【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172522.html
人嫌いの人に見られる特徴

人嫌いの人に見られる特徴 | LADYCO

LADYCO
人嫌いの人に見られる特徴

人嫌いの人に見られる14の特徴をまとめました。

  • 自分の性格を見直す必要がある
  • 消極的である
  • 人とあまり関わらない
  • 元々人を信用していない
  • 無愛想
  • 友達が少ない
  • インドアである
  • 趣味が暗い
  • 運動神経が悪い
  • 両親が仲良くなかった
  • 過去にトラウマがある
  • 顔があまり綺麗ではない
  • 世の中の悪いところばかり見ている
  • 楽観的ではない
  • まとめ

1. 自分の性格を見直す必要がある

自分の性格を見直す必要がある

まず、人が嫌いということは、人からあまり良い扱いを受けていないからです。

それをそういう扱いをする人達のせいで自分は人が嫌いだとなっているのです。

つまり他人が悪いと思っているのです。

でも、そもそも自分の性格などがもし良かったら、周りの人々も良い扱いをしてくるので、だんだん人が嫌いではなくなるのです。

なのでまず人嫌いの人は性格があまり良くないのではないでしょうか。

2. 消極的である

消極的である

何事も消極的で、基本的に一歩引いてしまっているので、マインドもネガティブになり、少し暗めの気持ちになり、何となく人が嫌いというふうになるのです。

積極的になるだけでマインドが明るくなり、気持ちも人格も変わります。

3. 人とあまり関わらない

人とあまり関わらない

人嫌いだからといって人と関わらないでいたら、人嫌いのままずっと変わりません。

最初は難しくても人の輪に入っていくことを人嫌いの人にはオススメします。

そうするとだんだん人が嫌いではなくなってきて、だんだん明るくなってきて、そうすると人に好かれるようになり、さらに自分も人が好きになります。

4. 元々人を信用していない

元々人を信用していない

はなから人を信用していない、嫌いというメガネで人を見ているから人嫌いなのです。

その思い込みのメガネをかけていたら人生はつまらないです。

思い込みをやめて、逆に人は皆意外と良い人が多いというメガネに変えましょう。

人生が変わるはずです。

5. 無愛想

無愛想

人が嫌いな人は人が嫌いだからといって無愛想な人が多いです。

そうなると周りからも無愛想にされ、更に人が嫌いになるという悪循環に入ります。

最初は難しくても愛想良くしてみてはどうでしょうか?

そうするとだんだん周りも愛想良くしてくれるようになり、気づけば人嫌いではなくなってるはずです。

6. 友達が少ない

友達が少ない

人嫌いな人は友達が少ない、もしくはいないです。

人が嫌いなのも原因ですが、人が嫌いであると、人からも好かれはしません。

なので結局友達が少ない、もしくはいないのです。

人が嫌いであることの悪循環です。

7. インドアである

インドアである

人嫌いの人は、休日も家にこもりがちです。

あまり家にこもり過ぎるとだんだん気持ちも暗くなり、ネガティブなマインドになり、人嫌いになっていきます。

こういう人はどんどん外に出てみるだけで、だんだん気分が明るくなり、外に出るということは人とも多少触れ合うということですので、だんだん人嫌いではなくなっていくはずです。

8. 趣味が暗い

趣味が暗い

人嫌いな人は趣味が暗いことが多いです。

例えばグロい漫画や映画が好きだとか、暗い音楽が好きだとか、何か拷問の本とか暗い内容の本が好きだとか。

そういう趣味があると、やっぱりそういう暗い人間になりがちです。

そしてそんな趣味を持つ自分に自信が持てなくて暗くなり、人が嫌いになりがちです。

9. 運動神経が悪い

運動神経が悪い

運動神経が悪いことで、学生時代あまり良い思いをしなかったり、運動神経が悪いことで内向的、インドアになって、更に社会に出ても仕事があまりできなかったりして、周りから良い扱いを受けず、結果人嫌いになります。

これはあまり関係ないと思われるかもしれませんが、意外とこういうことは関係あります。

10. 両親が仲良くなかった

両親が仲良くなかった

両親が仲良くなかったことで、子供の頃からあまり良い人間関係を見てこなかったので、物心ついたときにはもう人嫌いになっているパターンです。

人間なんて所詮〇〇だというように、なんかひねくれてしまうのです。

こういう人は可哀想といえば可哀想なので、できれば周りの人から優しく歩み寄ってあげたらいいです。

11. 過去にトラウマがある

過去にトラウマがある

過去に何かトラウマがあるが故に人を嫌いになってしまったタイプ。

いじめられただとか、恋愛でなにかあっただとか。

こういう人がもし近くにいたら、敬遠するのではなく、優しく歩み寄ってあげたら、もしかしたらトラウマが解消されて人が嫌いではない、明るく全然違う人になるかもしれません。

