【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172525.html
人付き合いが苦手な人の特徴

人付き合いが苦手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人付き合いが苦手な人の特徴

人付き合いが苦手な人によくある特徴をまとめます。

心当たりがある部分は意識して直していく努力も必要ですね。

  • 自分から話しかけることができない
  • 周りが笑っていると自分のことを笑っているように感じる
  • 楽しそうな輪に入れない
  • 目を合わせて話せない
  • 相手の機嫌を取るようなことばかり言ってしまう
  • 思ってもいないことを言って墓穴を掘る
  • 気の利いたことが言えず相手をもやっとさせる
  • 友達からの誘いが面倒に感じる
  • 場の空気を読まずに主張してしまう
  • 堂々と言えないことで独り言ばかりの変なヤツになる
  • 好きな人との恋が成就しにくい
  • 強い人の顔色ばかり見て我慢してしまう
  • 嫌われるのが怖くて一人でいることを選ぶ
  • 周りに利用されやすい
  • まとめ

1. 自分から話しかけることができない

自分から話しかけることができない

人付き合いが苦手な人は自分から話しかけることができない傾向にあります。

心を許せる人には話せますが、ちょっと冷たくされたりするとまた心を閉ざしてしまいますし、よほど親しくなったという確信がない限りは自分からはいけません。

相手のリアクションを見るのが怖いのと、自分が上手くリードする自信がないのがその理由です。

2. 周りが笑っていると自分のことを笑っているように感じる

周りが笑っていると自分のことを笑っているように感じる

人付き合いが苦手なネガティブさんは、こちらをチラッと見た人達が笑い出すとそれが偶然であっても自分のことを噂して笑っているように感じてしまいます。

内緒話もそうですし、ライングループに入れてもらっていても他にグループを作り直しているのでは?と不安になったりします。

人を信用できないことでどんどん人付き合いが苦手になっていきます。

3. 楽しそうな輪に入れない

楽しそうな輪に入れない

楽しそうにしている輪にはなかなか入れず、自分を受け入れてくれそうな大人しいグループに入ろうとします。

似たようなタイプの人ならこんな自分でも釣り合うのではと思っているからです。

人付き合いが苦手な人は自分へのコンプレックスが強く、中心グループは遠い存在だと感じています。

4. 目を合わせて話せない

目を合わせて話せない

目を合わせて話すことができないのも特徴です。

見てしまうと相手の反応がわかってしまいますし、そのせいで傷つく可能性もあるので怖いのです。

また、心の中を見透かされるようで嫌だという理由もあります。

目を合わせて話さないことで恥ずかしさを前面に出し、余計なところまでは踏み込んで欲しくないとアピールしてしまっています。

5. 相手の機嫌を取るようなことばかり言ってしまう

相手の機嫌を取るようなことばかり言ってしまう

人付き合いが苦手な人は何を言えば相手を怒らせるか、傷つけるかがイメージできません。

過去に人とトラブルを起こしたことがあればなおさらそれを恐れて相手の機嫌を取るようなことばかり言ってしまいます。

そのせいでかえって相手を怒らせたり寂しがらせることもあり、頭の中がこんがらがって人付き合いがもっと苦手になっていきます。

6. 思ってもいないことを言って墓穴を掘る

思ってもいないことを言って墓穴を掘る

人付き合いが苦手だと必死に盛り上げようとして変なテンションになってしまうこともあります。

その時に思ってもいないことを言ってしまったりつい本音を言って墓穴を掘るような失敗もあるでしょう。

人と積極的にコミュニケーションを取ろうとしてこなかった弊害でもあります。

7. 気の利いたことが言えず相手をもやっとさせる

気の利いたことが言えず相手をもやっとさせる

深刻な話をしてくる相手がいた場合にも気の利いたことが言えずに相手をもやっとさせることがあります。

人付き合いが苦手な人は楽しそうに見えなくてもどこか冷静で悩みを聞いてもらえそうな雰囲気があります。

それなのに相手の期待に応えることができず、ますます自分が嫌になります。

8. 友達からの誘いが面倒に感じる

友達からの誘いが面倒に感じる

人付き合いが苦手な人は人と付き合おうとしません。

だから友達からの誘いも断ったり自分だけさっさと切り上げて帰ってしまうようなことをします。

そのうち誘われなくなり、本当に一人ぼっちになってしまうでしょう。

人付き合いが苦手であっても誘ってくれるような相手は特に大切にすべきです。

9. 場の空気を読まずに主張してしまう

場の空気を読まずに主張してしまう

人付き合いが苦手な人はわがままな場合もあります。

相手の気持ちや場の空気を読むことができず、自分のやりたいことやしらけることをずけずけと言って嫌われてしまいます。

また、意見を言ってとお願いしても空気を読みすぎて何も言えないこともあります。

ちょうど良いくらいが難しいのですね。

10. 堂々と言えないことで独り言ばかりの変なヤツになる

堂々と言えないことで独り言ばかりの変なヤツになる

意見を言うと周りの反応が怖いのでつい独り言のようにぶつぶつ言ってしまい、周りに変なヤツ扱いをされることもあるのが特徴です。

自分では意見を言って参加している気になっています。

しかしその様子ではちゃんとした議論にならず、結果的に我慢することが多くなるでしょう。

11. 好きな人との恋が成就しにくい

好きな人との恋が成就しにくい

人付き合いが苦手ということは異性との付き合いも苦手なはずです。

好きなのに告白ができなかったり、せっかく気があるサインを送ってくれても気づけないことが多くあります。

また、恥ずかし過ぎて避けてしまうこともあり、誤解されることもあるでしょう。

恋が成熟しにくいので自分はモテないとどんどん自信がなくなっていきます。

12. 強い人の顔色ばかり見て我慢してしまう

強い人の顔色ばかり見て我慢してしまう

人付き合いが苦手であってもその状況で誰が主導権を握っているかくらいは見ていてわかるでしょう。

そして、その強い人の顔色ばかり伺い我慢するようになります。

強い人の意見には賛同し、そうではない人の意見にだけ気持ちをぶつけることで評価を下げてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

