【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135631.html
存在感がある人の特徴

存在感がある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
存在感がある人の特徴

最近「存在感あるよね」という言葉を、よく耳にするようになりました。

「存在感」があるのは、人に対して、組織に対して、物事に対して、あるいはそれらがどういう状態が「存在感」なのか、範囲の広い言葉です。

  • 普段は「存在感」がない
  • 事あるごとに、自己アピールをしてこない
  • リーダーとしての魅力がある
  • 「あの人に任せておけば大丈夫」という安心感がある
  • 体格がよく、恰幅がある
  • 「能あるタカは爪を隠す」奥ゆかしさを持っているが、いざというときに強い
  • 「縁の下の力持ち」である
  • 多数派を形成している
  • 少数派でも「山椒は小粒てピリリと辛い」というよえな要素を持ち合わせている
  • 問題解決能力を持っている
  • 世間で知られていない人が、あるきっかけで「彗星のように」表に出てくること
  • スーパーマンや戦隊ヒーロー
  • 何かニュースになるようなことが起き、過去の大きな出来事が引き合いに出された時
  • 意外性を見せられた時
  • 誰か他の人で替わりがきかない
  • 同じくらい存在感があるものの中にあっても、存在感を示せる
  • 常に意識をしてしまうような人や出来事
  • 背中が大きく感じる人
  • 時代を作れる人
  • まとめ

1. 普段は「存在感」がない

普段は「存在感」がない

これは当然です。

普段から「存在感」があったら、あらためて「存在感」の大きさや、強さ、ありがたさ、深み、インパクトの具合など、印象に残らないですから。

「あれっ、あの人いたっけ?」というくらいの「存在感のない」人・物・事でないと意味がありません。

2. 事あるごとに、自己アピールをしてこない

事あるごとに、自己アピールをしてこない

これは先の1.とは真逆ですが、これも然りです。

常日頃から「俺が俺が」とか「何かあれば任せてよ」なんて言ってる人は、ただうざいだけ。

また「何かあれば任せてよ」と言ってる人に限って、いざ任せたらボロボロ。

「あいつ、口先だけだよな」と残念な結果になることも。

こういう人は、こういうアピールをしておかないと「存在感」が保てないのでしょう。

3. リーダーとしての魅力がある

リーダーとしての魅力がある

やはり組織のリーダーは、リーダーシップという名の「存在感」は欲しいですよね。

ちょっとしたことで理念がぐらついたり、方針がぶれたり、自信がなさげだったりすると、組織に属しているものとすれは、「大丈夫なのか?

