【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135648.html
孤独な人の特徴

孤独な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
孤独な人の特徴

日々人と接していくと、「孤独な人」に出会うことがあります。

それは一体どんな人のことを言うのでしょうか。

  • 合わせることが嫌い、または苦手な人
  • 1人が好きな人
  • 自分自身の強い価値観がある人
  • 「自分が何をしたいか」と言うことだけに従っている人
  • 見た目や言動が賛否両論
  • 自分が大好きな人
  • 人から嫌われることを受け入れている人
  • 人から嫌われることをおそれている人
  • コミュニケーションに自信がない人
  • 他人を特に必要としてはいない人
  • 自分から積極的になることが出来ない人
  • 人間関係でのトラブルがない人
  • 邪魔をされたくない人
  • 人の目を気にする人
  • 友達や恋人を作ろうとしない
  • 団体行動が苦手な人
  • 自分の世界を持っている人
  • 何でも出来てしまう人
  • 決断力がある人
  • どことなく冷めている人
  • まとめ

1. 合わせることが嫌い、または苦手な人

合わせることが嫌い、または苦手な人

仮に孤独な人に見えたとしても、それが本人にとって望まない孤独なのか望んだ孤独なのかはわかりません。

何かをするときにも周りに合わせるのではなく、自分自身のペースで何事も進めていきたい、という人に良くある傾向です。

よく言えばマイペース、悪く言えば自己中心的ということになります。

学生時代であればまだ許されるかもしれませんが、社会人になり、会社等に所属するようになるとどうしても周りに合わせることが必要な時も出てくるでしょう。

2. 1人が好きな人

1人が好きな人

誰かと一緒にいることもなくはないですが、「なくはない」程度で、基本的には自分1人でいることを望んでいる人に良くある傾向です。

何をするにしても「誰かと一緒にする」という考えはなく、自分1人で執り行うことを常に考えています。

誰かといても楽しいと感じることは少なく、自分1人でいるときの方がよっぽど楽だと考える人によくいるタイプです。

そのため、必要最低限以外他人や集団で過ごすことは極力しません。

3. 自分自身の強い価値観がある人

自分自身の強い価値観がある人

周りにどんな意見を言われたりアドバイスをされたとしても、自分の中で「これだ」という強い意見や価値観を持っているため、そういった声は一切気にせず自分の意見や価値観を貫く人に良くある傾向です。

「私はこう思う」「この件はこうだ」など意志が強く、それは絶対に譲らないのでこういった人のことを「頑固だ」と思う人もいるでしょう。

そして、こういったタイプの人は周りの意見や指摘に流されることはなく、自分の意見や価値観を最後まで貫き通すのであまり後悔をしないタイプの人です。

4. 「自分が何をしたいか」と言うことだけに従っている人

「自分が何をしたいか」と言うことだけに従っている人

周りの目線や意見にはあまり気にすることなく、とにかく自分の思うがままに行動している人です。

常識、ルール、固定概念、メリットやデメリットなどにそって行動するのではなく、あくまでも自分がやりたいことをやりたいように思うがままに行動する人に良くある傾向です。