13. 嫌われるのが怖くて一人でいることを選ぶ

嫌われるのが怖くて一人でいることを選ぶ

人付き合いが苦手な人は無理に人と付き合うことを選ばず一人でいることを好むことも多いものです。

それは一番楽な方法でもありますが、そのせいでますます人付き合いを学ぶことができません。

楽な道ばかり選んで成長する機会を失うというのはとても残念なことです。

14. 周りに利用されやすい

周りに利用されやすい

人のためになることを請け負うことで周りに喜ばれ、それが自分の人気や評価だと勘違いしやすい傾向にもあります。

それを繰り返しているうちにどんどん利用されていくようにもなるので、頼りにされているか利用されているかを見極めようとしていくのも大切です。

時に疑って自分の気持ちこそ大事にしましょう。

まとめ

人付き合いが苦手な人は自分から避ける場合とそれを周りに知られないように無理をしてしまう場合があります。

避けてしまうとより放置されてしまいますし、無理をして付き合うことで誤解されることも増えるでしょう。

失敗から学ぶことも多いので、まずは人とコミュニケーションをとろうとすることが大切です。

気の合いそうな人からでいいんです。

無理をせずに人と関わっていると違うタイプの人との交流も生まれてきます。

自分の魅力を見捨てないでくださいね。

人付き合いが苦手な人によくある特徴をまとめます。

心当たりがある部分は意識して直していく努力も必要ですね。


自分から話しかけることができない

人付き合いが苦手な人は自分から話しかけることができない傾向にあります。

心を許せる人には話せますが、ちょっと冷たくされたりするとまた心を閉ざしてしまいますし、よほど親しくなったという確信がない限りは自分からはいけません。

相手のリアクションを見るのが怖いのと、自分が上手くリードする自信がないのがその理由です。

周りが笑っていると自分のことを笑っているように感じる

人付き合いが苦手なネガティブさんは、こちらをチラッと見た人達が笑い出すとそれが偶然であっても自分のことを噂して笑っているように感じてしまいます。

内緒話もそうですし、ライングループに入れてもらっていても他にグループを作り直しているのでは?と不安になったりします。

人を信用できないことでどんどん人付き合いが苦手になっていきます。

楽しそうな輪に入れない

楽しそうにしている輪にはなかなか入れず、自分を受け入れてくれそうな大人しいグループに入ろうとします。

似たようなタイプの人ならこんな自分でも釣り合うのではと思っているからです。

人付き合いが苦手な人は自分へのコンプレックスが強く、中心グループは遠い存在だと感じています。

目を合わせて話せない

目を合わせて話すことができないのも特徴です。

見てしまうと相手の反応がわかってしまいますし、そのせいで傷つく可能性もあるので怖いのです。

また、心の中を見透かされるようで嫌だという理由もあります。

目を合わせて話さないことで恥ずかしさを前面に出し、余計なところまでは踏み込んで欲しくないとアピールしてしまっています。

相手の機嫌を取るようなことばかり言ってしまう

人付き合いが苦手な人は何を言えば相手を怒らせるか、傷つけるかがイメージできません。

過去に人とトラブルを起こしたことがあればなおさらそれを恐れて相手の機嫌を取るようなことばかり言ってしまいます。

そのせいでかえって相手を怒らせたり寂しがらせることもあり、頭の中がこんがらがって人付き合いがもっと苦手になっていきます。

思ってもいないことを言って墓穴を掘る

人付き合いが苦手だと必死に盛り上げようとして変なテンションになってしまうこともあります。

その時に思ってもいないことを言ってしまったりつい本音を言って墓穴を掘るような失敗もあるでしょう。

