【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135713.html
几帳面な人の特徴

几帳面な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
几帳面な人の特徴

日本人に多い特性と言えば、やはり几帳面。

真面目で、ちょっと融通が利かなさそうなイメージでしょうか。

今回は、そんな几帳面な人の特徴を20個上げてみます。

  • 字が上手い
  • よくメモを取る
  • 食事を残さない
  • メールやLINEの返事が早い
  • デスクが綺麗
  • 計画性がある
  • 事前準備が念入り
  • 時間に正確
  • 仕事が丁寧
  • 仕事が遅い
  • 胃腸が弱い
  • 財布が長財布と小銭入れ
  • 人の誕生日を覚えている
  • 割り勘時の計算が早く正確
  • 靴を脱いだ後揃える
  • 鞄やバッグの中が整理されている
  • 料理が上手い
  • 物を真っすぐに置く
  • 新聞を隅々まで読む
  • 実はズボラな相手が好き
  • まとめ

1. 字が上手い

字が上手い

字に性格が表れると言われていますがまさにその通りです。

上手くはない場合でも、丁寧には書かれています。

枠からはみ出したり、判読不可能だったりする事がありません。

均一な大きさで、乱れる事なく記述されています。

几帳面な方は、何事も正確、丁寧にこなしたいわけですから、文字を書くという文明社会における基本所作において手を抜く事などあり得ないでしょう。

2. よくメモを取る

よくメモを取る

基本的に真面目ですから、学生であれば勿論ですし、社会人となっても常にメモを取る事を習慣にしています。

上司の話、会議、お客様との打ち合わせ、果ては備忘録まで常に手帳に書き込んでいきます。

結果として多くの場合、仕事の結果に繋がっていることが多いのも事実です。

メモを取るという行為は、記憶にも繋がりますし、メモから仕事のヒントを得ることもあるのです。

何より、話している相手に、良く聞いてくれているなという好印象を与える事が出来ます。

3. 食事を残さない

食事を残さない

几帳面というのは持って生まれた資質もあるのでしょうが、やはり幼少時の教育の賜物ではないでしょうか。

しっかりと親御さんに躾けられているせいか、食事を残さないという習慣が身についています。

食べ残し…というのは見た目にも好ましくありませんから、几帳面な方は極力避けようとするでしょう。

また、外食であれば、自身が食べられる以上に注文するという事もありません。

4. メールやLINEの返事が早い

メールやLINEの返事が早い

プライベートであれ、仕事であれ、メールやLINEにはその日のうちに返事をします。

LINEで既読放置などあり得ません。

ズボラな方であれば、まあいいか…で放置もあるでしょうが、几帳面な方が放置した場合は、それはそれで一つの強烈な返事をしたのだという事になります。

ただし、几帳面な人は、相手にも少なからずそれを要求する傾向があるため、LINEなどの場合は少し窮屈な印象を抱かれる可能性はあります。

5. デスクが綺麗

デスクが綺麗

余計なものを置かないという基本路線を押さえつつ、整理された配置になっています。

例外なくデスクの引き出しの中も整理されています。

まれに、デスクは綺麗だが、引き出しを開けると…という方もいますが、それでは真の几帳面ではありません。

(単に、散乱状態を引き出し内に隠蔽しただけですから)

