【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155107.html
口答えする人の特徴

口答えする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
口答えする人の特徴

何か言うと必ず口答えするような人はどこでもいるものです。

今回は口答えする人の特徴を挙げていきます。

  • 自分が悪いと思っていない
  • 少しでも違うと思うと反論したがる
  • 自分が傷つきたくない
  • 自分を正当化したい
  • 潔くない
  • 粘りがある
  • 普段からおしゃべりである
  • 空気を読めない
  • 相手の気持ちに無頓着である
  • 勝気である
  • 人を基本的に敵だと思っている
  • 干渉されたくない
  • 頭が固い
  • 口先だけであり、行動が伴わない
  • 反省をしない
  • 世の中に不満がある
  • 自己主張が強い
  • 議論することが好きである
  • 勝負事が好きである
  • 物怖じしない
  • まとめ

1. 自分が悪いと思っていない

自分が悪いと思っていない

口答えする人は、自分の行動などのことで指摘があっても、自分が悪いと思っていないので反論します。

本当に悪いと思っていないという点が困ったものです。

むしろ相手が悪いとか、ひどいときには環境悪いと言い出します。

いかに自分が悪くないかを延々と主張するのです。

2. 少しでも違うと思うと反論したがる

少しでも違うと思うと反論したがる

口答えする人は、相手の言うことに少しでも違うところがあると口答えモードとなります。

ちょっとしたニュアンスの違いでも反論するのです。

そもそも発言は100%自分の意図したとおりには伝わらないものなので、このすり合わせは永遠に続くと思うほどに長く続くことになります。

意図しない方向に認識されることを滅法嫌うタイプです。

話す相手はすぐに疲弊してしまいます。

3. 自分が傷つきたくない

自分が傷つきたくない

口答えする人は自分が傷つきたくないために、反論することで防御しているのです。

攻撃は最大の防御とはよく言ったものですが、相手の意見に対して食い気味で反論を始めます。

周りはその様子を見て、その人の気の小ささを感じることでしょう。

大らかで余裕のある人は、人の意見を、たとえそれが途中で間違っていると感じたとしても、最後まで聞くものです。

話を聞く態度で人の器量というものは決まってきます。

4. 自分を正当化したい

自分を正当化したい

口答えする人は、本当は自分が悪いと思っていても、周りにそうとは認識させたくないので、無理矢理にでも自分を正当化したがります。

自分以外の何かのせいにして、どうしようもなかったので自分はそういう行動をとった、という風に持っていくのです。

また、過去の例を持ち出して、自分もそれにならっただけであり、自分は間違っていないという主張もしたりします。

正当化する癖はなかなか直るものではないので、非常に困ったものです。

5. 潔くない

潔くない

口答えする人は、他の場面でも潔くありません。

自分に損が降りかからないように、用意周到に姑息な手段を使うのです。

責任をとるということを毛嫌いします。

また、謝ったら負けだとも思っているので、いかにして謝らなくて済むかを考えて行動します。

変に高すぎるプライドがあるのでしょう。

あらゆる面で潔くありません。

6. 粘りがある

粘りがある

口答えする人は粘りがあるとも言えます。

口答えは本来あまりよくないことですが、反骨精神があって粘りがあるタイプとも言えるのです。

若い人に多く、歳を重ねるごとにそういった気質の人は減ってきます。

