【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135722.html
非常識な人の特徴

非常識な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
非常識な人の特徴

あなたの周りにいるちょっとイライラさせられる人たちはいませんか?

そう、それは常識のない人たちです。

では一体どんな人たちのことを常識がないというのでしょうか。

言葉にして表現するとイライラの理由が見えてきます。

非常識という人の形を見てみることに致しましょう。

  • 自己中心的な人
  • お金が全ての人
  • 親の意見に耳をかさない人
  • すぐ別れる人たち
  • 極度に自分に自惚れている人
  • 感謝しない人
  • DV
  • 自制心がない人
  • 粗暴な人
  • 自然の愛がない人
  • 性の奴隷となっている人たち
  • 裏切る人
  • 中傷する人
  • まとめ

1. 自己中心的な人

自己中心的な人

3-4人の仲の良い友達と会話しているといつも決まって話題を自分のことにしようとする人はいませんか。

ママ友が集まるといろんな話をしますが決まってうちの子は?と言って我が子の自慢話しが始まる人はいませんか。

そう、それはいつも自分のやり方に固執するような人なのです。

その人は自分を中心にして世界を動かそうとしています。

そんな人と一緒にいると自分が外に追いやられてしまうような気がするものです。

それだけではなくそんな人とは一緒に居たくないとも思うものです。

双方にとってそれは悲しくなりますね。

2. お金が全ての人

お金が全ての人

お金をどれほど持っているかが人としての価値が決まると思っている人は周りにいませんか?

