【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518144020.html
引きずらない人の特徴

引きずらない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
引きずらない人の特徴

あなたは引きずるタイプでしょうか、引きずらないタイプでしょうか。

今回は引きずらない人の特徴を挙げていきます。

  • 楽観的である
  • 前向きである
  • 友人が多い
  • 様々なタイプの人と日常的に話す
  • 気分転換の方法を知っていて、実践している
  • 頭の回転が速い
  • 趣味をたくさん持っている
  • いい意味での諦観を持っている
  • すぐに相談する
  • トラブルを楽しむ
  • 心がしなやかで強い
  • とにかくよく笑う
  • 家にこもらない
  • 忘れっぽい
  • 落ち込むときはちゃんと落ち込む
  • 創造的である
  • リーダーに向いている
  • 何でも自分の成長につなげる
  • 人が集まる場所が好きである
  • 自分に暗示をかけやすい
  • まとめ

1. 楽観的である

楽観的である

引きずらない人は総じて楽観的です。

経験的に楽観視していた方が物事がうまくいくことが分かっているのです。

ですので何かがあったとしても引きずりすぎることはありません。

「なるようになる」と信じて行動するのです。

確かに、まだ起こりもしていないことまで考えて、自分の心身を病ませてしまうのはあまり良くないことです。

起こってから対処しても遅くないものがほとんどです。

2. 前向きである

前向きである

引きずらない人は前向きなエネルギーに溢れています。

物事は後ろには進みません、前にしか進まないのです。

しかしずっと引きずり、同じ場所に留まってしまう人は多いものです。

そういった人は、口では「引きずりたくない」とは言いますが、周りから見ると引きずりたがっているようにも見えます。

前向きでいるのは意識的にしかできないもので、エネルギーが必要です。

留まっている人にはまだそのエネルギーがないのだとも言えます。

3. 友人が多い

友人が多い

引きずらない人は友人が多いです。

一緒に遊んだり、深い話をしたりする友人が多いのす。

自然と気が紛れてきます。

また他人は自分とは違う考えで動いているので、そういった考えに接する機会も自然と多くなります。

人は人が助けてくれるものですが、表立って助けるというだけでなく、自然と支えあう関係を築いていけたら、より生きやすくなることでしょう。

4. 様々なタイプの人と日常的に話す

様々なタイプの人と日常的に話す

引きずらない人は様々なタイプの人を受け入れ、日常的に話すことが多いものです。

違った考えや育ってきた環境の違う人と積極的に接するようにし、ひとつのことに凝り固まったようにはしないようにしているのです。

例えば世界には、亡くなった人の葬式で笑って過ごす習慣のある地域があります。

ひとつの事象をどうとらえて過ごすかは千差万別なのです。

こういったことに普段から触れているのであれば、物事を引きずらずに済むようになっていくでしょう。

5. 気分転換の方法を知っていて、実践している

気分転換の方法を知っていて、実践している

引きずらない人は気分転換の方法をいくつか持ち、それを実践しています。

ストレス解消のためにカラオケで好きな歌を歌う、鬱屈してきたらジョギングで汗を流す、買い物をして服を一新する、などです。

そういった行動を取りたくなったら自分が何かを抱えているのだという、一種のバロメーターの役割も果たしています。

6. 頭の回転が速い

頭の回転が速い

引きずらない人は頭の回転が速いので、気持ちの整理がつけやすいのです。

悪い方向にばかり考えて堂々巡りしてしまうタイプもいますが、大体はよい方向に考えて悪循環を断ち切るような人です。

なかなか自分の力だけでは考えの負の循環から抜け出すのは難しいですが、周りのちょっとの助けと地頭の良さで切り抜けている人は大勢います。

7. 趣味をたくさん持っている

趣味をたくさん持っている

引きずらない人は多趣味です。

趣味に没頭することで、それ以外のことを考えなくてよい環境を作り出せます。