と不安にかられます。

4. 「あの人に任せておけば大丈夫」という安心感がある

「あの人に任せておけば大丈夫」という安心感がある

難しいプロジェクトで暗礁に乗り上げたり、失敗になりかけたりするとき、必ず成功に導いてくれる人。

そんな人がいれば、その人の評価が高まります、その人ばかりに頼るのはいいことではありませんが、「安心感」「信頼」は、存在感を高めます。

5. 体格がよく、恰幅がある

 体格がよく、恰幅がある

これはもう、見た目そのまんまでしょう。

小さくて、痩せている人でも存在感のある人はいますが、「存在感がある」という言葉から多くの人がイメージするのは、やはり体格がよく、恰幅がある人です。

6. 「能あるタカは爪を隠す」奥ゆかしさを持っているが、いざというときに強い

「能あるタカは爪を隠す」奥ゆかしさを持っているが、いざというときに強い

タカの爪は獲物を仕留める強力な武器であり、タカがタカである決定的なものです。

タカの爪は、いつでも見せていたら「存在感」にはつなりません。

隠し持っていて、効果的に使うと「存在感」につながるという、良い例えです。

7. 「縁の下の力持ち」である

「縁の下の力持ち」である

住宅事情の変化から、畳の和室は家の中でも狭くなり、あるいはもともと和室すらないという家も増えてきました。

畳の和室ですと、劣化に伴い畳を交換する作業が定期的にありました。

また梅雨明けには「虫干」といって、畳が含んだ湿気を取るため、畳をめくって干すという作業もありました。

そういうときの声「縁の下」は、とても身近な存在でした。

今はシロアリ駆除くらいですかね、縁の下を意識することなんて。

8. 多数派を形成している

多数派を形成している

数が多いだけで、法律が決まったり、選挙に勝ったりするのは、民主主義の論理とはよく言います。

数の多さだけでは、正しさは計れないものの、大衆より群衆と言っただけで、圧倒される「存在感」を思い起こさせます。

群衆が国を動かすというのも、あり得る話です。

9. 少数派でも「山椒は小粒てピリリと辛い」というよえな要素を持ち合わせている

少数派でも「山椒は小粒てピリリと辛い」というよえな要素を持ち合わせている

これも9.とは逆の発想ですが、300人の軍が10000人の軍勢に勝利したとは、戦国時代には起こり得た話です。

いくら数で勝っていても、統率力がなく、兵隊の意志がバラバラでは勝てません。

数の理論ではなく、戦術やプランニングが勝利を引き寄せます。

10. 問題解決能力を持っている

問題解決能力を持っている

この能力を持ち合わせている人は、ビジネスマンでも、そう多くないですし、持ち合わせている人は信頼を勝ち得て。

リーダーになっているかもしれません。

「0か100か」という解決策ではなく、相手も自分も納得いく解決策、「着地点」を見いだせる人の方が、日本社会では受け入れられます。

11. 世間で知られていない人が、あるきっかけで「彗星のように」表に出てくること

世間で知られていない人が、あるきっかけで「彗星のように」表に出てくること

テニスの錦織圭選手、将棋の藤井奏太君。

マスコミがこぞって取り上げ、多くの人が知る人になり、偉大な記録を次々と打ち立てていったときは、半端ない「存在感」を感じた方は多かったでしょう。

どちらも今は不調ですが、また復活して鮮やかに勝ち方をしたときには、あらためてその「存在感」を感じることになります。

12. スーパーマンや戦隊ヒーロー

スーパーマンや戦隊ヒーロー

彼らは文句なしにカッコいい。

困っている時に、絶妙のタイミングで現れて、窮地を脱してくれる。

しかも強さと優しさを持ち合わせて、非の打ち所がない。

なかなか人間ではそうは上手くいなかいところも、彼らの「存在感」です。

13. 何かニュースになるようなことが起き、過去の大きな出来事が引き合いに出された時

何かニュースになるようなことが起き、過去の大きな出来事が引き合いに出された時

今日が「防災の日」ということや、南海・東南海トラフ地震の発生が取り上げられていますが、やはり話題になるのは「東日本大震災」です。

「東日本大震災」の前は、「阪神淡路大震災」が引き合いに出されました。

地震だけでなく、過去の大きな出来事は、同じような出来事が起こったとき、人はあらためてその「存在感」を認識します。

記憶が呼び覚まされるからです。

嫌な記憶は忘れ去りたいですが、風化されない努力も必要です。

14. 意外性を見せられた時

意外性を見せられた時

「あの人、ピアノ弾けるんだって。

意外過ぎる」というように、余りプライベートまで親しくなく、普段見せているイメージからかけ離れた一面を知ると、それだけで特別な感じと、その人になかった側面が、勝手に「存在感」として追加されます。

意外性そのものが、すでに「存在感」を高めているのですが。

15. 誰か他の人で替わりがきかない

誰か他の人で替わりがきかない

なかなか組織の一員として働いている会社では、誰かの替わりがきかない存在になること事態が、難しいです。

「人事異動」は、組織の活性化の側面もありますが、他の部署に異動になっても、業務の引き継ぎさえしっかりしていれは「誰でもできる」という考えがベースになっています。

16. 同じくらい存在感があるものの中にあっても、存在感を示せる

同じくらい存在感があるものの中にあっても、存在感を示せる

先ほどスポーツニュースで、今日の横綱稽古壮健に参加したのは日馬富士だけだったとか。

白鵬は体調が、稀勢の里はケガの回復が思わしくないとか。

そこでアナウンサーが「そんな中で存在感を見せたのは日馬富士関」と表現したのです。

横綱3人とも参加していれば、この表現を使う必要はありません。

17. 常に意識をしてしまうような人や出来事

常に意識をしてしまうような人や出来事

先生・親・上司・同僚・友達・ライバル・恋人…。

あるいは忘れられない思い出・印象に残るシーン・衝撃的な事件・トラウマ・プレッシャーなどなど。

他人にはどうってことない人や事でも、ある人にはとてつもなく大きな「存在感」として立ちはだかることもあります。

18. 背中が大きく感じる人

背中が大きく感じる人

あなたにとっては誰でしょう。

背中の大きさを例えられることが多いのは「父親」ですし、生物学的にも女より男の背中の方が大きいです。

ただ比喩的に見るとどうでしょう。

サッカー女子、元なでしこジャパンのキャプテンの澤穂希さんは、選手時代よくピッチで「私の背中を見て」と言っており、その一言で結束力が高まったと証言している選手も多くいます。

