【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135634.html
慕われない人の特徴

慕われない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
慕われない人の特徴

慕われない人というのはこの世の中に少なからず存在します。

このような人たちはそれなりの特徴を有しています。

以下はそのまとめです。

  • 自己中心的な人
  • 自分の事ばかり話す人
  • 自慢話が多い人
  • 最初に否定から入る人
  • 素直に人の幸福を喜べない人
  • 喜怒哀楽が全くない人
  • 人の話を馬鹿にする人
  • 約束をすぐ破る人
  • お金に意地汚い人
  • あまりに清潔感がない人
  • 場の空気が全く読めない人 
  • いつまでも昔のことをほじくり返す人
  • 借りたものを返さないことが当たり前になっている人
  • 平気でうそがつける人
  • 自分に甘く人に厳しい人
  • 知識をひけらかす人
  • 議論好きで、自分の考えを曲げない人
  • 恩着せがましい人
  • すぐに人の悪口を言う人
  • 完璧すぎる人
  • まとめ

1. 自己中心的な人

自己中心的な人

自己中心的な人は慕われない人の中でも代表的な特徴といえます。

人は本来自己中心的な生き物ですが、それと同時に社会性も同じぐらい必要とされています。

常に自己中心的に振舞い、わがままな言動を繰り返している人が離れていきます。

これは慕われない人の典型です。

2. 自分の事ばかり話す人

自分の事ばかり話す人

自分ではそんなつもりではなくても、話題の多くをなぜだか自分のことばかり話す人がいます。

話の内容が面白ければいいのですが、興味のないその人の話を延々と聞かされると人の心が冷めていき、次第に慕われなくなります。

自分が話した分だけ、相手のことも聞いてあげる思いやりの無さは致命的です。

人は話を聞いてもらえばもらえるほどその人に安心感を抱き親しみを持ちます。

自分の話ばかりするということはその反対のことをしているのです。

3. 自慢話が多い人

自慢話が多い人

会話の端々に自分の自慢を入れてくる人がいます。

このような人も慕われません。

日本人は特に人の自慢話に良くも悪くも敏感です。

さりげなく聞く自慢話はうまく流せますが、それも程度によります。

日々その人の自慢話を聞かされると人はうんざりして離れていってしまいます。

自慢話は慕われていると思っている相手に心をゆるして多く話してしまうことがあります。

聞き飽きたという状況までなると逆効果ですね。

4. 最初に否定から入る人

最初に否定から入る人

相談されるときや、何か切り出されるときに常に否定から入る人がいます。

「お金ならないけど・・・」「あんまり聞きたくないんだけど・・・」といったように話し手の話の腰を折ったり、最初から壁を作るような人は慕われません。

必ず人は離れていきます。

相談をしたりや話しかけるということはそれだけ相手を信頼しているからする行為です。

その話の腰を折ってしまうのはよくありません。

5. 素直に人の幸福を喜べない人

素直に人の幸福を喜べない人

結婚式や歓迎パーティなど、温かい雰囲気のある場で、どこか素直に祝ってあげられない人や、お茶の間で幸せなニュース出ても何かとケチをつけたがるような人は間違いなく人から慕われなくなります。

人を祝福したり、共に喜びを分かち合うというのは素敵なことです。

これを常に冷めた目で見てしまう人は周りの人たちの気持ちもしらけさせ、がっかりさせてしまいます。

それどころかかわいそうな人たちとして相手にされないこともあるかもしれません。

6. 喜怒哀楽が全くない人

喜怒哀楽が全くない人

この人何を考えているかわからないと思われるタイプの人たちです。

このような人たちは最初は不思議がられ、次第に関心がもたれなくなります。

結局そのまま存在感が無くなってしまうことでしょう。

喜怒哀楽は人と人が共有することのできる大切なツールです。

このような感情交流ができない人は慕われないでしょう。

喜怒哀楽を素直に出せない人は、少なくともちょっとした仕草や表情で知らせるべきですね。

7. 人の話を馬鹿にする人

人の話を馬鹿にする人

これは思いやりがなく、自惚れの強い独りよがりなタイプに多く見られます。

本人は面白いと思っているかもしれませんが、人は自分が真剣に話してる話や、思いを込めて話してる内容を馬鹿にされ続けると、「この人は自分を大切にしていない」と思って次第に離れていきます。