逃げのように考える人もいますが、人はひとつの重大なことに直面し続けることは大変難しいのです。

時折自分を逃がすようにしていかなければ、重大なことに立ち向かうエネルギーも湧いてきません。

この一種の「逃げ」が逃げたままで終わるのはよくないですが、趣味は大抵一時で終わるものです。

この一時が人間にとって大変重要なのです。

8. いい意味での諦観を持っている

いい意味での諦観を持っている

引きずらない人は物事にたいして諦観を持っています。

諦観とは、「本質をはっきりと見極めること」「あきらめ、悟って超然とすること」の意味があります。

引きずらない人はこの両方を持っていると言えます。

本質が分かっているのでくよくよすることがなく、なるようにしかならないと悟っているので超然とすることができるのです。

自分で努力して何とかできることはほんのわずかです。

自分で最大限努力をしたら、あとは天命に委ねるのみなのです。

9. すぐに相談する

すぐに相談する

引きずらない人はすぐに周りに相談します。

世間話の中で軽い相談をし、本当の解決とまではいかないまでも、気持ち的にはそれで終わったことにできるのです。

この気持ちの整理がつけられるというのが非常に重要で、それで半分解決したようなものなのです。

引きずった気持ちがないために、重大にとらえ過ぎている人より、物事はかえってうまくいきます。

10. トラブルを楽しむ

トラブルを楽しむ

引きずらない人はトラブルを楽しむ傾向にあります。

逆境をむしろ好ましいとまで思うのです。

困難であればあるほど燃えてきます。

平坦な人生はつまらないものですが、トラブルよりも良いことの方に起こってもらいたいものです。

しかし、引きずらない人はトラブルさえも楽しむ対象であるのです。

それを乗り越えることに生きがいまで感じるのです。

11. 心がしなやかで強い

心がしなやかで強い

引きずらない人は心が強いです。

強いというのは、堅固であるという意味ではなく、しなさかさを持っていて折れにくいという意味です。

あまりに固すぎる物はかえって折れやすいものです。

しなやかに衝撃を吸収するような物は結局壊れにくいのです。

人の心もそうで、歳を重ねるごとに固くなる人もいれば、しなやかさを備えていく人もいます。

何があってもそれを受け流して過ごせるような柔軟性のある強い心を育てていきたいものです。

12. とにかくよく笑う

とにかくよく笑う

引きずらない人はとにかくよく笑います。

悪い気を飛ばすかのように笑うのです。

実際それで引きずることは少なくなります。

他人の気持ちさえ晴らしてくれるので、こういった人は貴重な存在です。

不謹慎に見えても、一度大声で笑い飛ばしてみると、案外不謹慎に思うような重大なことでもなかった、ということはあり得ます。

気が楽になってから笑うのではないのです。

笑うことで気が楽になるのです。

13. 家にこもらない

家にこもらない

引きずらない人は家にこもったり、同じ場所に居続けたりすることはしません。

「引きずる」という行為そのものが、心を同じ場所に居続けさせる行為に他なりません。

物理的に環境を変えてみると、心も変わっていくものだということを、引きずらない人はよく知っています。

特に自宅にこもってしまうと、気持ちが変わることはほぼあり得ません。

少しでも外に出て心にも新たな風を通すのです。

近くのコンビニに行くくらいでも気持ちは大きく変わることでしょう。

14. 忘れっぽい

忘れっぽい

引きずらない人には忘れっぽい人もいます。

忘れっぽいのは悪いことのようですが、「忘れる」という能力も立派な能力です。

人生を歩み進めると、この「忘れる」ということができないために、不眠になったり精神病になったりします。

周りから見て強く人生を歩んでいると思う人は、自分に都合の悪いことはさっぱり忘れてしまう人であることが多いです。

もちろん、内容をすべて忘れているわけではありません。

事象からマイナスの感情を取り除いて覚えているのです。

自分の怒りや悲しみを覚えすぎていると、あまり良いことはありません。

15. 落ち込むときはちゃんと落ち込む

落ち込むときはちゃんと落ち込む

引きずらない人は、落ち込むときはちゃんと落ち込みます。

変に落ち込まないようにして感情をこじらせることをしないのです。

そういった意味では自分の感情に素直に行動していると言えます。