澤穂希さんも「存在感」ある選手でした。

19. 時代を作れる人

時代を作れる人

「存在感」のある人の中でも、特に選ばれた、限られた人にしか巡り合わせない人でしょう。

運・才能・タイミングなど、すべて揃うことが条件となるからです。

時代は作りたくても作れないので、不可能に近いものがあります。

不可能を可能にする人は、それだけで「存在感」が生まれます。

まとめ

以上、「存在感」がある人の特徴を20個挙げてみましたが、いかがだったでしょうか。

最近は「存在感」という言葉が、たやすく多用されているように思います。

「これさえ付ければ目立つ。

気を引く」というような感じです。

SNSの発達で個人が特定される時代なのか、逆に「存在感」を消していたり、わざとなくしたりしたいと思っている人が多いのでしょうか。

それとも「存在感」がなさすぎる人が多く、「存在感」のある人が求められているせいなのでしょうか。

最近「存在感あるよね」という言葉を、よく耳にするようになりました。

「存在感」があるのは、人に対して、組織に対して、物事に対して、あるいはそれらがどういう状態が「存在感」なのか、範囲の広い言葉です。


普段は「存在感」がない

これは当然です。

普段から「存在感」があったら、あらためて「存在感」の大きさや、強さ、ありがたさ、深み、インパクトの具合など、印象に残らないですから。

「あれっ、あの人いたっけ?」というくらいの「存在感のない」人・物・事でないと意味がありません。

事あるごとに、自己アピールをしてこない

これは先の1.とは真逆ですが、これも然りです。

常日頃から「俺が俺が」とか「何かあれば任せてよ」なんて言ってる人は、ただうざいだけ。

また「何かあれば任せてよ」と言ってる人に限って、いざ任せたらボロボロ。

「あいつ、口先だけだよな」と残念な結果になることも。

こういう人は、こういうアピールをしておかないと「存在感」が保てないのでしょう。

リーダーとしての魅力がある

やはり組織のリーダーは、リーダーシップという名の「存在感」は欲しいですよね。

ちょっとしたことで理念がぐらついたり、方針がぶれたり、自信がなさげだったりすると、組織に属しているものとすれは、「大丈夫なのか?