黙って相手の言うことを聞いている方が、自分も傷つかずに場が早く収まるためです。

そういう大人の処世術にすら反発し、黙って聞く方が負けと思っているのです。

物事の取り組み方についても、自分が納得するまでやるタイプなので、成功する人も多いです。

7. 普段からおしゃべりである

普段からおしゃべりである

口答えする人には普段からおしゃべりな人がいます。

何かを言われると、普段の癖でそれに応答してしまうのです。

本人は悪気がなく、むしろ場を和ませてやっているという意識かもしれません。

しかし指摘する側からすると、何を言い返しているのだと怒り出すきっかけにもなります。

本人の無邪気な振る舞いが相手を刺激してしまうのです。

普段からおしゃべりな人は特に気をつけましょう。

8. 空気を読めない

空気を読めない

口答えする人は空気を読めません。

口答えする雰囲気でないのに、それを分からずにこち答えしてしまうのです。

普段から空気を読めずに、場違いな発言をしてしまうことがあります。

空気を読めない発言をしたとしても、本人にした指摘が心に響いていればよいとは思うのですが、そもそも空気を読めないのですからそれも分からないところです。

9. 相手の気持ちに無頓着である

相手の気持ちに無頓着である

口答えする人は相手の気持ちのことを考えようとはしません。

そういったことに無頓着なのです。

自分の口答えで相手の気持ちがどう変化するかを考えられないので、ずっと口答えを続けることになります。

ついには呆れて相手が黙ってしまうこともありますが、本人は相手が自分のせいで呆れたことにも気づかず、やりとりの場で勝ったと思うだけのこともあります。

こういった人には今後指摘しようとしてもしにくくなるでしょう。

大変損なことです。

10. 勝気である

勝気である

口答えする人は勝気で気が強い性質があります。

指摘に反射的にイラっときてしまい、反論してしまうのです。

この場合は、あまり話の内容は聞いていません。

聞いていないのでとんちんかんな答えをする時もありますが、本人は頭に血が上っているのでそれにも気づきません。

あとでハッとするかもしれませんが、後の祭りです。

一度言ってしまったことを撤回することはできないのです。

11. 人を基本的に敵だと思っている

人を基本的に敵だと思っている

口答えする人は、人のことを基本的に自分の敵だと思っている節があります。

敵なので攻撃してくる、自分はそれに対応して攻撃し返さなければ、という思考パターンです。

指摘をする側も、本当は言いたくはないのですが、その言いにくさを超えた愛情などをその人に感じているからこそ、あえて言ってくれているのです。

そういった相手のことには目もくれず、何か言われたらそれを「攻撃」ととってしまう可哀そうなタイプです。

人とうまく関係を築いていくことが難しい人です。

12. 干渉されたくない

干渉されたくない

口答えする人は、自分のことは放っておいてほしい、という干渉されたくないタイプかもしれません。

そういった人は他人に無関心であるために、自分のことにも関心を持たれたくないのです。

何かを言ってくれる人というのは、上述したように、その人に愛情を持ってくれている人です。

そういったありがたい相手に、自分のことは無視しておいてほしいと思うということは、社会性が欠落している可能性があります。

親に対してであれば、思春期の一時期はそう思うことはあります。

しかし誰に対しても思うのであれば問題です。

13. 頭が固い

頭が固い

口答えする人は頭が固く、頑固であるという傾向があります。

頑固なために、自分とは違う意見は受け入れられずに拒否してしまうのです。

その拒否が表れた行動が口答えです。

瞬間的に防御態勢に入ってしまうのです。