自分の感情を隠して見ないようにすると、いつかしっぺ返しをくらいます。

自分で自分の首を絞める結果となるのです。

引きずらない人は落ちるところまで落ちたら、あとは上がるだけだと考え、復活していくのです。

16. 創造的である

創造的である

引きずらない人は創造的でもあります。

無から有を生み出すことのできる人は、何があっても強いです。

新たに何かを生み出していけるので、元々人生に希望を持っています。

自分の創造的な面に頼ることで、物事に引きずられることなく生きていけるのです。

創造的能力は人間に備わった特徴です。

誰しも持っているものなので、創造的な面を伸ばしていくようにしましょう。

17. リーダーに向いている

リーダーに向いている

引きずらない人はリーダー気質です。

リーダーが引きずっていては集団全体が停滞します。

ひとりの停滞に留まらないので、責任重大です。

リーダーとなったら、若干無理にでも引きずらないよう努力をしなければなりません。

引きずらない人がリーダーになれば、集団全体で次々に新しいことができ、全体として前を向いて進んでいけることでしょう。

18. 何でも自分の成長につなげる

何でも自分の成長につなげる

引きずらない人は何が起こっても自分の成長につなげます。

「あの時は大変だったけれども、それがあったおかげで今の自分がある」という思考パターンなのです。

ただ大変で自分が損ばかりした、などとは思いません。

今の自分があることに恩を感じ、関わってきたあらゆる人に感謝ができるのです。

たとえそれが本来ならば憎むべき敵だったとしてもです。

敵がいるからこそ自分は頑張れた、と感謝の念を持つ相手には、結局は勝てません。

19. 人が集まる場所が好きである

人が集まる場所が好きである

引きずらない人は人が集まる場所が好きです。

お祭りやイベントごとがあれば出かけていきます。

人が集まる場所はわくわくして楽しいですし、多くの刺激で溢れています。

自分の中に刺激をたくさん入れて、リフレッシュするのです。

人とは不思議なもので、同時にはいくつものことを頭に入れておけません。

楽しいと感じている時には悲しめませんし、逆も然りです。

強制的にでも自分を刺激的な環境に置くという習慣があるために、引きずることがないのです。

20. 自分に暗示をかけやすい

自分に暗示をかけやすい

引きずらない人は自己暗示をかけやすい人とも言えます。

引きずらないためには時には自分を騙すことも必要となってきます。

「自分はもう大丈夫だ、次に進んでいける」と思い込むことで、多少無理にでも奮起して、次に進んでいこうとするのです。

エネルギーがあるタイプです。

ただし、無理し過ぎは禁物です。

心身のバランスを崩してしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

引きずらない人の行動パターンには見習うべき点が多くあります。

気持ちに整理をつけて、さくさくと人生を歩んでいきたいものです。

あなたは引きずるタイプでしょうか、引きずらないタイプでしょうか。

今回は引きずらない人の特徴を挙げていきます。


楽観的である

引きずらない人は総じて楽観的です。

経験的に楽観視していた方が物事がうまくいくことが分かっているのです。

ですので何かがあったとしても引きずりすぎることはありません。

「なるようになる」と信じて行動するのです。

確かに、まだ起こりもしていないことまで考えて、自分の心身を病ませてしまうのはあまり良くないことです。

起こってから対処しても遅くないものがほとんどです。

前向きである

引きずらない人は前向きなエネルギーに溢れています。

物事は後ろには進みません、前にしか進まないのです。

しかしずっと引きずり、同じ場所に留まってしまう人は多いものです。

そういった人は、口では「引きずりたくない」とは言いますが、周りから見ると引きずりたがっているようにも見えます。

前向きでいるのは意識的にしかできないもので、エネルギーが必要です。

留まっている人にはまだそのエネルギーがないのだとも言えます。

友人が多い

引きずらない人は友人が多いです。

一緒に遊んだり、深い話をしたりする友人が多いのす。

自然と気が紛れてきます。

また他人は自分とは違う考えで動いているので、そういった考えに接する機会も自然と多くなります。