もしくはトラウマは心の病気なので、心療内科に行くと、ずっとあった心のモヤモヤがスッとなくなるということもあるかもしれません。

12. 顔があまり綺麗ではない

顔があまり綺麗ではない

顔があまり綺麗ではない、もしくはブサイクといわれる顔であると、やはり学生時代からずっと人にあまり良い扱いをされてこなかったはずなので、やはり人を嫌いになってしまいます。

いじめられたこともあるかもしれないし、人から心無いことを言われたこともあるかもしれないし、恋愛で全然良い経験ができたことがないかもしれないし、人のえこひいきを目の当たりにすることもあったかもしれません。

そして自分に自信もなく暗い性格となり悪循環です。

この場合は思い切って整形してみるのも一つの手です。

特に女性であれば整形により人生が180度変わることもあります。

13. 世の中の悪いところばかり見ている

世の中の悪いところばかり見ている

例えば人の言動や、見ているニュースの内容などの、悪いところばかりを見てしまっていて、人とは嫌なものだと思い込んでしまっているタイプ。

人も世の中も良いところもあれば悪いところもあります。

その悪いところしか見てないのです。

なのでそういう人は積極的に人や世の中の良いところを見ていくようにしたらいいのです。

すると人も世の中も悪いものではないことが理解できて、人嫌いが解消されるかもしれません。

14. 楽観的ではない

楽観的ではない

人嫌いな人は人が言うことやすることに敏感になりがちで、深刻に捉えがちです。

本来あんまり考え過ぎないでいいような人々の言動なども、敏感に深刻に自分に対してこの人はこういう言動をしたんだと捉えてしまったりします。

神経が変に敏感なのです。

こういう人はもっと楽観的に考え過ぎないで、何事も大事にせず受け流せばいいのです。

まとめ

人嫌いな人の特徴を14個挙げましたが、凄くまとめて言うと、人嫌いな人は周りの人間のせいで自分が人嫌いなんだと思っているのですが、実は人嫌いな人は本人に問題があるのです。

周りが悪いのではなく、本人に問題があるのです。

周りの人々は人嫌いの人が思うより全然良い人たちなのです。

なので人嫌いの人は自分の内面を変えてみると、世の中や人々が全然今までと違って見えるはずです。

人嫌いな人は、人は所詮信用できないと思い込んでいるだけなのです。

それは単なる思い込みなのです。

その思い込みだけが真実だと思ってるのです。

人嫌いの人は、その思い込みに気づいて少しその思い込みを疑って見てはいかがでしょうか。

人嫌いの人に見られる14の特徴をまとめました。


自分の性格を見直す必要がある

まず、人が嫌いということは、人からあまり良い扱いを受けていないからです。

それをそういう扱いをする人達のせいで自分は人が嫌いだとなっているのです。

つまり他人が悪いと思っているのです。

でも、そもそも自分の性格などがもし良かったら、周りの人々も良い扱いをしてくるので、だんだん人が嫌いではなくなるのです。

なのでまず人嫌いの人は性格があまり良くないのではないでしょうか。

消極的である

何事も消極的で、基本的に一歩引いてしまっているので、マインドもネガティブになり、少し暗めの気持ちになり、何となく人が嫌いというふうになるのです。

積極的になるだけでマインドが明るくなり、気持ちも人格も変わります。

人とあまり関わらない

人嫌いだからといって人と関わらないでいたら、人嫌いのままずっと変わりません。

最初は難しくても人の輪に入っていくことを人嫌いの人にはオススメします。

そうするとだんだん人が嫌いではなくなってきて、だんだん明るくなってきて、そうすると人に好かれるようになり、さらに自分も人が好きになります。

元々人を信用していない

はなから人を信用していない、嫌いというメガネで人を見ているから人嫌いなのです。

その思い込みのメガネをかけていたら人生はつまらないです。

思い込みをやめて、逆に人は皆意外と良い人が多いというメガネに変えましょう。

人生が変わるはずです。

無愛想

人が嫌いな人は人が嫌いだからといって無愛想な人が多いです。

そうなると周りからも無愛想にされ、更に人が嫌いになるという悪循環に入ります。

最初は難しくても愛想良くしてみてはどうでしょうか?