6. 計画性がある

計画性がある

計画性があるのは勿論ですが、そもそも計画するのが好きなのです。

仕事のプロジェクトから、家族や友人との旅行に至るまで入念な計画を立て、計画通りに実施しようと努めます。

また、周囲にもそれを要求するでしょう。

旅行などの場合は、それがしばしば軋轢を生むことになります。

確かに、ある程度不確定要素があったり、ここは現地で決めようという旅行も楽しいのです。

ですが、不確定要素をなるべく排除したい几帳面な人にとっては、相いれない話でしょう。

7. 事前準備が念入り

事前準備が念入り

計画性とも連動しますが、事前準備にも余念がありません。

何より準備を怠ることによって、実際の行動時に問題が発生する事を好みません。

裏を返すと、突発的な事態に弱い傾向があるのですが、それを自覚しているため様々な事態を想定した準備を行います。

これは多くの場合良い結果を生みますし、人生においても大きな失敗をする事が少ないでしょう。

貯金や、保険等の加入においてもしっかりとしたプランに基づいています。

8. 時間に正確

時間に正確

時間を守るという素晴らしい特徴も持っています。

待ち合わせであれば、必ず余裕を持って目的地に到着できるよう心がけます。

万が一、不覚にも遅れそうな場合にも、必ず先方に遅れる旨伝えます。

またその際に、希望的観測に基づいた到着時刻を告げたりません。

5分遅れると判断したならば、余裕を持って10分遅れると伝えることが多いのです。

勿論、相手が時間を守らない場合、大いに不満を感じるでしょう。

9. 仕事が丁寧

仕事が丁寧

どのような内容の業務であれ決して手を抜きません。

資料作成においても誤字脱字や文法的間違い、図表漏れなど一切ありません。

非常に丁寧な文書を作成するはずです。

数字のミスが許されない経理部門に多いタイプと言えます。

10. 仕事が遅い

仕事が遅い

仕事が丁寧ゆえに…という原因はありますが、仕事が遅い方が多いです。

なにより、自分の仕事に妥協がありませんから時間が掛かってしまうのです。

適度に手を抜くことがどうしても出来ません。

手を抜くという行為そのものがストレスになるのです。

ただ、そのために長時間労働になってしまったり、評価を下げるケースもあり、それもまたストレスの要因になる場合があります。

11. 胃腸が弱い

胃腸が弱い

几帳面であるという事は、気を緩める機会が少なくならざるを得ません。

基本的には、仕事であれ、プライベートであれ、手を抜くことが出来ないのです。

常にアレコレ考えて行動する事になります。

また、ズボラな人の行動でストレスを溜め込むこともあるでしょう。

結果として胃腸に負担がかかってしまう事になります。

胃薬を常に服用している几帳面な方、皆さんの周りにも良くいないでしょうか。

12. 財布が長財布と小銭入れ

財布が長財布と小銭入れ

財布としての利便性は、小銭入れが付属した折り畳み式の財布です。

お金の出しやすさでいけばマネークリップでしょう。

それでもあえて、長財布+小銭入れにするのが几帳面な方の特徴です。

お札を折り曲げずに保持したいのです。

また、小銭入れが膨らむ事も許せませんから、なるべく小銭が増えないように支払います。

このスタイルは、お金を管理するという強いメッセージの表れでもあります。

13. 人の誕生日を覚えている

人の誕生日を覚えている

突然、友人や同僚からおめでとうと言われて驚いた事はありませんか?

