【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135640.html
貯金ができる人の特徴

貯金ができる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
貯金ができる人の特徴

貯金がしたい!と思ったらまずは貯金ができる人の特徴を知ることです。

性格以外にもやる気次第で変えられる部分も大きいので参考にしてみてください。

  • リフォームや住宅購入の計画がある人
  • お金を使うことよりも貯めることに楽しさを感じる人
  • 長いスパンで物事を考えることができる人
  • 給料が余るほど余裕がある人
  • 少しずつでも貯まればいいと思える人
  • 心配性な人
  • 幸せはお金で買えるという考えの人
  • 子供のために貯金したい人
  • リスクがあるギャンブルや投資より目の前のお金という人
  • 貧乏な子供時代を送ってきた人
  • 学歴コンプレックスがある人
  • 親孝行したい人
  • 身内を信用していない人
  • 夫に家計を任され信用されている人
  • 無駄遣いが多いことを気にしている人
  • お得なことが大好きな人
  • 子供に十分な教育を与えたい人
  • 生命保険に頼らない考えの人
  • 旅行が好きな人
  • 年金制度に不安がある人
  • まとめ

1. リフォームや住宅購入の計画がある人

リフォームや住宅購入の計画がある人

リフォームや住宅購入の予定があるとまとまったお金が必要になりますし、頭金が少なければローンを借りる額も増えてしまいます。

そのため、あらかじめちゃんと用意して少しでも楽に済ませようと計画します。

特に他のローンで大変な状況の人は少しでも貯金をしてからと考えることが多いでしょう。

2. お金を使うことよりも貯めることに楽しさを感じる人

お金を使うことよりも貯めることに楽しさを感じる人

お金を使うことに楽しさやストレス発散になっていると感じる人もいれば、お金が貯まっていくことにそれらを感じる人もいます。

こんな人は貯金箱の重さや通帳の数字が増える度にニンマリしています。

3. 長いスパンで物事を考えることができる人

長いスパンで物事を考えることができる人

長いスパンで物事を考えられる人は、何年か先の出費に備えてお金を貯めて計画的に使うことができるでしょう。

計画がしっかりしたものであればあるほどより具体的な金額がわかりますし、はっきりした額がわからないような時は多めに貯めて備えようと考えます。

堅実でしっかり者な人です。

4. 給料が余るほど余裕がある人

給料が余るほど余裕がある人

当然なことですが給料が余るほどに余裕があるという人は余ったお金をそのまま銀行に預けておくことで自然とお金が貯まっていきます。

こういう人ほどそのお金をもっと増やすことにあまり関心がなく、ただ勝手にお金が増えるということで余裕です。

5. 少しずつでも貯まればいいと思える人

少しずつでも貯まればいいと思える人

貯金はまとまった額でなければあまり意味がないと考え、使い切ってしまうような人もいます。

しかし、数千円ずつであってもたまればいいと思える人はコツコツ貯金を頑張り、気づけばけっこう貯まったりするものです。

少しずつでも前に進もうとする真面目さは貯金にも向いている性格です。

6. 心配性な人

心配性な人

心配性な人はある程度の貯金があっても急な出費を恐れてもっと貯めておこうという考えを持ちます。

自分の老後や親のこと、子供の今後の教育費、夫の失業などさまざまな不安要素は生きていく上で切り離せないことです。

ニュースや親からの話を聞いて過剰に心配になると貯金に頼るようにもなります。

7. 幸せはお金で買えるという考えの人

幸せはお金で買えるという考えの人

中には幸せはある程度お金で買えるという価値観の人もいます。

確かにお金があれば贅沢もできますし、それによって異性が寄って来ることもあります。