このタイプの人は周りの行動から外れたり、一般常識からずれていた時に指摘してもあまり気にしないでしょう。

5. 見た目や言動が賛否両論

見た目や言動が賛否両論

見た目の髪型や服装、身につけている物や発言や行動というのが周囲から見てポジティブに見られたり、一方ではネガティブに見られる人はその傾向にあります。

いわゆる「周りと同じ」格好や言動ではないので、それが理由で賛否両論が起こります。

つまり、それだけ常識から外れているということで、孤独な人に見られてしまうでしょう。

6. 自分が大好きな人

自分が大好きな人

自分が大好きで何をしているときでも自分で自分に見とれてしまう人によくある傾向です。

とにかく自分が第1優先という人です。

周りから何を言われようと、何を指摘されようと。

自分が一番なので一切気にしません。

自分で自分を認めているので、周りのことは気にせず、集団で連むこともしません。

そのため、次第に孤独になっていってしまいます。

7. 人から嫌われることを受け入れている人

人から嫌われることを受け入れている人

孤独な人は集団行動をせず、自分一人で好きなことを思うがままにやりたいようにやっているので、嫌われることを許容している傾向にあります。

常識からずれていたり、ルールから外れていても気にすることはありません。

そのため、周りが「嫌だ」と思うような物事でも自分がやりたいことであれば周りに目を向けずそれを貫きます。

次第に周囲の目はネガティブな物になっていきますが、当の本人からしたら気にしません。

それに気づいていないときも有るでしょう。

8. 人から嫌われることをおそれている人

人から嫌われることをおそれている人

ちょっとしたことから生まれる言葉の掛け違いなどで他人とトラブルになり、他人から嫌われてしまったことが過去に経験としてある人に良くある傾向です。

誰かと接したくてもそこからもしトラブルが生まれ、その人と「うまくいかなくなって嫌われてしまったらどうしよう」という恐怖感から誰からも嫌われたくないと思い、「嫌われるぐらいなら一人でいよう」という自己防衛から孤独な人に見られてしまう傾向がある人にはよくあります。

言い換えれば自分に自信がなく、自分だけの殻に閉じこもっている人のことです。

9. コミュニケーションに自信がない人

コミュニケーションに自信がない人

人との会話のネタ、盛り上げ方、話の広げ方などがあまりわからない人によくある傾向です。

誰か盛り上げ役がいてその人に付いていくならまだしも、自分が何かをしなければならない状態でも、話す内容が何もなく、その間が静まりかえってしまうような経験をし、人とのコミュニケーションがうまく取れないことから1人でイル時間に楽さと魅力を感じ、孤独な人になっていくこともあります。

1人でいると誰ともコミュニケーションを取る必要がないので自分が一番楽でいられる時でもあります。

10. 他人を特に必要としてはいない人

他人を特に必要としてはいない人

食事、洗濯などの家事を始め、趣味なども全て出来てしまうため、そういった物事を達成するのには特に他人が必要ないというタイプの人に良くある傾向です。

よく言えば「自立している人」とも言えますが、何でも自分でできすぎてしまうと、他人の助けによるありがたみを感じないまま、何でも自分1人で物事を進めていってしまいます。

そのため、1人でいる時間が多くなり、周りからも「孤独な人」と見られてしまうことに繋がります。

11. 自分から積極的になることが出来ない人

自分から積極的になることが出来ない人

自分自身の持つ空間の中から以外は出ようとしない人です。

例えば、自分から挨拶が出来なかったり、自分から誰かに話しかけたり、何かを提案したりすることが出来ない消極的な人によく有る傾向です。

相手から話しかけられない限りは会話をすることもなく、何も起こらないので、集団で行動することというのがなくなります。

そして、集団で行動しないがために単独での行動をするようになります。

周囲からしたら「孤独な人」と見られてしまうでしょう。

12. 人間関係でのトラブルがない人

人間関係でのトラブルがない人

何に関しても積極的になることはなく、集団で行動することがないので、他人との間でトラブルが発生することが極端に少ないです。

嫉妬や妬み、うわさ話などがよく発生する女性の社会では逆に他人と接することがなく孤独でいる人の方が何も気にせず楽だというようなことさえ有ります。

人間観でのトラブルから息苦しい生活を送ることがなく伸び伸びと過ごしていけます。

孤独であることのメリットの一つと言えるでしょう。

13. 邪魔をされたくない人

邪魔をされたくない人

趣味や仕事など、自分が没頭している物事に対して誰かに邪魔をされたくない人はいるでしょう。

誰かが同じ空間にいると集中できなかったり、物音がするだけでその物事が進まなかったりすることにイライラするような人は他人を避け、自分一人でその趣味や仕事などの物事を進めようとし、1人でいるようになります。