そうするとだんだん周りも愛想良くしてくれるようになり、気づけば人嫌いではなくなってるはずです。

友達が少ない

人嫌いな人は友達が少ない、もしくはいないです。

人が嫌いなのも原因ですが、人が嫌いであると、人からも好かれはしません。

なので結局友達が少ない、もしくはいないのです。

人が嫌いであることの悪循環です。

インドアである

人嫌いの人は、休日も家にこもりがちです。

あまり家にこもり過ぎるとだんだん気持ちも暗くなり、ネガティブなマインドになり、人嫌いになっていきます。

こういう人はどんどん外に出てみるだけで、だんだん気分が明るくなり、外に出るということは人とも多少触れ合うということですので、だんだん人嫌いではなくなっていくはずです。

趣味が暗い

人嫌いな人は趣味が暗いことが多いです。

例えばグロい漫画や映画が好きだとか、暗い音楽が好きだとか、何か拷問の本とか暗い内容の本が好きだとか。

そういう趣味があると、やっぱりそういう暗い人間になりがちです。

そしてそんな趣味を持つ自分に自信が持てなくて暗くなり、人が嫌いになりがちです。

運動神経が悪い

運動神経が悪いことで、学生時代あまり良い思いをしなかったり、運動神経が悪いことで内向的、インドアになって、更に社会に出ても仕事があまりできなかったりして、周りから良い扱いを受けず、結果人嫌いになります。

これはあまり関係ないと思われるかもしれませんが、意外とこういうことは関係あります。

両親が仲良くなかった

両親が仲良くなかったことで、子供の頃からあまり良い人間関係を見てこなかったので、物心ついたときにはもう人嫌いになっているパターンです。

人間なんて所詮〇〇だというように、なんかひねくれてしまうのです。

こういう人は可哀想といえば可哀想なので、できれば周りの人から優しく歩み寄ってあげたらいいです。

過去にトラウマがある

過去に何かトラウマがあるが故に人を嫌いになってしまったタイプ。

いじめられただとか、恋愛でなにかあっただとか。

こういう人がもし近くにいたら、敬遠するのではなく、優しく歩み寄ってあげたら、もしかしたらトラウマが解消されて人が嫌いではない、明るく全然違う人になるかもしれません。

もしくはトラウマは心の病気なので、心療内科に行くと、ずっとあった心のモヤモヤがスッとなくなるということもあるかもしれません。

顔があまり綺麗ではない

顔があまり綺麗ではない、もしくはブサイクといわれる顔であると、やはり学生時代からずっと人にあまり良い扱いをされてこなかったはずなので、やはり人を嫌いになってしまいます。

いじめられたこともあるかもしれないし、人から心無いことを言われたこともあるかもしれないし、恋愛で全然良い経験ができたことがないかもしれないし、人のえこひいきを目の当たりにすることもあったかもしれません。

そして自分に自信もなく暗い性格となり悪循環です。

この場合は思い切って整形してみるのも一つの手です。

特に女性であれば整形により人生が180度変わることもあります。

世の中の悪いところばかり見ている

例えば人の言動や、見ているニュースの内容などの、悪いところばかりを見てしまっていて、人とは嫌なものだと思い込んでしまっているタイプ。

人も世の中も良いところもあれば悪いところもあります。

その悪いところしか見てないのです。

なのでそういう人は積極的に人や世の中の良いところを見ていくようにしたらいいのです。

すると人も世の中も悪いものではないことが理解できて、人嫌いが解消されるかもしれません。

楽観的ではない

人嫌いな人は人が言うことやすることに敏感になりがちで、深刻に捉えがちです。

本来あんまり考え過ぎないでいいような人々の言動なども、敏感に深刻に自分に対してこの人はこういう言動をしたんだと捉えてしまったりします。

神経が変に敏感なのです。

こういう人はもっと楽観的に考え過ぎないで、何事も大事にせず受け流せばいいのです。

人嫌いな人の特徴を14個挙げましたが、凄くまとめて言うと、人嫌いな人は周りの人間のせいで自分が人嫌いなんだと思っているのですが、実は人嫌いな人は本人に問題があるのです。

周りが悪いのではなく、本人に問題があるのです。

周りの人々は人嫌いの人が思うより全然良い人たちなのです。

なので人嫌いの人は自分の内面を変えてみると、世の中や人々が全然今までと違って見えるはずです。

人嫌いな人は、人は所詮信用できないと思い込んでいるだけなのです。

それは単なる思い込みなのです。

その思い込みだけが真実だと思ってるのです。

人嫌いの人は、その思い込みに気づいて少しその思い込みを疑って見てはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-