固い頭がより固くなります。

言われたことを最初から全面的に受け入れる必要もないのですが、「そういうこともあるのかもしれない」と少しは思うくらいの余裕がほしいものです。

14. 口先だけであり、行動が伴わない

口先だけであり、行動が伴わない

口答えする人は、総じて口先だけの人で、行動が伴いません。

口が達者であり、反論や形だけの反省は、頭で考えずとも口からついて出てきます。

こういうタイプは行動はそれほどでもない、というタイプです。

自分が言いたいことだけは主張し、その場を逃れるのです。

行動が伴わないのはすぐにバレます。

人は案外行動はよく見ているものです。

15. 反省をしない

反省をしない

口答えする人は反省をしないタイプです。

起こってしまったことはしょうがないと、自分のことなのにどこか他人事なのです。

過去は確かに変えられませんが、過去に対する現在の認識や直後の行動はいくらでも変えることができるものです。

そういったことを思わずに、すべての行動がやりっぱなしで成長がないのはいかがなものでしょう。

周りから人が離れていくのも時間の問題です。

16. 世の中に不満がある

世の中に不満がある

口答えする人は、大抵普段から世の中に対する不平不満を抱えて生きています。

愚痴っぽい性格なのです。

それが自分に何か言われたことをきっかけに爆発するのです。

自分はこんなに頑張っているのに報われない、自分ばかりが損を被っているなど、主張はありあまるほどあります。

こういった主張はちゃんと聞くに値しないものなのですが、聞かなければそれはそれで更に怒り出します。

何かにつけて文句を言う困ったクレーマータイプです。

17. 自己主張が強い

自己主張が強い

口答えする人は自己主張が強い傾向にあります。

自分の考えがはっきりしていて、何事にも自分の考えを持っているのです。

それ自体は大変良いことです。

しかし主張が過ぎると、他人のことを受け入れられなくなります。

周りの人が何も意見を言えなくなってしまうのです。

時には主張を抑えて、相手の話をちゃんと聞きましょう。

自分の主張は聞いてからでも十分にできます。

18. 議論することが好きである

議論することが好きである

口答えする人は議論好きである場合があります。

ひとつの議題についてあれこれ意見を交わすということが好きな人です。

相手の意見に少しでも論理的でない部分を発見すると、ここぞとばかりに弱いところをついてきます。

議論しているのではなく、自分は今指摘されている立場である、というが分かっていません。

相手を打ち負かすまで続けることもあります。

勝ち負けはそもそも関係のない場ですらそうなります。

19. 勝負事が好きである

勝負事が好きである

口答えする人は勝負事に燃えるタイプです。

議論好きと似ていますが、何でも白黒つけるのが好きなタイプです。

当然話の中でも、はっきりとしない部分ははっきりとさせたいという欲求があります。

日常は勝負事とは違うので、曖昧でグレーなまま進むこともありますし、論理的に説明できないこともたくさんあります。

こういった人と話すことは疲れるので、人は次第に離れていく傾向にあります。

20. 物怖じしない

物怖じしない

口答えする人は目上の人にも物怖じしない面を持っています。

物怖じしないために自分の意見を言えるのです。

怖いもの知らずの若者に多いのですが、若さが表れた良い面でもあります。

しかしあまりに口答えが多いと、いくら寛容な目上の人でもサジを投げてしまうかもしれません。

物怖じしない態度はよいのですが、自分勝手な口答えはほどほどにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

