【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155042.html
突然LINEブロックされた時の対処方法13選

突然LINEブロックされた時の対処方法13選 | LADYCO

LADYCO
突然LINEブロックされた時の対処方法13選

LINEでいつまでも既読がつかないと、「あれ、おかしいな」とざわざわしてくるものです。

今回は、突然LINEブロックされた時の対処方法をご紹介します。

  • 何度かLINEメッセージを送ってみる
  • LINEの無料通話機能で電話をかけてみる
  • 直接会って理由を聞く
  • 人づてに理由を聞きだす
  • 他の手段(メールなど)で連絡してみる
  • 電話をしてみる
  • 原因を探る
  • ブロックではない可能性を疑う
  • 他の人にも同じ状況ではないかと聞いてみる
  • 日々の行動を改める(特に言動)
  • 共通の「グループ」でメッセージを送信してみる
  • とにかく謝る
  • 放置する
  • まとめ

1. 何度かLINEメッセージを送ってみる

何度かLINEメッセージを送ってみる

まずは何度か追加でメッセージを送ってみましょう。

LINEで既読とならないだけでブロックされたと考えるのは早すぎます。

場合によっては1日2日くらい、LINEを使えない場合だってあるのですから。

あまりしつこくならないよう、時間を空けて2,3度がよいでしょう。

あまりにしつこいと、ブロックしておらずにただ見ていなかっただけとしても、相手にいい印象は与えません。

逆に恐怖すら与えてしまう場合もあります。

2. LINEの無料通話機能で電話をかけてみる

LINEの無料通話機能で電話をかけてみる

メッセージを送っても既読がつかない場合、LINEの無料通話機能を使って電話をしてみる手があります。

電話だと出てくれるかもしれません。

また、たまたま相手がスマホを触っている時などは、間違って通話開始のボタンを押してしまうこともあり、それで反応が窺えます。

メッセージでだめだったら電話が鉄則です。

3. 直接会って理由を聞く

直接会って理由を聞く

LINEでは埒が明かないようでしたら、直接会ってみるのが一番です。

本当は通常のときもLINEではなく、何につけても直接会うのが話が早いですし、相手の反応も直接分かっていいものです。

学校や職場、バイト先などが同じであれば、直接コンタクトをとることは容易になります。

会うことができたら、それとなく理由を聞いてみましょう。

出会い頭から無視されるようであれば、他の手を考えます。

4. 人づてに理由を聞きだす

人づてに理由を聞きだす

直接会える状況になかったり、いきなり直接会うにはハードルが高すぎると感じるのであれば、共通の友人にコンタクトをとり、何とかして理由を聞き出せないかを探ってみる方法があります。

仲の良い友人であれば快く協力してくれるでしょう。

また、その友人はできれば、相手の状況をちゃんと見て臨機応変に対応できるような人がベストです。

聞き方を間違えると、相手のことを詮索しているような悪い印象を与えてしまうためです。

5. 他の手段(メールなど)で連絡してみる

他の手段(メールなど)で連絡してみる

メールや他のSNSのツールが使える状況であれば、そちらを試してみましょう。

LINEは比較的相手をブロックしやすいSNSアプリです。

他のツールではまだブロックをしていない可能性があります。

Facebookで友人なのであればメッセンジャー機能が使えますし、Twitterも有効でしょう。

ただしこちらでもあまりにしつこい対応は厳禁です。

普通に「LINEで連絡つかないからこちらで送る」旨だけを伝えた方が無難です。

ブロックの理由を聞こうとすると、たちまちそちらでもブロックされかねないためです。

6. 電話をしてみる

電話をしてみる

電話番号を知っているのであれば、電話をかけてみましょう。

LINEの無料通話機能で電話をするよりは、もしかすると出てくれる可能性が高いかもしれません。

相手にしつこいと思われない程度に、あらゆる手を使ってみるのです。

電話も何度もかけ直しがしやすいので、しつこくなりがちですが、数回に留めておきましょう。

7. 原因を探る

原因を探る

ちょっと自分の気持ちが落ち着いたら、自分に非がなかったかを中心に、原因を探ってみましょう。

LINEのそれまでのやりとりを見て、相手を怒らせてはいないかや、相手が何か気になることを発言していないかなどです。

LINEに限らず、直接失礼な対応をしてしまっていないかや、他の友人に対してその相手の悪口などを漏らしてはいないかまで、広く考えてみるのです。

自分に非があってブロックされている可能性が高いので、最初はあくまで自分に原因があると考えましょう。

8. ブロックではない可能性を疑う

ブロックではない可能性を疑う

原因を考えてみても分からない場合、やはりブロックではないという可能性も考えてみてください。

海外旅行に行っていてLINEを使っていない、長期入院をしていてLINEを見ていないなどです。

相手の動向を探ることですぐに分かったりもします。

または、何かでものすごく落ち込んでいてLINEどころではないなどもあり得ますので、自分に非があっての理由でもない可能性があると、気楽に構えていても良いかもしれません。