孤独な人にはよくいるタイプです。

14. 人の目を気にする人

人の目を気にする人

誰かに見られていることにより他人の目を意識してしまい、自分のすることに100パーセント取り組めない人によくある傾向です。

他人の目を気にしてしまうことから、1人でいることが増え、次第に周りも「孤独な人」と見るようになります。

15. 友達や恋人を作ろうとしない

友達や恋人を作ろうとしない

自分一人でいる時間やスペースに他人が入ってくることに嫌悪感を感じる人によくある傾向です。

必要最低限以外の連絡も取りたがらないので、飲み会などの席で電話番号やメールアドレスを教えたがらない人にはこういった自分の時間やスペースに他人が入ってくるのを嫌がっている場合が有ります。

16. 団体行動が苦手な人

団体行動が苦手な人

基本的に何でも自分1人で行い、自分1人で過ごすので「誰かと一緒に」同じことをすることを苦手とする傾向があります。

スポーツなども同様に、サッカーやバスケットボールなどのチームプレーよりもテニスや柔道などの個人スポーツを得意とするでしょう。

17. 自分の世界を持っている人

自分の世界を持っている人

周りの人とは少々違った独特の世界観を持っている人に良くある傾向です。

正確や服装、独特な趣味を持っている人にはよくいるタイプの人です。

周りから見て飛び抜けた技術を持っている人、少々偏った考え人によくあります。

「違う世界にいる人」という言葉がありますが、それをよく言われる人はこういう人です。

18. 何でも出来てしまう人

何でも出来てしまう人

うらやましいことでは有りますが、1人で何でも出来てしまう人がたまにいます。

例えば学生であればテスト範囲の確認や宿題などを忘れないようにお互い確認し合ったりしますが、1人で何でも出来てしまう人はそんなこと必要有りません。

自分一人でほどよく何でも出来てしまうが故に、どんなことをする時でも他人の力を必要としません。

周りも「あの人には何もする必要がない」という目線になってきます。

孤独な人の中でもうらやましいタイプの人です。

19. 決断力がある人

決断力がある人

岐路に立たされているとき、何かを不安に感じているとき、悩んでいるとき、迷っているときなどは誰かに意見を聞いたり相談したりして安心する人も多いと想いますが、それが一切必要のないタイプの人です。

自分で何でも決めることが出来てしまうため、他人の意見を必要とするときがありません。

20. どことなく冷めている人

どことなく冷めている人

大人数で盛り上がっていたり、友人たちでパーティをしているときでも盛り上がっている周囲に対して、一歩引いて観望しているようなタイプの人に良くある傾向です。

盛り上がっている人たちに対して盛り上がれない冷めているマジョリティの自分に対して「なぜ盛り上がれないのだろう」と考えるようになり、次第に孤独感が強まっていきます。

周りも「あの人は孤独な人だ」と見るようになっていくでしょう。

まとめ

多くの人と接していけばいくほど孤独な人に出会う確率も増えます。

もしかしたら自分が孤独な人に見られているかも知れません。

よく言えば個性的では有ります。

ほどよく自分の時間をもちつつ、ほどよく他人と接していけるような関係が理想的な関係でしょう。

日々人と接していくと、「孤独な人」に出会うことがあります。

それは一体どんな人のことを言うのでしょうか。


合わせることが嫌い、または苦手な人

仮に孤独な人に見えたとしても、それが本人にとって望まない孤独なのか望んだ孤独なのかはわかりません。

何かをするときにも周りに合わせるのではなく、自分自身のペースで何事も進めていきたい、という人に良くある傾向です。

よく言えばマイペース、悪く言えば自己中心的ということになります。

学生時代であればまだ許されるかもしれませんが、社会人になり、会社等に所属するようになるとどうしても周りに合わせることが必要な時も出てくるでしょう。

1人が好きな人

誰かと一緒にいることもなくはないですが、「なくはない」程度で、基本的には自分1人でいることを望んでいる人に良くある傾向です。

何をするにしても「誰かと一緒にする」という考えはなく、自分1人で執り行うことを常に考えています。

誰かといても楽しいと感じることは少なく、自分1人でいるときの方がよっぽど楽だと考える人によくいるタイプです。

そのため、必要最低限以外他人や集団で過ごすことは極力しません。

自分自身の強い価値観がある人

周りにどんな意見を言われたりアドバイスをされたとしても、自分の中で「これだ」という強い意見や価値観を持っているため、そういった声は一切気にせず自分の意見や価値観を貫く人に良くある傾向です。

