【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135655.html
同じミスを繰り返す人の効果的な対策14選

同じミスを繰り返す人の効果的な対策14選 | LADYCO

LADYCO
同じミスを繰り返す人の効果的な対策14選

同じミスを繰り返すのは精神的にも苦痛なものです。

ここではそんな人向けに効果的な対策をご紹介したいと思います。

  • ミスした時にどうするべきだったか反省する
  • 改善策を試しながら次がないようにする
  • 目につくところに置いたり貼ったりする
  • メモに取ったり心に刻む習慣をつける
  • 信頼できる人に協力してもらう
  • 一度ミスをするごとに罰を与える
  • 自分はうっかりしているということを忘れない
  • 小さなミスは大きなミスを生むと思っておく
  • 過信せずに過剰なほど対策をする
  • ひとつのことばかりに目を向けない
  • 自分が困るだけではないことをよく考える
  • ミスのせいで自分の印象が変わるということを知る
  • 周りの人にどうするべきか意見を求める
  • 誰にでもミスはある
  • まとめ

1. ミスした時にどうするべきだったか反省する

ミスした時にどうするべきだったか反省する

ミスした時にごまかしてなんとなく済ませてしまうとそのミスがなかったことのようになってしまいます。

それでは反省しませんし、反省がないとまた忘れた頃に同じ事をしてしまいがちです。

誰かに叱られたり指摘されなくても自分自身でミスする自分を咎めるようにしましょう。

しっかりとミスをミスと認め、どうするべきだったか考えることで道が開けます。

2. 改善策を試しながら次がないようにする

改善策を試しながら次がないようにする

ミスした際は「次からは気をつけよう」だけではまた繰り返してしまうため、置き場所を変えたりメモに書くようにするなどといった改善策をひとつでも決めるようにします。

それを試しながら次がないように心がけましょう。

それでもまた同じミスをしてしまうようなら改善策が足りないかふさわしくないかということです。

3. 目につくところに置いたり貼ったりする

目につくところに置いたり貼ったりする

物をなくさないようにするために収納ボックスを買っても奥にしまってしまうと使いません。

忘れそうなことを手帳に書き込んでも見なければ意味がありません。

目につくところにないと意味がないのです。

整理整頓のアイテムなら普段使うような場所に置き、忘れないようにメモするなら目にとまるところに書いて張り出しましょう。

4. メモに取ったり心に刻む習慣をつける

メモに取ったり心に刻む習慣をつける

ミスしてもミスしたという事実だけで終わらせてはいけません。

まずはメモに取る習慣をつけることです。

ミスした内容でもいいですし、そもそもメモに取るという行為が習慣になるだけでもうっかりを防げるようになっていきます。

忘れないように心に何度も言い聞かせて刻み込むということも大切です。

5. 信頼できる人に協力してもらう

信頼できる人に協力してもらう

自分だけでは直らないようなら身近な親や友達、同僚などにも協力してもらいましょう。

「ここに置くことにしたから」と宣言しておけばわからなくなっても教えてもらうことができますが、それよりも決める前に「こっちの方が忘れないんじゃない?」などと意見をもらうこともできるというのがメリットです。

人に頼りきってしまうのではなくアドバイスをもらう気持ちでいることが大切です。

6. 一度ミスをするごとに罰を与える

一度ミスをするごとに罰を与える

一度ミスをするごとに自分で罰を与えるようにするのはどうでしょうか?

貯金箱にお金を入れるとか、食べたかったデザートを何日我慢するとか、内容はささいなことでかまいません。

叱ってくれる人がいなくてもこうやって自分に厳しくすることで防げるミスもあるでしょう。

先に罰則表のようなものを作っておくといいですね。

7. 自分はうっかりしているということを忘れない

自分はうっかりしているということを忘れない

ミスがなかなか起きない時期が続くと「自分はミスしなくなった」などと思い込んで油断をしてしまいます。

その頃にまたミスをしてしまい、喜んでいた分ショックも大きくなって自分で自分にイライラします。

あまり自分に絶望するとミスしないように努力することすら無意味に思えてきてしまうため、自暴自棄にならないようにするためにも「自分はうっかりしている」ということを忘れないことも大切です。