その人たちはお金が中心ですので人が困っていてもお金が絡むと常識では考えられないような行動をとることがあります。

借金をしている人の場合、それはもちろん借金をしている人が悪く返す義務が発生している以上貸した人の奴隷となるのは致し方ないことでしょう。

しかしその借金した人の奴隷とはいえ尊厳まで奪われる対象となるわけではありません。

ですから、生きる価値がないほどの扱いを受けるのは常識を超えたものになるでしょう。

人を蹴落としてでも金銭を得ることを優先させる人たちもいます。

その人たちはどんな手を使ってでも自分が優位に立つように仕向けることでしょう。

相手の尊厳を認めないのです。

それは金銭を優先するために生じる愛のないことなのです。

3. 親の意見に耳をかさない人

親の意見に耳をかさない人

モールでショッピングを楽しんでいるとしましょう。

ふと子供の泣き声が聞こえてきます。

ギャーギャーとわめくその声は聞いていて気持ちの良いものではありません。

親は言うことを聞かない子供にあきれ果ててしまいます。

周りで見る目も覚めたものです。

こんな状況を見たことがあるでしょう。

しかしこれは子供に限ったことではありません。

アダルトチルドレンと呼ばれる人たちは得てしてこのような行動をとっているのです。

例えば引きこもってしまう大人たちは実質的に家の中に、とりわけ部屋に引きこもり、親の声に耳を傾けることも無くなる場合が少なくありません。

どんな結果になってしまうのでしょうか。

想像するだけでそれは怖いことです。

この先10年20年経った時、それら大人たちは一体どんな生き方を迎えているのでしょうか。

そしてそれは決して常識ではないのです。

4. すぐ別れる人たち

すぐ別れる人たち

カップルになって一週間も経たないうちに別れ話が始まっているカップルは少なくないようです。

なぜなんでしょうか。

一体どんな理由があるのでしょうか。

彼氏の乗っている車がダサい。

彼女のアパートが古い。

好きなサッカーチームがそれぞれ違った。

それらは些細な理由であって重要な別れる理由とはなりません。

もっと大切な、相手の心の優しさや親切心や愛という内面に見られる美しさに目を向けていないのです。

この大変重要な事に気付いていないカップルは後から後悔する事になるでしょう。

5. 極度に自分に自惚れている人

極度に自分に自惚れている人

いわゆるナルシストたちが皆さんの周りにいないでしょうか。

客観的に言ってそれらの人たちはイタイ人たちでしょう。

なぜなら自己愛が強く周りの人たちの有するその愛との隔たりがとても大きいからです。

例えばセレブの多くは自己愛が強くそのためメディアに露出しながら自分をもっと見て欲しいとばかりに常識では考えられないような奇行を繰り返す人たちもいます。

あなたの身近にもいることでしょう。

まさに非常識な人ですね。

6. 感謝しない人

感謝しない人

親切で優しい言葉をかけてあげたのに「ありがとう」と言えない人もいます。

「お先にどうぞ」と道を譲るかのようにして席を空けたりしても何も言わない人もいます。

車の運転をしていてもせっかく道を譲ったのにお礼も感じさせない勢いで去って行く車もいます。

ついイライラしてしまいますね。

もしかすると自分は嫌われているのだろうかと考えてしまって社会との繋がりに恐怖すら感じることがあるかもしれません。

それはイライラを超えた自尊心を傷つける行為なのです。

もしコンビニで若者が買い物をしていてレジの店員に「ありがとう」と言っているのを聞く時あなたはその若者に好印象を持つことでしょう。

決してそれは非常識ではありません。

「ありがとう」と言うことが常識なのです。

7. DV

DV

世界の至る所で家庭内暴力は日常茶飯事となっています。

皆さんのお宅の隣の家から恐怖の叫び声が聞こえるとしたらどう思うでしょうか。

しかもそれが夜中だったら。

お互い愛を抱いて結婚した夫婦に起こる暴力事件は多くの疑問を抱かせます。

当事者同士にしかわからない世界であるとはいえ身内の中で起きる事件は常識とはいえない事に間違いありません。

8. 自制心がない人

自制心がない人

毎朝、新聞のニュース、テレビの報道番組や芸能ニュースで取り上げられる記事はどんなものでしょうか。

誰と誰かが不倫していた。

もしくは不倫と思われてもしょうがない事柄ばかりです。

もう一体何が正義なのかわからない時代だと感じる人も少なくないことでしょう。

それこそが常識の崩壊いや革命なのかもしれません。

しかし崩壊といったほうが正しいかもしれません。

それらを良いとみなす人は変わった考え、あるいは全く新しい価値観を持っている人とみなされるからです。

一般的には不倫は非難の対象となるでしょう。

9. 粗暴な人

粗暴な人

全く制御されていない怒り。

それは母親が自分の子供のとった自分勝手な行動を叱りつけている怒りとは異種のものといって良いでしょう。

唐突にキレる人もあなたの周りにいるのではないでしょうか。

それは家庭の中にも会社の中にも路上でも電車の中でもタクシーに乗ってもありとあらゆるところで見られるものとなっています。

それらは粗暴さをよく表しています。

突然キレた中年のおじさんを見たらあなたはどう思うでしょうか。

冷めた目で見ることでしょう。

まさに粗暴さは常識ではないのです。

10. 自然の愛がない人

自然の愛がない人

ニュースで流れる凶悪な事件の中にはコンビニ強盗殺人事件のような事件以上の人々の関心を集める事件があります。

それはニュースで取り上げられる事も少なくない自分の子供を殺してしまうという事件です。

なぜ愛する我が子を殺すことができるのでしょうか。

きっとそれには複雑な感情が関係しているのでしょう。

それでも疑問を呈さずに入られないのはにゅに出てくる犯罪者となった親たちを見るとき20歳での犯行だったり茶髪の若者お父さんのような風貌だったり。

恐ろしい世の中であり常識では考えられない世の中と感じざるを得ません。

また、家族が年老いた親をかえりみなかったり、些細な理由で簡単に離婚してしまう夫婦がいたり、それらが増えているのはなぜなんでしょうか。

それは自然の愛が大きく欠けてきている証拠です。

11. 性の奴隷となっている人たち

性の奴隷となっている人たち

風俗に行くことが悪いと思っていたのは昔のことと思っている人は多いことでしょう。

それら「昔の人たち」は風俗に行く人たちが悪いことをしていると自覚していながらそれでもそれを楽しんでいる人たちか後ろめたさを感じながらも楽しんでいた人たちなのかもしれません。

