【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155021.html
子どもに好かれる人の特徴

子どもに好かれる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
子どもに好かれる人の特徴

子どもが好きな方は多くいらっしゃるかと思います。

一方で、子どもがあまり好きでない方ももちろんいらっしゃいますが、そんな方は不思議と子どもの方も好かないことが多くあります。

そして、子どもが好きなのになぜか嫌われてしまうという残念な方もたまにいらっしゃいます。

今回は、子どもに好かれる人にはどのような特徴があるのか、詳しく見ていきます。

  • 優しい
  • 面白い
  • 子どもっぽい
  • リアクションが大きい
  • あほっぽい
  • いつも楽しそう
  • 笑顔が多い
  • 怒らない
  • 兄弟が多い
  • 気を配れる
  • 上手に負けてあげられる
  • ちゃんとムキになってあげられる
  • 若い
  • 何かが上手
  • 子どもが好き
  • まとめ

1. 優しい

優しい

優しい方は子どもから見ても大人から見ても魅力的なものです。

子どもは遊ぶことに本気ですから、時には手加減を忘れいき過ぎたことをしてしまうこともあります。

何があっても優しい笑顔で子どもの包み込んであげられる人の周りには、自然と子どもも集まってきます。

2. 面白い

面白い

大人同士であれば、例え面白くなくても、愛想笑い等で互いに気を遣いながらコミュニケーションを取ることができます。

しかし子ども相手ではそうはいきません。

子どもは素直でありますから、面白くないものは面白くないと言いますし、愛想笑いもしてくれません。

それどころか、飽きてどこか別の場所に行ってしまいます。

逆に、面白い人は大好きで、大爆笑をして、もっともっとと言わんばかりにじゃれてきてくれます。

3. 子どもっぽい

子どもっぽい

大人になって若々しくて子どもらしさを持ち得ている方がいらっしゃいますが、そんな方を子どもは身近に感じるようです。

子どもはやはり遊びたいものですから、同じ目線で遊んでくれる大人のことは大体好きです。

子どもっぽさを持った方であれば、それをごく自然に行うことができるのです。

4. リアクションが大きい

リアクションが大きい

子どもはいたずらが大好きです。

いたずらをした相手が困ったり悲しんだり、何かしらのリアクションがあったのを見て、子どもたちは楽しみます。

そんな時にリアクションを大きく取れる人は子どもたちからすると面白い人で、またあの人にいたずらをしようと考えて、気に入ってくれます。

5. あほっぽい

あほっぽい

いわゆる大人っぽいクールな大人に対しては、さすがの子どもの気を遣ったり、また遊んでも楽しくないと感じます。

やはり親しみやすい空気を持っている大人の方が好きで、あほっぽい人は子どもからすると親近感の沸く存在です。

そんな距離の近い人の方が子どもは好きで、そういう大人であれば一緒に遊びたがります。

6. いつも楽しそう

いつも楽しそう

楽しそうな気持ちは伝染します。

遊ぶのであればやはり楽しそうな人と遊びたいもので、子どもは無意識のうちにそういった人のところへ行きます。

いつも楽しそうにしているその雰囲気は、子どもたちを安心させてあげられる魅力的なものであります。

7. 笑顔が多い

笑顔が多い

上記に似ている部分がありますが、笑顔は人を安心させることができます。

よく笑っている大人と全く笑わない大人、子どもが好きになる大人は間違えなくよく笑う大人で、そんな人と一緒に遊びたいと考えます。

ただ、たまに全く笑わないことをいじられて子どもから大人気になる方もいらっしゃるようで、たとえ笑顔がなくてもその人の良さは子どもたちに伝わるものですね。

8. 怒らない

怒らない

子どもにとって、大人は叱りつけてくるうるさい存在でもあります。

だからこそ、何をしても怒らない大人に対しては、それだけで安心し、甘えに甘えてきます。

本当は怒るところでは怒ってあげるのが子どものためになるものですが、子どもたちからしたら怒らない大人こそいい大人なのです。

9. 兄弟が多い

兄弟が多い

兄弟の多い方は、昔からずっと兄弟同士で遊んできた経緯があります。

特に弟や妹がいる方は顕著ですが、やはり年齢の違う子と遊ぶことに慣れているため、子どもたちに楽しんでもらいながら自分も楽しんで遊ぶことができます。