人と積極的にコミュニケーションを取ろうとしてこなかった弊害でもあります。

気の利いたことが言えず相手をもやっとさせる

深刻な話をしてくる相手がいた場合にも気の利いたことが言えずに相手をもやっとさせることがあります。

人付き合いが苦手な人は楽しそうに見えなくてもどこか冷静で悩みを聞いてもらえそうな雰囲気があります。

それなのに相手の期待に応えることができず、ますます自分が嫌になります。

友達からの誘いが面倒に感じる

人付き合いが苦手な人は人と付き合おうとしません。

だから友達からの誘いも断ったり自分だけさっさと切り上げて帰ってしまうようなことをします。

そのうち誘われなくなり、本当に一人ぼっちになってしまうでしょう。

人付き合いが苦手であっても誘ってくれるような相手は特に大切にすべきです。

場の空気を読まずに主張してしまう

人付き合いが苦手な人はわがままな場合もあります。

相手の気持ちや場の空気を読むことができず、自分のやりたいことやしらけることをずけずけと言って嫌われてしまいます。

また、意見を言ってとお願いしても空気を読みすぎて何も言えないこともあります。

ちょうど良いくらいが難しいのですね。

堂々と言えないことで独り言ばかりの変なヤツになる

意見を言うと周りの反応が怖いのでつい独り言のようにぶつぶつ言ってしまい、周りに変なヤツ扱いをされることもあるのが特徴です。

自分では意見を言って参加している気になっています。

しかしその様子ではちゃんとした議論にならず、結果的に我慢することが多くなるでしょう。

好きな人との恋が成就しにくい

人付き合いが苦手ということは異性との付き合いも苦手なはずです。

好きなのに告白ができなかったり、せっかく気があるサインを送ってくれても気づけないことが多くあります。

また、恥ずかし過ぎて避けてしまうこともあり、誤解されることもあるでしょう。

恋が成熟しにくいので自分はモテないとどんどん自信がなくなっていきます。

強い人の顔色ばかり見て我慢してしまう

人付き合いが苦手であってもその状況で誰が主導権を握っているかくらいは見ていてわかるでしょう。

そして、その強い人の顔色ばかり伺い我慢するようになります。

強い人の意見には賛同し、そうではない人の意見にだけ気持ちをぶつけることで評価を下げてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

嫌われるのが怖くて一人でいることを選ぶ

人付き合いが苦手な人は無理に人と付き合うことを選ばず一人でいることを好むことも多いものです。

それは一番楽な方法でもありますが、そのせいでますます人付き合いを学ぶことができません。

楽な道ばかり選んで成長する機会を失うというのはとても残念なことです。

周りに利用されやすい

人のためになることを請け負うことで周りに喜ばれ、それが自分の人気や評価だと勘違いしやすい傾向にもあります。

それを繰り返しているうちにどんどん利用されていくようにもなるので、頼りにされているか利用されているかを見極めようとしていくのも大切です。

時に疑って自分の気持ちこそ大事にしましょう。

人付き合いが苦手な人は自分から避ける場合とそれを周りに知られないように無理をしてしまう場合があります。

避けてしまうとより放置されてしまいますし、無理をして付き合うことで誤解されることも増えるでしょう。

失敗から学ぶことも多いので、まずは人とコミュニケーションをとろうとすることが大切です。

気の合いそうな人からでいいんです。

無理をせずに人と関わっていると違うタイプの人との交流も生まれてきます。

自分の魅力を見捨てないでくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-