9. 他の人にも同じ状況ではないかと聞いてみる

他の人にも同じ状況ではないかと聞いてみる

共通の友人がいる場合、他の人もその相手からブロックされていないかと確認してみましょう。

もしかしたらブロックされている疑いがある相手とその人がグルであり、嘘をついている可能性も無きにしもあらずですが、そこまで考えすぎてしまうとノイローゼ気味になってしまうので、あくまで素直に受け止めましょう。

聞いた人も同様にブロックされているのであれば、自分に原因があるというよりは、相手自身に何かあったと考えてよいでしょう。

10. 日々の行動を改める(特に言動)

日々の行動を改める(特に言動)

原因を考えてみて何か思い当たる節があるのであれば、自分自身の日々の行動を改めましょう。

LINEはメッセージを送りやすいので、つい失礼にあたるようなことを送ってしまいがちです。

いわゆる誤爆というものです。

もっと慎重にやりとりをするとか、大事なことは直接会って伝えるなど、LINEに頼り過ぎない生活へと見直すのです。

11. 共通の「グループ」でメッセージを送信してみる

共通の「グループ」でメッセージを送信してみる

LINEでグループを作成していて、それにその相手も一緒に入っているのであれば、その場でメッセージを送ってみるというのも手です。

内容が他のメンバーにも公開されてしまいますが、どうしても連絡を取りたい場合は背に腹は代えられません。

また、送ったメッセージの既読が自分以外の人数分つくかを確かめることで、相手がメッセージを見たかどうかが分かるので、案外オススメできる方法かもしれません。

12. とにかく謝る

とにかく謝る

自分に原因があると分かれば話は早いです。

とにかく謝るのです。

直接会えるように努力し、何度も何度も謝ります。

場合によっては、自分が悪くないとか原因が分からない場合でも謝った方がいいです。

とにかく関係修復を急ぎ、ちゃんと話ができる状態に持っていければあなたの勝ちと言えるでしょう。

13. 放置する

放置する

原因が分かっても分からなくとも、しばらく事態を放置するのもよいかもしれません。

相手が怒っている場合には冷静になってもらう期間が必要ですし、自分自身の気持ちを落ち着かせるためにもこの期間は重要です。

手を尽くしたら、あとは待つしかできないのです。

突然ブロックが解け、連絡が来る場合もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仲の良いと思っていた相手から突然LINEブロックされるとびっくりしますが、対処方法は現実世界と同様、とにかくコンタクトをとれるようにし、何か悪いことをその人にしたのであれば謝ればよいのです。

ストレートに対処していきましょう。

LINEでいつまでも既読がつかないと、「あれ、おかしいな」とざわざわしてくるものです。

今回は、突然LINEブロックされた時の対処方法をご紹介します。


何度かLINEメッセージを送ってみる

まずは何度か追加でメッセージを送ってみましょう。

LINEで既読とならないだけでブロックされたと考えるのは早すぎます。

場合によっては1日2日くらい、LINEを使えない場合だってあるのですから。

あまりしつこくならないよう、時間を空けて2,3度がよいでしょう。

あまりにしつこいと、ブロックしておらずにただ見ていなかっただけとしても、相手にいい印象は与えません。

逆に恐怖すら与えてしまう場合もあります。

LINEの無料通話機能で電話をかけてみる

メッセージを送っても既読がつかない場合、LINEの無料通話機能を使って電話をしてみる手があります。

電話だと出てくれるかもしれません。

また、たまたま相手がスマホを触っている時などは、間違って通話開始のボタンを押してしまうこともあり、それで反応が窺えます。

メッセージでだめだったら電話が鉄則です。

直接会って理由を聞く

LINEでは埒が明かないようでしたら、直接会ってみるのが一番です。

本当は通常のときもLINEではなく、何につけても直接会うのが話が早いですし、相手の反応も直接分かっていいものです。

学校や職場、バイト先などが同じであれば、直接コンタクトをとることは容易になります。

会うことができたら、それとなく理由を聞いてみましょう。

出会い頭から無視されるようであれば、他の手を考えます。

人づてに理由を聞きだす

直接会える状況になかったり、いきなり直接会うにはハードルが高すぎると感じるのであれば、共通の友人にコンタクトをとり、何とかして理由を聞き出せないかを探ってみる方法があります。