口答えする人は厄介ですが、良い面も多少あります。

それを伸ばしていきつつ、素直に話を聞いてもらえるようにできたらよいものです。

周りの人の関わり方にかかってくるでしょう。

何か言うと必ず口答えするような人はどこでもいるものです。

今回は口答えする人の特徴を挙げていきます。


自分が悪いと思っていない

口答えする人は、自分の行動などのことで指摘があっても、自分が悪いと思っていないので反論します。

本当に悪いと思っていないという点が困ったものです。

むしろ相手が悪いとか、ひどいときには環境悪いと言い出します。

いかに自分が悪くないかを延々と主張するのです。

少しでも違うと思うと反論したがる

口答えする人は、相手の言うことに少しでも違うところがあると口答えモードとなります。

ちょっとしたニュアンスの違いでも反論するのです。

そもそも発言は100%自分の意図したとおりには伝わらないものなので、このすり合わせは永遠に続くと思うほどに長く続くことになります。

意図しない方向に認識されることを滅法嫌うタイプです。

話す相手はすぐに疲弊してしまいます。

自分が傷つきたくない

口答えする人は自分が傷つきたくないために、反論することで防御しているのです。

攻撃は最大の防御とはよく言ったものですが、相手の意見に対して食い気味で反論を始めます。

周りはその様子を見て、その人の気の小ささを感じることでしょう。

大らかで余裕のある人は、人の意見を、たとえそれが途中で間違っていると感じたとしても、最後まで聞くものです。

話を聞く態度で人の器量というものは決まってきます。

自分を正当化したい

口答えする人は、本当は自分が悪いと思っていても、周りにそうとは認識させたくないので、無理矢理にでも自分を正当化したがります。

自分以外の何かのせいにして、どうしようもなかったので自分はそういう行動をとった、という風に持っていくのです。

また、過去の例を持ち出して、自分もそれにならっただけであり、自分は間違っていないという主張もしたりします。

正当化する癖はなかなか直るものではないので、非常に困ったものです。

潔くない

口答えする人は、他の場面でも潔くありません。

自分に損が降りかからないように、用意周到に姑息な手段を使うのです。

責任をとるということを毛嫌いします。

また、謝ったら負けだとも思っているので、いかにして謝らなくて済むかを考えて行動します。

変に高すぎるプライドがあるのでしょう。

あらゆる面で潔くありません。

粘りがある

口答えする人は粘りがあるとも言えます。

口答えは本来あまりよくないことですが、反骨精神があって粘りがあるタイプとも言えるのです。

若い人に多く、歳を重ねるごとにそういった気質の人は減ってきます。

黙って相手の言うことを聞いている方が、自分も傷つかずに場が早く収まるためです。

そういう大人の処世術にすら反発し、黙って聞く方が負けと思っているのです。

物事の取り組み方についても、自分が納得するまでやるタイプなので、成功する人も多いです。

普段からおしゃべりである

口答えする人には普段からおしゃべりな人がいます。

何かを言われると、普段の癖でそれに応答してしまうのです。

本人は悪気がなく、むしろ場を和ませてやっているという意識かもしれません。

しかし指摘する側からすると、何を言い返しているのだと怒り出すきっかけにもなります。

本人の無邪気な振る舞いが相手を刺激してしまうのです。

普段からおしゃべりな人は特に気をつけましょう。

空気を読めない

口答えする人は空気を読めません。

口答えする雰囲気でないのに、それを分からずにこち答えしてしまうのです。

普段から空気を読めずに、場違いな発言をしてしまうことがあります。

空気を読めない発言をしたとしても、本人にした指摘が心に響いていればよいとは思うのですが、そもそも空気を読めないのですからそれも分からないところです。

相手の気持ちに無頓着である

口答えする人は相手の気持ちのことを考えようとはしません。

そういったことに無頓着なのです。

自分の口答えで相手の気持ちがどう変化するかを考えられないので、ずっと口答えを続けることになります。

ついには呆れて相手が黙ってしまうこともありますが、本人は相手が自分のせいで呆れたことにも気づかず、やりとりの場で勝ったと思うだけのこともあります。

こういった人には今後指摘しようとしてもしにくくなるでしょう。

大変損なことです。

勝気である

口答えする人は勝気で気が強い性質があります。

指摘に反射的にイラっときてしまい、反論してしまうのです。

この場合は、あまり話の内容は聞いていません。

聞いていないのでとんちんかんな答えをする時もありますが、本人は頭に血が上っているのでそれにも気づきません。

あとでハッとするかもしれませんが、後の祭りです。

一度言ってしまったことを撤回することはできないのです。

人を基本的に敵だと思っている

口答えする人は、人のことを基本的に自分の敵だと思っている節があります。

敵なので攻撃してくる、自分はそれに対応して攻撃し返さなければ、という思考パターンです。