しかし現代社会において風俗は切っても切れない要素となっているのかもしれません。

文化といえばそれまでなのかもしれませんがその中にどっぷり浸かっている人たちはどうなのでしょうか。

そうです奴隷となっている人たちは一体どんな事に快感を覚えるのでしょうか。

行き過ぎた性は常識のそれをはるかに超えた行動へを動かすものとなるに違いありません。

12. 裏切る人

裏切る人

裏切りは何もいまに始まったことではありません。

小早川秀明が裏切った事件は歴史を大きく動かし現代日本にまで大きな影響を残しています。

傷跡という事も出来るかもしれません。

それは良かったのでしょうか。

悪かったのでしょうか。

それを決めるのは後々の時代です。

しかし関ヶ原の戦いのまさにそこで戦っていた武将にとって裏切りは命を左右しました。

ですからその行為は非常識だったのです。

現代においてもそれは生じています。

会社組織において水面下で行われてるやり取りは騙し騙され何が正しいのかをさえ覆して行くまさに時の時代の戦場に似たものでしょう。

その渦中にいる企業戦士たちは裏切りによって人生を奈落の底へとおとしめて行くのです。

裏切りは本来常識ではないのです。

13. 中傷する人

中傷する人

うわさ話は良いもの?悪いもの?こう問われたらみなさんはどう答えますか?

答えはそのどちらも当てはまるでしょう。

誰かが昇進した時、その功績を讃えるうわさ話はその当事者を誇らしい思いにさせるものとなるに違いありません。

しかしうわさ話は時として人を傷つけるものともなります。

もしあなたの住んでいる近隣住宅に、あなたが不倫をしているという根も葉もない手紙が投函されそれがばらまかれ、電柱に文面が貼り付けられて自宅にその内容の張り紙がされているならどう思うでしょうか。

それこそがまさに中傷なのです。

そんなことは現実にはないことかもしれませんが、うわさ話ならそれはできます。

誰かが数人に、特定の人のありもしないでっち上げた話をすれば良いだけなのです。

それが社会的地位を失わせることであればなおさら良いでしょう。

そのことを想像するだけで恐ろしくなります。

そうです、中傷する事は常識などではないのです。

まとめ

いかがでしたか。

あなたの周りにいるイライラさせられる人たちがこの中に当てはまるでしょうか。

もし当てはまったならそれはあなた自身への忠告ともなるかもしれません。

ともするとあなた自身がこの13選に含まれてしまうかもしれないからです。

周りの人からそんなレッテルを貼られたくないですね。

あなたの周りにいるちょっとイライラさせられる人たちはいませんか?

そう、それは常識のない人たちです。

では一体どんな人たちのことを常識がないというのでしょうか。

言葉にして表現するとイライラの理由が見えてきます。

非常識という人の形を見てみることに致しましょう。


自己中心的な人

3-4人の仲の良い友達と会話しているといつも決まって話題を自分のことにしようとする人はいませんか。

ママ友が集まるといろんな話をしますが決まってうちの子は?と言って我が子の自慢話しが始まる人はいませんか。

そう、それはいつも自分のやり方に固執するような人なのです。

その人は自分を中心にして世界を動かそうとしています。

そんな人と一緒にいると自分が外に追いやられてしまうような気がするものです。

それだけではなくそんな人とは一緒に居たくないとも思うものです。

双方にとってそれは悲しくなりますね。

お金が全ての人

お金をどれほど持っているかが人としての価値が決まると思っている人は周りにいませんか?