貯金をして幸せになろうという考えを持つのも当然なのかもしれません。

8. 子供のために貯金したい人

子供のために貯金したい人

子供が欲しい新婚カップルやもう一人子供を増やしたい夫婦は今後の出産費用や子育てにかかるお金を思って貯金に励みます。

楽しみな未来があると貯金も苦痛ではなくなり、責任感を思って励むことができます。

9. リスクがあるギャンブルや投資より目の前のお金という人

リスクがあるギャンブルや投資より目の前のお金という人

ギャンブルや投資をすれば貯金ばかりに頼らなくてもお金が増えることも期待できますが、そういったリスクを苦手とする人もいるでしょう。

そのような人にとっては大きくお金が増えることよりも目の前の確実なお金の方が魅力的に感じ、お金を貯めようとします。

10. 貧乏な子供時代を送ってきた人

貧乏な子供時代を送ってきた人

貧乏な子供時代を送ってきた苦労人はお金があるとどの程度の生活ができてどう助かるかをよくわかっており、貯金をしなければと思うようになります。

時に無理し過ぎに見えるほど節約に励んでただのケチになってしまう人もいそうです。

11. 学歴コンプレックスがある人

学歴コンプレックスがある人

学歴コンプレックスがある人は、大人になってから学び直すためにお金が必要になったり我が子にいい塾やいい学校に行かせたいと考えてお金を用意します。

学歴においてはお金があるなしが大きく響きますので、貯金ができる人はお金で幸せを掴み取ろうとしています。

12. 親孝行したい人

親孝行したい人

親孝行するためにお金を貯める人もいます。

自分の授業料や仕送りなどで迷惑をかけた分、親に何かを返してあげたいと思うような優しい人です。

社会人になってから親との旅行を計画する人もいますね。

13. 身内を信用していない人

身内を信用していない人

結婚相手や親を信用していない人は離婚や老後などに備えてお金を少しずつ貯め、自分が困らないようにする努力ができます。

離婚を現実的に考えている妻や親に資産がないことをわかっている子供の立場に多いケースです。

14. 夫に家計を任され信用されている人

夫に家計を任され信用されている人

夫に家計を任されているとその分浪費する妻もいます。

しかし中には任されているという責任感で貯金に励むできた妻もいます。

信頼されているとやらなければという意欲もわくのでしょう。

頼りにされているとお金が足りない時に相談するのが躊躇われるためにしっかり貯金しておこうという感覚にもなります。

15. 無駄遣いが多いことを気にしている人

無駄遣いが多いことを気にしている人

自分で無駄遣いが多いことを気にし出すとついに貯金への意識も向いてきます。

そこで毎月○円ずつ貯めるなどと決めて貯金をスタートさせるのです。

その中には浪費癖が直らないと諦め、いつかの大出費のために余裕があるうちに残しておこうと考える人もいるでしょう。

16. お得なことが大好きな人

お得なことが大好きな人

お得なことが大好きな倹約家な人は「つもり貯金」も楽しくできてしまいます。

ポイントやセールで得した分を使ったつもりになって貯金をし、コツコツ貯めていきます。

そのお金はないものとして貯まっていくため、ストレスなく貯金をしていけることでしょう。

17. 子供に十分な教育を与えたい人

子供に十分な教育を与えたい人

子供に習い事をたくさんさせたいと考えている人は、試合や道具代などを貯金して子供を我慢させずに済むように計画します。

受験を考えている家庭では早いうちから塾代もかかりますし、将来の大学進学資金も計画的に貯めることができるでしょう。

貯金を子供のためと考えればけっこう頑張れるのが親というものです。

18. 生命保険に頼らない考えの人

生命保険に頼らない考えの人

生命保険に頼っている人は蓄えがそれほどなくてもいざという時は保険でまかなえば良いという考えを持っていることもありますが、使うかどうかわからないものにお金をかけるなんて無駄だと考えるような人は保険に加入しなかったり最低限の保険にしか入ろうとしません。