そうです。

その方が几帳面な人なのです。

几帳面な人は、人から聞いた誕生日の多くを記憶しています。

結婚している場合は、様々な記念日を確実に記憶しているでしょう。

結婚記念日を失念するなど論外です。

誕生日や、記念日は大切にする必要があるという強い意志を持っているため、確実に脳裏に刻み込んでいるのです。

14. 割り勘時の計算が早く正確

割り勘時の計算が早く正確

几帳面な人は奢るよりも割り勘派です。

基本的に堅実なためです。

ただし、割り勘慣れしていますし、キッチリとする事を好みますから割り勘時の計算も慣れたものです。

構成や人数により、適切な割り勘金額を素早く算出してくれます。

15. 靴を脱いだ後揃える

靴を脱いだ後揃える

座敷などに上がる際、お店の方が対応するより早くサッと自身の靴を揃えます。

揃える、並べる、整えるが、習慣になっていますから当然の所作といえるかもしれません。

時折、同行者の靴まで揃えて下さる方もいるので、ズボラな身としては恐縮する事しきりです。

16. 鞄やバッグの中が整理されている

鞄やバッグの中が整理されている

鞄やバッグの中も美しく整理されています。

「あれ、どこだっけな」などと言いながら、ガサゴソと鞄を探るという事がありません。

本人が入れると決めた場所に適切に配置していますから、迷うことなく必要な物を取り出します。

バッグインバッグなども活用して、スッキリと整理されている事でしょう。

17. 料理が上手い

料理が上手い

料理は、適切な食材の組み合わせと、適量の調味料、後は必要な時間加熱等する事で美味しくなります。

どの工程においても、選択と計量に正確さが求められるのです。

調味料の瓶を持って、適当にドバッなどという熟練シェフにしか許されない行為には及びません。

(熟練シェフは、そんな事しないのでしょうけど) キッチリと必要な量を計量して、適切なタイミングで使用するのです。

結果として、非常に美味しい料理になるでしょう。

18. 物を真っすぐに置く

物を真っすぐに置く

整理整頓好きであり、何より得意ですから基本的に無駄な物をそこらに置きません。

それでも、あえて手が届く場所に置く必要がある物もあります。

例えば、テレビのリモコンなどはそうでしょう。

リモコン類をテーブルの上に置く場合、間違いなくテーブルに対して平行するよう縦に置くはずです。

また、本棚の本も種類ごとに真っすぐに並ぶように配置します。

趣味人で、フィギュアなどが好きであれば、フィギュアの並べ方にも几帳面さが非常に出てくる事でしょう。

19. 新聞を隅々まで読む

新聞を隅々まで読む

紙であれ、電子媒体であれ新聞を読む際は、隅々にまで目を通します。

見出しだけ、気になる記事だけ、勿論四コマ漫画だけ、などといったことはしません。

さすがに、今時株価を新聞で読み込む事はないでしょうが、その他の記事には全てに目を通します。

読むと決めたものについても、手を抜くことが許せないのです。

そのせいか、比較的、通勤時間が長い生活も有効に活用できるため、苦にしていない場合があります。

20. 実はズボラな相手が好き

実はズボラな相手が好き

ズボラな人間は、無条件で几帳面な人を尊敬しています。

なぜなら、自分にはできない事を軽々とこなしているように見えるからです。

翻って几帳面な人は、ズボラな相手をどう思っているのでしょうか。

口では色々言うかもしれませんが、実は多くの場合、ズボラな人の事が好きなのです。

自分には無い物を持っているという側面もありますし、何より少し安心するのではないでしょうか。

まとめ

以上、20個の特徴で几帳面な人をまとめました。

几帳面な人がいるお陰で、世の中のほとんどのシステムが回っていると言っても過言ではありません。

日本の公共交通機関がすこぶる正確に運用されているのも、水道、電気、ガスなどのインフラが安定供給されているのも、出した手紙や荷物が確実に相手に届くのも、その全ては何千、何万という几帳面な人々が支えて下さっているお陰です。

ズボラな人は、そんな几帳面な人々の一服の清涼剤たりうるよう迷惑を掛け過ぎずに適度な能天気さで生きて行きたいものです。

すべての几帳面な皆さんの胃腸が壮健でありますように!