「私はこう思う」「この件はこうだ」など意志が強く、それは絶対に譲らないのでこういった人のことを「頑固だ」と思う人もいるでしょう。

そして、こういったタイプの人は周りの意見や指摘に流されることはなく、自分の意見や価値観を最後まで貫き通すのであまり後悔をしないタイプの人です。

「自分が何をしたいか」と言うことだけに従っている人

周りの目線や意見にはあまり気にすることなく、とにかく自分の思うがままに行動している人です。

常識、ルール、固定概念、メリットやデメリットなどにそって行動するのではなく、あくまでも自分がやりたいことをやりたいように思うがままに行動する人に良くある傾向です。

このタイプの人は周りの行動から外れたり、一般常識からずれていた時に指摘してもあまり気にしないでしょう。

見た目や言動が賛否両論

見た目の髪型や服装、身につけている物や発言や行動というのが周囲から見てポジティブに見られたり、一方ではネガティブに見られる人はその傾向にあります。

いわゆる「周りと同じ」格好や言動ではないので、それが理由で賛否両論が起こります。

つまり、それだけ常識から外れているということで、孤独な人に見られてしまうでしょう。

自分が大好きな人

自分が大好きで何をしているときでも自分で自分に見とれてしまう人によくある傾向です。

とにかく自分が第1優先という人です。

周りから何を言われようと、何を指摘されようと。

自分が一番なので一切気にしません。

自分で自分を認めているので、周りのことは気にせず、集団で連むこともしません。

そのため、次第に孤独になっていってしまいます。

人から嫌われることを受け入れている人

孤独な人は集団行動をせず、自分一人で好きなことを思うがままにやりたいようにやっているので、嫌われることを許容している傾向にあります。

常識からずれていたり、ルールから外れていても気にすることはありません。

そのため、周りが「嫌だ」と思うような物事でも自分がやりたいことであれば周りに目を向けずそれを貫きます。

次第に周囲の目はネガティブな物になっていきますが、当の本人からしたら気にしません。

それに気づいていないときも有るでしょう。

人から嫌われることをおそれている人

ちょっとしたことから生まれる言葉の掛け違いなどで他人とトラブルになり、他人から嫌われてしまったことが過去に経験としてある人に良くある傾向です。

誰かと接したくてもそこからもしトラブルが生まれ、その人と「うまくいかなくなって嫌われてしまったらどうしよう」という恐怖感から誰からも嫌われたくないと思い、「嫌われるぐらいなら一人でいよう」という自己防衛から孤独な人に見られてしまう傾向がある人にはよくあります。

言い換えれば自分に自信がなく、自分だけの殻に閉じこもっている人のことです。

コミュニケーションに自信がない人

人との会話のネタ、盛り上げ方、話の広げ方などがあまりわからない人によくある傾向です。

誰か盛り上げ役がいてその人に付いていくならまだしも、自分が何かをしなければならない状態でも、話す内容が何もなく、その間が静まりかえってしまうような経験をし、人とのコミュニケーションがうまく取れないことから1人でイル時間に楽さと魅力を感じ、孤独な人になっていくこともあります。

1人でいると誰ともコミュニケーションを取る必要がないので自分が一番楽でいられる時でもあります。

他人を特に必要としてはいない人

食事、洗濯などの家事を始め、趣味なども全て出来てしまうため、そういった物事を達成するのには特に他人が必要ないというタイプの人に良くある傾向です。

よく言えば「自立している人」とも言えますが、何でも自分でできすぎてしまうと、他人の助けによるありがたみを感じないまま、何でも自分1人で物事を進めていってしまいます。

