【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155134.html
浪費癖の多い彼女の浪費を減らすコツ

浪費癖の多い彼女の浪費を減らすコツ | LADYCO

LADYCO
浪費癖の多い彼女の浪費を減らすコツ

彼女の浪費癖に困っているあなた。

結婚を考えた場合、現実を見ていかなければなりません。

ムダ使いの多い彼女の浪費を減らすコツを見ていきましょう!

  • レシートを取っておいて一緒に振り返る
  • 自宅でのデートを増やす
  • 自宅で一緒に料理を作る
  • まずあなたから節約する
  • マンションのモデルルームや住宅展示場を見に行く
  • 物価の安いところへ旅行に行く
  • 自分や友達の失敗談を話す
  • 彼女が尊敬する人物の節約経験を聞く
  • あなたの意見を整理する
  • 素直に伝えて話し合う
  • 結婚するための合同貯金を提案する
  • 他の趣味を見つける
  • お金を使わなくても、彼女はそのままで大丈夫と安心させる
  • まとめ

1. レシートを取っておいて一緒に振り返る

レシートを取っておいて一緒に振り返る

必要な金額だけ持ち歩いても、クレジットカードならポイントも溜まるしつい使ってしまいます。

そこで、とにかくレシートを捨てずに取っておくことをおすすめします。

ノートに貼らなくても、1箇所にまとめて置いておけば大丈夫です。

浪費するような人には、どうせ家計簿なんて続きません。

1ヵ月取っておいたレシートを月末に振り返って、買い物を思い出す機会を作ります。

買ってもすぐに消費され忘れられてしまう儚さに気づくことができますし、買ったことを忘れて同じようなものを2個買う間違いも防げるのです。

2. 自宅でのデートを増やす

自宅でのデートを増やす

デパートやショッピングモールで欲しいものを見つけたとき、女性は浪費癖が出てしまうもの。

だったら、外に出ないことが対策のひとつです。

たまには自宅でゲームやDVDを観たりするのもいいでしょう。

毎回だと、つまらない男と思われることもあるので反応を見ながら頻度を調整しましょう。

たくさんのお金を使わなくても生活ができることを彼女に教えてあげるのです。

3. 自宅で一緒に料理を作る

自宅で一緒に料理を作る

デートで外に出掛けるとしても、自宅でご飯を食べてから出掛ければ、外食費を抑えられます。

料理が作れるなら「俺チャーハン得意だから食べる?」などと言って、彼女へのアピールにもなります。

作れなければ、彼女と一緒に作るのも楽しいですね。

「料理上手なんだね!」と褒めることで、彼女も喜んで良い奥さんになるでしょう。

4. まずあなたから節約する

まずあなたから節約する

彼女が浪費してしまうのは、あなたがたくさん稼いでいると思っているからかもしれません。

また、節約のしかたを知らないのかもしれません。

電車のきっぷを金券ショップで買う、外食ではクーポンを使うなど、まず彼氏であるあなたが節約を始めることです。

あなた用の服を見に行ったとき、「これだけあれば○○(生活に必要なもの)が買える」などと言ってみるとか。

5. マンションのモデルルームや住宅展示場を見に行く

マンションのモデルルームや住宅展示場を見に行く

結婚を意識しているなら、住宅について考えておくのも良いでしょう。

来場すると飲み物が出たり、QUOカードがもらえるなどの特典があってまず節約になります。

新築の住宅の雰囲気を見て生活をイメージすると、「こんなところに住みたいな」と夢がふくらみます。

しかし実際の金額を見て、現実を知ることになります。

「こんなに浪費していては、理想の生活が手に入らない」と思い、お金の使い方を考えるようになるでしょう。

6. 物価の安いところへ旅行に行く

物価の安いところへ旅行に行く

食事するにも遊ぶにも、都市部は物価が高いです。

さらに、デパートなども豊富にあるため物欲が刺激されてしまいます。

都市部から離れた、自然が豊富な場所に旅行へ行きましょう。

ホテルや食事の相場も安くて、ショッピングができない環境です。

「お買い物しなくても楽しいな」と思ってもらえたら、こっちのものです。

泊まりでなくても日帰りバスツアーなら、安価ですし、必要な場所にしか行きません。

7. 自分や友達の失敗談を話す

自分や友達の失敗談を話す

誰かの失敗経験というのは、人を動かす力があります。

彼女のように浪費している人の、実際の失敗談でも架空の友達の失敗談でも良いです。

「クレジットカードの限度額まで使いすぎて利用停止になって、お店で恥ずかしい思いをした」 「カードの利用額がその月の手取り額を超えてしまって驚いた」 など、自分に起こったら嫌だなーと思うことを、話題にしておきます。

8. 彼女が尊敬する人物の節約経験を聞く

彼女が尊敬する人物の節約経験を聞く

彼女の先輩など、尊敬する人物の言動は彼女を動かします。

「男と女は違うのよ」と思われてしまうと効果がないので、できれば女性が良いです。

意外に安い化粧品を使っている、私服に時間やお金をかけずに自己啓発に使っているなど、見習うべきポイントを見つけます。

「だから信頼されるんですね」という話に持っていくことができれば、彼女もきっとそうしようと思うでしょう。

会うことが難しい場合は、彼女が認めている芸能人の話でもかまいません。

9. あなたの意見を整理する

あなたの意見を整理する

漠然と、「彼女が浪費している!」と考えているだけでは進みません。

どの部分の浪費癖を直して欲しいと思っていますか?