8. 小さなミスは大きなミスを生むと思っておく

小さなミスは大きなミスを生むと思っておく

小さなミスだからいいやと思っているといつか大きなミスを生むような人になってしまいます。

小さなミスのうちに直すべきだという考えを持つようにしてください。

どうすればよかったか、早いうちに反省して改善策を立てましょう。

9. 過信せずに過剰なほど対策をする

過信せずに過剰なほど対策をする

ひとつの対策だけでは直らないこともあります。

例えば寝坊が直らなくて目覚まし時計を増やしても無理ならもうひとつ増やしましょう。

対策をすれば直るという過信はやめてちょっと過剰かなというくらいしてみてまずは良くなったというところまでもっていきましょう。

10. ひとつのことばかりに目を向けない

ひとつのことばかりに目を向けない

ひとつのミスばかりに目を向けていると、他のミスが増えたりミスしないようにすることよりもダメな自分ばかりが気になって気持ちが落ちこんでしまいます。

ミスが増えたりネガティブになると直そうという気もわかなくなって諦めてしまうようになるので気をつけてください。

ひとつのミスをきっかけに他のミスへの対策も見えてくることがあります。

ミスを無駄にしないでくださいね。

11. 自分が困るだけではないことをよく考える

自分が困るだけではないことをよく考える

ミスしても自分が困るだけなんて思っている人もいますがそんなことはありません。

遅刻して怒られるのは自分ですが、そのせいで教育が悪いと上司が叱られるかもしれません。

ものを失くすと自分も困りますが母親も育て方が悪かったのかと嘆くでしょう。

ミスが周りに与える影響も考えながら直そうとすれば、優しい人であればあるほど直っていくはずです。

12. ミスのせいで自分の印象が変わるということを知る

ミスのせいで自分の印象が変わるということを知る

ミスの多い人は賢くないように思われますし、同じミスを繰り返す人は反省しない図太い神経の持ち主のようにも思われます。

回数が増える度にフォローしたり同情する人も減ってしまうということを頭に置いて、自分の印象が変わってしまわないためにもミスを失くす努力をしてみてください。

13. 周りの人にどうするべきか意見を求める

周りの人にどうするべきか意見を求める

同じようなミスを経験してきた人もいるはずなので、周りの人に自分のミスを素直に話して「どうすれば直ると思うか」「同じような経験があるか」などを聞いてみましょう。

自分はこうしたという意見をもらって試してみる中でふさわしい改善策も見つけられるはずです。

そんな直そうとする頑張りやさんはあたたかく見守ってもらえるようになるので、ちょっと時間をかけて直していくこともできそうです。

14. 誰にでもミスはある

誰にでもミスはある

ミスしない人間なんていません。

しかしそう開き直るのもよくありません。

みんなミスをしながらも反省し、改善策を探しながら頑張っているのです。

同じように戦う気持ちでミスに向き合いましょう。

ミスから目を背けていては何も直りません。

まとめ

同じミスを繰り返しているうちに人にも厳しい目で見られるようになります。

日頃から人に好かれる人間でいることも意見をもらったり直るまで待ってもらうためにはポイントとなるかもしれません。

同じミスを繰り返すのは精神的にも苦痛なものです。

ここではそんな人向けに効果的な対策をご紹介したいと思います。


ミスした時にどうするべきだったか反省する

ミスした時にごまかしてなんとなく済ませてしまうとそのミスがなかったことのようになってしまいます。

それでは反省しませんし、反省がないとまた忘れた頃に同じ事をしてしまいがちです。

誰かに叱られたり指摘されなくても自分自身でミスする自分を咎めるようにしましょう。

しっかりとミスをミスと認め、どうするべきだったか考えることで道が開けます。

改善策を試しながら次がないようにする

ミスした際は「次からは気をつけよう」だけではまた繰り返してしまうため、置き場所を変えたりメモに書くようにするなどといった改善策をひとつでも決めるようにします。

それを試しながら次がないように心がけましょう。

それでもまた同じミスをしてしまうようなら改善策が足りないかふさわしくないかということです。

目につくところに置いたり貼ったりする

物をなくさないようにするために収納ボックスを買っても奥にしまってしまうと使いません。

忘れそうなことを手帳に書き込んでも見なければ意味がありません。

目につくところにないと意味がないのです。

整理整頓のアイテムなら普段使うような場所に置き、忘れないようにメモするなら目にとまるところに書いて張り出しましょう。

メモに取ったり心に刻む習慣をつける

ミスしてもミスしたという事実だけで終わらせてはいけません。

まずはメモに取る習慣をつけることです。

ミスした内容でもいいですし、そもそもメモに取るという行為が習慣になるだけでもうっかりを防げるようになっていきます。

忘れないように心に何度も言い聞かせて刻み込むということも大切です。

信頼できる人に協力してもらう

自分だけでは直らないようなら身近な親や友達、同僚などにも協力してもらいましょう。

「ここに置くことにしたから」と宣言しておけばわからなくなっても教えてもらうことができますが、それよりも決める前に「こっちの方が忘れないんじゃない?」などと意見をもらうこともできるというのがメリットです。