指摘をする側も、本当は言いたくはないのですが、その言いにくさを超えた愛情などをその人に感じているからこそ、あえて言ってくれているのです。

そういった相手のことには目もくれず、何か言われたらそれを「攻撃」ととってしまう可哀そうなタイプです。

人とうまく関係を築いていくことが難しい人です。

干渉されたくない

口答えする人は、自分のことは放っておいてほしい、という干渉されたくないタイプかもしれません。

そういった人は他人に無関心であるために、自分のことにも関心を持たれたくないのです。

何かを言ってくれる人というのは、上述したように、その人に愛情を持ってくれている人です。

そういったありがたい相手に、自分のことは無視しておいてほしいと思うということは、社会性が欠落している可能性があります。

親に対してであれば、思春期の一時期はそう思うことはあります。

しかし誰に対しても思うのであれば問題です。

頭が固い

口答えする人は頭が固く、頑固であるという傾向があります。

頑固なために、自分とは違う意見は受け入れられずに拒否してしまうのです。

その拒否が表れた行動が口答えです。

瞬間的に防御態勢に入ってしまうのです。

固い頭がより固くなります。

言われたことを最初から全面的に受け入れる必要もないのですが、「そういうこともあるのかもしれない」と少しは思うくらいの余裕がほしいものです。

口先だけであり、行動が伴わない

口答えする人は、総じて口先だけの人で、行動が伴いません。

口が達者であり、反論や形だけの反省は、頭で考えずとも口からついて出てきます。

こういうタイプは行動はそれほどでもない、というタイプです。

自分が言いたいことだけは主張し、その場を逃れるのです。

行動が伴わないのはすぐにバレます。

人は案外行動はよく見ているものです。

反省をしない

口答えする人は反省をしないタイプです。

起こってしまったことはしょうがないと、自分のことなのにどこか他人事なのです。

過去は確かに変えられませんが、過去に対する現在の認識や直後の行動はいくらでも変えることができるものです。

そういったことを思わずに、すべての行動がやりっぱなしで成長がないのはいかがなものでしょう。

周りから人が離れていくのも時間の問題です。

世の中に不満がある

口答えする人は、大抵普段から世の中に対する不平不満を抱えて生きています。

愚痴っぽい性格なのです。

それが自分に何か言われたことをきっかけに爆発するのです。

自分はこんなに頑張っているのに報われない、自分ばかりが損を被っているなど、主張はありあまるほどあります。

こういった主張はちゃんと聞くに値しないものなのですが、聞かなければそれはそれで更に怒り出します。

何かにつけて文句を言う困ったクレーマータイプです。

自己主張が強い

口答えする人は自己主張が強い傾向にあります。

自分の考えがはっきりしていて、何事にも自分の考えを持っているのです。

それ自体は大変良いことです。

しかし主張が過ぎると、他人のことを受け入れられなくなります。

周りの人が何も意見を言えなくなってしまうのです。

時には主張を抑えて、相手の話をちゃんと聞きましょう。

自分の主張は聞いてからでも十分にできます。

議論することが好きである

口答えする人は議論好きである場合があります。

ひとつの議題についてあれこれ意見を交わすということが好きな人です。

相手の意見に少しでも論理的でない部分を発見すると、ここぞとばかりに弱いところをついてきます。

議論しているのではなく、自分は今指摘されている立場である、というが分かっていません。

相手を打ち負かすまで続けることもあります。

勝ち負けはそもそも関係のない場ですらそうなります。

勝負事が好きである

口答えする人は勝負事に燃えるタイプです。

議論好きと似ていますが、何でも白黒つけるのが好きなタイプです。

当然話の中でも、はっきりとしない部分ははっきりとさせたいという欲求があります。

日常は勝負事とは違うので、曖昧でグレーなまま進むこともありますし、論理的に説明できないこともたくさんあります。

こういった人と話すことは疲れるので、人は次第に離れていく傾向にあります。

物怖じしない

口答えする人は目上の人にも物怖じしない面を持っています。

物怖じしないために自分の意見を言えるのです。

怖いもの知らずの若者に多いのですが、若さが表れた良い面でもあります。

しかしあまりに口答えが多いと、いくら寛容な目上の人でもサジを投げてしまうかもしれません。

物怖じしない態度はよいのですが、自分勝手な口答えはほどほどにしておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

口答えする人は厄介ですが、良い面も多少あります。

それを伸ばしていきつつ、素直に話を聞いてもらえるようにできたらよいものです。

周りの人の関わり方にかかってくるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-