仲の良い友人であれば快く協力してくれるでしょう。

また、その友人はできれば、相手の状況をちゃんと見て臨機応変に対応できるような人がベストです。

聞き方を間違えると、相手のことを詮索しているような悪い印象を与えてしまうためです。

他の手段(メールなど)で連絡してみる

メールや他のSNSのツールが使える状況であれば、そちらを試してみましょう。

LINEは比較的相手をブロックしやすいSNSアプリです。

他のツールではまだブロックをしていない可能性があります。

Facebookで友人なのであればメッセンジャー機能が使えますし、Twitterも有効でしょう。

ただしこちらでもあまりにしつこい対応は厳禁です。

普通に「LINEで連絡つかないからこちらで送る」旨だけを伝えた方が無難です。

ブロックの理由を聞こうとすると、たちまちそちらでもブロックされかねないためです。

電話をしてみる

電話番号を知っているのであれば、電話をかけてみましょう。

LINEの無料通話機能で電話をするよりは、もしかすると出てくれる可能性が高いかもしれません。

相手にしつこいと思われない程度に、あらゆる手を使ってみるのです。

電話も何度もかけ直しがしやすいので、しつこくなりがちですが、数回に留めておきましょう。

原因を探る

ちょっと自分の気持ちが落ち着いたら、自分に非がなかったかを中心に、原因を探ってみましょう。

LINEのそれまでのやりとりを見て、相手を怒らせてはいないかや、相手が何か気になることを発言していないかなどです。

LINEに限らず、直接失礼な対応をしてしまっていないかや、他の友人に対してその相手の悪口などを漏らしてはいないかまで、広く考えてみるのです。

自分に非があってブロックされている可能性が高いので、最初はあくまで自分に原因があると考えましょう。

ブロックではない可能性を疑う

原因を考えてみても分からない場合、やはりブロックではないという可能性も考えてみてください。

海外旅行に行っていてLINEを使っていない、長期入院をしていてLINEを見ていないなどです。

相手の動向を探ることですぐに分かったりもします。

または、何かでものすごく落ち込んでいてLINEどころではないなどもあり得ますので、自分に非があっての理由でもない可能性があると、気楽に構えていても良いかもしれません。

他の人にも同じ状況ではないかと聞いてみる

共通の友人がいる場合、他の人もその相手からブロックされていないかと確認してみましょう。

もしかしたらブロックされている疑いがある相手とその人がグルであり、嘘をついている可能性も無きにしもあらずですが、そこまで考えすぎてしまうとノイローゼ気味になってしまうので、あくまで素直に受け止めましょう。

聞いた人も同様にブロックされているのであれば、自分に原因があるというよりは、相手自身に何かあったと考えてよいでしょう。

日々の行動を改める(特に言動)

原因を考えてみて何か思い当たる節があるのであれば、自分自身の日々の行動を改めましょう。

LINEはメッセージを送りやすいので、つい失礼にあたるようなことを送ってしまいがちです。

いわゆる誤爆というものです。

もっと慎重にやりとりをするとか、大事なことは直接会って伝えるなど、LINEに頼り過ぎない生活へと見直すのです。

共通の「グループ」でメッセージを送信してみる

LINEでグループを作成していて、それにその相手も一緒に入っているのであれば、その場でメッセージを送ってみるというのも手です。

内容が他のメンバーにも公開されてしまいますが、どうしても連絡を取りたい場合は背に腹は代えられません。

また、送ったメッセージの既読が自分以外の人数分つくかを確かめることで、相手がメッセージを見たかどうかが分かるので、案外オススメできる方法かもしれません。

とにかく謝る

自分に原因があると分かれば話は早いです。

とにかく謝るのです。

直接会えるように努力し、何度も何度も謝ります。

場合によっては、自分が悪くないとか原因が分からない場合でも謝った方がいいです。

とにかく関係修復を急ぎ、ちゃんと話ができる状態に持っていければあなたの勝ちと言えるでしょう。

放置する

原因が分かっても分からなくとも、しばらく事態を放置するのもよいかもしれません。

相手が怒っている場合には冷静になってもらう期間が必要ですし、自分自身の気持ちを落ち着かせるためにもこの期間は重要です。

手を尽くしたら、あとは待つしかできないのです。

突然ブロックが解け、連絡が来る場合もあります。

いかがでしたでしょうか。

仲の良いと思っていた相手から突然LINEブロックされるとびっくりしますが、対処方法は現実世界と同様、とにかくコンタクトをとれるようにし、何か悪いことをその人にしたのであれば謝ればよいのです。

ストレートに対処していきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-