その人たちはお金が中心ですので人が困っていてもお金が絡むと常識では考えられないような行動をとることがあります。

借金をしている人の場合、それはもちろん借金をしている人が悪く返す義務が発生している以上貸した人の奴隷となるのは致し方ないことでしょう。

しかしその借金した人の奴隷とはいえ尊厳まで奪われる対象となるわけではありません。

ですから、生きる価値がないほどの扱いを受けるのは常識を超えたものになるでしょう。

人を蹴落としてでも金銭を得ることを優先させる人たちもいます。

その人たちはどんな手を使ってでも自分が優位に立つように仕向けることでしょう。

相手の尊厳を認めないのです。

それは金銭を優先するために生じる愛のないことなのです。

親の意見に耳をかさない人

モールでショッピングを楽しんでいるとしましょう。

ふと子供の泣き声が聞こえてきます。

ギャーギャーとわめくその声は聞いていて気持ちの良いものではありません。

親は言うことを聞かない子供にあきれ果ててしまいます。

周りで見る目も覚めたものです。

こんな状況を見たことがあるでしょう。

しかしこれは子供に限ったことではありません。

アダルトチルドレンと呼ばれる人たちは得てしてこのような行動をとっているのです。

例えば引きこもってしまう大人たちは実質的に家の中に、とりわけ部屋に引きこもり、親の声に耳を傾けることも無くなる場合が少なくありません。

どんな結果になってしまうのでしょうか。

想像するだけでそれは怖いことです。

この先10年20年経った時、それら大人たちは一体どんな生き方を迎えているのでしょうか。

そしてそれは決して常識ではないのです。

すぐ別れる人たち

カップルになって一週間も経たないうちに別れ話が始まっているカップルは少なくないようです。

なぜなんでしょうか。

一体どんな理由があるのでしょうか。

彼氏の乗っている車がダサい。

彼女のアパートが古い。

好きなサッカーチームがそれぞれ違った。

それらは些細な理由であって重要な別れる理由とはなりません。

もっと大切な、相手の心の優しさや親切心や愛という内面に見られる美しさに目を向けていないのです。

この大変重要な事に気付いていないカップルは後から後悔する事になるでしょう。

極度に自分に自惚れている人

いわゆるナルシストたちが皆さんの周りにいないでしょうか。

客観的に言ってそれらの人たちはイタイ人たちでしょう。

なぜなら自己愛が強く周りの人たちの有するその愛との隔たりがとても大きいからです。

例えばセレブの多くは自己愛が強くそのためメディアに露出しながら自分をもっと見て欲しいとばかりに常識では考えられないような奇行を繰り返す人たちもいます。

あなたの身近にもいることでしょう。

まさに非常識な人ですね。

感謝しない人

親切で優しい言葉をかけてあげたのに「ありがとう」と言えない人もいます。

「お先にどうぞ」と道を譲るかのようにして席を空けたりしても何も言わない人もいます。

車の運転をしていてもせっかく道を譲ったのにお礼も感じさせない勢いで去って行く車もいます。

ついイライラしてしまいますね。

もしかすると自分は嫌われているのだろうかと考えてしまって社会との繋がりに恐怖すら感じることがあるかもしれません。

それはイライラを超えた自尊心を傷つける行為なのです。

もしコンビニで若者が買い物をしていてレジの店員に「ありがとう」と言っているのを聞く時あなたはその若者に好印象を持つことでしょう。

決してそれは非常識ではありません。

「ありがとう」と言うことが常識なのです。

DV

世界の至る所で家庭内暴力は日常茶飯事となっています。

皆さんのお宅の隣の家から恐怖の叫び声が聞こえるとしたらどう思うでしょうか。

しかもそれが夜中だったら。

お互い愛を抱いて結婚した夫婦に起こる暴力事件は多くの疑問を抱かせます。

当事者同士にしかわからない世界であるとはいえ身内の中で起きる事件は常識とはいえない事に間違いありません。

自制心がない人

毎朝、新聞のニュース、テレビの報道番組や芸能ニュースで取り上げられる記事はどんなものでしょうか。

誰と誰かが不倫していた。

もしくは不倫と思われてもしょうがない事柄ばかりです。

もう一体何が正義なのかわからない時代だと感じる人も少なくないことでしょう。

それこそが常識の崩壊いや革命なのかもしれません。

しかし崩壊といったほうが正しいかもしれません。

それらを良いとみなす人は変わった考え、あるいは全く新しい価値観を持っている人とみなされるからです。