日本人に多い特性と言えば、やはり几帳面。

真面目で、ちょっと融通が利かなさそうなイメージでしょうか。

今回は、そんな几帳面な人の特徴を20個上げてみます。


字が上手い

字に性格が表れると言われていますがまさにその通りです。

上手くはない場合でも、丁寧には書かれています。

枠からはみ出したり、判読不可能だったりする事がありません。

均一な大きさで、乱れる事なく記述されています。

几帳面な方は、何事も正確、丁寧にこなしたいわけですから、文字を書くという文明社会における基本所作において手を抜く事などあり得ないでしょう。

よくメモを取る

基本的に真面目ですから、学生であれば勿論ですし、社会人となっても常にメモを取る事を習慣にしています。

上司の話、会議、お客様との打ち合わせ、果ては備忘録まで常に手帳に書き込んでいきます。

結果として多くの場合、仕事の結果に繋がっていることが多いのも事実です。

メモを取るという行為は、記憶にも繋がりますし、メモから仕事のヒントを得ることもあるのです。

何より、話している相手に、良く聞いてくれているなという好印象を与える事が出来ます。

食事を残さない

几帳面というのは持って生まれた資質もあるのでしょうが、やはり幼少時の教育の賜物ではないでしょうか。

しっかりと親御さんに躾けられているせいか、食事を残さないという習慣が身についています。

食べ残し…というのは見た目にも好ましくありませんから、几帳面な方は極力避けようとするでしょう。

また、外食であれば、自身が食べられる以上に注文するという事もありません。

メールやLINEの返事が早い

プライベートであれ、仕事であれ、メールやLINEにはその日のうちに返事をします。

LINEで既読放置などあり得ません。

ズボラな方であれば、まあいいか…で放置もあるでしょうが、几帳面な方が放置した場合は、それはそれで一つの強烈な返事をしたのだという事になります。

ただし、几帳面な人は、相手にも少なからずそれを要求する傾向があるため、LINEなどの場合は少し窮屈な印象を抱かれる可能性はあります。

デスクが綺麗

余計なものを置かないという基本路線を押さえつつ、整理された配置になっています。

例外なくデスクの引き出しの中も整理されています。

まれに、デスクは綺麗だが、引き出しを開けると…という方もいますが、それでは真の几帳面ではありません。

(単に、散乱状態を引き出し内に隠蔽しただけですから)

計画性がある

計画性があるのは勿論ですが、そもそも計画するのが好きなのです。

仕事のプロジェクトから、家族や友人との旅行に至るまで入念な計画を立て、計画通りに実施しようと努めます。

また、周囲にもそれを要求するでしょう。

旅行などの場合は、それがしばしば軋轢を生むことになります。

確かに、ある程度不確定要素があったり、ここは現地で決めようという旅行も楽しいのです。

ですが、不確定要素をなるべく排除したい几帳面な人にとっては、相いれない話でしょう。

事前準備が念入り

計画性とも連動しますが、事前準備にも余念がありません。

何より準備を怠ることによって、実際の行動時に問題が発生する事を好みません。

裏を返すと、突発的な事態に弱い傾向があるのですが、それを自覚しているため様々な事態を想定した準備を行います。

これは多くの場合良い結果を生みますし、人生においても大きな失敗をする事が少ないでしょう。

貯金や、保険等の加入においてもしっかりとしたプランに基づいています。

時間に正確

時間を守るという素晴らしい特徴も持っています。

待ち合わせであれば、必ず余裕を持って目的地に到着できるよう心がけます。

万が一、不覚にも遅れそうな場合にも、必ず先方に遅れる旨伝えます。

またその際に、希望的観測に基づいた到着時刻を告げたりません。

5分遅れると判断したならば、余裕を持って10分遅れると伝えることが多いのです。

勿論、相手が時間を守らない場合、大いに不満を感じるでしょう。

仕事が丁寧

どのような内容の業務であれ決して手を抜きません。

資料作成においても誤字脱字や文法的間違い、図表漏れなど一切ありません。

非常に丁寧な文書を作成するはずです。

数字のミスが許されない経理部門に多いタイプと言えます。

仕事が遅い

仕事が丁寧ゆえに…という原因はありますが、仕事が遅い方が多いです。

なにより、自分の仕事に妥協がありませんから時間が掛かってしまうのです。

適度に手を抜くことがどうしても出来ません。

手を抜くという行為そのものがストレスになるのです。

ただ、そのために長時間労働になってしまったり、評価を下げるケースもあり、それもまたストレスの要因になる場合があります。

胃腸が弱い

几帳面であるという事は、気を緩める機会が少なくならざるを得ません。

基本的には、仕事であれ、プライベートであれ、手を抜くことが出来ないのです。

常にアレコレ考えて行動する事になります。

また、ズボラな人の行動でストレスを溜め込むこともあるでしょう。

結果として胃腸に負担がかかってしまう事になります。

胃薬を常に服用している几帳面な方、皆さんの周りにも良くいないでしょうか。

財布が長財布と小銭入れ

財布としての利便性は、小銭入れが付属した折り畳み式の財布です。

お金の出しやすさでいけばマネークリップでしょう。

それでもあえて、長財布+小銭入れにするのが几帳面な方の特徴です。

お札を折り曲げずに保持したいのです。

また、小銭入れが膨らむ事も許せませんから、なるべく小銭が増えないように支払います。

このスタイルは、お金を管理するという強いメッセージの表れでもあります。

人の誕生日を覚えている

突然、友人や同僚からおめでとうと言われて驚いた事はありませんか?

