【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172458.html
男性の好き避けの特徴

男性の好き避けの特徴 | LADYCO

LADYCO
男性の好き避けの特徴

男性は何故好きなのに避けてしまうのでしょうか。

男性の好き避けの特徴や心理を紹介します。

  • 恥ずかしいから
  • 周りの目が気になる
  • 2人きりだと普通に話してくる
  • 好きになったらいけないから
  • 好きなのをバレたくない
  • 無理だと思っている
  • メールやLINEなどでは好意的
  • 話している時に目が合わない
  • ふとした時に目がよく合う
  • 好きな人の前でだけ冷たい
  • 自信がない
  • 頼みごとに応じてくれる
  • 傷つくのが怖い
  • まとめ

1. 恥ずかしいから

恥ずかしいから

好き避けしてしまう男性は、相手の女性を見るだけで照れてしまいます。

それが相手にバレてしまったら恥ずかしいので、避けてしまうのでしょう。

好きな女性と話していなくても近くにいるだけで照れてしまうので、話すことも避けてしまうかもしれません。

女性が恥ずかしそうにしているのは、男性からすると好印象だったり、可愛いと思う人が多いですが、男性が恥ずかしそうにしてるのは、プライドがあるので見せたくないのでしょう。

女性からすると自分だけ避けられているように感じてしまうでしょう。

2. 周りの目が気になる

周りの目が気になる

男性はプライドが高く、周りの評価を気にする人が多いです。

特に職場などの場合では自分が好きなことを周りにバレたくないと思ってしまって、つい冷たい態度をとってしまったり避けてしまって、好きなことを隠そうとします。

周りの人に茶化されたりするのが嫌だったり、人の目を気にしがちな人は好き避けしてしまう傾向にあります。

また噂が広まりやすい職場だと過敏に好きだということを隠す余りに避けてしまいます。

3. 2人きりだと普通に話してくる

2人きりだと普通に話してくる

周りの目が気になるから好き避けしてしまっている場合は、2人きりや周りの人がいないシチュエーションでは意外と普通に話せます。

誰も見ていないので大胆に好きというアピールをすることもあります。

ただまた他の誰か来たり、大人数になったりするとぎこちなくなったり、2人きりの時と態度が変わっている場合は、明らかに意識していますので、好意があるから避けている証拠でしょう。

4. 好きになったらいけないから

好きになったらいけないから

これは状況や環境によって起きてしまうことです。

本当は好きで付き合いたいと思っていたとしても、社内恋愛が禁止だったり、女性の方に彼氏や旦那さんがいる場合は好きになったらいけないので避けてしまいます。

普通に話したりするだけでも自分の気持ちが抑えきれなかったり、辛いと思ってしまうのでなるべく避けて自分の気持ちを押し殺しています。

好きになったらいけないという辛さから余計に好きな女性に当たったりしてしまう天邪鬼な行動をとってしまうこともあります。

5. 好きなのをバレたくない

好きなのをバレたくない

相手に自分の好意がバレたくないと思って好き避けしてしまっています。

顔や態度にどうしても出てしまう場合は話していると好きなのがバレてしまうかもしれないと怯えているので、話すことができません。

また好きなのが伝わってしまって相手に気まずい思いをさせたくないと思っているので好き避けしてしまいます。

6. 無理だと思っている

無理だと思っている

どうせ自分が好きになっても相手が自分のことを好きにはなってくれない、とあきらめて付き合うなど無理だと思っている時に避けてしまいます。

無理な恋愛を頑張っても仕方ない、好きなのに付き合えない悔しさが避けてしまったり、冷たくしてしまう原因になってしまいます。

7. メールやLINEなどでは好意的

メールやLINEなどでは好意的

周りの人がいる時もいない時でも、冷たくされたり避けられてあまり話してくれないのに、メールやLINEをたくさん送ってくれたり、優しくしてくれるのは好き避けしてしまっているからです。