このような人は絶対に慕われません。

8. 約束をすぐ破る人

約束をすぐ破る人

約束をすぐに破る人は慕われないでしょう。

人間ですのでやむを得ず約束を反故にすることや、うっかり約束を破ってしまうこともあるでしょう。

しかし平気ですぐに破ることができる人、また約束を破ったことになんら罪悪感を持たない人は、その本質を見抜かれ、間違いなく人は離れていきます。

9. お金に意地汚い人

お金に意地汚い人

お金に意地汚く、またケチケチ細かい人は慕われません。

どこへ行くにでも常にお金のことを気にされたり、また1円単位で割り勘を要求してくるようなタイプの人はそのせこさが目立って、間違いなく人は離れていきます。

10. あまりに清潔感がない人

あまりに清潔感がない人

服装もそうですが、自分の口臭や体臭に全く無関心で、小綺麗にすることをめんどくさがる人は慕われません。

人は内面だけでなく、外面も当然一つのコミュニケーションツールだとみて仲間づくりをします。

外見や身体的な面に全く無頓着な人は、自分から人に慕われないようにしているといって過言ではありません。

11. 場の空気が全く読めない人 

場の空気が全く読めない人 

本人にはその気はないのかもしれませんが、人が集まる場で、全く場違いの発言をしたり、また状況にふさわしくない行動をしたりする人は慕われません。

このような人たちは周りから何を考えているか分からないと警戒されてしまいがちです。

たまになら天然キャラとして慕われることもありますが、程度が過ぎる場合が人はそのうち離れていきます。

12. いつまでも昔のことをほじくり返す人

いつまでも昔のことをほじくり返す人

タイプとしては粘着気質と言ってもいいかもしれません。

いつまでも昔のことを覚えていてチクチク言われ続けることは、大抵の人が不快に思うはずです。

このような粘着タイプの人は慕われません。

人は素直に心を許すことができず、表面上の付き合いに終始してしまいます。

何かやらかしてしまうとずっとそれを覚えていていつまで言われ続けるのではないかと不安に思ってしまうからです。

13. 借りたものを返さないことが当たり前になっている人

借りたものを返さないことが当たり前になっている人

借りたものを返すのを忘れてしまうことは誰にでも起こりえます。

しかし所有の感覚が完全にルーズになっていて借りたものでもいつの間にか自分のものにしてしまっているような人は完全に人の心が離れてしまいます。

このような人は人から慕われません。

人は貸したものを返してとはなかなか言いずらいものです。

それでもその人を信用して貸すわけですから、その思いを完全に裏切ってしまうことになります。

14. 平気でうそがつける人

平気でうそがつける人

いつの時代でも平気でウソ言える人がいますが、このような人は慕われません。

信用されないからです。

慕われる重要な要素に信頼関係があります。

昔に良好な信頼関係を持ったということでもいいでしょう。

平気でうそが言えるということはこのような信頼関係の真逆をいくようなものです。

15. 自分に甘く人に厳しい人

自分に甘く人に厳しい人

これは職場の上司にもいるかもしれませんが、自分のことは棚に上げ、人には厳しいことを要求する人は慕われません。

他人はそのような人をしっかり見ています。

自分に甘くなることは誰でもあることですが、人に厳しく要求できるということは、自分へのハードルも高くなります。

そのような覚悟のない人は人を責める資格はありません。

このような人は慕われなくなります。

16. 知識をひけらかす人

知識をひけらかす人

自慢話をする人と似ていますが、その中でも知識をひけらかす人はまわりの人が避けていきます。

知識を通して自分が優秀であるということの説明を延々とされることは苦痛以外の何物でもありません。

このような人は慕われません。

17. 議論好きで、自分の考えを曲げない人

議論好きで、自分の考えを曲げない人

議論好きで、自分の考えを曲げない人。

このような人はすぐに議論を吹っかけてきて、自分の考え押しつけてきます。

当然人からは慕われません。

人はそれぞれの考えがあってお互いにそれを尊重しあうことで社会を成り立たせていますが、自分が正しく、それを他の人にも説得し自分の側に取り込もうという姿勢は人の心を離れさせます。

18. 恩着せがましい人

恩着せがましい人

次は恩着せがましい人です。

このような人は一見親切心でいろいろやってくれる人がいますが、その度に「こんどよろしくね」「あのこと頼むね」と何かをオプションみたいに挟んでくる人は、周りの人から警戒され、次第に人が離れてきます。

