくなるような聞き方をしてくれます。

うなづきにたくさんの種類を持っていたり、リアクションが大きかったり。

反応がしっかりあると話している側も楽しく話せますよね。

そのポイントをよくわかっています。

5. 情報が多い

情報が多い

多方面において情報をよく持ち合わせています。

色々なところへ興味があるせいか、自分の好きな事だけに留まらず意外な情報も取り入れていたりします。

政治や雑学なども聞き入れ、聞き手がへぇと言いたくなるような情報で会話を広げます。

たくさんの人種と関わることが多いタイプなので自然と知識が増えるのでしょう。

多種多様な情報量で会話にも困らないのでトークが弾みます。

ネタが多いので年配の方や性別が違う相手でも会話が苦になりません。

6. 明るい色を好む

明るい色を好む

性格が顔に現れるという言葉のように、外向的な人は明るい色を好む傾向にあります。

洋服も黒やグレーよりも白や色物、柄物を着ていることが多いです。

雰囲気からも明るさは滲み出ていますが、身にまとっているものも明るいので相乗効果ですね。

7. くよくよ悩まない

くよくよ悩まない

何か失敗したときや、悩みができたときでも長くは引きずりません。

一時は落ち込んだり、反省したりすることもありますがすぐに立ち直り改善点に向かって切り替えます。

自分で解決策を見つけることに長けています。

たくさんの人と関わり、色々な経験をする機会が多いので選択肢を多く持っているんですね。

友達の悩み相談を受けることは多いかもしれません。

たくさんの経験から良い方向を示してくれることを期待されるのでしょう。

8. 常にポジティブシンキング

常にポジティブシンキング

悪い方向に進みそうな物事でも、問題を違う方向から見てみて良い方向に捉えられる技を持っています。

本来なら自分にとってマイナスな出来事でも成長へと繋げることができます。

そうすることとで毎日を楽しく送ることができ常に明るくいることができるのでしょう。

明るい人のところには自然と人が集まります。

そこから輪を広げていっているのです。

9. 海外志向が強い

海外志向が強い

日本人独特の遠慮や謙虚さはやや欠けている場合があります。

代わりにとても積極的だったり、言いたいことははっきり言うといった外国人気質の人が多いように感じます。

ときに喧嘩へ発展してしまうこともありますが、思いを直球で伝えるので何を考えているかわからないなんてことはありません。

また海外の流行や物事に敏感で海外情報誌などはよくチェックしています。

ファッションなども海外の流行を取り入れ、最新のおしゃれを楽しむ傾向にあります。

海外旅行が好きな人も多く、異文化交流を心から楽しめるタイプです。

10. 新しい物が好き

新しい物が好き

たくさんのことに興味がある外向的な人は最新の物にも興味がつきません。

CMでみたジュース、最新のファッション、今話題のテーマパーク、とにかく何でも試してみます。

合う合わないはその時々のようですが、多くのことはトライしています。

またその時の経験を話のネタに、会話を広げていくことができます。

11. オンとオフがしっかりしている

オンとオフがしっかりしている

外向的な人は明るく積極的ですが、一人でいるときは別人のように静かなひとが多いようです。

普段明るく、社交的に振舞っているだけに一人でいるときは静かに音楽を聞いたり、リラックスしたりして落ち着いた時間を過ごしているそうです。

ヨガなど心を動かすスポーツに取り組むこともあります。

心と体を休ませることも大切ですね。

12. 一人を怖がらない

一人を怖がらない

一人でご飯、一人でお出かけ、一人で旅行、全然平気です。

多くのことに興味がわく外向的な人はどんどん一人で色んなことへ参加しに向かいます。

一人ででも多くの経験を培うことができるのでスキルアップに長けています。

友達と一緒のときの楽しみ方と、一人のときの楽しみ方、同じことをしても違う楽しみ方をする方法を知っています。

そしてその場でどんどん友達を作り、輪を広げていくのです。

13. 休日はほぼ家にいない

休日はほぼ家にいない

当たり前ですが、休日に家でじっとしているなんてことはほぼありません。

予定をほぼ詰め込んでいます。

友人との予定が合わなくても、自分が行きたかったところややってみたかったことに一人で向かいます。

それは旅行やイベントなど大掛かりなものから買い物など日常的なことまで内容は様々ですが、休日こそ早起きかもしれません。

まとめ

外向的な人の特徴、お分り頂けたでしょうか。

きっと、会社やクラスで思い浮かんだ顔があるかと思います。

外向的な人は人生を存分に楽しめている印象です。

ぜひ、良いところは取り入れて明るい毎日を送りましょう。

どこに行っても楽しめる、誰とでも仲良くできる、そんな人、クラスや会社に1人や2人はいますよね。

そういった人たちには共通点があるのです。

そんな外向的な人の特徴をまとめてみました。


とにかく明るい

外向的な人の象徴といえば底抜けに明るい性格。

いつもニコニコ、どんな時でも誰にでも笑顔です。

何も喋っていないときでも雰囲気から明るさが滲みでています。

マンガでいうと周りにお花が描かれているようなイメージです。

自然とそういった人には人が集まります。

友達が多いのも共通点ですね。

人見知りしない

とにかく誰とでもすぐ仲良くなれます。

初めて行く場でも自ら積極的に話しかけ、すぐ友達を作ります。