だからその分を貯金で補おうとします。

19. 旅行が好きな人

旅行が好きな人

旅行はお金がかかりますしお金が貯まらないと行けそうな希望も持てません。

だから自分の好きなことのためにお金を貯め、大好きな旅行に行ってはまた次の旅行のために貯金に励みます。

まとまったお金ができると遠いところにも行けるので、海外などに行きたい人はその分貯金も頑張れるでしょう。

20. 年金制度に不安がある人

年金制度に不安がある人

将来年金がいくらもらえるか不安な人はたくさんいるはずです。

多くのそんな人達は老後のことを考え、若いうちから貯金をしようという気持ちになるので金額に開きがあるにしても意識していない人よりは貯金もできます。

まとめ

貯金ができる人は真面目で堅実な人というばかりではなく、先を見据えて希望を持ったり心配して備えようとすることができる人です。

もちろんお金があるからただ貯まっていくという人もいますがそんな人はわずかでしょう。

特に貯金がうまくいくタイプの人は貯金を意識している人です。

それほど余裕がなくたって意識があれば少しずつでも貯めていくことはできるはずですからね。

貯金をしたいと思うことができればまずは第一条件クリア!少しずつでも始めて楽しさとコツを身につけていきましょう。

貯金がしたい!と思ったらまずは貯金ができる人の特徴を知ることです。

性格以外にもやる気次第で変えられる部分も大きいので参考にしてみてください。


リフォームや住宅購入の計画がある人

リフォームや住宅購入の予定があるとまとまったお金が必要になりますし、頭金が少なければローンを借りる額も増えてしまいます。

そのため、あらかじめちゃんと用意して少しでも楽に済ませようと計画します。

特に他のローンで大変な状況の人は少しでも貯金をしてからと考えることが多いでしょう。

お金を使うことよりも貯めることに楽しさを感じる人

お金を使うことに楽しさやストレス発散になっていると感じる人もいれば、お金が貯まっていくことにそれらを感じる人もいます。

こんな人は貯金箱の重さや通帳の数字が増える度にニンマリしています。

長いスパンで物事を考えることができる人

長いスパンで物事を考えられる人は、何年か先の出費に備えてお金を貯めて計画的に使うことができるでしょう。

計画がしっかりしたものであればあるほどより具体的な金額がわかりますし、はっきりした額がわからないような時は多めに貯めて備えようと考えます。

堅実でしっかり者な人です。

給料が余るほど余裕がある人

当然なことですが給料が余るほどに余裕があるという人は余ったお金をそのまま銀行に預けておくことで自然とお金が貯まっていきます。

こういう人ほどそのお金をもっと増やすことにあまり関心がなく、ただ勝手にお金が増えるということで余裕です。

少しずつでも貯まればいいと思える人

貯金はまとまった額でなければあまり意味がないと考え、使い切ってしまうような人もいます。

しかし、数千円ずつであってもたまればいいと思える人はコツコツ貯金を頑張り、気づけばけっこう貯まったりするものです。

少しずつでも前に進もうとする真面目さは貯金にも向いている性格です。

心配性な人

心配性な人はある程度の貯金があっても急な出費を恐れてもっと貯めておこうという考えを持ちます。

自分の老後や親のこと、子供の今後の教育費、夫の失業などさまざまな不安要素は生きていく上で切り離せないことです。

ニュースや親からの話を聞いて過剰に心配になると貯金に頼るようにもなります。

幸せはお金で買えるという考えの人

中には幸せはある程度お金で買えるという価値観の人もいます。

確かにお金があれば贅沢もできますし、それによって異性が寄って来ることもあります。

貯金をして幸せになろうという考えを持つのも当然なのかもしれません。

子供のために貯金したい人

子供が欲しい新婚カップルやもう一人子供を増やしたい夫婦は今後の出産費用や子育てにかかるお金を思って貯金に励みます。

楽しみな未来があると貯金も苦痛ではなくなり、責任感を思って励むことができます。

リスクがあるギャンブルや投資より目の前のお金という人

ギャンブルや投資をすれば貯金ばかりに頼らなくてもお金が増えることも期待できますが、そういったリスクを苦手とする人もいるでしょう。

