【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163627.html
器の大きい人の特徴

器の大きい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
器の大きい人の特徴

男性でも女性でも器の大きい人と一緒にいると安心できます。

そんな器の大きい人の特徴をまとめてみました。

  • 謙虚である
  • 間違った時は素直に謝る
  • 他人のミスを責めない
  • 私情を挟まない
  • こだわらない
  • 落ち着いている
  • 人の価値観を理解してあげられる
  • いつも楽しそう
  • 人のいいところを褒めることができる
  • 無責任なことは言わない
  • 小さなことに文句を言わない
  • 愛情深い
  • マイペースで生きている
  • まとめ

1. 謙虚である

謙虚である

器の大きい人ほど謙虚でいい人が多いものです。

逆を言えば器の小さい人ほど自分を大きく見せよう、偉く見せようと威張ったり権力を振りかざす傾向にあります。

器の大きい人は相手に対して威張ることはなくむしろ優しい目線で見守ってくれるようなそんな存在であることが多いでしょう。

2. 間違った時は素直に謝る

間違った時は素直に謝る

器の大きい人は自分を完璧であるとは思っていませんし、どちらかといえば「自分なんて大したことない」と謙遜します。

また自分がミスをした、間違った時などは誤魔化したりせず即座に「ごめんなさい」が言えます。

立場があるとプライドが邪魔をして間違ったこと自体をなかったことにしようとする人もいますがそういったことは恥の上塗りのようなものと器の大きい人はしないものです。

3. 他人のミスを責めない

他人のミスを責めない

自分も完璧ではないのに他人の失敗に厳しいことを言ったり責めたりする人がいます。

周りから見ても気持ちのいいものではありませんし、性格もいいとは言えません。

器の大きい人は人に失敗、ミスにはとても大らかな態度をとります。

責めるよりは、どうすればこの状態を良くすることができるかということに注目します。

相手に恥をかかせないようにしてあげますし、人のフォローが上手いのです。

まさに理想の上司向きの性格といえるでしょう。

4. 私情を挟まない

私情を挟まない

自分の好き嫌いで対応を変えたり、立場を利用してある人だけ贔屓をしたり、貶めたりとこの世の中にはよくあることです。

そういったことは器の小さい人、考えの足りない人が好んで使う手段です。

本当に賢く器の大きな人はそういった私情にとらわれることはありません。

それは私情を挟む人として周りに思われるのは自分のマイナスになるからという理由だけではなく、恥ずかしい行動はできないという思いもあるからなのです。

自分が嫌がらせをされても相手に仕返しをしようとは考えないのが器の大きい人の素晴らしいところです。

なかなか真似できるものではありません。

5. こだわらない

こだわらない

器の小さな人ほど、自分のこだわりを人に披露して「人とは違う自分アピール」をしたがるものです。

器の大きい人はそういったこだわりのようなものはない、またこだわらない傾向にあります。

どちらを選択しても大差がないものであればどちらでもいいと案外投げやりとも思えるところもあります。

その大らかさ、こだわりのなさが相手からしたら緊張を感じなくてよく心地良かったりもします。

こだわりの強い人に接するのは相手からしたら気が重い時もあります。

器の大きい人は「こだわり」にこだわらないというのが特徴です。

6. 落ち着いている

落ち着いている

器の大きい人はいつも情緒が一定といいますか、常に落ち着いて余裕があるように見えます。

パニックになって慌てたり、イライラしてヒステリーを起こしたりといったことはありません。

どんな時でも冷静なので信頼を持たれますし、人からも好かれることが多いです。

7. 人の価値観を理解してあげられる

人の価値観を理解してあげられる

器の大きい人ほど、人の価値観を頭ごなしに否定したりはしません。

受け入れることができないにしても、相手の価値観として理解を示すことはできます。

人とぶつかることは少なく、意見の相違はおだやかに話し合いをして妥協点を探ることができるのです。

人間関係を上手に操れるといった特徴があります。

8. いつも楽しそう

いつも楽しそう

器の大きい人はイライラしたり、機嫌が悪い様子がありません。

いつも楽しそうに見えますし、一人でいてもそれなりに楽しみを持っているものです。

9. 人のいいところを褒めることができる

人のいいところを褒めることができる

器の大きい人か、小さい人かわかりやすい特徴に他人を心から褒めることができるかどうかということがあります。

器の小さい人は人がいい思いをすると羨ましい、妬ましい、ムカつくといった考え方をしてしまいますし、どこかマイナス点を探して批判めいたことを言って気持ちのバランスを整えます。