本当はメールやLINEで言っていることが本心なのに、本人を目の前にしてしまうと思っていないことを言ってしまったり、避けてしまうシャイな男性でしょう。

メールと態度にだいぶ差があるので混乱してしまうかもしれません。

8. 話している時に目が合わない

話している時に目が合わない

男性の好き避けしてしまう男性はシャイな人が多いので2人で話していたとしても目がなかなか合わないでしょう。

話していても違う方向を見ていたり、何かしながら話していたり、合ったとしても俯いてしまうのは好きな女性を直視するのが恥ずかしくて出来ないでしょう。

また顔が赤くなっていたり好きなのが相手に伝わるのを避けています。

大勢で話していても自分のことをあまり見てくれない場合は好き避けしているかもしれません。

9. ふとした時に目がよく合う

ふとした時に目がよく合う

話している時はあまりこちらを見てくれないのに、ふとした時は大勢いる中でもなにかとよく目が合うのは好き避けされている証拠です。

好きな人は目で追ってしまうと言いますよね。

好きだからこそ気付いたら好きな女性の姿を探したり、見つめてしまっています。

目が合うと慌てて逸らされたり見ていない振りをします。

女性からすると何で見ているのかわからないかもしれませんが好きな女性はずっと見ていたいものです。

10. 好きな人の前でだけ冷たい

好きな人の前でだけ冷たい

他の女性に対しては優しかったり楽しそうに話しているのに、好きな女性には話しかけなかったり、意地悪をしてしまったりします。

それは意識してしまっているから好きな女性にだけ態度を変えてしまっています。

またそうやって好きな女性にだけ態度を変えて自分の好きな気持ちに気付いてほしいという思いもあります。

11. 自信がない

自信がない

自分にあまり自信がない男性が好き避けしてしまうことが多いです。

例えば、その好きな女性が男らしい人がタイプだと言うのを聞いていたら、自分には男らしい部分がないということを相手に悟られたくないので避けてしまったします。

自分をさらけ出したら相手に嫌われてしまうかもしれないという恐怖から避けてしまうでしょう。

12. 頼みごとに応じてくれる

頼みごとに応じてくれる

普段は避けられていて、話してくれなかったり冷たくされていても女性から頼みごとをすると、快く応じてくれるのは好き避けしている証拠でしょう。

対面では恥ずかしいなどの理由で話せなかったとしても、男性としては好きな相手を助けてあげたい、頼りにされて嬉しいという気持ちがあるので、頼みごとをされると喜んで受けたくなってしまうのです。

13. 傷つくのが怖い

傷つくのが怖い

これは女性も同じで、好きなのにもし振られて傷つくのが嫌だから相手に好きと伝えずに自分の中だけに思いを秘めておくことがあります。

また女性に対して良い思い出がなかったり、傷つけられてトラウマがある男性は好きな女性を避けてしまうこともあります。

傷つくくらないなら、恋が実らなくてもいいと思っているので相手に近寄ったり、告白しようとはしません。

まとめ

いかがでしたか?

理由も分からずに避けられていたらショックですが、これに当てはまることがあればそれは好きだから避けてしまっているかもしれません。

男性は何故好きなのに避けてしまうのでしょうか。

男性の好き避けの特徴や心理を紹介します。


恥ずかしいから

好き避けしてしまう男性は、相手の女性を見るだけで照れてしまいます。

それが相手にバレてしまったら恥ずかしいので、避けてしまうのでしょう。

好きな女性と話していなくても近くにいるだけで照れてしまうので、話すことも避けてしまうかもしれません。

女性が恥ずかしそうにしているのは、男性からすると好印象だったり、可愛いと思う人が多いですが、男性が恥ずかしそうにしてるのは、プライドがあるので見せたくないのでしょう。

女性からすると自分だけ避けられているように感じてしまうでしょう。

周りの目が気になる

男性はプライドが高く、周りの評価を気にする人が多いです。

特に職場などの場合では自分が好きなことを周りにバレたくないと思ってしまって、つい冷たい態度をとってしまったり避けてしまって、好きなことを隠そうとします。

周りの人に茶化されたりするのが嫌だったり、人の目を気にしがちな人は好き避けしてしまう傾向にあります。

また噂が広まりやすい職場だと過敏に好きだということを隠す余りに避けてしまいます。

2人きりだと普通に話してくる

周りの目が気になるから好き避けしてしまっている場合は、2人きりや周りの人がいないシチュエーションでは意外と普通に話せます。

誰も見ていないので大胆に好きというアピールをすることもあります。

ただまた他の誰か来たり、大人数になったりするとぎこちなくなったり、2人きりの時と態度が変わっている場合は、明らかに意識していますので、好意があるから避けている証拠でしょう。