と不安にかられます。

「あの人に任せておけば大丈夫」という安心感がある

難しいプロジェクトで暗礁に乗り上げたり、失敗になりかけたりするとき、必ず成功に導いてくれる人。

そんな人がいれば、その人の評価が高まります、その人ばかりに頼るのはいいことではありませんが、「安心感」「信頼」は、存在感を高めます。

 体格がよく、恰幅がある

これはもう、見た目そのまんまでしょう。

小さくて、痩せている人でも存在感のある人はいますが、「存在感がある」という言葉から多くの人がイメージするのは、やはり体格がよく、恰幅がある人です。

「能あるタカは爪を隠す」奥ゆかしさを持っているが、いざというときに強い

タカの爪は獲物を仕留める強力な武器であり、タカがタカである決定的なものです。

タカの爪は、いつでも見せていたら「存在感」にはつなりません。

隠し持っていて、効果的に使うと「存在感」につながるという、良い例えです。

「縁の下の力持ち」である

住宅事情の変化から、畳の和室は家の中でも狭くなり、あるいはもともと和室すらないという家も増えてきました。

畳の和室ですと、劣化に伴い畳を交換する作業が定期的にありました。

また梅雨明けには「虫干」といって、畳が含んだ湿気を取るため、畳をめくって干すという作業もありました。

そういうときの声「縁の下」は、とても身近な存在でした。

今はシロアリ駆除くらいですかね、縁の下を意識することなんて。

多数派を形成している

数が多いだけで、法律が決まったり、選挙に勝ったりするのは、民主主義の論理とはよく言います。

数の多さだけでは、正しさは計れないものの、大衆より群衆と言っただけで、圧倒される「存在感」を思い起こさせます。

群衆が国を動かすというのも、あり得る話です。

少数派でも「山椒は小粒てピリリと辛い」というよえな要素を持ち合わせている

これも9.とは逆の発想ですが、300人の軍が10000人の軍勢に勝利したとは、戦国時代には起こり得た話です。

いくら数で勝っていても、統率力がなく、兵隊の意志がバラバラでは勝てません。

数の理論ではなく、戦術やプランニングが勝利を引き寄せます。

問題解決能力を持っている

この能力を持ち合わせている人は、ビジネスマンでも、そう多くないですし、持ち合わせている人は信頼を勝ち得て。

リーダーになっているかもしれません。

「0か100か」という解決策ではなく、相手も自分も納得いく解決策、「着地点」を見いだせる人の方が、日本社会では受け入れられます。

世間で知られていない人が、あるきっかけで「彗星のように」表に出てくること

テニスの錦織圭選手、将棋の藤井奏太君。

マスコミがこぞって取り上げ、多くの人が知る人になり、偉大な記録を次々と打ち立てていったときは、半端ない「存在感」を感じた方は多かったでしょう。

どちらも今は不調ですが、また復活して鮮やかに勝ち方をしたときには、あらためてその「存在感」を感じることになります。

スーパーマンや戦隊ヒーロー

彼らは文句なしにカッコいい。

困っている時に、絶妙のタイミングで現れて、窮地を脱してくれる。

しかも強さと優しさを持ち合わせて、非の打ち所がない。

なかなか人間ではそうは上手くいなかいところも、彼らの「存在感」です。

何かニュースになるようなことが起き、過去の大きな出来事が引き合いに出された時

今日が「防災の日」ということや、南海・東南海トラフ地震の発生が取り上げられていますが、やはり話題になるのは「東日本大震災」です。

「東日本大震災」の前は、「阪神淡路大震災」が引き合いに出されました。

地震だけでなく、過去の大きな出来事は、同じような出来事が起こったとき、人はあらためてその「存在感」を認識します。

記憶が呼び覚まされるからです。

嫌な記憶は忘れ去りたいですが、風化されない努力も必要です。

意外性を見せられた時

「あの人、ピアノ弾けるんだって。

意外過ぎる」というように、余りプライベートまで親しくなく、普段見せているイメージからかけ離れた一面を知ると、それだけで特別な感じと、その人になかった側面が、勝手に「存在感」として追加されます。

意外性そのものが、すでに「存在感」を高めているのですが。

誰か他の人で替わりがきかない

なかなか組織の一員として働いている会社では、誰かの替わりがきかない存在になること事態が、難しいです。

「人事異動」は、組織の活性化の側面もありますが、他の部署に異動になっても、業務の引き継ぎさえしっかりしていれは「誰でもできる」という考えがベースになっています。

同じくらい存在感があるものの中にあっても、存在感を示せる

先ほどスポーツニュースで、今日の横綱稽古壮健に参加したのは日馬富士だけだったとか。

白鵬は体調が、稀勢の里はケガの回復が思わしくないとか。

そこでアナウンサーが「そんな中で存在感を見せたのは日馬富士関」と表現したのです。

横綱3人とも参加していれば、この表現を使う必要はありません。

常に意識をしてしまうような人や出来事

先生・親・上司・同僚・友達・ライバル・恋人…。

あるいは忘れられない思い出・印象に残るシーン・衝撃的な事件・トラウマ・プレッシャーなどなど。

他人にはどうってことない人や事でも、ある人にはとてつもなく大きな「存在感」として立ちはだかることもあります。

背中が大きく感じる人

あなたにとっては誰でしょう。

背中の大きさを例えられることが多いのは「父親」ですし、生物学的にも女より男の背中の方が大きいです。

ただ比喩的に見るとどうでしょう。

サッカー女子、元なでしこジャパンのキャプテンの澤穂希さんは、選手時代よくピッチで「私の背中を見て」と言っており、その一言で結束力が高まったと証言している選手も多くいます。

澤穂希さんも「存在感」ある選手でした。

時代を作れる人

「存在感」のある人の中でも、特に選ばれた、限られた人にしか巡り合わせない人でしょう。

運・才能・タイミングなど、すべて揃うことが条件となるからです。

時代は作りたくても作れないので、不可能に近いものがあります。

不可能を可能にする人は、それだけで「存在感」が生まれます。

以上、「存在感」がある人の特徴を20個挙げてみましたが、いかがだったでしょうか。

最近は「存在感」という言葉が、たやすく多用されているように思います。

「これさえ付ければ目立つ。

気を引く」というような感じです。

SNSの発達で個人が特定される時代なのか、逆に「存在感」を消していたり、わざとなくしたりしたいと思っている人が多いのでしょうか。

それとも「存在感」がなさすぎる人が多く、「存在感」のある人が求められているせいなのでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-