器の大きい人はいいと思ったことは素直に褒めますし、嫉妬するということもありません。

可能であれば自分もそれを見習ったり、学ぼうとします。

10. 無責任なことは言わない

無責任なことは言わない

人の相談、愚痴など聞いた時、器の大きい人ほど真面目に考えますし、安易な励ましはしないものです。

自分も相手の立場にたってあげることができます。

無責任に「大丈夫」「何とかなるよ」という言葉も言わないのです。

11. 小さなことに文句を言わない

小さなことに文句を言わない

器の大きい人はちょっとしたことで腹を立てることがありません。

小さなことでもすぐに不満を言ったり、不機嫌になる人がいます。

性格的に器が小さいですし、我慢もきかないワガママな性格であることが想像できます。

器の大きい人ほど事実をありのままに受け止めることができますし、「怒っても仕方ないしね」と流してしまうのです。

12. 愛情深い

愛情深い

器の大きい人は自分が愛している存在のことは欠点も含めて愛することができます。

器の小さい人の中には条件つきで愛する人もいます。

経済力、名誉、立場、若さ、容姿などです。

それがなければもう愛を示さなくなる、大事にしなくなるのです。

器の大きい人はそういったことはさほど重視しません。

その人かどうかで見ているだけです。

恋愛や結婚はつきあいが長くなるとつい嫌なことに目がついてしまいがちですが、器の大きい人は相手の欠点よりもいいところを見てあげることが得意です。

一緒にいる相手は幸せと安心感の中で生活していけるのです。

13. マイペースで生きている

マイペースで生きている

器の大きい人は人と比較することもありませんし、自分に満足度が高いものです。

他の人に負けたくない、自分を良く見せたいという思いから見栄を張る人もいますが、器の大きい人はそういうこともありません。

どちらかといえば他人にさほど関心がないというタイプが多いのです。

マイペースに自由に生きているのです。

まとめ

以上、器の大きい人の特徴13選でした。

男性も女性も仕事や友人関係はともかく、恋愛、結婚するならば器の大きい人がいいといえます。

包容力があり、余裕もあります。

また感情的になることもなく情緒が安定しているので一緒にいて落ち着きますし喧嘩も少ないのが特徴です。

器の小さい人と結婚すると苦労するのは目に見えてますのでよく観察してみてくださいね。

男性でも女性でも器の大きい人と一緒にいると安心できます。

そんな器の大きい人の特徴をまとめてみました。


謙虚である

器の大きい人ほど謙虚でいい人が多いものです。

逆を言えば器の小さい人ほど自分を大きく見せよう、偉く見せようと威張ったり権力を振りかざす傾向にあります。

器の大きい人は相手に対して威張ることはなくむしろ優しい目線で見守ってくれるようなそんな存在であることが多いでしょう。

間違った時は素直に謝る

器の大きい人は自分を完璧であるとは思っていませんし、どちらかといえば「自分なんて大したことない」と謙遜します。

また自分がミスをした、間違った時などは誤魔化したりせず即座に「ごめんなさい」が言えます。

立場があるとプライドが邪魔をして間違ったこと自体をなかったことにしようとする人もいますがそういったことは恥の上塗りのようなものと器の大きい人はしないものです。

他人のミスを責めない

自分も完璧ではないのに他人の失敗に厳しいことを言ったり責めたりする人がいます。

周りから見ても気持ちのいいものではありませんし、性格もいいとは言えません。

器の大きい人は人に失敗、ミスにはとても大らかな態度をとります。

責めるよりは、どうすればこの状態を良くすることができるかということに注目します。

相手に恥をかかせないようにしてあげますし、人のフォローが上手いのです。

まさに理想の上司向きの性格といえるでしょう。

私情を挟まない

自分の好き嫌いで対応を変えたり、立場を利用してある人だけ贔屓をしたり、貶めたりとこの世の中にはよくあることです。

そういったことは器の小さい人、考えの足りない人が好んで使う手段です。

本当に賢く器の大きな人はそういった私情にとらわれることはありません。

それは私情を挟む人として周りに思われるのは自分のマイナスになるからという理由だけではなく、恥ずかしい行動はできないという思いもあるからなのです。