一般的には不倫は非難の対象となるでしょう。

粗暴な人

全く制御されていない怒り。

それは母親が自分の子供のとった自分勝手な行動を叱りつけている怒りとは異種のものといって良いでしょう。

唐突にキレる人もあなたの周りにいるのではないでしょうか。

それは家庭の中にも会社の中にも路上でも電車の中でもタクシーに乗ってもありとあらゆるところで見られるものとなっています。

それらは粗暴さをよく表しています。

突然キレた中年のおじさんを見たらあなたはどう思うでしょうか。

冷めた目で見ることでしょう。

まさに粗暴さは常識ではないのです。

自然の愛がない人

ニュースで流れる凶悪な事件の中にはコンビニ強盗殺人事件のような事件以上の人々の関心を集める事件があります。

それはニュースで取り上げられる事も少なくない自分の子供を殺してしまうという事件です。

なぜ愛する我が子を殺すことができるのでしょうか。

きっとそれには複雑な感情が関係しているのでしょう。

それでも疑問を呈さずに入られないのはにゅに出てくる犯罪者となった親たちを見るとき20歳での犯行だったり茶髪の若者お父さんのような風貌だったり。

恐ろしい世の中であり常識では考えられない世の中と感じざるを得ません。

また、家族が年老いた親をかえりみなかったり、些細な理由で簡単に離婚してしまう夫婦がいたり、それらが増えているのはなぜなんでしょうか。

それは自然の愛が大きく欠けてきている証拠です。

性の奴隷となっている人たち

風俗に行くことが悪いと思っていたのは昔のことと思っている人は多いことでしょう。

それら「昔の人たち」は風俗に行く人たちが悪いことをしていると自覚していながらそれでもそれを楽しんでいる人たちか後ろめたさを感じながらも楽しんでいた人たちなのかもしれません。

しかし現代社会において風俗は切っても切れない要素となっているのかもしれません。

文化といえばそれまでなのかもしれませんがその中にどっぷり浸かっている人たちはどうなのでしょうか。

そうです奴隷となっている人たちは一体どんな事に快感を覚えるのでしょうか。

行き過ぎた性は常識のそれをはるかに超えた行動へを動かすものとなるに違いありません。

裏切る人

裏切りは何もいまに始まったことではありません。

小早川秀明が裏切った事件は歴史を大きく動かし現代日本にまで大きな影響を残しています。

傷跡という事も出来るかもしれません。

それは良かったのでしょうか。

悪かったのでしょうか。

それを決めるのは後々の時代です。

しかし関ヶ原の戦いのまさにそこで戦っていた武将にとって裏切りは命を左右しました。

ですからその行為は非常識だったのです。

現代においてもそれは生じています。

会社組織において水面下で行われてるやり取りは騙し騙され何が正しいのかをさえ覆して行くまさに時の時代の戦場に似たものでしょう。

その渦中にいる企業戦士たちは裏切りによって人生を奈落の底へとおとしめて行くのです。

裏切りは本来常識ではないのです。

中傷する人

うわさ話は良いもの?悪いもの?こう問われたらみなさんはどう答えますか?

答えはそのどちらも当てはまるでしょう。

誰かが昇進した時、その功績を讃えるうわさ話はその当事者を誇らしい思いにさせるものとなるに違いありません。

しかしうわさ話は時として人を傷つけるものともなります。

もしあなたの住んでいる近隣住宅に、あなたが不倫をしているという根も葉もない手紙が投函されそれがばらまかれ、電柱に文面が貼り付けられて自宅にその内容の張り紙がされているならどう思うでしょうか。

それこそがまさに中傷なのです。

そんなことは現実にはないことかもしれませんが、うわさ話ならそれはできます。

誰かが数人に、特定の人のありもしないでっち上げた話をすれば良いだけなのです。

それが社会的地位を失わせることであればなおさら良いでしょう。

そのことを想像するだけで恐ろしくなります。

そうです、中傷する事は常識などではないのです。

いかがでしたか。

あなたの周りにいるイライラさせられる人たちがこの中に当てはまるでしょうか。

もし当てはまったならそれはあなた自身への忠告ともなるかもしれません。

ともするとあなた自身がこの13選に含まれてしまうかもしれないからです。

周りの人からそんなレッテルを貼られたくないですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-