このような人も慕われない傾向のある人です。

19. すぐに人の悪口を言う人

すぐに人の悪口を言う人

すぐに人の悪口を言う人は間違いなく慕われません。

人の悪口は聞いていて気分のいいものでもありませんし、そのような目で悪口を言われた人を見てしまうことの気まずさから、決していいものではありません。

さらにいつかは自分もその人から悪口を言われるのではないかと不安になってしまいます。

このように悪口を言う人は聞かされた人たちから警戒されます。

20. 完璧すぎる人

完璧すぎる人

最後になりますが、完璧すぎる人です。

これは一見何で?と思われるかもしれませんが、完璧すぎる人は言い換えれば弱みが全くないということです。

このような人は一緒にいて親しみがもてなくなることもあるのです。

適度な弱みは愛される部分として人にうつります。

それをお互いに補い合うことでお互いに慕いあうものですが、完璧すぎる人はそれがない分どこか冷たい印象をあたえてしまいがちです。

このような人は最終的に慕われないこともあるでしょう。

まとめ

以上のように20項目にまとめてみました。

慕われない人というのは総じて自分ファーストの感覚が強い人に多いと思われます。

自分を大切にすることも大切ですが適度なバランスの中でそれを出していかないと、20の慕われない特徴にカテゴライズされているような状況になることも容易に考えられます。

私たちも気をつけていきたいですね。

異常が慕われない人の特徴です。

慕われない人というのはこの世の中に少なからず存在します。

このような人たちはそれなりの特徴を有しています。

以下はそのまとめです。


自己中心的な人

自己中心的な人は慕われない人の中でも代表的な特徴といえます。

人は本来自己中心的な生き物ですが、それと同時に社会性も同じぐらい必要とされています。

常に自己中心的に振舞い、わがままな言動を繰り返している人が離れていきます。

これは慕われない人の典型です。

自分の事ばかり話す人

自分ではそんなつもりではなくても、話題の多くをなぜだか自分のことばかり話す人がいます。

話の内容が面白ければいいのですが、興味のないその人の話を延々と聞かされると人の心が冷めていき、次第に慕われなくなります。

自分が話した分だけ、相手のことも聞いてあげる思いやりの無さは致命的です。

人は話を聞いてもらえばもらえるほどその人に安心感を抱き親しみを持ちます。

自分の話ばかりするということはその反対のことをしているのです。

自慢話が多い人

会話の端々に自分の自慢を入れてくる人がいます。

このような人も慕われません。

日本人は特に人の自慢話に良くも悪くも敏感です。

さりげなく聞く自慢話はうまく流せますが、それも程度によります。

日々その人の自慢話を聞かされると人はうんざりして離れていってしまいます。

自慢話は慕われていると思っている相手に心をゆるして多く話してしまうことがあります。

聞き飽きたという状況までなると逆効果ですね。

最初に否定から入る人

相談されるときや、何か切り出されるときに常に否定から入る人がいます。

「お金ならないけど・・・」「あんまり聞きたくないんだけど・・・」といったように話し手の話の腰を折ったり、最初から壁を作るような人は慕われません。

必ず人は離れていきます。

相談をしたりや話しかけるということはそれだけ相手を信頼しているからする行為です。

その話の腰を折ってしまうのはよくありません。

素直に人の幸福を喜べない人

結婚式や歓迎パーティなど、温かい雰囲気のある場で、どこか素直に祝ってあげられない人や、お茶の間で幸せなニュース出ても何かとケチをつけたがるような人は間違いなく人から慕われなくなります。

人を祝福したり、共に喜びを分かち合うというのは素敵なことです。

これを常に冷めた目で見てしまう人は周りの人たちの気持ちもしらけさせ、がっかりさせてしまいます。

それどころかかわいそうな人たちとして相手にされないこともあるかもしれません。

喜怒哀楽が全くない人

この人何を考えているかわからないと思われるタイプの人たちです。

このような人たちは最初は不思議がられ、次第に関心がもたれなくなります。

結局そのまま存在感が無くなってしまうことでしょう。

喜怒哀楽は人と人が共有することのできる大切なツールです。

このような感情交流ができない人は慕われないでしょう。

喜怒哀楽を素直に出せない人は、少なくともちょっとした仕草や表情で知らせるべきですね。

人の話を馬鹿にする人

これは思いやりがなく、自惚れの強い独りよがりなタイプに多く見られます。

本人は面白いと思っているかもしれませんが、人は自分が真剣に話してる話や、思いを込めて話してる内容を馬鹿にされ続けると、「この人は自分を大切にしていない」と思って次第に離れていきます。