性格のタイプが違う相手とも壁を作ることなく輪を広げることができます。

内気なタイプの方からするとやや抵抗のある部分かもしれません。

また、話しかけられることも多いです。

道端で道を聞かれる回数が多かったり、ショップ定員さんに必ず捕まったり、話しかけやすいオーラが出ているのでしょう。

何にでも積極的

学生時代であれば体育祭や文化祭、社会人であれば社内イベントやプライベートでフェスやパーティなど、大勢が集まるイベント事には必ず参加します。

そしてだいたいが輪の中心になっています。

遊びだけでなく、ボランティア等に参加している人も外向的な性格の人が多く感じます。

積極的に参加することで人脈が広がっていくんですね。

話が上手く聞き上手

色々なところで人との関わりを持つことが多いので自然と話も上手くなります。

その場を盛り上げるようなトーク力はもちろん、相手の話を聞くことにも長けています。

ただ聞くのではなく、相手が気持ちよくなるような聞き方をしてくれます。

うなづきにたくさんの種類を持っていたり、リアクションが大きかったり。

反応がしっかりあると話している側も楽しく話せますよね。

そのポイントをよくわかっています。

情報が多い

多方面において情報をよく持ち合わせています。

色々なところへ興味があるせいか、自分の好きな事だけに留まらず意外な情報も取り入れていたりします。

政治や雑学なども聞き入れ、聞き手がへぇと言いたくなるような情報で会話を広げます。

たくさんの人種と関わることが多いタイプなので自然と知識が増えるのでしょう。

多種多様な情報量で会話にも困らないのでトークが弾みます。

ネタが多いので年配の方や性別が違う相手でも会話が苦になりません。

明るい色を好む

性格が顔に現れるという言葉のように、外向的な人は明るい色を好む傾向にあります。

洋服も黒やグレーよりも白や色物、柄物を着ていることが多いです。

雰囲気からも明るさは滲み出ていますが、身にまとっているものも明るいので相乗効果ですね。

くよくよ悩まない

何か失敗したときや、悩みができたときでも長くは引きずりません。

一時は落ち込んだり、反省したりすることもありますがすぐに立ち直り改善点に向かって切り替えます。

自分で解決策を見つけることに長けています。

たくさんの人と関わり、色々な経験をする機会が多いので選択肢を多く持っているんですね。

友達の悩み相談を受けることは多いかもしれません。

たくさんの経験から良い方向を示してくれることを期待されるのでしょう。

常にポジティブシンキング

悪い方向に進みそうな物事でも、問題を違う方向から見てみて良い方向に捉えられる技を持っています。

本来なら自分にとってマイナスな出来事でも成長へと繋げることができます。

そうすることとで毎日を楽しく送ることができ常に明るくいることができるのでしょう。

明るい人のところには自然と人が集まります。

そこから輪を広げていっているのです。

海外志向が強い

日本人独特の遠慮や謙虚さはやや欠けている場合があります。

代わりにとても積極的だったり、言いたいことははっきり言うといった外国人気質の人が多いように感じます。

ときに喧嘩へ発展してしまうこともありますが、思いを直球で伝えるので何を考えているかわからないなんてことはありません。

また海外の流行や物事に敏感で海外情報誌などはよくチェックしています。

ファッションなども海外の流行を取り入れ、最新のおしゃれを楽しむ傾向にあります。

海外旅行が好きな人も多く、異文化交流を心から楽しめるタイプです。

新しい物が好き

たくさんのことに興味がある外向的な人は最新の物にも興味がつきません。

CMでみたジュース、最新のファッション、今話題のテーマパーク、とにかく何でも試してみます。

合う合わないはその時々のようですが、多くのことはトライしています。

またその時の経験を話のネタに、会話を広げていくことができます。

オンとオフがしっかりしている

外向的な人は明るく積極的ですが、一人でいるときは別人のように静かなひとが多いようです。

普段明るく、社交的に振舞っているだけに一人でいるときは静かに音楽を聞いたり、リラックスしたりして落ち着いた時間を過ごしているそうです。

ヨガなど心を動かすスポーツに取り組むこともあります。

心と体を休ませることも大切ですね。

一人を怖がらない

一人でご飯、一人でお出かけ、一人で旅行、全然平気です。

多くのことに興味がわく外向的な人はどんどん一人で色んなことへ参加しに向かいます。

一人ででも多くの経験を培うことができるのでスキルアップに長けています。

友達と一緒のときの楽しみ方と、一人のときの楽しみ方、同じことをしても違う楽しみ方をする方法を知っています。

そしてその場でどんどん友達を作り、輪を広げていくのです。

休日はほぼ家にいない

当たり前ですが、休日に家でじっとしているなんてことはほぼありません。

予定をほぼ詰め込んでいます。

友人との予定が合わなくても、自分が行きたかったところややってみたかったことに一人で向かいます。

それは旅行やイベントなど大掛かりなものから買い物など日常的なことまで内容は様々ですが、休日こそ早起きかもしれません。

外向的な人の特徴、お分り頂けたでしょうか。

きっと、会社やクラスで思い浮かんだ顔があるかと思います。

外向的な人は人生を存分に楽しめている印象です。

ぜひ、良いところは取り入れて明るい毎日を送りましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-