好きになったらいけないから

これは状況や環境によって起きてしまうことです。

本当は好きで付き合いたいと思っていたとしても、社内恋愛が禁止だったり、女性の方に彼氏や旦那さんがいる場合は好きになったらいけないので避けてしまいます。

普通に話したりするだけでも自分の気持ちが抑えきれなかったり、辛いと思ってしまうのでなるべく避けて自分の気持ちを押し殺しています。

好きになったらいけないという辛さから余計に好きな女性に当たったりしてしまう天邪鬼な行動をとってしまうこともあります。

好きなのをバレたくない

相手に自分の好意がバレたくないと思って好き避けしてしまっています。

顔や態度にどうしても出てしまう場合は話していると好きなのがバレてしまうかもしれないと怯えているので、話すことができません。

また好きなのが伝わってしまって相手に気まずい思いをさせたくないと思っているので好き避けしてしまいます。

無理だと思っている

どうせ自分が好きになっても相手が自分のことを好きにはなってくれない、とあきらめて付き合うなど無理だと思っている時に避けてしまいます。

無理な恋愛を頑張っても仕方ない、好きなのに付き合えない悔しさが避けてしまったり、冷たくしてしまう原因になってしまいます。

メールやLINEなどでは好意的

周りの人がいる時もいない時でも、冷たくされたり避けられてあまり話してくれないのに、メールやLINEをたくさん送ってくれたり、優しくしてくれるのは好き避けしてしまっているからです。

本当はメールやLINEで言っていることが本心なのに、本人を目の前にしてしまうと思っていないことを言ってしまったり、避けてしまうシャイな男性でしょう。

メールと態度にだいぶ差があるので混乱してしまうかもしれません。

話している時に目が合わない

男性の好き避けしてしまう男性はシャイな人が多いので2人で話していたとしても目がなかなか合わないでしょう。

話していても違う方向を見ていたり、何かしながら話していたり、合ったとしても俯いてしまうのは好きな女性を直視するのが恥ずかしくて出来ないでしょう。

また顔が赤くなっていたり好きなのが相手に伝わるのを避けています。

大勢で話していても自分のことをあまり見てくれない場合は好き避けしているかもしれません。

ふとした時に目がよく合う

話している時はあまりこちらを見てくれないのに、ふとした時は大勢いる中でもなにかとよく目が合うのは好き避けされている証拠です。

好きな人は目で追ってしまうと言いますよね。

好きだからこそ気付いたら好きな女性の姿を探したり、見つめてしまっています。

目が合うと慌てて逸らされたり見ていない振りをします。

女性からすると何で見ているのかわからないかもしれませんが好きな女性はずっと見ていたいものです。

好きな人の前でだけ冷たい

他の女性に対しては優しかったり楽しそうに話しているのに、好きな女性には話しかけなかったり、意地悪をしてしまったりします。

それは意識してしまっているから好きな女性にだけ態度を変えてしまっています。

またそうやって好きな女性にだけ態度を変えて自分の好きな気持ちに気付いてほしいという思いもあります。

自信がない

自分にあまり自信がない男性が好き避けしてしまうことが多いです。

例えば、その好きな女性が男らしい人がタイプだと言うのを聞いていたら、自分には男らしい部分がないということを相手に悟られたくないので避けてしまったします。

自分をさらけ出したら相手に嫌われてしまうかもしれないという恐怖から避けてしまうでしょう。

頼みごとに応じてくれる

普段は避けられていて、話してくれなかったり冷たくされていても女性から頼みごとをすると、快く応じてくれるのは好き避けしている証拠でしょう。

対面では恥ずかしいなどの理由で話せなかったとしても、男性としては好きな相手を助けてあげたい、頼りにされて嬉しいという気持ちがあるので、頼みごとをされると喜んで受けたくなってしまうのです。

傷つくのが怖い

これは女性も同じで、好きなのにもし振られて傷つくのが嫌だから相手に好きと伝えずに自分の中だけに思いを秘めておくことがあります。

また女性に対して良い思い出がなかったり、傷つけられてトラウマがある男性は好きな女性を避けてしまうこともあります。

傷つくくらないなら、恋が実らなくてもいいと思っているので相手に近寄ったり、告白しようとはしません。

いかがでしたか?

理由も分からずに避けられていたらショックですが、これに当てはまることがあればそれは好きだから避けてしまっているかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-