このような人は絶対に慕われません。

約束をすぐ破る人

約束をすぐに破る人は慕われないでしょう。

人間ですのでやむを得ず約束を反故にすることや、うっかり約束を破ってしまうこともあるでしょう。

しかし平気ですぐに破ることができる人、また約束を破ったことになんら罪悪感を持たない人は、その本質を見抜かれ、間違いなく人は離れていきます。

お金に意地汚い人

お金に意地汚く、またケチケチ細かい人は慕われません。

どこへ行くにでも常にお金のことを気にされたり、また1円単位で割り勘を要求してくるようなタイプの人はそのせこさが目立って、間違いなく人は離れていきます。

あまりに清潔感がない人

服装もそうですが、自分の口臭や体臭に全く無関心で、小綺麗にすることをめんどくさがる人は慕われません。

人は内面だけでなく、外面も当然一つのコミュニケーションツールだとみて仲間づくりをします。

外見や身体的な面に全く無頓着な人は、自分から人に慕われないようにしているといって過言ではありません。

場の空気が全く読めない人 

本人にはその気はないのかもしれませんが、人が集まる場で、全く場違いの発言をしたり、また状況にふさわしくない行動をしたりする人は慕われません。

このような人たちは周りから何を考えているか分からないと警戒されてしまいがちです。

たまになら天然キャラとして慕われることもありますが、程度が過ぎる場合が人はそのうち離れていきます。

いつまでも昔のことをほじくり返す人

タイプとしては粘着気質と言ってもいいかもしれません。

いつまでも昔のことを覚えていてチクチク言われ続けることは、大抵の人が不快に思うはずです。

このような粘着タイプの人は慕われません。

人は素直に心を許すことができず、表面上の付き合いに終始してしまいます。

何かやらかしてしまうとずっとそれを覚えていていつまで言われ続けるのではないかと不安に思ってしまうからです。

借りたものを返さないことが当たり前になっている人

借りたものを返すのを忘れてしまうことは誰にでも起こりえます。

しかし所有の感覚が完全にルーズになっていて借りたものでもいつの間にか自分のものにしてしまっているような人は完全に人の心が離れてしまいます。

このような人は人から慕われません。

人は貸したものを返してとはなかなか言いずらいものです。

それでもその人を信用して貸すわけですから、その思いを完全に裏切ってしまうことになります。

平気でうそがつける人

いつの時代でも平気でウソ言える人がいますが、このような人は慕われません。

信用されないからです。

慕われる重要な要素に信頼関係があります。

昔に良好な信頼関係を持ったということでもいいでしょう。

平気でうそが言えるということはこのような信頼関係の真逆をいくようなものです。

自分に甘く人に厳しい人

これは職場の上司にもいるかもしれませんが、自分のことは棚に上げ、人には厳しいことを要求する人は慕われません。

他人はそのような人をしっかり見ています。

自分に甘くなることは誰でもあることですが、人に厳しく要求できるということは、自分へのハードルも高くなります。

そのような覚悟のない人は人を責める資格はありません。

このような人は慕われなくなります。

知識をひけらかす人

自慢話をする人と似ていますが、その中でも知識をひけらかす人はまわりの人が避けていきます。

知識を通して自分が優秀であるということの説明を延々とされることは苦痛以外の何物でもありません。

このような人は慕われません。

議論好きで、自分の考えを曲げない人

議論好きで、自分の考えを曲げない人。

このような人はすぐに議論を吹っかけてきて、自分の考え押しつけてきます。

当然人からは慕われません。

人はそれぞれの考えがあってお互いにそれを尊重しあうことで社会を成り立たせていますが、自分が正しく、それを他の人にも説得し自分の側に取り込もうという姿勢は人の心を離れさせます。

恩着せがましい人

次は恩着せがましい人です。

このような人は一見親切心でいろいろやってくれる人がいますが、その度に「こんどよろしくね」「あのこと頼むね」と何かをオプションみたいに挟んでくる人は、周りの人から警戒され、次第に人が離れてきます。

このような人も慕われない傾向のある人です。

すぐに人の悪口を言う人

すぐに人の悪口を言う人は間違いなく慕われません。

人の悪口は聞いていて気分のいいものでもありませんし、そのような目で悪口を言われた人を見てしまうことの気まずさから、決していいものではありません。

さらにいつかは自分もその人から悪口を言われるのではないかと不安になってしまいます。

このように悪口を言う人は聞かされた人たちから警戒されます。

完璧すぎる人

最後になりますが、完璧すぎる人です。

これは一見何で?と思われるかもしれませんが、完璧すぎる人は言い換えれば弱みが全くないということです。

このような人は一緒にいて親しみがもてなくなることもあるのです。

適度な弱みは愛される部分として人にうつります。

それをお互いに補い合うことでお互いに慕いあうものですが、完璧すぎる人はそれがない分どこか冷たい印象をあたえてしまいがちです。

このような人は最終的に慕われないこともあるでしょう。

以上のように20項目にまとめてみました。

慕われない人というのは総じて自分ファーストの感覚が強い人に多いと思われます。

自分を大切にすることも大切ですが適度なバランスの中でそれを出していかないと、20の慕われない特徴にカテゴライズされているような状況になることも容易に考えられます。

私たちも気をつけていきたいですね。

異常が慕われない人の特徴です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-