10. 気を配れる

気を配れる

子どもと言えども、一人の人間です。

機嫌のいい時もあれば機嫌が悪い時もあります。

やはり空気を読んで適切な言葉をかけてあげられる人は、子どもから見ても非常に魅力的で頼りになる人であります。

そんなところを見て、子どもは心を開いていきます。

11. 上手に負けてあげられる

上手に負けてあげられる

何度か触れておりますが、基本的に子どもは遊びに本気で取り組んでいます。

本気だからこそ、大人が手を抜いてわざと負けているなんてことを許しません。

それを悟られないように、一緒に遊んで楽しみつつ接戦で負ける、これをやれる大人は子どもからしても遊んでて楽しく、また誘ってもらえます。

12. ちゃんとムキになってあげられる

ちゃんとムキになってあげられる

上記に共通する点がありますが、子どもはわざと負けられることを嫌うため、それを悟られないようにムキになってあげられる大人は好かれる傾向にあります。

子ども相手にムキになると言うと聞こえが悪いですが、ちゃんと子どものことを考え、一緒に遊びを楽しんであげるスタンスが非常に重要です。

13. 若い

若い

おじいさんの年齢になっても好かれる方はもちろんいらっしゃいますが、やはり年齢は近ければ近い程、子どもたちも親しみを感じやすいものです。

子どもと同じ目線に立ち一緒になって思いっきり遊べる人は、子どもにとってお姉さんやお兄さんみたいなものですから、好かれるのも当然のことです。

14. 何かが上手

何かが上手

子どもたちは体を動かしたりものを作ったりすることが大好きです。

例えばサッカーがうまい、折り紙がうまい等、何か子どもたちが凄いと感じる特技があれば、それだけでヒーローになることができます。

教えてあげて練習に付き合ってあげて褒めてあげる、というコミュニケーションを取ることができれば、子どもたちは大いに喜びます。

15. 子どもが好き

子どもが好き

これがある意味真理ですね。

好きな気持ちは伝わるもので、やはり子どもが大好きな方は子どもにも好かれます。

この理由に勝るものはありません。

まとめ

子どもとは単純で素直なものです。

だからこそ、好かれること自体は意外と簡単ですが、逆に一瞬で嫌われてしまうこともあります。

そんな嫌われてしまう原因と見ると、大人と子どもという枠組みのままで、大人が子どもと接していることが多くを占めます。

子どもを下に見ている大人の気持ちは子どもにも伝わるもので、そんな気持ちの人と遊んでも楽しくないと思うのが当然です。

逆に、子どもと同じ視線で自然に遊べる大人はたいてい好かれます。

生きた年数は違えど同じ人間であり、そこに優劣はありません。

子どもと遊ぶ時は、是非童心にかえった気持ちで楽しんで遊んでみてはいかがでしょうか。

子どもが好きな方は多くいらっしゃるかと思います。

一方で、子どもがあまり好きでない方ももちろんいらっしゃいますが、そんな方は不思議と子どもの方も好かないことが多くあります。

そして、子どもが好きなのになぜか嫌われてしまうという残念な方もたまにいらっしゃいます。

今回は、子どもに好かれる人にはどのような特徴があるのか、詳しく見ていきます。


優しい

優しい方は子どもから見ても大人から見ても魅力的なものです。

子どもは遊ぶことに本気ですから、時には手加減を忘れいき過ぎたことをしてしまうこともあります。

何があっても優しい笑顔で子どもの包み込んであげられる人の周りには、自然と子どもも集まってきます。

面白い

大人同士であれば、例え面白くなくても、愛想笑い等で互いに気を遣いながらコミュニケーションを取ることができます。

しかし子ども相手ではそうはいきません。

子どもは素直でありますから、面白くないものは面白くないと言いますし、愛想笑いもしてくれません。

それどころか、飽きてどこか別の場所に行ってしまいます。

逆に、面白い人は大好きで、大爆笑をして、もっともっとと言わんばかりにじゃれてきてくれます。

子どもっぽい

大人になって若々しくて子どもらしさを持ち得ている方がいらっしゃいますが、そんな方を子どもは身近に感じるようです。

子どもはやはり遊びたいものですから、同じ目線で遊んでくれる大人のことは大体好きです。

子どもっぽさを持った方であれば、それをごく自然に行うことができるのです。

リアクションが大きい

子どもはいたずらが大好きです。

いたずらをした相手が困ったり悲しんだり、何かしらのリアクションがあったのを見て、子どもたちは楽しみます。