そうです。

その方が几帳面な人なのです。

几帳面な人は、人から聞いた誕生日の多くを記憶しています。

結婚している場合は、様々な記念日を確実に記憶しているでしょう。

結婚記念日を失念するなど論外です。

誕生日や、記念日は大切にする必要があるという強い意志を持っているため、確実に脳裏に刻み込んでいるのです。

割り勘時の計算が早く正確

几帳面な人は奢るよりも割り勘派です。

基本的に堅実なためです。

ただし、割り勘慣れしていますし、キッチリとする事を好みますから割り勘時の計算も慣れたものです。

構成や人数により、適切な割り勘金額を素早く算出してくれます。

靴を脱いだ後揃える

座敷などに上がる際、お店の方が対応するより早くサッと自身の靴を揃えます。

揃える、並べる、整えるが、習慣になっていますから当然の所作といえるかもしれません。

時折、同行者の靴まで揃えて下さる方もいるので、ズボラな身としては恐縮する事しきりです。

鞄やバッグの中が整理されている

鞄やバッグの中も美しく整理されています。

「あれ、どこだっけな」などと言いながら、ガサゴソと鞄を探るという事がありません。

本人が入れると決めた場所に適切に配置していますから、迷うことなく必要な物を取り出します。

バッグインバッグなども活用して、スッキリと整理されている事でしょう。

料理が上手い

料理は、適切な食材の組み合わせと、適量の調味料、後は必要な時間加熱等する事で美味しくなります。

どの工程においても、選択と計量に正確さが求められるのです。

調味料の瓶を持って、適当にドバッなどという熟練シェフにしか許されない行為には及びません。

(熟練シェフは、そんな事しないのでしょうけど) キッチリと必要な量を計量して、適切なタイミングで使用するのです。

結果として、非常に美味しい料理になるでしょう。

物を真っすぐに置く

整理整頓好きであり、何より得意ですから基本的に無駄な物をそこらに置きません。

それでも、あえて手が届く場所に置く必要がある物もあります。

例えば、テレビのリモコンなどはそうでしょう。

リモコン類をテーブルの上に置く場合、間違いなくテーブルに対して平行するよう縦に置くはずです。

また、本棚の本も種類ごとに真っすぐに並ぶように配置します。

趣味人で、フィギュアなどが好きであれば、フィギュアの並べ方にも几帳面さが非常に出てくる事でしょう。

新聞を隅々まで読む

紙であれ、電子媒体であれ新聞を読む際は、隅々にまで目を通します。

見出しだけ、気になる記事だけ、勿論四コマ漫画だけ、などといったことはしません。

さすがに、今時株価を新聞で読み込む事はないでしょうが、その他の記事には全てに目を通します。

読むと決めたものについても、手を抜くことが許せないのです。

そのせいか、比較的、通勤時間が長い生活も有効に活用できるため、苦にしていない場合があります。

実はズボラな相手が好き

ズボラな人間は、無条件で几帳面な人を尊敬しています。

なぜなら、自分にはできない事を軽々とこなしているように見えるからです。

翻って几帳面な人は、ズボラな相手をどう思っているのでしょうか。

口では色々言うかもしれませんが、実は多くの場合、ズボラな人の事が好きなのです。

自分には無い物を持っているという側面もありますし、何より少し安心するのではないでしょうか。

以上、20個の特徴で几帳面な人をまとめました。

几帳面な人がいるお陰で、世の中のほとんどのシステムが回っていると言っても過言ではありません。

日本の公共交通機関がすこぶる正確に運用されているのも、水道、電気、ガスなどのインフラが安定供給されているのも、出した手紙や荷物が確実に相手に届くのも、その全ては何千、何万という几帳面な人々が支えて下さっているお陰です。

ズボラな人は、そんな几帳面な人々の一服の清涼剤たりうるよう迷惑を掛け過ぎずに適度な能天気さで生きて行きたいものです。

すべての几帳面な皆さんの胃腸が壮健でありますように!

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-