人は人が助けてくれるものですが、表立って助けるというだけでなく、自然と支えあう関係を築いていけたら、より生きやすくなることでしょう。

様々なタイプの人と日常的に話す

引きずらない人は様々なタイプの人を受け入れ、日常的に話すことが多いものです。

違った考えや育ってきた環境の違う人と積極的に接するようにし、ひとつのことに凝り固まったようにはしないようにしているのです。

例えば世界には、亡くなった人の葬式で笑って過ごす習慣のある地域があります。

ひとつの事象をどうとらえて過ごすかは千差万別なのです。

こういったことに普段から触れているのであれば、物事を引きずらずに済むようになっていくでしょう。

気分転換の方法を知っていて、実践している

引きずらない人は気分転換の方法をいくつか持ち、それを実践しています。

ストレス解消のためにカラオケで好きな歌を歌う、鬱屈してきたらジョギングで汗を流す、買い物をして服を一新する、などです。

そういった行動を取りたくなったら自分が何かを抱えているのだという、一種のバロメーターの役割も果たしています。

頭の回転が速い

引きずらない人は頭の回転が速いので、気持ちの整理がつけやすいのです。

悪い方向にばかり考えて堂々巡りしてしまうタイプもいますが、大体はよい方向に考えて悪循環を断ち切るような人です。

なかなか自分の力だけでは考えの負の循環から抜け出すのは難しいですが、周りのちょっとの助けと地頭の良さで切り抜けている人は大勢います。

趣味をたくさん持っている

引きずらない人は多趣味です。

趣味に没頭することで、それ以外のことを考えなくてよい環境を作り出せます。

逃げのように考える人もいますが、人はひとつの重大なことに直面し続けることは大変難しいのです。

時折自分を逃がすようにしていかなければ、重大なことに立ち向かうエネルギーも湧いてきません。

この一種の「逃げ」が逃げたままで終わるのはよくないですが、趣味は大抵一時で終わるものです。

この一時が人間にとって大変重要なのです。

いい意味での諦観を持っている

引きずらない人は物事にたいして諦観を持っています。

諦観とは、「本質をはっきりと見極めること」「あきらめ、悟って超然とすること」の意味があります。

引きずらない人はこの両方を持っていると言えます。

本質が分かっているのでくよくよすることがなく、なるようにしかならないと悟っているので超然とすることができるのです。

自分で努力して何とかできることはほんのわずかです。

自分で最大限努力をしたら、あとは天命に委ねるのみなのです。

すぐに相談する

引きずらない人はすぐに周りに相談します。

世間話の中で軽い相談をし、本当の解決とまではいかないまでも、気持ち的にはそれで終わったことにできるのです。

この気持ちの整理がつけられるというのが非常に重要で、それで半分解決したようなものなのです。

引きずった気持ちがないために、重大にとらえ過ぎている人より、物事はかえってうまくいきます。

トラブルを楽しむ

引きずらない人はトラブルを楽しむ傾向にあります。

逆境をむしろ好ましいとまで思うのです。

困難であればあるほど燃えてきます。

平坦な人生はつまらないものですが、トラブルよりも良いことの方に起こってもらいたいものです。

しかし、引きずらない人はトラブルさえも楽しむ対象であるのです。

それを乗り越えることに生きがいまで感じるのです。

心がしなやかで強い

引きずらない人は心が強いです。

強いというのは、堅固であるという意味ではなく、しなさかさを持っていて折れにくいという意味です。

あまりに固すぎる物はかえって折れやすいものです。

しなやかに衝撃を吸収するような物は結局壊れにくいのです。

人の心もそうで、歳を重ねるごとに固くなる人もいれば、しなやかさを備えていく人もいます。

何があってもそれを受け流して過ごせるような柔軟性のある強い心を育てていきたいものです。

とにかくよく笑う

引きずらない人はとにかくよく笑います。

悪い気を飛ばすかのように笑うのです。

実際それで引きずることは少なくなります。

他人の気持ちさえ晴らしてくれるので、こういった人は貴重な存在です。

不謹慎に見えても、一度大声で笑い飛ばしてみると、案外不謹慎に思うような重大なことでもなかった、ということはあり得ます。