服か、化粧品か、デートのときの支払いか。

どうして浪費癖を直して欲しいと思っていますか?

結婚したとき大変だからか、デートでのあなたの支払いが難しくなってきたからか。

どのように直して欲しいと思っていますか?

安いものを買って欲しいのか、何度も買い直さずにいいものを持って欲しいのか、それともコストパフォーマンスをしっかり考えて、買って欲しいのか。

10. 素直に伝えて話し合う

素直に伝えて話し合う

彼女は特に浪費していることに気づいていないかも。

何か理由や、彼女なりの哲学・計画があるのかも。

あなたの意見を整理したうえで正直に言ってしまい、誤解があるなら解きましょう。

浪費癖はあなたの思い過ごしで、彼女が毎回違うブランドバッグを持っているのはレンタル品で、実は感心してしまうような節約家だったりして。

11. 結婚するための合同貯金を提案する

結婚するための合同貯金を提案する

彼女は、独身のうちは使っておこうと考えているかもしれません。

結納、結婚式、新婚旅行、新居、新居に置く家具など、結婚すると本当にたくさんのお金が必要になります。

近々結婚を考えている場合は、未来を一緒に考えて、一緒に貯金することを提案してみましょう。

貯金するためには、お互いが支出を考えていかなければならないですよね。

彼女の浪費癖も少しは改善されます。

12. 他の趣味を見つける

他の趣味を見つける

彼女は何にお金を使っていますか?

お金を使うことで、仕事などで溜まってしまうストレスを発散していることがあるのです。

他の趣味に打ち込めば、お買い物の時間を趣味に充てられます。

また、お買い物できなくて溜まってしまうストレスを、趣味で解消できるのでおすすめです。

あなたは彼女を色んな場所に連れていき、趣味探しを手伝ってあげてください。

13. お金を使わなくても、彼女はそのままで大丈夫と安心させる

お金を使わなくても、彼女はそのままで大丈夫と安心させる

彼女自身も気づかない無意識のうちに、何かに駆られて買っていることがあります。

彼女はお金を使うことで、モノだけでなく、その先に何かを得ようとしていますか?

彼氏であるあなたに嫌われたくなくて、化粧品や服装にお金をかけているのかもしれません。

周りの人から一目おかれたくて、自分を飾っているのかもしれません。

モノの先にあること、本当はお金で何を買っているのか、彼女をしっかり観察してあげてください。

お金を使わなくたって、彼女は彼女のままで良いこと、誰も離れていかないことを、しっかり伝えてあげてください。

まとめ

場当たり的なものから、彼女のこころを探る深いことまで、様々な解決法を挙げました。

「浪費癖を直してやる!」と考えると、どうしても彼女も反発してしまいます。

浪費しなくたって楽しいことを教えてあげて、いつまでも仲良くしてくださいね!

彼女の浪費癖に困っているあなた。

結婚を考えた場合、現実を見ていかなければなりません。

ムダ使いの多い彼女の浪費を減らすコツを見ていきましょう!