そのような人にとっては大きくお金が増えることよりも目の前の確実なお金の方が魅力的に感じ、お金を貯めようとします。

貧乏な子供時代を送ってきた人

貧乏な子供時代を送ってきた苦労人はお金があるとどの程度の生活ができてどう助かるかをよくわかっており、貯金をしなければと思うようになります。

時に無理し過ぎに見えるほど節約に励んでただのケチになってしまう人もいそうです。

学歴コンプレックスがある人

学歴コンプレックスがある人は、大人になってから学び直すためにお金が必要になったり我が子にいい塾やいい学校に行かせたいと考えてお金を用意します。

学歴においてはお金があるなしが大きく響きますので、貯金ができる人はお金で幸せを掴み取ろうとしています。

親孝行したい人

親孝行するためにお金を貯める人もいます。

自分の授業料や仕送りなどで迷惑をかけた分、親に何かを返してあげたいと思うような優しい人です。

社会人になってから親との旅行を計画する人もいますね。

身内を信用していない人

結婚相手や親を信用していない人は離婚や老後などに備えてお金を少しずつ貯め、自分が困らないようにする努力ができます。

離婚を現実的に考えている妻や親に資産がないことをわかっている子供の立場に多いケースです。

夫に家計を任され信用されている人

夫に家計を任されているとその分浪費する妻もいます。

しかし中には任されているという責任感で貯金に励むできた妻もいます。

信頼されているとやらなければという意欲もわくのでしょう。

頼りにされているとお金が足りない時に相談するのが躊躇われるためにしっかり貯金しておこうという感覚にもなります。

無駄遣いが多いことを気にしている人

自分で無駄遣いが多いことを気にし出すとついに貯金への意識も向いてきます。

そこで毎月○円ずつ貯めるなどと決めて貯金をスタートさせるのです。

その中には浪費癖が直らないと諦め、いつかの大出費のために余裕があるうちに残しておこうと考える人もいるでしょう。

お得なことが大好きな人

お得なことが大好きな倹約家な人は「つもり貯金」も楽しくできてしまいます。

ポイントやセールで得した分を使ったつもりになって貯金をし、コツコツ貯めていきます。

そのお金はないものとして貯まっていくため、ストレスなく貯金をしていけることでしょう。

子供に十分な教育を与えたい人

子供に習い事をたくさんさせたいと考えている人は、試合や道具代などを貯金して子供を我慢させずに済むように計画します。

受験を考えている家庭では早いうちから塾代もかかりますし、将来の大学進学資金も計画的に貯めることができるでしょう。

貯金を子供のためと考えればけっこう頑張れるのが親というものです。

生命保険に頼らない考えの人

生命保険に頼っている人は蓄えがそれほどなくてもいざという時は保険でまかなえば良いという考えを持っていることもありますが、使うかどうかわからないものにお金をかけるなんて無駄だと考えるような人は保険に加入しなかったり最低限の保険にしか入ろうとしません。

だからその分を貯金で補おうとします。

旅行が好きな人

旅行はお金がかかりますしお金が貯まらないと行けそうな希望も持てません。

だから自分の好きなことのためにお金を貯め、大好きな旅行に行ってはまた次の旅行のために貯金に励みます。

まとまったお金ができると遠いところにも行けるので、海外などに行きたい人はその分貯金も頑張れるでしょう。

年金制度に不安がある人

将来年金がいくらもらえるか不安な人はたくさんいるはずです。

多くのそんな人達は老後のことを考え、若いうちから貯金をしようという気持ちになるので金額に開きがあるにしても意識していない人よりは貯金もできます。

貯金ができる人は真面目で堅実な人というばかりではなく、先を見据えて希望を持ったり心配して備えようとすることができる人です。

もちろんお金があるからただ貯まっていくという人もいますがそんな人はわずかでしょう。

特に貯金がうまくいくタイプの人は貯金を意識している人です。

それほど余裕がなくたって意識があれば少しずつでも貯めていくことはできるはずですからね。

貯金をしたいと思うことができればまずは第一条件クリア!少しずつでも始めて楽しさとコツを身につけていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-