人に頼りきってしまうのではなくアドバイスをもらう気持ちでいることが大切です。

一度ミスをするごとに罰を与える

一度ミスをするごとに自分で罰を与えるようにするのはどうでしょうか?

貯金箱にお金を入れるとか、食べたかったデザートを何日我慢するとか、内容はささいなことでかまいません。

叱ってくれる人がいなくてもこうやって自分に厳しくすることで防げるミスもあるでしょう。

先に罰則表のようなものを作っておくといいですね。

自分はうっかりしているということを忘れない

ミスがなかなか起きない時期が続くと「自分はミスしなくなった」などと思い込んで油断をしてしまいます。

その頃にまたミスをしてしまい、喜んでいた分ショックも大きくなって自分で自分にイライラします。

あまり自分に絶望するとミスしないように努力することすら無意味に思えてきてしまうため、自暴自棄にならないようにするためにも「自分はうっかりしている」ということを忘れないことも大切です。

小さなミスは大きなミスを生むと思っておく

小さなミスだからいいやと思っているといつか大きなミスを生むような人になってしまいます。

小さなミスのうちに直すべきだという考えを持つようにしてください。

どうすればよかったか、早いうちに反省して改善策を立てましょう。

過信せずに過剰なほど対策をする

ひとつの対策だけでは直らないこともあります。

例えば寝坊が直らなくて目覚まし時計を増やしても無理ならもうひとつ増やしましょう。

対策をすれば直るという過信はやめてちょっと過剰かなというくらいしてみてまずは良くなったというところまでもっていきましょう。

ひとつのことばかりに目を向けない

ひとつのミスばかりに目を向けていると、他のミスが増えたりミスしないようにすることよりもダメな自分ばかりが気になって気持ちが落ちこんでしまいます。

ミスが増えたりネガティブになると直そうという気もわかなくなって諦めてしまうようになるので気をつけてください。

ひとつのミスをきっかけに他のミスへの対策も見えてくることがあります。

ミスを無駄にしないでくださいね。

自分が困るだけではないことをよく考える

ミスしても自分が困るだけなんて思っている人もいますがそんなことはありません。

遅刻して怒られるのは自分ですが、そのせいで教育が悪いと上司が叱られるかもしれません。

ものを失くすと自分も困りますが母親も育て方が悪かったのかと嘆くでしょう。

ミスが周りに与える影響も考えながら直そうとすれば、優しい人であればあるほど直っていくはずです。

ミスのせいで自分の印象が変わるということを知る

ミスの多い人は賢くないように思われますし、同じミスを繰り返す人は反省しない図太い神経の持ち主のようにも思われます。

回数が増える度にフォローしたり同情する人も減ってしまうということを頭に置いて、自分の印象が変わってしまわないためにもミスを失くす努力をしてみてください。

周りの人にどうするべきか意見を求める

同じようなミスを経験してきた人もいるはずなので、周りの人に自分のミスを素直に話して「どうすれば直ると思うか」「同じような経験があるか」などを聞いてみましょう。

自分はこうしたという意見をもらって試してみる中でふさわしい改善策も見つけられるはずです。

そんな直そうとする頑張りやさんはあたたかく見守ってもらえるようになるので、ちょっと時間をかけて直していくこともできそうです。

誰にでもミスはある

ミスしない人間なんていません。

しかしそう開き直るのもよくありません。

みんなミスをしながらも反省し、改善策を探しながら頑張っているのです。

同じように戦う気持ちでミスに向き合いましょう。

ミスから目を背けていては何も直りません。

同じミスを繰り返しているうちに人にも厳しい目で見られるようになります。

日頃から人に好かれる人間でいることも意見をもらったり直るまで待ってもらうためにはポイントとなるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-