気が楽になってから笑うのではないのです。

笑うことで気が楽になるのです。

家にこもらない

引きずらない人は家にこもったり、同じ場所に居続けたりすることはしません。

「引きずる」という行為そのものが、心を同じ場所に居続けさせる行為に他なりません。

物理的に環境を変えてみると、心も変わっていくものだということを、引きずらない人はよく知っています。

特に自宅にこもってしまうと、気持ちが変わることはほぼあり得ません。

少しでも外に出て心にも新たな風を通すのです。

近くのコンビニに行くくらいでも気持ちは大きく変わることでしょう。

忘れっぽい

引きずらない人には忘れっぽい人もいます。

忘れっぽいのは悪いことのようですが、「忘れる」という能力も立派な能力です。

人生を歩み進めると、この「忘れる」ということができないために、不眠になったり精神病になったりします。

周りから見て強く人生を歩んでいると思う人は、自分に都合の悪いことはさっぱり忘れてしまう人であることが多いです。

もちろん、内容をすべて忘れているわけではありません。

事象からマイナスの感情を取り除いて覚えているのです。

自分の怒りや悲しみを覚えすぎていると、あまり良いことはありません。

落ち込むときはちゃんと落ち込む

引きずらない人は、落ち込むときはちゃんと落ち込みます。

変に落ち込まないようにして感情をこじらせることをしないのです。

そういった意味では自分の感情に素直に行動していると言えます。

自分の感情を隠して見ないようにすると、いつかしっぺ返しをくらいます。

自分で自分の首を絞める結果となるのです。

引きずらない人は落ちるところまで落ちたら、あとは上がるだけだと考え、復活していくのです。

創造的である

引きずらない人は創造的でもあります。

無から有を生み出すことのできる人は、何があっても強いです。

新たに何かを生み出していけるので、元々人生に希望を持っています。

自分の創造的な面に頼ることで、物事に引きずられることなく生きていけるのです。

創造的能力は人間に備わった特徴です。

誰しも持っているものなので、創造的な面を伸ばしていくようにしましょう。

リーダーに向いている

引きずらない人はリーダー気質です。

リーダーが引きずっていては集団全体が停滞します。

ひとりの停滞に留まらないので、責任重大です。

リーダーとなったら、若干無理にでも引きずらないよう努力をしなければなりません。

引きずらない人がリーダーになれば、集団全体で次々に新しいことができ、全体として前を向いて進んでいけることでしょう。

何でも自分の成長につなげる

引きずらない人は何が起こっても自分の成長につなげます。

「あの時は大変だったけれども、それがあったおかげで今の自分がある」という思考パターンなのです。

ただ大変で自分が損ばかりした、などとは思いません。

今の自分があることに恩を感じ、関わってきたあらゆる人に感謝ができるのです。

たとえそれが本来ならば憎むべき敵だったとしてもです。

敵がいるからこそ自分は頑張れた、と感謝の念を持つ相手には、結局は勝てません。

人が集まる場所が好きである

引きずらない人は人が集まる場所が好きです。

お祭りやイベントごとがあれば出かけていきます。

人が集まる場所はわくわくして楽しいですし、多くの刺激で溢れています。

自分の中に刺激をたくさん入れて、リフレッシュするのです。

人とは不思議なもので、同時にはいくつものことを頭に入れておけません。

楽しいと感じている時には悲しめませんし、逆も然りです。

強制的にでも自分を刺激的な環境に置くという習慣があるために、引きずることがないのです。

自分に暗示をかけやすい

引きずらない人は自己暗示をかけやすい人とも言えます。

引きずらないためには時には自分を騙すことも必要となってきます。

「自分はもう大丈夫だ、次に進んでいける」と思い込むことで、多少無理にでも奮起して、次に進んでいこうとするのです。

エネルギーがあるタイプです。

ただし、無理し過ぎは禁物です。

心身のバランスを崩してしまいます。

いかがでしたでしょうか。

引きずらない人の行動パターンには見習うべき点が多くあります。

気持ちに整理をつけて、さくさくと人生を歩んでいきたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-