そのため、1人でいる時間が多くなり、周りからも「孤独な人」と見られてしまうことに繋がります。

自分から積極的になることが出来ない人

自分自身の持つ空間の中から以外は出ようとしない人です。

例えば、自分から挨拶が出来なかったり、自分から誰かに話しかけたり、何かを提案したりすることが出来ない消極的な人によく有る傾向です。

相手から話しかけられない限りは会話をすることもなく、何も起こらないので、集団で行動することというのがなくなります。

そして、集団で行動しないがために単独での行動をするようになります。

周囲からしたら「孤独な人」と見られてしまうでしょう。

人間関係でのトラブルがない人

何に関しても積極的になることはなく、集団で行動することがないので、他人との間でトラブルが発生することが極端に少ないです。

嫉妬や妬み、うわさ話などがよく発生する女性の社会では逆に他人と接することがなく孤独でいる人の方が何も気にせず楽だというようなことさえ有ります。

人間観でのトラブルから息苦しい生活を送ることがなく伸び伸びと過ごしていけます。

孤独であることのメリットの一つと言えるでしょう。

邪魔をされたくない人

趣味や仕事など、自分が没頭している物事に対して誰かに邪魔をされたくない人はいるでしょう。

誰かが同じ空間にいると集中できなかったり、物音がするだけでその物事が進まなかったりすることにイライラするような人は他人を避け、自分一人でその趣味や仕事などの物事を進めようとし、1人でいるようになります。

孤独な人にはよくいるタイプです。

人の目を気にする人

誰かに見られていることにより他人の目を意識してしまい、自分のすることに100パーセント取り組めない人によくある傾向です。

他人の目を気にしてしまうことから、1人でいることが増え、次第に周りも「孤独な人」と見るようになります。

友達や恋人を作ろうとしない

自分一人でいる時間やスペースに他人が入ってくることに嫌悪感を感じる人によくある傾向です。

必要最低限以外の連絡も取りたがらないので、飲み会などの席で電話番号やメールアドレスを教えたがらない人にはこういった自分の時間やスペースに他人が入ってくるのを嫌がっている場合が有ります。

団体行動が苦手な人

基本的に何でも自分1人で行い、自分1人で過ごすので「誰かと一緒に」同じことをすることを苦手とする傾向があります。

スポーツなども同様に、サッカーやバスケットボールなどのチームプレーよりもテニスや柔道などの個人スポーツを得意とするでしょう。

自分の世界を持っている人

周りの人とは少々違った独特の世界観を持っている人に良くある傾向です。

正確や服装、独特な趣味を持っている人にはよくいるタイプの人です。

周りから見て飛び抜けた技術を持っている人、少々偏った考え人によくあります。

「違う世界にいる人」という言葉がありますが、それをよく言われる人はこういう人です。

何でも出来てしまう人

うらやましいことでは有りますが、1人で何でも出来てしまう人がたまにいます。

例えば学生であればテスト範囲の確認や宿題などを忘れないようにお互い確認し合ったりしますが、1人で何でも出来てしまう人はそんなこと必要有りません。

自分一人でほどよく何でも出来てしまうが故に、どんなことをする時でも他人の力を必要としません。

周りも「あの人には何もする必要がない」という目線になってきます。

孤独な人の中でもうらやましいタイプの人です。

決断力がある人

岐路に立たされているとき、何かを不安に感じているとき、悩んでいるとき、迷っているときなどは誰かに意見を聞いたり相談したりして安心する人も多いと想いますが、それが一切必要のないタイプの人です。

自分で何でも決めることが出来てしまうため、他人の意見を必要とするときがありません。

どことなく冷めている人

大人数で盛り上がっていたり、友人たちでパーティをしているときでも盛り上がっている周囲に対して、一歩引いて観望しているようなタイプの人に良くある傾向です。

盛り上がっている人たちに対して盛り上がれない冷めているマジョリティの自分に対して「なぜ盛り上がれないのだろう」と考えるようになり、次第に孤独感が強まっていきます。

周りも「あの人は孤独な人だ」と見るようになっていくでしょう。

多くの人と接していけばいくほど孤独な人に出会う確率も増えます。

もしかしたら自分が孤独な人に見られているかも知れません。

よく言えば個性的では有ります。

ほどよく自分の時間をもちつつ、ほどよく他人と接していけるような関係が理想的な関係でしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-