レシートを取っておいて一緒に振り返る

必要な金額だけ持ち歩いても、クレジットカードならポイントも溜まるしつい使ってしまいます。

そこで、とにかくレシートを捨てずに取っておくことをおすすめします。

ノートに貼らなくても、1箇所にまとめて置いておけば大丈夫です。

浪費するような人には、どうせ家計簿なんて続きません。

1ヵ月取っておいたレシートを月末に振り返って、買い物を思い出す機会を作ります。

買ってもすぐに消費され忘れられてしまう儚さに気づくことができますし、買ったことを忘れて同じようなものを2個買う間違いも防げるのです。

自宅でのデートを増やす

デパートやショッピングモールで欲しいものを見つけたとき、女性は浪費癖が出てしまうもの。

だったら、外に出ないことが対策のひとつです。

たまには自宅でゲームやDVDを観たりするのもいいでしょう。

毎回だと、つまらない男と思われることもあるので反応を見ながら頻度を調整しましょう。

たくさんのお金を使わなくても生活ができることを彼女に教えてあげるのです。

自宅で一緒に料理を作る

デートで外に出掛けるとしても、自宅でご飯を食べてから出掛ければ、外食費を抑えられます。

料理が作れるなら「俺チャーハン得意だから食べる?」などと言って、彼女へのアピールにもなります。

作れなければ、彼女と一緒に作るのも楽しいですね。

「料理上手なんだね!」と褒めることで、彼女も喜んで良い奥さんになるでしょう。

まずあなたから節約する

彼女が浪費してしまうのは、あなたがたくさん稼いでいると思っているからかもしれません。

また、節約のしかたを知らないのかもしれません。

電車のきっぷを金券ショップで買う、外食ではクーポンを使うなど、まず彼氏であるあなたが節約を始めることです。

あなた用の服を見に行ったとき、「これだけあれば○○(生活に必要なもの)が買える」などと言ってみるとか。

マンションのモデルルームや住宅展示場を見に行く

結婚を意識しているなら、住宅について考えておくのも良いでしょう。

来場すると飲み物が出たり、QUOカードがもらえるなどの特典があってまず節約になります。

新築の住宅の雰囲気を見て生活をイメージすると、「こんなところに住みたいな」と夢がふくらみます。

しかし実際の金額を見て、現実を知ることになります。

「こんなに浪費していては、理想の生活が手に入らない」と思い、お金の使い方を考えるようになるでしょう。

物価の安いところへ旅行に行く

食事するにも遊ぶにも、都市部は物価が高いです。

さらに、デパートなども豊富にあるため物欲が刺激されてしまいます。

都市部から離れた、自然が豊富な場所に旅行へ行きましょう。

ホテルや食事の相場も安くて、ショッピングができない環境です。

「お買い物しなくても楽しいな」と思ってもらえたら、こっちのものです。

泊まりでなくても日帰りバスツアーなら、安価ですし、必要な場所にしか行きません。

自分や友達の失敗談を話す

誰かの失敗経験というのは、人を動かす力があります。

彼女のように浪費している人の、実際の失敗談でも架空の友達の失敗談でも良いです。

「クレジットカードの限度額まで使いすぎて利用停止になって、お店で恥ずかしい思いをした」 「カードの利用額がその月の手取り額を超えてしまって驚いた」 など、自分に起こったら嫌だなーと思うことを、話題にしておきます。

彼女が尊敬する人物の節約経験を聞く

彼女の先輩など、尊敬する人物の言動は彼女を動かします。

「男と女は違うのよ」と思われてしまうと効果がないので、できれば女性が良いです。

意外に安い化粧品を使っている、私服に時間やお金をかけずに自己啓発に使っているなど、見習うべきポイントを見つけます。

「だから信頼されるんですね」という話に持っていくことができれば、彼女もきっとそうしようと思うでしょう。

会うことが難しい場合は、彼女が認めている芸能人の話でもかまいません。

あなたの意見を整理する

漠然と、「彼女が浪費している!」と考えているだけでは進みません。

どの部分の浪費癖を直して欲しいと思っていますか?

服か、化粧品か、デートのときの支払いか。

どうして浪費癖を直して欲しいと思っていますか?

結婚したとき大変だからか、デートでのあなたの支払いが難しくなってきたからか。

どのように直して欲しいと思っていますか?

安いものを買って欲しいのか、何度も買い直さずにいいものを持って欲しいのか、それともコストパフォーマンスをしっかり考えて、買って欲しいのか。

素直に伝えて話し合う

彼女は特に浪費していることに気づいていないかも。

何か理由や、彼女なりの哲学・計画があるのかも。

あなたの意見を整理したうえで正直に言ってしまい、誤解があるなら解きましょう。

浪費癖はあなたの思い過ごしで、彼女が毎回違うブランドバッグを持っているのはレンタル品で、実は感心してしまうような節約家だったりして。

結婚するための合同貯金を提案する

彼女は、独身のうちは使っておこうと考えているかもしれません。

結納、結婚式、新婚旅行、新居、新居に置く家具など、結婚すると本当にたくさんのお金が必要になります。

近々結婚を考えている場合は、未来を一緒に考えて、一緒に貯金することを提案してみましょう。

貯金するためには、お互いが支出を考えていかなければならないですよね。

彼女の浪費癖も少しは改善されます。

他の趣味を見つける

彼女は何にお金を使っていますか?

お金を使うことで、仕事などで溜まってしまうストレスを発散していることがあるのです。

他の趣味に打ち込めば、お買い物の時間を趣味に充てられます。

また、お買い物できなくて溜まってしまうストレスを、趣味で解消できるのでおすすめです。

あなたは彼女を色んな場所に連れていき、趣味探しを手伝ってあげてください。

お金を使わなくても、彼女はそのままで大丈夫と安心させる

彼女自身も気づかない無意識のうちに、何かに駆られて買っていることがあります。

彼女はお金を使うことで、モノだけでなく、その先に何かを得ようとしていますか?

彼氏であるあなたに嫌われたくなくて、化粧品や服装にお金をかけているのかもしれません。

周りの人から一目おかれたくて、自分を飾っているのかもしれません。

モノの先にあること、本当はお金で何を買っているのか、彼女をしっかり観察してあげてください。

お金を使わなくたって、彼女は彼女のままで良いこと、誰も離れていかないことを、しっかり伝えてあげてください。

場当たり的なものから、彼女のこころを探る深いことまで、様々な解決法を挙げました。

「浪費癖を直してやる!」と考えると、どうしても彼女も反発してしまいます。

浪費しなくたって楽しいことを教えてあげて、いつまでも仲良くしてくださいね!

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-