自分が嫌がらせをされても相手に仕返しをしようとは考えないのが器の大きい人の素晴らしいところです。

なかなか真似できるものではありません。

こだわらない

器の小さな人ほど、自分のこだわりを人に披露して「人とは違う自分アピール」をしたがるものです。

器の大きい人はそういったこだわりのようなものはない、またこだわらない傾向にあります。

どちらを選択しても大差がないものであればどちらでもいいと案外投げやりとも思えるところもあります。

その大らかさ、こだわりのなさが相手からしたら緊張を感じなくてよく心地良かったりもします。

こだわりの強い人に接するのは相手からしたら気が重い時もあります。

器の大きい人は「こだわり」にこだわらないというのが特徴です。

落ち着いている

器の大きい人はいつも情緒が一定といいますか、常に落ち着いて余裕があるように見えます。

パニックになって慌てたり、イライラしてヒステリーを起こしたりといったことはありません。

どんな時でも冷静なので信頼を持たれますし、人からも好かれることが多いです。

人の価値観を理解してあげられる

器の大きい人ほど、人の価値観を頭ごなしに否定したりはしません。

受け入れることができないにしても、相手の価値観として理解を示すことはできます。

人とぶつかることは少なく、意見の相違はおだやかに話し合いをして妥協点を探ることができるのです。

人間関係を上手に操れるといった特徴があります。

いつも楽しそう

器の大きい人はイライラしたり、機嫌が悪い様子がありません。

いつも楽しそうに見えますし、一人でいてもそれなりに楽しみを持っているものです。

人のいいところを褒めることができる

器の大きい人か、小さい人かわかりやすい特徴に他人を心から褒めることができるかどうかということがあります。

器の小さい人は人がいい思いをすると羨ましい、妬ましい、ムカつくといった考え方をしてしまいますし、どこかマイナス点を探して批判めいたことを言って気持ちのバランスを整えます。

器の大きい人はいいと思ったことは素直に褒めますし、嫉妬するということもありません。

可能であれば自分もそれを見習ったり、学ぼうとします。

無責任なことは言わない

人の相談、愚痴など聞いた時、器の大きい人ほど真面目に考えますし、安易な励ましはしないものです。

自分も相手の立場にたってあげることができます。

無責任に「大丈夫」「何とかなるよ」という言葉も言わないのです。

小さなことに文句を言わない

器の大きい人はちょっとしたことで腹を立てることがありません。

小さなことでもすぐに不満を言ったり、不機嫌になる人がいます。

性格的に器が小さいですし、我慢もきかないワガママな性格であることが想像できます。

器の大きい人ほど事実をありのままに受け止めることができますし、「怒っても仕方ないしね」と流してしまうのです。

愛情深い

器の大きい人は自分が愛している存在のことは欠点も含めて愛することができます。

器の小さい人の中には条件つきで愛する人もいます。

経済力、名誉、立場、若さ、容姿などです。

それがなければもう愛を示さなくなる、大事にしなくなるのです。

器の大きい人はそういったことはさほど重視しません。

その人かどうかで見ているだけです。

恋愛や結婚はつきあいが長くなるとつい嫌なことに目がついてしまいがちですが、器の大きい人は相手の欠点よりもいいところを見てあげることが得意です。

一緒にいる相手は幸せと安心感の中で生活していけるのです。

マイペースで生きている

器の大きい人は人と比較することもありませんし、自分に満足度が高いものです。

他の人に負けたくない、自分を良く見せたいという思いから見栄を張る人もいますが、器の大きい人はそういうこともありません。

どちらかといえば他人にさほど関心がないというタイプが多いのです。

マイペースに自由に生きているのです。

以上、器の大きい人の特徴13選でした。

男性も女性も仕事や友人関係はともかく、恋愛、結婚するならば器の大きい人がいいといえます。

包容力があり、余裕もあります。

また感情的になることもなく情緒が安定しているので一緒にいて落ち着きますし喧嘩も少ないのが特徴です。

器の小さい人と結婚すると苦労するのは目に見えてますのでよく観察してみてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-