そんな時にリアクションを大きく取れる人は子どもたちからすると面白い人で、またあの人にいたずらをしようと考えて、気に入ってくれます。

あほっぽい

いわゆる大人っぽいクールな大人に対しては、さすがの子どもの気を遣ったり、また遊んでも楽しくないと感じます。

やはり親しみやすい空気を持っている大人の方が好きで、あほっぽい人は子どもからすると親近感の沸く存在です。

そんな距離の近い人の方が子どもは好きで、そういう大人であれば一緒に遊びたがります。

いつも楽しそう

楽しそうな気持ちは伝染します。

遊ぶのであればやはり楽しそうな人と遊びたいもので、子どもは無意識のうちにそういった人のところへ行きます。

いつも楽しそうにしているその雰囲気は、子どもたちを安心させてあげられる魅力的なものであります。

笑顔が多い

上記に似ている部分がありますが、笑顔は人を安心させることができます。

よく笑っている大人と全く笑わない大人、子どもが好きになる大人は間違えなくよく笑う大人で、そんな人と一緒に遊びたいと考えます。

ただ、たまに全く笑わないことをいじられて子どもから大人気になる方もいらっしゃるようで、たとえ笑顔がなくてもその人の良さは子どもたちに伝わるものですね。

怒らない

子どもにとって、大人は叱りつけてくるうるさい存在でもあります。

だからこそ、何をしても怒らない大人に対しては、それだけで安心し、甘えに甘えてきます。

本当は怒るところでは怒ってあげるのが子どものためになるものですが、子どもたちからしたら怒らない大人こそいい大人なのです。

兄弟が多い

兄弟の多い方は、昔からずっと兄弟同士で遊んできた経緯があります。

特に弟や妹がいる方は顕著ですが、やはり年齢の違う子と遊ぶことに慣れているため、子どもたちに楽しんでもらいながら自分も楽しんで遊ぶことができます。

気を配れる

子どもと言えども、一人の人間です。

機嫌のいい時もあれば機嫌が悪い時もあります。

やはり空気を読んで適切な言葉をかけてあげられる人は、子どもから見ても非常に魅力的で頼りになる人であります。

そんなところを見て、子どもは心を開いていきます。

上手に負けてあげられる

何度か触れておりますが、基本的に子どもは遊びに本気で取り組んでいます。

本気だからこそ、大人が手を抜いてわざと負けているなんてことを許しません。

それを悟られないように、一緒に遊んで楽しみつつ接戦で負ける、これをやれる大人は子どもからしても遊んでて楽しく、また誘ってもらえます。

ちゃんとムキになってあげられる

上記に共通する点がありますが、子どもはわざと負けられることを嫌うため、それを悟られないようにムキになってあげられる大人は好かれる傾向にあります。

子ども相手にムキになると言うと聞こえが悪いですが、ちゃんと子どものことを考え、一緒に遊びを楽しんであげるスタンスが非常に重要です。

若い

おじいさんの年齢になっても好かれる方はもちろんいらっしゃいますが、やはり年齢は近ければ近い程、子どもたちも親しみを感じやすいものです。

子どもと同じ目線に立ち一緒になって思いっきり遊べる人は、子どもにとってお姉さんやお兄さんみたいなものですから、好かれるのも当然のことです。

何かが上手

子どもたちは体を動かしたりものを作ったりすることが大好きです。

例えばサッカーがうまい、折り紙がうまい等、何か子どもたちが凄いと感じる特技があれば、それだけでヒーローになることができます。

教えてあげて練習に付き合ってあげて褒めてあげる、というコミュニケーションを取ることができれば、子どもたちは大いに喜びます。

子どもが好き

これがある意味真理ですね。

好きな気持ちは伝わるもので、やはり子どもが大好きな方は子どもにも好かれます。

この理由に勝るものはありません。

子どもとは単純で素直なものです。

だからこそ、好かれること自体は意外と簡単ですが、逆に一瞬で嫌われてしまうこともあります。

そんな嫌われてしまう原因と見ると、大人と子どもという枠組みのままで、大人が子どもと接していることが多くを占めます。

子どもを下に見ている大人の気持ちは子どもにも伝わるもので、そんな気持ちの人と遊んでも楽しくないと思うのが当然です。

逆に、子どもと同じ視線で自然に遊べる大人はたいてい好かれます。

生きた年数は違えど同じ人間であり、そこに優劣はありません。

子どもと遊ぶ時は、是非童心にかえった気持ちで楽しんで遊んでみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-